気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼市魚市場に隣接した「気仙沼 海の市」は、グルメやショッピングが楽しめるほか、国内で唯一のサメの博物館「シャークミュージアム」、漁港ならではの高い製氷技術を活かした「氷の水族館」などがある観光施設。サメの水揚げ量日本一ということからつくられた「気仙沼シャークミュージアム」では、迫力満点のホホジロザメの実物大模型も!


海の青に映える、真っ赤な看板が目印の「気仙沼 海の市」

JR気仙沼駅から車で10分ほど、気仙沼市魚市場に隣接して建つ「気仙沼 海の市」。天然の良港として知られる気仙沼湾沿いにある観光施設で、1階に鮮度抜群の魚介と気仙沼ならではの水産加工品を扱う店、海鮮丼が味わえる飲食店、そして、気仙沼市の観光PRキャラクター「ホヤぼーや」のショップなどがずらりと並んでいます。気仙沼のおみやげを購入するのにもオススメです。

そして2階にあるのが、日本唯一のサメの博物館「気仙沼シャークミュージアム」です。サメのさまざまな生態を楽しく学べる施設で、ホホジロザメの実物大模型やジンベエザメの全身に映し出されるプロジェクションマッピングなど、「気仙沼 海の市」ならではの楽しみがたくさんあります。

沿岸部に位置する「気仙沼 海の市」は、東日本大震災の際、津波により大きな被害を受けました。長期間の休業を余儀なくされましたが、2014年に全面再開。「気仙沼シャークミュージアム」では、震災の記憶を後世に伝えるために「震災の記憶ゾーン」があります。シアターで東日本大震災時の映像が見られるほか、「絆ゾーン」では、来館者が気仙沼へ向けてのメッセージを発信できるメッセージボードもあります。

気仙沼と深い関わりのあるサメのミュージアム

江戸時代末期からフカヒレの加工が行われていた気仙沼は、日本一のフカヒレの産地。そんな関わりの深いサメの生態について紹介する施設が「気仙沼シャークミュージアム」です。

「震災の記憶ゾーン」を見たあと、いよいよ「シャークゾーン」コーナーのはじまり。入り口近くで出迎えてくれるのは、映画『JAWS』などでもおなじみのホホジロザメの巨大な実物大模型。このほか、世界中の海に生息するさまざまなサメの紹介、サメの不思議な生態などをわかりやすく紹介しています。

ジンベエザメの全身に映し出されるプロジェクションマッピングは、2014年のリニューアルオープンで新たに登場しました。世界最大級のサメとして知られるジンベエザメを忠実に再現した巨大模型(実寸の約1/3)を展示し、その体にサメの泳ぐ姿や海の様子などのプロジェクションマッピングを投影。お子さんにも人気のアミューズメントです。

このほか、世界的なサメの権威であるユージニー・クラーク博士が映像でサメの世界をわかりやすく紹介する「ダイブトークシアター」も必見です。

マイナス20℃の世界で繰り広げられる光のショー

マイナス20℃に設定された冷凍庫内につくられた、幻想的な「氷の水族館」。氷に閉じ込められたマンボウやアイナメ、クロメバル、カツオなど、さまざまな魚が見られます。極寒の庫内に入るので、入り口で防寒コートを貸してくれます。

なかでは2分ほどのプロジェクションマッピングのプログラムを上映。魚の展示が、ピンクや青、緑などカラフルな光に彩られます。氷でできた竜宮城やホヤぼーやの彫刻もありますよ。

「氷の水族館」に隣接したところにあるのが、ホヤぼーやのグッズを一堂に集めた「HOYA-BOYA SHOP」です。人形や文具、お菓子、そしてここでしか購入できないオリジナルグッズなど、多彩な品ぞろえでお子さんにも人気です。店内の一角にはホヤぼーやゆかりの「海の子神社」があり、お賽銭は全国各地の被災地の復興に役立てられています。

1階フロアのもうひとつのお楽しみといえば、気仙沼自慢の海産物。旬の魚介を豊富に扱う鮮魚店、良質な素材を活かした水産加工品を販売するショップ、そして、お寿司や海鮮丼が、産地ならではのリーズナブルな価格で味わえる飲食店が軒を連ねています。もちろん、気仙沼名物のフカヒレもさまざまな料理で味わえます。

シャークミュージアムを見学したあとは、気仙沼の海鮮グルメを堪能しましょう!

「気仙沼 海の市」をもっと楽しむ!ななびチェック!

お得な2館共通券を利用しよう!

「気仙沼シャークミュージアム」と「氷の水族館」、どちらも見学する場合は2館共通券がお得。大人900円、小学生400円で2館を利用できます。

気軽に味わえるテイクアウトグルメ

1階にあるレストラン「リアスキッチン」では、サメ肉を加工した「シャークナゲット」を販売。クセのない味で食べやすく、お子さんにも人気です。

シャークミュージアムでサメ博士になろう!

国内唯一のサメの博物館「気仙沼シャークミュージアム」。世界中のサメについて詳しく紹介しています。見学すればサメ博士になれるかも!?

「気仙沼 海の市」について詳しくはこちら

関連する投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

江戸時代に仙台城と石巻を結ぶ街道沿いの宿場町として栄えた、宮城県松島町の高城(たかぎ)エリア。2018年の春、地元の商店街を盛り上げようと、“花”と“朝食”をテーマにした新たなマルシェイベント「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」がスタートしました。日曜の朝は早起きをして、家族でみんなでおでかけしてみませんか。


最新の投稿


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!