三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

世界に名だたる「ものづくり」のまちとして知られる新潟県三条市。年に1度、全国各地からさまざまなジャンルの作家が集まって行なわれる「三条クラフトフェア」は、新潟県内で最大規模のクラフト市。自然豊かななかで行なわれるので、お弁当を持ってピクニックがてらでかけるのも楽しいですよ。


見て、買って、体験できる!新潟県内最大規模のクラフトフェア

毎年6月に開催される「三条クラフトフェア」。年に1度、全国各地から三条市にクラフトマンたちが集まる人気のイベントです。

広大な芝生広場の遊歩道沿いにぐるりと、木工や陶芸、漆器、皮革、布、染織、ガラス工芸、樹脂、金属など、さまざまなジャンルのテントがずらりと並びます。普段は出会えない作家さんの、ステキな作品が購入できるとあって毎年多くの人が訪れるんですよ。

会場は、広大な三条市総合運動公園、通称「槻の森公園」の芝生広場。公園内だけにベンチや東屋も点在。散歩やピクニックがてら訪れる人も多いのです。

お気に入りをゲットするなら、スタート直後の時間を狙うのがオススメ

とにかく広く、1日では全部見きれないほどの作家のテントが並ぶ三条クラフトフェア。毎回全国から500人以上の作家さんが参加の応募があり、そのなかから実行委員会によって厳選された約180店が並ぶため、レベルの高さも評判です。

10回目となった2017年は188人の作家が出店、なんと約4万人もの人が来場したそう。ステキな商品ははやめに売り切れてしまうため、開始時間直後を狙っていくのがオススメですよ。

2018年は全国37都道府県から、2017年同様188人の作家が集う予定とか。そのなかでも初出店の作家さんが60人もいるというので、毎年三条クラフトフェアを訪れている人たちの間でも「今年は見逃せない!」と話題になっています。

見て買う楽しみだけじゃない。ワークショップでいろんな体験も楽しもう!

三条クラフトフェアのもうひとつの魅力は、作家さんと直接話して作品を見て買えるだけじゃない、ワークショップ!今年は34のお店でさまざまなワークショップが行なわれる予定。小さな子からおじいちゃんおばあちゃんまで、「やってみたい!」と思ったら誰でも気軽に体験できますよ。

ワークショップは、実際に体験してみると大人も子どもも思わず夢中になってしまうほどのおもしろさ。各ブースで内容も体験料も変わるので、まずはぐるっと1周回ってチェック!さまざまなワークショップを体験するためだけに訪れても、十分に楽しめます。

クラフトマンたちのテントを見ておなかが減ったら、飲食のエリアへ!こちらには地元のお店のテントや移動販売の車が10店以上並びます。

毎年すぐ売り切れてしまうという地元の料亭「福海老」の五目いなりずしをはじめ、「骨付きチキンのバターカレー」や「ローストポークのガーリックバターライス」など、目移りしてしまいそうな品ぞろえ。

ほかにも新潟ならではの「タレかつ丼」や、2018年は「塩ラーメン」を出す店も登場する予定とか。お弁当を持っていくのもいいけれど、ここでおいしそうなものを買って木陰でランチをするのも楽しそうですね!

会場の「槻の森公園」は子どもがよろこぶ遊び場もいっぱい!

三条クラフトフェアが行われるのは「槻の森公園」のなかの芝生広場。実はこの「槻の森公園」は、ほかにも野球のスタジアムや運動広場、ドッグラン、遊具がそろった「トリムの森」など、子どもたちが喜びそうな施設がいっぱい!

そのため三条クラフトフェア目的はもちろん、子どもたちもたっぷり遊べるとあって、県外から訪れるファミリーも年々増えているといいます。

丸1日どころか、2日間通っても楽しめる三条クラフトフェア。ぜひ大人も子どもも楽しめるこのクラフトフェアで、楽しい休日を過ごしてみませんか?

「三条クラフトフェア in 槻の森2018」を楽しむためのななびチェック!

会場に行くなら無料シャトルバスが断然オススメ!

毎年たくさんの人が訪れる三条クラフトフェア。渋滞と駐車場の空き待ちで待つことも…。そのため無料シャトルバスがオススメです。三条市役所臨時駐車場~JR東三条駅経由で会場まで、午前中は約15分間隔で運行しているので待ち時間も少ないのがうれしい!

おもしろさのあまり迷子多数!お子さんの手は離さないで

作品に気を取られているうち、子どもが迷子に!…ということが毎年多い三条クラフトフェア。子どもたちにとっても楽しいものが多いだけに、パパとママはお子さんから目を離さないようご注意を!

ピクニックも一緒に楽しもう

緑の芝生に欅の森、自然いっぱいの公園で行われる三条クラフトフェア。作品を見て回って疲れたら、常設の東屋やベンチでひと休み。お弁当やお茶、お菓子も持ってピクニックもオススメですよ。

「三条クラフトフェア in 槻の森2018」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

目の前には海、後ろには緑豊かな山が出迎えてくれる「燦燦カフェ」。新潟市から柏崎市へ向かう海沿いの道・国道402号線沿いにあり、海水浴帰りやドライブがてら立ち寄る人が多い人気店です。絶好のロケーションはもちろん、地産地消や手づくり、無添加にこだわった料理やスイーツも多数。心地よい海風を感じながらのんびり過ごしませんか。


最新の投稿


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!