由利本荘 |「由利高原鉄道」のまごころ列車で、おばこの案内と田園風景を満喫!

由利本荘 |「由利高原鉄道」のまごころ列車で、おばこの案内と田園風景を満喫!

鳥海山の麓、羽後本荘駅~矢島駅までの約23キロを走る「由利高原鉄道」の鳥海山麓線は、絣の着物姿の“おばこ”がアテンドする「まごころ列車」が評判。方言で語られるガイドや車内販売など、心のこもったおもてなしが楽しめます。2018年夏にオープンする「鳥海山 木のおもちゃ美術館」にあわせた特別列車も運行予定なんですよ。


田園風景のなかを走る、のどかな由利高原鉄道

秋田を代表する秀峰・鳥海山。その麓をトコトコ走るのが、由利高原鉄道の鳥海山麓線です。「ゆりてつ」の愛称で親しまれるローカル線は、羽後本荘駅から矢島駅までの全長23キロを約40分で結びます。

車窓に広がる田園や沿線を流れる清流など、懐かしさあふれる風景が人気の理由。また、中間付近の前郷駅は、全国で3ヶ所しか残っていない「タブレット交換」が行なわれる駅として、鉄道ファンにも有名です。

“おばこ”の案内や季節のイベントが楽しめる

由利高原鉄道で特に人気なのが、“おばこ”と呼ばれる絣の着物姿の女性たちがアテンドする「まごころ列車」。観光パンフレットには載っていない地元の情報を方言で案内したり、車内販売やおばこさん手づくりの記念乗車しおりのプレゼントがあったりと、心のこもったおもてなしが受けられます。

まごころ列車は、1日14往復走る列車のうち、矢島発9:40→羽後本荘着10:21と、羽後本荘発10:43→矢島着11:22の1往復が毎日運行されています。

由利高原鉄道では、季節にあわせたイベントを随時企画しています。例年6月下旬~7月上旬には七夕列車が運行。車内では、オリジナルの七夕飾りづくり体験やお子さん限定のお菓子のプレゼントもあります。ほかにも、秋にはハロウィン、冬にはクリスマス列車など、趣向を凝らしたイベント列車は毎回大好評です。

沿線の木造校舎が「木のおもちゃ美術館」としてオープン

沿線の田園風景のなかには、郷愁を誘う旧・鮎川小学校が建っています。この歴史ある校舎は2018年7月に「鳥海山 木のおもちゃ美術館」としてグランドオープン。その開設にあわせて運行されるのが「木のおもちゃ列車」です。

床やイスなどに、秋田県産を含む杉やナラ材を使った車内はやさしい雰囲気で、ドングリのおもちゃを敷き詰めたプールなどの遊び場もあります。

自然豊かな景色を楽しみながら列車に揺られる時間は、お子さんにも大人にも特別な思い出になりそう。あたたかなおばこさんとのふれあいや、季節のイベントもたっぷり楽しみましょう。

木のおもちゃ列車に乗って、注目「鳥海山 木のおもちゃ美術館」を訪れるのもオススメ。乗り降り自由の1日フリー乗車券も要チェックですよ。

「由利高原鉄道」で鉄道旅を楽しむ!ななびチェック!

車窓の美しい風景に心癒やされます

田園風景や並走する清流など、のんびりした自然の景色がゆっくり眺められます。

“おばこ”が乗って観光案内

絣の着物姿のおばこさんによる、心のこもったおもてなしが魅力。手づくりの記念乗車しおりももらえます。

「鳥海山 木のおもちゃ美術館」がオープン

木のぬくもりがやさしい「木のおもちゃ列車」に乗って、美術館を訪ねるのもオススメです。

「由利高原鉄道」について詳しくはこちら

関連する投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田県秋田市にある「クアドーム ザ・ブーン」は、プールと温泉が一年中楽しめるスパ施設。スリル満点のウォータースライダーや幼児向けプールなど7種類のプールがあり、のびのび遊べると大人気です。屋内なので天候を気にせず過ごせるのも、ファミリーのおでかけにぴったりですね。


湯沢 |「佐藤養助総本店」で稲庭うどんを食べる、知る、つくる!

湯沢 |「佐藤養助総本店」で稲庭うどんを食べる、知る、つくる!

そのつやつや輝く麺を一口すすると、なめらかなのどごしにうっとりする秋田名物・稲庭うどん。「佐藤養助総本店」は、伝統の製法を守り、職人が手作業で稲庭うどんをつくり続ける創業150有余年の老舗。おいしい稲庭うどんを味わえるだけでなく、製造工程の見学や、手づくり体験にもチャレンジできるのが魅力です。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


最新の投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。