南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!


南相馬伝統の味!極上の麹から生まれる「若松味噌醤油店」の「相馬田舎味噌」

南相馬の特産品のひとつである、昔ながらの製法でつくられる「田舎味噌」。
昔から各家庭の味噌は自家製であったり、米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の食文化があります。

そんな地域の食文化と共に、創業から約150年、家族経営ならではの細やかな対応と伝統の味で愛される「若松味噌醤油店」があります。

江戸時代から続く長い歴史のなかで伝統を守り続け、みそつきの請負はもちろん、味噌、醤油の製造を行う「若松味噌醤油店」。その製造に欠かせない高品質な「米麹」も、代々自分たちの手でつくってきました。伝統の「米麹」は、手ごね・手もみで行なう「麹蓋製法」で、米を小箱に分け一粒一粒に麹菌がいきわたるよう丁寧につくっています。

その極上の麹をたっぷり使用してつくられる「相馬田舎味噌」は、麹の芳醇な香りと甘みがおいしい贅沢な味噌。原材料はすべて国産、無添加の「天然醸造法」にこだわる手づくり味噌です。

米麹本来の味と香りが楽しめるベーシックな「相馬田舎味噌」をはじめとしたラインナップのなかでも、3代目若松真哉さんのオススメは「相馬田舎味噌 丹波黒大豆」。お店自慢の米麹と高級大豆として知られる丹波黒大豆の、コクのある大豆の旨みがマッチした濃厚なおいしさです。

さらに、東北地方でおなじみの「ずんだ」の原料・青大豆を使用した「青バタ」も優しい味と香りが絶品!脇役と思われがちな味噌ですが、こだわりの米麹と丁寧な手づくりからできあがる味噌は、一度味わったらハマってしまう、主役に勝るおいしさなんです。

毎日の味噌汁はもちろん、夏はいろいろな味噌をもろキューで味わったり、楽しみ方はさまざま。ぜひ「若松味噌醤油店」の極上のお味噌を味わってみてくださいね。

豆腐にチーズの「味噌漬け」!?時代とともに進化し続ける「みそ漬処 香の蔵」

味噌文化の根付く南相馬でぜひ味わっていただきたいのが「味噌漬け」です。各家庭でもよく漬けられている味噌漬けは、まさに南相馬の味。そんな味噌漬けを中心に、約70年以上おいしい味噌漬けと漬物をつくり続ける「みそ漬処 香の蔵」があります。

店内には約20種類のみそ漬のほか、醤油漬け、浅漬け、キムチなど、全部で50種類以上のお漬物が並びます。

イチオシは生姜をまるごと漬けた「みそ漬生姜」。一見辛そうな生姜ですが、ツンとくるキツイ辛味はなく、ほどよい辛味と味噌の甘みと旨みが絶妙で、ハマってしまう人も続出!味噌漬け独特の塩辛さもなく、とにかくパクパク止まらなくなるおいしさなんです。

そして、南相馬の家庭の冷蔵庫を開ければ必ず入っている!?…といわれるほど定番の漬物が「相馬きゅうり漬」です。相馬藩だったという時代からきゅうりの名産地であった南相馬ですが、その時代からの知恵が結集された醤油漬けは、十分に乳酸発酵していてさっぱりとした味がおいしい!

ぜひ食べていただきたいのは、香の蔵名物の「おとうふのみそ漬」と、「クリームチーズのみそ漬」。「醍醐とうふ」と名付けられた豆腐の味噌漬けは、熟成させたチーズ(醍醐)のようなおいしさと、滑らかな食感が特徴です。

震災後に誕生し大ヒット商品となった「蔵醍醐(クリームチーズのみそ漬)」は、洋食と一緒にあわせたり、ワインやお酒のおつまみなど、味噌漬けを超えた新しい味わいとおいしさに驚きですよ。

南相馬の逸品が勢揃い!子どもも楽しめるショッピングスポット「セデッテかしま」

南相馬市の北部、鹿島地区にある「セデッテかしま」は、常磐道・南相馬鹿島スマートIC、サービスエリアに隣接する便利な観光施設です。地域のコミュニティ施設としての役割ももっていて、南相馬内外の方々で賑わっています。

「セデッテかしま」の「セデッテ」は、相馬地方の方言で、「連れて行って」という意味なのです。

お土産処「南相馬商店」には、生産者の顔が見える生鮮食品や加工品、地域のさまざまな工芸品など、南相馬ならではの逸品が揃います。

連載第2週でご紹介した、「凍天(しみてん)」や「よつわりパン」「アイスまんじゅう」のほか、今回ご紹介した「相馬田舎味噌」に「味噌漬け」など、ここなら一気に揃う豊富な品揃え。

南相馬だけでなく、福島県内各地の魅力的な特産品も多数揃っているので、福島の良いものを手軽に購入することができます。

施設内には「お食事処 はらまち」や、休憩に利用できる落ち着いた雰囲気の「コミュニティ広場」も併設。お食事処でゆっくりしたり、お土産処「南相馬商店」で購入したお弁当などをのんびり味わうこともできます。

さらにオススメは、開放感溢れる心地よいテラス席にあるテナントエリア。「山賊焼」のワイルドでおいしい串焼きや、「木乃幡」の揚げたての「凍天」、老舗果物店「やまさん」の「フレッシュジュース」を味わってみてくださいね。

テラス席の先には、子どもたちに人気の遊具「ボールトランポリン」もあるので、お子さんを遊ばせながら、ちょっとゆっくりすることができますよ!

いかがでしたか?
南相馬の伝統の「相馬田舎味噌」に、味噌文化が息づく「みそ漬」、家族でのんびりショッピングが楽しめる「セデッテかしま」…。南相馬の魅力的な品々は、きっとみなさんのお気に入りになるはず!

次回は、いよいよ南相馬連載の最終回!南相馬の自然でゆったりできて、親子で楽しめるおでかけスポットをご紹介します。

まだまだある南相馬の逸品を、ななびチェック!

子ども大好き!夏バテ防止にもグッドな「若松味噌醤油店」の「冷やし麹あま酒」

自慢の米麹からつくった自家製の「麹あま酒」は夏にもオススメ!子どもにも飲みやすく栄養満点。飲む点滴といわれる甘酒は滋養強壮、美容と健康に大注目です。若松味噌醤油店の甘酒は舌触りもよく飲みやすく、牛乳やジュース、カクテルで割ってもおいしいですよ。

子どもがよろこぶ「みそ漬処 香の蔵」!野馬追体験と、手づくりジェラート

併設された「相馬野馬追甲冑館 菊翁」では、初代社長が趣味で集めた相馬野馬追の甲冑などの展示を見学できます。陣羽織や模造刀をもって変身したり、写真も撮れますよ!隣接の「じぇらーと蔵」では、手づくりジェラートも味わえるので、子どもたちもご機嫌です。

老舗果物店の「フレッシュジュース」と、ワンちゃんものびのび!「セデッテかしま」

テナントエリアにある女性に人気の「やまさん」では、旬の期間限定フレッシュジュースや、おいしいジェラート、シャーベットが味わえます!さらに「セデッテかしま」にはドックランもあり、お子さんだけでなく、ワンちゃんを連れた方も、ゆっくり休憩とショッピングが楽しめますよ。

「若松味噌醤油店」について詳しくはこちら
「みそ漬処 香の蔵」について詳しくはこちら
「セデッテかしま」について詳しくはこちら

関連する投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。




最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?