三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

世界に名だたる「ものづくり」のまちとして知られる新潟県三条市。年に1度、全国各地からさまざまなジャンルの作家が集まって行なわれる「三条クラフトフェア」は、新潟県内で最大規模のクラフト市。自然豊かななかで行なわれるので、お弁当を持ってピクニックがてらでかけるのも楽しいですよ。


見て、買って、体験できる!新潟県内最大規模のクラフトフェア

毎年6月に開催される「三条クラフトフェア」。年に1度、全国各地から三条市にクラフトマンたちが集まる人気のイベントです。

広大な芝生広場の遊歩道沿いにぐるりと、木工や陶芸、漆器、皮革、布、染織、ガラス工芸、樹脂、金属など、さまざまなジャンルのテントがずらりと並びます。普段は出会えない作家さんの、ステキな作品が購入できるとあって毎年多くの人が訪れるんですよ。

会場は、広大な三条市総合運動公園、通称「槻の森公園」の芝生広場。公園内だけにベンチや東屋も点在。散歩やピクニックがてら訪れる人も多いのです。

お気に入りをゲットするなら、スタート直後の時間を狙うのがオススメ

とにかく広く、1日では全部見きれないほどの作家のテントが並ぶ三条クラフトフェア。毎回全国から500人以上の作家さんが参加の応募があり、そのなかから実行委員会によって厳選された約180店が並ぶため、レベルの高さも評判です。

10回目となった2017年は188人の作家が出店、なんと約4万人もの人が来場したそう。ステキな商品ははやめに売り切れてしまうため、開始時間直後を狙っていくのがオススメですよ。

2018年は全国37都道府県から、2017年同様188人の作家が集う予定とか。そのなかでも初出店の作家さんが60人もいるというので、毎年三条クラフトフェアを訪れている人たちの間でも「今年は見逃せない!」と話題になっています。

見て買う楽しみだけじゃない。ワークショップでいろんな体験も楽しもう!

三条クラフトフェアのもうひとつの魅力は、作家さんと直接話して作品を見て買えるだけじゃない、ワークショップ!今年は34のお店でさまざまなワークショップが行なわれる予定。小さな子からおじいちゃんおばあちゃんまで、「やってみたい!」と思ったら誰でも気軽に体験できますよ。

ワークショップは、実際に体験してみると大人も子どもも思わず夢中になってしまうほどのおもしろさ。各ブースで内容も体験料も変わるので、まずはぐるっと1周回ってチェック!さまざまなワークショップを体験するためだけに訪れても、十分に楽しめます。

クラフトマンたちのテントを見ておなかが減ったら、飲食のエリアへ!こちらには地元のお店のテントや移動販売の車が10店以上並びます。

毎年すぐ売り切れてしまうという地元の料亭「福海老」の五目いなりずしをはじめ、「骨付きチキンのバターカレー」や「ローストポークのガーリックバターライス」など、目移りしてしまいそうな品ぞろえ。

ほかにも新潟ならではの「タレかつ丼」や、2018年は「塩ラーメン」を出す店も登場する予定とか。お弁当を持っていくのもいいけれど、ここでおいしそうなものを買って木陰でランチをするのも楽しそうですね!

会場の「槻の森公園」は子どもがよろこぶ遊び場もいっぱい!

三条クラフトフェアが行われるのは「槻の森公園」のなかの芝生広場。実はこの「槻の森公園」は、ほかにも野球のスタジアムや運動広場、ドッグラン、遊具がそろった「トリムの森」など、子どもたちが喜びそうな施設がいっぱい!

そのため三条クラフトフェア目的はもちろん、子どもたちもたっぷり遊べるとあって、県外から訪れるファミリーも年々増えているといいます。

丸1日どころか、2日間通っても楽しめる三条クラフトフェア。ぜひ大人も子どもも楽しめるこのクラフトフェアで、楽しい休日を過ごしてみませんか?

「三条クラフトフェア in 槻の森2018」を楽しむためのななびチェック!

会場に行くなら無料シャトルバスが断然オススメ!

毎年たくさんの人が訪れる三条クラフトフェア。渋滞と駐車場の空き待ちで待つことも…。そのため無料シャトルバスがオススメです。三条市役所臨時駐車場~JR東三条駅経由で会場まで、午前中は約15分間隔で運行しているので待ち時間も少ないのがうれしい!

おもしろさのあまり迷子多数!お子さんの手は離さないで

作品に気を取られているうち、子どもが迷子に!…ということが毎年多い三条クラフトフェア。子どもたちにとっても楽しいものが多いだけに、パパとママはお子さんから目を離さないようご注意を!

ピクニックも一緒に楽しもう

緑の芝生に欅の森、自然いっぱいの公園で行われる三条クラフトフェア。作品を見て回って疲れたら、常設の東屋やベンチでひと休み。お弁当やお茶、お菓子も持ってピクニックもオススメですよ。

「三条クラフトフェア in 槻の森2018」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。