寒河江 |「GEA」 佐藤繊維プロデュース!世界が注目“衣・食・住”のセレクトショップ

寒河江 |「GEA」 佐藤繊維プロデュース!世界が注目“衣・食・住”のセレクトショップ

山形県寒河江市の「GEA」は、国内はもちろん海外にもその名をとどろかせる地元の紡績ニットメーカー・佐藤繊維が手がけるセレクトショップ。国内外から厳選したファッションアイテムや雑貨が並ぶほか、山形の食材を生かしたメニューを提供する「レストラン0053」も人気で、地元の人たちも多く訪れるスポットとなっています。


有名ファッションブランドも注目する佐藤繊維の糸

1932年創業の佐藤繊維は、原料選びから糸づくり、アパレル製品の仕上げまでを自社で行なうメーカーです。

繊細な色合いと質の高さに定評があり、2009年、アメリカのオバマ前大統領の就任式でミシェル夫人が着用したカーディガンに、佐藤繊維の極細モヘア糸が使われていたことが話題に。今や世界中の名だたるファッションブランドから買い付けがくるほど注目されています。

「GEA」は、その佐藤繊維による“衣・食・住のすべてがそろう”セレクトショップ。かつて工場として使われた石造りの蔵をリノベーションした建物に、ファッションアイテムを扱う「GEA#1」とライフスタイルがテーマの「GEA#2」、レストランがある「GEA#3」の3つのゾーンがあります。

近くにはこんなスポットも!

「GEA#1」で個性的なファッションアイテムをチェック

“衣”のエリアの「GEA#1」には、「maison margiela」をはじめとする世界のブランドから、「COMME des GARCONS」など日本のブランドまで、独自のセンスでセレクトしたアイテムがメンズ・レディスともに幅広くラインナップ。

佐藤繊維のオリジナルブランド「M.&KYOKO」のアイテムも扱い、カーディガンやワンピースなどニットの質感を生かしたやさしいシルエットの洋服がたくさん。表情豊かな配色や着心地のよさは、佐藤繊維の糸ならではの魅力です。

店内には紡績ニットメーカーが手掛けるショップならではの工夫が凝らされています。たとえば洋服をディスプレイする棚は、工場で使われていた紡績機を利用。BGMには糸をつむぐ機械の音をリミックスした音楽が流れ、重厚感のある蔵の中に軽やかな音が響いています。

落ち着いた空間でゆっくりとショッピングを楽しみましょう。

手しごとの品から海外の食器まで豊富にそろう「GEA#2」

「GEA#2」は“住”のエリアで、国内外からセレクトした食器やインテリアグッズが並びます。

山形の作家による品々も多く、美しい色合いが魅力の「カンベガラス」の食器や、県産のサクランボの木を使った「N-works」のカトラリーなど、使うほどに愛着がわきそうなものばかり。暮らしに取り入れたいアイテムを親子であれこれ吟味するのも楽しいかもしれません。

そのほか、寒河江市のお隣・天童市の家具メーカー「天童木工」とコラボレーションした椅子やソファなども扱っています。ナチュラルな木目が特徴の「天童木工」の家具をベースに、張地は佐藤繊維のファブリックからセレクトできます。

長く愛用できる上質な家具をそろえたいファミリーにぴったりですよ。

「GEA#3」で山形の野菜たっぷりのランチを

「GEA#1」や「GEA#2」でショッピングを楽しんだあとは、“食”のエリア「GEA#3」にある「レストラン0053」でのんびりとランチタイムを。

店内はベビーカーが通れるゆったりとしたスペースがあり、子ども用の椅子もあるのでファミリーでも安心です。

ランチコースは3種類あり、寒河江市の「おひさま農園」の無農薬野菜を使ったサラダをはじめ、日替わりのパスタや肉料理、デザートなど4~6品にドリンクがセットになります。野菜はもちろん、山形県産の旬の食材がどの料理にもふんだんに使われています。

この日は「ホタルイカとうるいのリングイネ」や、「米沢豚ロースの炭火焼き」が登場。ティラミスなどシェフ自慢のデザートも人気で、コースの最後のデザートを楽しみに訪れるファンも多いそうです。

14:00以降はパンケーキやコーヒーなどのカフェメニューを提供しているので、ショッピング中のひと休みに立ち寄るのもオススメです。

まとめ

「GEA」では、山形産の素材を生かしたオリジナルジャムやジュースなども扱っています。佐藤繊維の毛糸を使ったラッピングをしてもらえるので、おみやげや贈り物にぴったり。寒河江で作られた毛糸だというエピソードを添えれば、ますますよろこんでもらえそうです。

山形から世界を股にかけて活躍する佐藤繊維がプロデュースする「GEA」。日々の暮らしをぐっとランクアップしてくれるアイテムを探しに、ご家族で出かけてみてはいかがですか。

「GEA」について詳しくはこちら

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?