仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

宮城県仙台市の定義エリアにある「定義とうふ店」では、外はサクサク&中はふんわりとした、揚げたての「三角定義あぶらあげ」が大人気!“定義さん”と呼ばれ親しまれている「定義如来」の参拝後に訪れるのが、地元の定番ルートです。週末は行列必至のおいしさの秘密をご紹介します。


宮城県民にはおなじみの有名あぶらあげ

仙台市街から車でのどかな山道を走ること約50分。定義如来(極楽山西方寺)の参道沿いに、老舗豆腐専門店「定義(じょうぎ)とうふ店」はあります。

ここの名物は、参拝に訪れるほとんどの人が味わうといわれる、三角定義あぶらあげ。厳選した高品質の大豆でつくる風味豊かなあぶらあげが、口コミやメディアで評判となり、今では宮城を代表するグルメのひとつとなっています。

厚さ約3センチ、手のひらサイズのボリューミーな三角定義あぶらあげは、外はカリッ、中はフワッとした歯ごたえが特徴。この独特の食感の秘密は、二度揚げにあります。

最初に120度の油で豆腐に火が通るまで揚げたあと、190度の油でキレイなきつね色にカラッと揚がったらできあがり。その日の気温や湿度によって揚げ時間を変えますが、平均25分間じっくり揚げることで、独自の食感が生まれます。

三角定義あぶらあげは、工場併設の店で揚げたてのアツアツを味わうのが定番!店内から職人が一枚一枚手揚げする様子も見学できます。ほかほかと湯気が立っているあぶらあげに、お好みで醤油やにんにく七味をトッピングしていただきましょう!

ひと口頬張ると、サクッとした歯ざわりのあとに、大豆の香りと旨みが口いっぱいに広がります。パパとママはにんにく七味を多めにかけて、ピリッとした辛さとのマッチングを楽しむのもオススメ。

店内のほかに、屋外にも屋根付きの広い飲食スペースがあります。元気いっぱいのお子さんと一緒でも、まわりを気にせずゆっくり味わえます。

飲み方の裏ワザも!大豆100%の濃厚豆乳

大豆そのものの香りがストレートに感じられる豆乳も、人気メニューのひとつ。冬はホット、夏はアイスで提供しています。ホットの時季はスタッフにお湯を少し入れてもらい、濃厚な豆乳をさっぱり味に。そこに、三角定義あぶらあげにトッピングする醤油とにんにく七味を入れて味わう裏ワザもあるそう!とろみのある豆乳とスパイシーな七味で、体がポカポカになりますよ。

定義エリアにはこんな観光スポットも

定義とうふ店のある定義如来は、縁結びや子授け・安産にご利益があるといわれ、多くの参拝客が訪れる寺院。歩いてすぐのところには、青森ヒバでつくられた高さ約30メートルある五重塔もたたずんでいます。歴史を感じさせるスポットにファミリーで立ち寄るのもいいですね。

食べ歩きグルメにぴったりな三角定義あぶらあげ。定義とうふ店でしか食べられない揚げたてを味わいに、ぜひ訪れてみてください。

「定義とうふ店」のテイクアウト商品を楽しむ!ななびチェック!

「三角定義あぶらあげ」の簡単アレンジメニュー

厚みがあるあぶらあげの真ん中を切って袋状に開き、納豆や刻んだ長ねぎをサンドしてオーブントースターやレンジであたためます。パパやママのおつまみにもぴったりです。

料理好きのお子さんにオススメ!「生豆にゅう」で手づくり豆腐

5月下旬頃から発売される生豆にゅうとにがりを使って、親子で豆腐づくりにチャレンジ!手づくりした豆腐はおいしさもひとしおです。

あともう一品ほしいときに便利な、濃厚「もめんとうふ」

大豆の旨みと甘みがギュッとつまった濃厚なもめんとうふは、醤油と薬味でシンプルに味わったり、煮物の具材にしたりと大活躍!

「定義とうふ店」について詳しくはこちら

関連する投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

江戸時代に仙台城と石巻を結ぶ街道沿いの宿場町として栄えた、宮城県松島町の高城(たかぎ)エリア。2018年の春、地元の商店街を盛り上げようと、“花”と“朝食”をテーマにした新たなマルシェイベント「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」がスタートしました。日曜の朝は早起きをして、家族でみんなでおでかけしてみませんか。


最新の投稿


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。