東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


水と小麦に恵まれた土地が生み出した東根名物「六田麩」

羽州街道が通る交通の要所・六田宿として栄えた歴史をもつ、東根市六田(ろくた)地区。大きな3本の川が流れる扇状地が澄んだ伏流水を生み出すことから、小麦の栽培に適した環境に恵まれていました。それを知った上方の職人が、麩のつくり方を伝えたことが、東根名物「六田麩」のはじまりといわれています。

JRさくらんぼ東根駅から車で5分ほどの六田地区には、いまも麩の製造所が多く集まります。麩の老舗「文四郎麩」は、藍色に白字で「ふ」と書かれたのれんが目印。文久年間(1861~64年)に創業し、伝統の味と製法を守り継いでいます。

店舗が建つ敷地内には、麩の製造に欠かせない六田水が湧き出ています。ゆっくりと時間をかけてろ過された水は、やわらかくやさしい口あたり。年間を通じて13~14℃の水温を保っています。

試食をしながらお気に入りの麩を見つけよう

昔ながらの和の店構えは、堂々としたたたずまい。店内に入ると、やき麩やなま麩などが並ぶほか、無料で試食できる麩惣菜や麩菓子がずらり。

気になった麩をどのように調理すればよいのか、試食コーナーで味を確認できるのはママにとってうれしいポイントです。六田麩の特徴は、他地域の麩に比べて、原料となるグルテンに加える小麦粉の量が少ないこと。きめ細かく軽やかに焼き上がりながら、煮崩れしにくく、つるりとした歯ざわりと噛みごたえがあります。

定番の調理方法は、旨みがしっかり染みこむ煮物や、麩の香ばしい風味が引き立つ炒め物。低カロリーで消化吸収がよいので、ヘルシーな一品に仕上がります。そのおいしさは、ぜひ試食コーナーで味わってください。

麩の魅力がさらに広がる!おみやげに大人気の麩スイーツ

ごはんのおかず以外にも、麩はスイーツとしてもアレンジ多彩です。おみやげに大人気の「ふかりんとう」は、車麩を黒糖でコーティングしたお菓子。ほんのり甘く、かりっとした食感に誘われて、もう1個…とどんどん食べたくなるおいしさです。

同じく車麩に砂糖とシナモンをからめた「ふどーなつ」は、「ふかりんとう」よりさらに軽やかなサクサク食感。どちらも、お茶やコーヒーのお供としてもぴったりです。

昔ながらの「麩まんじゅう」もオススメしたいおいしさ。生麩の中に、小豆餡やごま餡、しろみそ餡などを入れ、笹の葉で包んだ和菓子です。モチモチ食感の生麩は、つるりとしたのど越し。さわやかな笹の葉の香りがほんのり移り、初夏にぴったりの味わいです。

麩工房で六田麩づくりを見学

販売所の奥にある麩工房では、六田麩の製造過程を見学できます。グルテンを多く含む六田麩は、均等に焼き上げるための熟練の職人技が欠かせません。麩がどのようにつくられているのか、その光景を実際に見ることで、おいしさの秘密にふれられます。見学は予約不要ですが、稼動していない日もあるので、事前に確認するのがオススメです。

また、麩の懐石料理が味わえるレストラン「清居(せいご)」(要予約)を併設。四季折々の食材と麩を組みあわせたごちそうの数々を堪能できます。

毎日の献立やおやつに麩を取り入れて、食生活をヘルシーに。家族みんなで「文四郎麩」を訪ねて、麩の魅力にふれてみてはいかがですか。

日々のごはんを麩で簡単アレンジ!「文四郎麩」のななびチェック!

入れるだけ!麸のお味噌汁

やき麩と季節の野菜をあわせれば、食べごたえ満点のお味噌汁に。じゃがいもやほうれん草のほか、春の山菜や秋のきのこもオススメです。

鶏肉のだしが染みる!麸の親子丼

親子丼に麩を加えれば、だしが染みてボリュームもアップ。ヘルシーにおなかが満たされます。

スイーツに変身!麸のフレンチトースト

パンの替わりにやき麩を使ったフレンチトーストは、もっちり&ふわふわの新食感にお子さんも大喜び。

「文四郎麩」について詳しくはこちら

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?