阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.3】阿賀野市で「三角」を買う!

阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.3】阿賀野市で「三角」を買う!

歴史と文化とおいしいものに恵まれている阿賀野市に、なぜか多いのが「三角」のもの。阿賀野市に10軒以上ある地元の豆腐屋さんがつくる油揚げは、すべて形が三角なのです。しかもこれがとにかくおいしい!ほかにも三角だるまのお菓子なども…。おみやげにぴったりな阿賀野市の「三角」をご紹介します。


地元の人御用達の「圓山豆腐店」で買う三角揚げ

JR水原駅から歩いて12分ほど、阿賀野市水原公民館近くにある「圓山(まるやま)豆腐店」は、100年以上この地で続く老舗のお豆腐屋さん。地元の人たちに「おいしい豆腐屋さんは?」と聞くと、まず名前が挙がるほど親しまれているお店です。

現在は4代目のご主人夫妻と息子さんのご家族で豆腐と油揚げをつくっています。店舗はなく、豆腐製造の作業場の一角でこの三角揚げや豆腐などを売るスタイル。

こちらの油揚げは、ボリューム感たっぷり。豆の濃い味と甘みがしっかりとあり、でも食べても油っこくないのです。

「香りと切れのいい菜種油100%で揚げていますから。煮物に使うときも油抜きはしなくて大丈夫」なんだとか。一番おいしいのは熱々揚げたてですが、家のオーブントースターで焼いておしょうゆをたらして食べるだけでも、これがもう絶品!

ちなみに圓山さんは「三角揚げ」ではなく、「油揚げ」と呼ぶのだそう。「三角がこのあたりの普通の油揚げだからね」と笑って教えてくれました。油揚げを揚げるのは、毎日朝6:30~10:30頃。この時間帯であれば、おおむね揚げたてが食べられるそうです。

三角揚げの名店「金子食品本舗」で揚げたてをその場でいただく!

三角揚げといえば、忘れてはならないのが「金子食品本舗」。JR水原駅から車で13分ほどの旧安田地区にあります。こちらは三角揚げでその名を知られた有名店。県内ではこれさえあれば!という人が多いほど、おいしいことで知られます。

厳選された材料でつくられた三角油揚げは、地元の良質な水と丸大豆100%の素材を使ってつくられている、まさに伝統の味わい。

こちらのお店にはなんとお店の一角にテーブルがあり、その場で揚げたてを食べることもできるのです。しかも、普通の持ち帰りと同じ1枚150円で、地元のおいしいしょうゆを使って食べる、その熱々揚げたてのおいしいこと!おまけで豆乳もついてきます。

揚げ時間は10:00~11:00なので、この時間を逃さないように。大豆の濃厚な味わいがたまらなくて、食べると本当に感動しますよ。

小さな店内には、三角揚げのほかに昔懐かしいどっしりとしたお豆腐や、地元のおいしいものをたくさん並べているので、三角揚げやお豆腐などのほか、おみやげの買い物も楽しいですよ。

商店街の中の老舗「御菓子司 最上屋」でいただく「三角だるま最中」

水原代官所があった旧水原地区には、多くの和菓子屋さんがあります。約120年続く老舗の「御菓子司 最上屋」もそのひとつ。こちらには、古くからの水原銘菓である「椿餅」や「白鳥の卵」などのほかに、地元の名産品・三角だるまの形をした最中「三角だるま最中」があります。

正式には「山口人形」と呼ばれる三角だるまは、今から150年ほど前につくられた日本の名玩具のひとつ。昔は上越市高田や、柏崎市、見附市でもつくられていたそうですが、県内で今も残っているのはこの阿賀野市の水原地区だけだそう。

最上屋さんの4代目がこの玩具を多くの人に知ってほしいとつくったのが「三角だるま最中」で、ひょうきんな赤と青のだるまの絵を包み紙にした紫蘇あんの最中です。箱入りは6個入りで870円~ですが、2個で300円でも販売されています。もちろん1個だけ買うのもOK!

お店には包み紙のモデルになった三角だるまも飾られてあります。6代目店主の島原さんいわく、「三角だるまは赤が女性で青が男性。白が子どもなんですよ」とのこと。この「三角だるま最中」などの地元銘菓以外にも、お店にはおいしそうな洋菓子や和菓子がずらり。それらも一緒に買っておみやげにしたくなります。

地元の人たちの寄り合いスポット「おんこ茶屋」の「三角だるま」

最上屋さんのちょっと先にある「おんこ茶屋」は、地域交流と商店街のにぎわい創出をめざした、だんらんの場。ここで「三角だるま」が買えると聞いて行ってみました。

店内は無料休憩所としてテーブルでコーヒーが飲めるほか、阿賀野市の特産品も展示販売され、1番奥には駄菓子コーナーもあります。ここでコーヒーや阿賀野市のお菓子をいただき、ひと休みもできるのです。

レンタルBOXの棚の中にあった「三角だるま」を発見!

サイズによって500円、1,200円、2,100円などがあります。男性だという青のだるまより赤のだるまが大きいのは、新潟は女性が強いからなんだとか?

歴史ある街で伝統工芸品や地元銘菓を探す街歩きを、ぜひ楽しんでみて。

阿賀野市で「買う」を楽しむためのななびチェック!

豆腐屋さんで揚げたてを買うなら昼前が狙い目!

市内に10軒ほどある豆腐屋さん。三角揚げの揚げたては感動的な美味!みんな少しずつ味わいが違うので豆腐屋めぐりも楽しいですよ。油揚げを揚げるのはどこも午前中なので、昼前を狙って行くのがオススメ!

「金子食品本舗」の押し豆腐はあったら即買い!

金子食品本舗には知る人ぞ知る「押し豆腐」という硬めのお豆腐があります。水にさらさずに大豆のうまみがぎゅっと閉じ込められたお豆腐で、形もさまざま。薄く切ってステーキのように焼いたりするととってもおいしい!滅多にないのであったら即買いです!

「御菓子司 最上屋」には「三角だるま最中」以外にも地元銘菓がたくさん!

代官所があった阿賀野市の旧水原町地区には地元銘菓がたくさん!竹皮に包まれたういろうのような「椿餅」は江戸時代から有名な伝統菓子。また水原地区といえば白鳥が飛来する瓢湖があることからできた「姿白鳥」もオススメ。

「おんこ茶屋」には昔懐かしい駄菓子がずらり!

店内の奥には思わず「懐かしい!」と声をあげてしまうような懐かしい駄菓子がいっぱい。また煎茶が100円から、ほかにコーヒーやお抹茶も飲める「おんこ茶屋」は地元の人が集まる場所。お茶を飲みながら、地元の人と話すのも楽しいですよ。

「御菓子司 最上屋」について詳しくはこちら
「おんこ茶屋」について詳しくはこちら

関連する投稿


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


最新の投稿


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

青森県深浦町にある「ウェスパ椿山」は、世界遺産・白神山地をはじめとする豊かな観光名所に囲まれたリゾート施設です。別荘感覚でくつろげるコテージでの宿泊や、地元の食材を使用した新鮮なお食事が堪能できます。また、ガラス製作工房や昆虫館といった体験施設や、物産館も併設。青森の魅力にたくさん触れて、旅をもっとステキにしませんか?


横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

明治から昭和期の商家の蔵が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている秋田県横手市増田町。歴史を感じさせる蔵めぐりが人気のこのエリアでは、地元の人でにぎわう朝市の散策もオススメです。その歴史は古く、はじまりはなんと江戸時代。地元ならではのアットホームな雰囲気を楽しみましょう。