気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼市魚市場に隣接した「気仙沼 海の市」は、グルメやショッピングが楽しめるほか、国内で唯一のサメの博物館「シャークミュージアム」、漁港ならではの高い製氷技術を活かした「氷の水族館」などがある観光施設。サメの水揚げ量日本一ということからつくられた「気仙沼シャークミュージアム」では、迫力満点のホホジロザメの実物大模型も!


海の青に映える、真っ赤な看板が目印の「気仙沼 海の市」

JR気仙沼駅から車で10分ほど、気仙沼市魚市場に隣接して建つ「気仙沼 海の市」。天然の良港として知られる気仙沼湾沿いにある観光施設で、1階に鮮度抜群の魚介と気仙沼ならではの水産加工品を扱う店、海鮮丼が味わえる飲食店、そして、気仙沼市の観光PRキャラクター「ホヤぼーや」のショップなどがずらりと並んでいます。気仙沼のおみやげを購入するのにもオススメです。

そして2階にあるのが、日本唯一のサメの博物館「気仙沼シャークミュージアム」です。サメのさまざまな生態を楽しく学べる施設で、ホホジロザメの実物大模型やジンベエザメの全身に映し出されるプロジェクションマッピングなど、「気仙沼 海の市」ならではの楽しみがたくさんあります。

沿岸部に位置する「気仙沼 海の市」は、東日本大震災の際、津波により大きな被害を受けました。長期間の休業を余儀なくされましたが、2014年に全面再開。「気仙沼シャークミュージアム」では、震災の記憶を後世に伝えるために「震災の記憶ゾーン」があります。シアターで東日本大震災時の映像が見られるほか、「絆ゾーン」では、来館者が気仙沼へ向けてのメッセージを発信できるメッセージボードもあります。

気仙沼と深い関わりのあるサメのミュージアム

江戸時代末期からフカヒレの加工が行われていた気仙沼は、日本一のフカヒレの産地。そんな関わりの深いサメの生態について紹介する施設が「気仙沼シャークミュージアム」です。

「震災の記憶ゾーン」を見たあと、いよいよ「シャークゾーン」コーナーのはじまり。入り口近くで出迎えてくれるのは、映画『JAWS』などでもおなじみのホホジロザメの巨大な実物大模型。このほか、世界中の海に生息するさまざまなサメの紹介、サメの不思議な生態などをわかりやすく紹介しています。

ジンベエザメの全身に映し出されるプロジェクションマッピングは、2014年のリニューアルオープンで新たに登場しました。世界最大級のサメとして知られるジンベエザメを忠実に再現した巨大模型(実寸の約1/3)を展示し、その体にサメの泳ぐ姿や海の様子などのプロジェクションマッピングを投影。お子さんにも人気のアミューズメントです。

このほか、世界的なサメの権威であるユージニー・クラーク博士が映像でサメの世界をわかりやすく紹介する「ダイブトークシアター」も必見です。

マイナス20℃の世界で繰り広げられる光のショー

マイナス20℃に設定された冷凍庫内につくられた、幻想的な「氷の水族館」。氷に閉じ込められたマンボウやアイナメ、クロメバル、カツオなど、さまざまな魚が見られます。極寒の庫内に入るので、入り口で防寒コートを貸してくれます。

なかでは2分ほどのプロジェクションマッピングのプログラムを上映。魚の展示が、ピンクや青、緑などカラフルな光に彩られます。氷でできた竜宮城やホヤぼーやの彫刻もありますよ。

「氷の水族館」に隣接したところにあるのが、ホヤぼーやのグッズを一堂に集めた「HOYA-BOYA SHOP」です。人形や文具、お菓子、そしてここでしか購入できないオリジナルグッズなど、多彩な品ぞろえでお子さんにも人気です。店内の一角にはホヤぼーやゆかりの「海の子神社」があり、お賽銭は全国各地の被災地の復興に役立てられています。

1階フロアのもうひとつのお楽しみといえば、気仙沼自慢の海産物。旬の魚介を豊富に扱う鮮魚店、良質な素材を活かした水産加工品を販売するショップ、そして、お寿司や海鮮丼が、産地ならではのリーズナブルな価格で味わえる飲食店が軒を連ねています。もちろん、気仙沼名物のフカヒレもさまざまな料理で味わえます。

シャークミュージアムを見学したあとは、気仙沼の海鮮グルメを堪能しましょう!

「気仙沼 海の市」をもっと楽しむ!ななびチェック!

お得な2館共通券を利用しよう!

「気仙沼シャークミュージアム」と「氷の水族館」、どちらも見学する場合は2館共通券がお得。大人900円、小学生400円で2館を利用できます。

気軽に味わえるテイクアウトグルメ

1階にあるレストラン「リアスキッチン」では、サメ肉を加工した「シャークナゲット」を販売。クセのない味で食べやすく、お子さんにも人気です。

シャークミュージアムでサメ博士になろう!

国内唯一のサメの博物館「気仙沼シャークミュージアム」。世界中のサメについて詳しく紹介しています。見学すればサメ博士になれるかも!?

「気仙沼 海の市」について詳しくはこちら

関連する投稿


登米 |「とよま秋まつり」で豪華絢爛な山車やレトロな街並みを楽しむ

登米 |「とよま秋まつり」で豪華絢爛な山車やレトロな街並みを楽しむ

宮城県登米市は「みやぎの明治村」と呼ばれ、明治時代の洋風建築が残る街。毎年秋、そのレトロな街並みを彩る祭りが「とよま秋まつり」です。町民たちがつくり上げた豪華な山車10台が、独特のお囃子を響かせながら練り歩く光景は圧巻!宵祭りに行なわれる「薪能」では、薪の炎に照らし出される能舞台の幽玄な世界を体験できますよ。


栗原 |「くりはら田園鉄道公園」で鉄道の魅力を体感!

栗原 |「くりはら田園鉄道公園」で鉄道の魅力を体感!

宮城県栗原市にある「くりはら田園鉄道公園」は、旧くりはら田園鉄道の跡地を利用した鉄道のテーマパーク。実物の車輌展示や臨場感あふれる運転シミュレーター、レールバイクへの乗車体験など、幅広い世代が楽しめる展示やアトラクションがいっぱいです。鉄道好きなファミリーでなくとも夢中になる、その魅力をご紹介します。


宮城 |「塩竈みなと祭」、「仙台七夕まつり」…2018年宮城の夏まつりまとめ

宮城 |「塩竈みなと祭」、「仙台七夕まつり」…2018年宮城の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「塩竈みなと祭」や「石巻川開き祭り」「仙台七夕まつり」など、宮城県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


仙台 |「仙台市天文台」で宇宙を身近に感じよう!2018年夏は15年ぶりに火星が地球に大接近

仙台 |「仙台市天文台」で宇宙を身近に感じよう!2018年夏は15年ぶりに火星が地球に大接近

2018年4月にリニューアルオープンしたばかりの仙台市天文台の「展示室」。大画面映像で体感する銀河や、親子で楽しめる体験型コーナー、ゆっくり星空鑑賞ができるプラネタリウムなどで宇宙の魅力や不思議をたっぷり紹介!火星や木星をはじめ、本物の宇宙を身近に感じられる天体観望会も企画されています。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


最新の投稿


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!



男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.2】男鹿半島で味わう三大グルメ

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.2】男鹿半島で味わう三大グルメ

秋田県の日本海に大きく突き出た男鹿は、なまはげでよく知られる自然に恵まれた街。ダイナミックな日本海を目の前にした男鹿では、魚介を豪快に味わう漁師料理「石焼き」をはじめ、海産物がてんこ盛りの「海鮮丼」、伝統調味料の「しょっつる」を使った「男鹿しょっつる焼きそば」など名物料理がたくさん!男鹿の三大グルメを味わってみましょう。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!