仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

宮城県仙台市の定義エリアにある「定義とうふ店」では、外はサクサク&中はふんわりとした、揚げたての「三角定義あぶらあげ」が大人気!“定義さん”と呼ばれ親しまれている「定義如来」の参拝後に訪れるのが、地元の定番ルートです。週末は行列必至のおいしさの秘密をご紹介します。


宮城県民にはおなじみの有名あぶらあげ

仙台市街から車でのどかな山道を走ること約50分。定義如来(極楽山西方寺)の参道沿いに、老舗豆腐専門店「定義(じょうぎ)とうふ店」はあります。

ここの名物は、参拝に訪れるほとんどの人が味わうといわれる、三角定義あぶらあげ。厳選した高品質の大豆でつくる風味豊かなあぶらあげが、口コミやメディアで評判となり、今では宮城を代表するグルメのひとつとなっています。

厚さ約3センチ、手のひらサイズのボリューミーな三角定義あぶらあげは、外はカリッ、中はフワッとした歯ごたえが特徴。この独特の食感の秘密は、二度揚げにあります。

最初に120度の油で豆腐に火が通るまで揚げたあと、190度の油でキレイなきつね色にカラッと揚がったらできあがり。その日の気温や湿度によって揚げ時間を変えますが、平均25分間じっくり揚げることで、独自の食感が生まれます。

三角定義あぶらあげは、工場併設の店で揚げたてのアツアツを味わうのが定番!店内から職人が一枚一枚手揚げする様子も見学できます。ほかほかと湯気が立っているあぶらあげに、お好みで醤油やにんにく七味をトッピングしていただきましょう!

ひと口頬張ると、サクッとした歯ざわりのあとに、大豆の香りと旨みが口いっぱいに広がります。パパとママはにんにく七味を多めにかけて、ピリッとした辛さとのマッチングを楽しむのもオススメ。

店内のほかに、屋外にも屋根付きの広い飲食スペースがあります。元気いっぱいのお子さんと一緒でも、まわりを気にせずゆっくり味わえます。

飲み方の裏ワザも!大豆100%の濃厚豆乳

大豆そのものの香りがストレートに感じられる豆乳も、人気メニューのひとつ。冬はホット、夏はアイスで提供しています。ホットの時季はスタッフにお湯を少し入れてもらい、濃厚な豆乳をさっぱり味に。そこに、三角定義あぶらあげにトッピングする醤油とにんにく七味を入れて味わう裏ワザもあるそう!とろみのある豆乳とスパイシーな七味で、体がポカポカになりますよ。

定義エリアにはこんな観光スポットも

定義とうふ店のある定義如来は、縁結びや子授け・安産にご利益があるといわれ、多くの参拝客が訪れる寺院。歩いてすぐのところには、青森ヒバでつくられた高さ約30メートルある五重塔もたたずんでいます。歴史を感じさせるスポットにファミリーで立ち寄るのもいいですね。

食べ歩きグルメにぴったりな三角定義あぶらあげ。定義とうふ店でしか食べられない揚げたてを味わいに、ぜひ訪れてみてください。

「定義とうふ店」のテイクアウト商品を楽しむ!ななびチェック!

「三角定義あぶらあげ」の簡単アレンジメニュー

厚みがあるあぶらあげの真ん中を切って袋状に開き、納豆や刻んだ長ねぎをサンドしてオーブントースターやレンジであたためます。パパやママのおつまみにもぴったりです。

料理好きのお子さんにオススメ!「生豆にゅう」で手づくり豆腐

5月下旬頃から発売される生豆にゅうとにがりを使って、親子で豆腐づくりにチャレンジ!手づくりした豆腐はおいしさもひとしおです。

あともう一品ほしいときに便利な、濃厚「もめんとうふ」

大豆の旨みと甘みがギュッとつまった濃厚なもめんとうふは、醤油と薬味でシンプルに味わったり、煮物の具材にしたりと大活躍!

「定義とうふ店」について詳しくはこちら

関連する投稿


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


仙台 |「感性の森」木のぬくもりを感じながら感性を育む室内遊び場

仙台 |「感性の森」木のぬくもりを感じながら感性を育む室内遊び場

仙台市郊外のショッピングセンター「錦ケ丘ヒルサイドモール」内にある「感性の森」は、0歳から小学生までのお子さんを対象とした、雨の日でも楽しく遊べる屋内施設。エントランスから遊具まですべてが木でできていて、地元をはじめ、宮城県内外のファミリーが多く訪れる人気のスポットです。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


最新の投稿


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

岩手県盛岡市にある「P.B.CAFÉ」は、お子さんが夢中になって遊べる大きなキッズスペースを備えたカフェ。平日のランチタイムや週末には、ママ友とのランチ会やファミリーでのカフェタイムなどで多くの人が訪れます。ニューヨークのカフェをイメージしたスタイリッシュな店内の雰囲気と新鮮野菜が盛りだくさんのメニューも評判ですよ。