仙台 |「仙台市天文台」で宇宙を身近に感じよう!2018年夏は15年ぶりに火星が地球に大接近

仙台 |「仙台市天文台」で宇宙を身近に感じよう!2018年夏は15年ぶりに火星が地球に大接近

2018年4月にリニューアルオープンしたばかりの仙台市天文台の「展示室」。大画面映像で体感する銀河や、親子で楽しめる体験型コーナー、ゆっくり星空鑑賞ができるプラネタリウムなどで宇宙の魅力や不思議をたっぷり紹介!火星や木星をはじめ、本物の宇宙を身近に感じられる天体観望会も企画されています。


まるで宇宙!土星や木星が浮かぶ展示室

東北自動車道仙台宮城ICから車で10分ほど。仙台市郊外の小高い丘に「仙台市天文台」はあります。2018年4月に1階の展示室がリニューアルし、ますます魅力がアップ!

それではさっそく入場しましょう。展示室に入るとはじめに出迎えてくれるのが、「天の川銀河」を体験できるコの字型の大型スクリーン。

天の川銀河とは、地球を含む太陽系がある銀河のこと。スクリーンには、地球から銀河へと移りゆくダイナミックな映像が映し出され、宇宙の美しさや壮大なスケールを感じられます。

土星や木星など太陽系の惑星模型が浮かぶ展示室は、まるで宇宙空間が目の前に現れたかのよう。どこから見ても楽しめますが、宇宙の広がりを体験するなら、入口から時計回りに進むのがオススメ。

「地球」エリアからはじまり、「大気圏」「太陽系」「銀河系」「大宇宙」と、奥へ進むほど遠くの宇宙を紹介するストーリー性のある展示構成になっています。パネルや映像のほか、手でふれられる体験型の展示も多く、遊びながら宇宙について学べます。

新登場!親子で楽しめる体験コーナー「GEN理の広場」

展示室の中央には体験コーナー「GEN理の広場(げんりのひろば)」を新設。宇宙を理解する上で重要な「重力」「光」「回転」「原子」「磁界」の5つの原理を、ゲーム感覚で体験できます。

たとえば、水素や炭素などの原子に見立てたパズルを組みあわせて分子をつくったり、ブラックホールに見立てた器にコインを投入して、円を描きながら中央の穴へと落ちていく様子から重力の原理を学んだりできます。親子で手と感覚を使って、楽しみながら宇宙を知ることができそうですね。

「GEN理の広場」の名前は、宇宙を知る上で欠かせない3人の物理学者、Gはガリレオ(Galileo)、Eはアインシュタイン(Einstein)、Nはニュートン(Newton)の頭文字に由来します。

感動のプラネタリウムと宇宙に近づく「ひとみ望遠鏡」

展示室の隣には、ハイブリッドシステムを導入したプラネタリウムがあります。数あるプログラムのなかでも「星空の時間~今夜の星空散歩~」が好評。その日の夜の仙台の星空を眺めながら、星座や星々の物語なども紹介します。直径25メートルの水平ドームに、きらめく星々と立体的でダイナミックな映像が映し出され、スタッフが生解説。担当するスタッフによって音楽や星の取り上げ方などが違うので、毎回新しい発見があるのが魅力です。


また、小学校低学年ぐらいまでの小さなお子さん向けの「こどもの時間」は、アニメーションなども取り入れたワクワクのプラネタリウムです。

館内には東北一の大きさを誇る口径1.3メートルの「ひとみ望遠鏡」もあります。平日は1日1回、土・日・祝日は各4回、20分の望遠鏡案内を開催。土曜夜の晴天時は、実際に惑星や星を観察できます。

2018年7月31日(火)は、15年ぶりに火星が大接近する日。最接近の前後1週間ぐらいには「火星を見よう」という観望会も企画中だそうですよ。

“地球”のキャンディをおみやげに!

仙台市天文台にはミュージアムショップがあり、オリジナルアイテムが大人気。なかでも地球をモチーフにした「アースキャンディ」は、美しくてリアル。ほかにも月やオーロラ、木星などをモチーフにしたキャンディも。

星団や惑星などの天文台限定ペーパーウェイトや、自宅での天文の勉強に役立ちそうな小型望遠鏡や星座早見盤などもそろえています。

今度の休日は仙台市天文台で、感性のまま、興味のままに楽しみ、宇宙を身近に感じてみませんか。

夜も魅力いっぱい!「仙台市天文台」のオススメ体験!ななびチェック

望遠鏡で本物の宇宙を見よう!

毎週土曜19:30~21:30は天体観望会を開催。晴天時には、その季節に見頃の惑星や星雲・星団などを観察できます。

ナイトプラネタリウムを投映

土曜の夜にはエンターテイメント型プラネタリウムが特別投映されます。

大接近の火星の観望会に参加しよう!

7月28日(土)~8月3日(金)の21:00~23:00(28日のみ21:30~)は、ひとみ望遠鏡で火星を観察しましょう。7月31日(火)はプラネタリウムで火星大接近について解説も!

「仙台市天文台」について詳しくはこちら

関連する投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

江戸時代に仙台城と石巻を結ぶ街道沿いの宿場町として栄えた、宮城県松島町の高城(たかぎ)エリア。2018年の春、地元の商店街を盛り上げようと、“花”と“朝食”をテーマにした新たなマルシェイベント「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」がスタートしました。日曜の朝は早起きをして、家族でみんなでおでかけしてみませんか。


仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

宮城県仙台市にある「RonD Factory」は、東北ではめずらしいグラノーラ専門店。グラノーラ発祥の地・アメリカで学んだオーナーがつくるグラノーラは、素材本来の栄養価やおいしさを体感できます。また、店内で味わえるオリジナルスイーツも人気なのだとか。ファミリーの健康が気になるママ注目の専門店へ、さっそくでかけましょう!


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。