南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.1】南相馬ってどんなところ?

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.1】南相馬ってどんなところ?

福島県北部の海沿いに面する南相馬市は、世界一の馬の祭典ともいわれる「相馬野馬追」で有名な街。1,000年以上もの歴史があるお祭りは、地域住民の手で代々受け継がれているほか、馬と共に暮らし、街の至るところで馬が大切に育てられています。夜の森公園や小高神社など桜の名所も多く、自然が豊かで美しい南相馬をご紹介します。


世界一の馬の祭典!「相馬野馬追」の街、南相馬

※画像提供:南相馬市

福島県の北部、宮城県にも近い海沿いの街・南相馬市は、世界一ともいわれる馬の祭典「相馬野馬追」が有名。2011年の東日本大震災では、甚大な被害を受けながらも力強く復興し、1,000年以上もの歴史も途絶えることなく受け継がれている、伝統のお祭りです。

※画像提供:南相馬市

「相馬野馬追」とは、騎馬武者行列や迫力あふれる甲冑競馬に神旗争奪戦を行い、裸馬を捉え神社に献納する、神事を中心とした氏神さまのお祭り。相馬地方の地元住民の手で大切に守られてきたお祭りは、国の重要無形文化財にも指定されています。

※画像提供:南相馬市

※画像提供:南相馬市

毎年7月の最終、土、日、月曜日の3日間にわたり開催される相馬野馬追は、お繰り出し・宵乗りといわれる行事からスタート。

※画像提供:南相馬市

500余りの騎馬武者が相馬市~南相馬市の街中を勇壮と練り歩きます。

※画像提供:南相馬市

2日目は、祭りのメインともいえる本祭り。

※画像提供:南相馬市

※画像提供:南相馬市

戦国時代さながらの合戦が見ものの神旗争奪戦や、甲冑競馬が南相馬市の「雲雀ヶ原祭場地」で行なわれます。

※画像提供:南相馬市

※画像提供:南相馬市

そして最終日は、野馬懸という古来からの野馬追の姿を良く残した行事が行なわれます。素手で裸馬を捉え神前に献納する一連の神事は、神聖で厳かな雰囲気と迫力も満点!なくてはならない、相馬地方の夏の風物詩です。

開催期間中は、地元の方はもちろん、世界でも珍しいお祭りを一目見ようと、全国各地からたくさんの野馬追ファンで賑わいます。

※画像提供:南相馬市

南相馬、そして、福島、東北が誇る伝統の「相馬野馬追」。臨場感あふれるお祭りは、ぜひ、生で見に行ってみたいですね!

遊びながら学べる!森のなかの博物館「南相馬市博物館」

美しい木々の森が迎えてくれる「南相馬市博物館」は、県営の「東ヶ丘公園」の敷地内にあります。「相馬野馬追」が開催される「雲雀ヶ原祭場地」の東側にあり、「相馬野馬追」に関する資料や南相馬市の自然や歴史、民俗をテーマとした展示を見ることができます。

「相馬野馬追」のコーナーでは、迫力ある神旗争奪戦の実物大のジオラマがお出迎え!「相馬野馬追」で使用された甲冑や祭具、相馬野馬追図屏風などが展示されています。DVDコーナーもあり、野馬追の歴史と変遷をわかりやすく学べます。

人と馬の進化の過程や、馬への信仰がわかる絵馬や馬との暮らしの様子など、南相馬ならではの展示も。秋の里山の動植物や、馬を使った農作業風景を再現したジオラマなど、リアルな展示でお子さんも飽きずに楽しく見学できますよ。

さらに外には、1929年に製造されたC50の蒸気機関車も!高さ約3メートル、長さ約16メートルの大きな機関車は、キレイに整備、展示されていて実際に乗ることができます。本物の蒸気機関車の運転席に乗ったら、子どもたちも運転手気分で大よろこびですね。

桜の美しい街、南相馬!「夜の森公園」の桜と「桜まつり」

※画像提供:南相馬市

海、山、川と自然があふれる南相馬市。市の花が桜で、美しい桜の街でもあります。「相馬野馬追」が行なわれる「小高神社」をはじめ、市内の公園や街の至る所に桜の木が目立ちます。なかでも南相馬市の中心部にある「夜の森公園」は、南相馬1番の桜の名所ともいわれ、毎年春には「桜まつり」も開催されています。

※画像提供:南相馬市

小高い丘の上にある「夜の森公園」は4月上旬~中旬になると、市内を臨む約500本の桜が見ごとに咲きそろいます。公園内はベンチや芝生も多く、子どもたちが楽しめる遊具も充実。お散歩がてら、気軽にのんびりとお花見を楽しめます。

※画像提供:南相馬市

美しい夜桜が楽しめる「桜まつり」もオススメ!「桜まつり」では、4月の桜の見頃にあわせて、約2週間にわたりライトアップ。さらに地元商店街が中心となった屋台が賑やかに並びます。

※画像提供:南相馬市

※画像提供:南相馬市

18:00~21:00まで行なわれるライトアップは、桜を照らす紅白の提灯と道沿いに並ぶ灯ろうが、なんとも懐かしい風情ある美しさ!「夜の森公園」の名前からも想像するように、街中にふんわりと優しく浮かぶように照らされた夜の桜は格別ですよ。

※画像提供:南相馬市

屋台で、南相馬のご当地グルメを味わったり、南相馬の桜の名所を巡ってみたり、昼も夜も美しい南相馬の桜をぜひ楽しんでみてくださいね。

いかがでしたか?南相馬は、「相馬野馬追」をはじめとした独特の文化や伝統、美しい桜や自然が迎えてくれる魅力いっぱいの街。

※画像提供:南相馬市

活気あふれる南相馬へ、みなさんも訪れてみませんか?

次回は、独特の食文化が見逃せない、南相馬発!大人気ソールフードをご紹介します。

南相馬をもっと楽しむためのななびチェック

「相馬野馬追」だけじゃない!馬の街、南相馬を楽しもう

南相馬では「相馬野馬追」で活躍する馬たちが、市内各所の厩舎(きゅうしゃ)や民家の敷地内で大切に飼育されている「馬の街」。街をゆっくり散策すれば、そんな馬たちに出逢えるかも!乗馬体験ができる施設や、引退した競走馬を繁養する厩舎も巡ってみては?

「南相馬市博物館」の体験学習で楽しく学ぼう!

「南相馬市博物館」では月に数回、ものづくりやさまざまな体験を通して学べる「体験学習」を開催!「ミュージアムキッズ!フェア」をはじめ、大人から子どもまで楽しめる内容なので、ぜひご家族で参加してみてくださいね。

桜の名所を集めた「桜みどころマップ」も!

「夜の森公園」以外にも、桜の名所がたくさんの南相馬市。南相馬市のホームページにある「南相馬市桜みどころMAP」には、オススメの桜スポットがマップと写真入りで紹介されていますよ!

※画像提供:南相馬市

「相馬野馬追」について詳しくはこちら
「南相馬市博物館」について詳しくはこちら
「夜の森公園」について詳しくはこちら
「桜まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


郡山市 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山市 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山市の静かな山あいにある施設「のんびり温泉別館イワナの里」。この施設にある「アルパカ牧場」では、アルパカや羊、ミニチュアホースなどの動物たちが、のんびり暮らしています。動物たちとふれあった後は、カフェやベーカリーでのんびりとくつろぎ、至福のひとときを過ごしてみませんか?


大玉村 |「向山製作所 大玉ベース店」ベーカリーとバターサンドが自慢!カフェ併設のスイーツショップ

大玉村 |「向山製作所 大玉ベース店」ベーカリーとバターサンドが自慢!カフェ併設のスイーツショップ

福島みやげ、福島スイーツを代表する存在のひとつとなっている「向山製作所の生キャラメル」。2018年7月、本拠地である福島県大玉村に郊外型カフェ併設の大型店「大玉ベース店」をオープン。バラエティ豊かなスイーツからカフェメニュー、本格パンまで、本拠地・大玉ベース店ならではの魅力をご紹介します!


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


最新の投稿


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

岩手県盛岡市にある「P.B.CAFÉ」は、お子さんが夢中になって遊べる大きなキッズスペースを備えたカフェ。平日のランチタイムや週末には、ママ友とのランチ会やファミリーでのカフェタイムなどで多くの人が訪れます。ニューヨークのカフェをイメージしたスタイリッシュな店内の雰囲気と新鮮野菜が盛りだくさんのメニューも評判ですよ。