阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.4】キャンプにBBQに遊園地!自然や文化を満喫できるおでかけスポット

阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.4】キャンプにBBQに遊園地!自然や文化を満喫できるおでかけスポット

野山や川など豊かな自然が身近な阿賀野市。ちょっと車を走らせると、緑に囲まれたキャンプ場や田園のなかの遊園地など、自然あふれる遊び場がいっぱい!初夏のおでかけや夏休みの思い出づくりにぴったりな3スポットをご紹介します。


キャンプ初心者でも安心!「五頭山麓いこいの森」

阿賀野市とお隣の阿賀町にまたがる五頭山。5つの峰があることから五頭連峰とも呼ばれ、初心者でも楽しめる山として親しまれています。この五頭山の麓にあるのが「五頭山麓いこいの森」。木々に囲まれた自然豊かなロケーションで、親子連れのキャンパーに人気のスポットとして親しまれています。

五頭山麓いこいの森では、貸しテントやバーベキューコンロ、テーブルやイス、寝袋、ランタンなどの貸し出しアイテムも充実。管理棟に常駐しているスタッフさんから薪の準備や火のおこし方、テントの設営の仕方などアドバイスしてもらうこともできるので、キャンプが初めてという方でも安心です。

また、バリアフリートイレや車いす対応のエリアもあり、車いす牽引補助装置の貸し出しも。体が不自由な方や高齢の方もキャンプサイトに入りやすいよう整備されているのがうれしいですね。2棟あるバンガローは大変人気のため、早めの予約が必須です!

楽しめるのはキャンプだけではありません。五頭山麓いこいの森には川が隣接しているので川遊びもできます。川は段差が平らになるように整備されているので、小さなお子さんでも遊びやすいと評判。オタマジャクシや小さな魚などを探してみるのもいいですね。

川遊びにオススメな時期は毎年6月~9月。パパやママも童心に帰って遊んでみませんか?

秋になると紅葉も見事!色とりどりの落ち葉やドングリを拾ったり、野山で遊ぶのにぴったりな季節です。木々を眺めながら、散策や登山もオススメですよ。

親子で楽しめるアトラクションが充実!水と緑に囲まれた人気テーマパーク「サントピアワールド」

新潟県内の遊園地といえばやはりここ、お馴染みの「サントピアワールド」!1976年に「安田アイランド」として開園、1997年に「サントピアワールド」としてリニューアルオープンしました、40年以上新潟県内で愛されている人気のスポットです。

サントピアワールドでは、さまざまな年齢層が楽しめるアトラクションや乗り物が充実しています。

例えば、「ふわふわおもちゃランド」や「キッズランド」は小さなお子さんにオススメですし、「大観覧車」「メリーゴーランド」といった定番のアトラクション、スリルを味わえる「恐竜ジェットコースター」「ロックアドベンチャー」などは小学生のお子さんだけでなく、パパやママも一緒に楽しめそうですね!

絶叫系アトラクションや激しい動きの乗り物などは比較的少ないため、小さなお子さんが初めてテーマパークを体験するのにぴったりです。園内には無料休憩所やレストランが完備され、トイレも多数用意されています。

「サントピアワールド」内の牧場で、動物とふれあおう!

アトラクションで楽しんだあとは、動物たちとのふれあいはいかがでしょうか?
サントピアワールド園内にある「サントピア牧場」では、ダチョウやアルパカ、ヤギ、ウサギにアヒルと、かわいい動物たちが出迎えてくれます。

サントピアワールドから牧場トレイン、またはローズマリー号(いずれも往復400円)に乗って行くことができますが、サントピアワールドに入園しなくても直接牧場へ訪ねることもできますよ。

動物たちへのエサやりや、ポニーやサラブレッドの乗馬を体験できます。気軽に動物たちとのふれあってみましょう。

300年以上の歴史がある定期市で、新鮮な野菜や魚介をお買い物「水原六斎市」

阿賀野市といえば、外せないのが定期市。実は新潟県で行われる定期市の数は、全国で1、2を争う多さだといいます。数ある定期市のなかで、300年以上の歴史を誇るのが「水原六斎市」です。

毎月4と8のつく日になると毎回60店ほどの店が並び、さまざまなお店が一堂にそろいます。近隣住民だけでなく市外から訪れる人も多い、新潟県内でも人気の定期市!

水原六斎市に出店するお店のジャンルは多種多様。魚屋には鮮魚や塩物、八百屋には朝取りの新鮮な野菜や果物をはじめ、料理に役立つ乾物や切り花、昔懐かしいお菓子と、目移りするほどのバラエティー豊かな品ぞろえです。

普段はスーパーで買い物をすることが多い人は、「対面式でものを買う」という定期市のスタイルに躊躇するかもしれませんが、会話が弾むのも定期市の魅力です。

「いい筋子が入ったよ」「今日は甘いトマトが安いよ。ちょっと味見してごらん」と、お店の人々が次々に話しかけてくれます。

野菜や魚などは調理方法も教えてもらえたり、たくさん買うとオマケをしてもらえたりと、「買って帰る」だけでない楽しさを実感できるかもしれません。昔ながらの「会話がある買い物の魅力」を、ぜひお子さんと一緒に体験してみませんか。

自然を存分に楽しめるキャンプに、大人も子供も楽しめるテーマパーク、買い物のおもしろさを学べる定期市。四季を通して移り変わる豊かな自然と受け継がれた阿賀野市の文化や歴史を体感してみてくださいね。

自然や文化に触れたあとも、阿賀野市を満喫しよう!ななびチェック!

遊んだあとは近隣の温泉でのんびり!

3スポットの周辺には、五頭温泉郷の出湯温泉、村杉温泉、今板温泉と、安田温泉、お隣の新発田市の月岡温泉など、温泉が充実!外湯や日帰り入浴もあるので、遊び疲れたあとはお風呂でゆっくり体を癒やしましょう。

サントピアワールドは7月~8月にナイター営業あり

サントピアワールドは7月21日~8月26日の間の土曜、日曜、祝日、8月14日~15日に限り、17:00~21:00のナイター営業も行います。仕事や学校終わりに、昼とはひと味違う夜の遊園地で遊んでみるのもいいですね!

春はお花見にでかけよう

「五頭山麓いこいの森」の川沿いは山桜、「サントピアワールド」の園内にはソメイヨシノが華麗に咲き誇ります。桜の開花時期にあわせて訪ねるのもオススメです。

「五頭山麓いこいの森」について詳しくはこちら
「サントピアワールド」について詳しくはこちら

関連する投稿


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。