阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.3】阿賀野市で「三角」を買う!

阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.3】阿賀野市で「三角」を買う!

歴史と文化とおいしいものに恵まれている阿賀野市に、なぜか多いのが「三角」のもの。阿賀野市に10軒以上ある地元の豆腐屋さんがつくる油揚げは、すべて形が三角なのです。しかもこれがとにかくおいしい!ほかにも三角だるまのお菓子なども…。おみやげにぴったりな阿賀野市の「三角」をご紹介します。


地元の人御用達の「圓山豆腐店」で買う三角揚げ

JR水原駅から歩いて12分ほど、阿賀野市水原公民館近くにある「圓山(まるやま)豆腐店」は、100年以上この地で続く老舗のお豆腐屋さん。地元の人たちに「おいしい豆腐屋さんは?」と聞くと、まず名前が挙がるほど親しまれているお店です。

現在は4代目のご主人夫妻と息子さんのご家族で豆腐と油揚げをつくっています。店舗はなく、豆腐製造の作業場の一角でこの三角揚げや豆腐などを売るスタイル。

こちらの油揚げは、ボリューム感たっぷり。豆の濃い味と甘みがしっかりとあり、でも食べても油っこくないのです。

「香りと切れのいい菜種油100%で揚げていますから。煮物に使うときも油抜きはしなくて大丈夫」なんだとか。一番おいしいのは熱々揚げたてですが、家のオーブントースターで焼いておしょうゆをたらして食べるだけでも、これがもう絶品!

ちなみに圓山さんは「三角揚げ」ではなく、「油揚げ」と呼ぶのだそう。「三角がこのあたりの普通の油揚げだからね」と笑って教えてくれました。油揚げを揚げるのは、毎日朝6:30~10:30頃。この時間帯であれば、おおむね揚げたてが食べられるそうです。

三角揚げの名店「金子食品本舗」で揚げたてをその場でいただく!

三角揚げといえば、忘れてはならないのが「金子食品本舗」。JR水原駅から車で13分ほどの旧安田地区にあります。こちらは三角揚げでその名を知られた有名店。県内ではこれさえあれば!という人が多いほど、おいしいことで知られます。

厳選された材料でつくられた三角油揚げは、地元の良質な水と丸大豆100%の素材を使ってつくられている、まさに伝統の味わい。

こちらのお店にはなんとお店の一角にテーブルがあり、その場で揚げたてを食べることもできるのです。しかも、普通の持ち帰りと同じ1枚150円で、地元のおいしいしょうゆを使って食べる、その熱々揚げたてのおいしいこと!おまけで豆乳もついてきます。

揚げ時間は10:00~11:00なので、この時間を逃さないように。大豆の濃厚な味わいがたまらなくて、食べると本当に感動しますよ。

小さな店内には、三角揚げのほかに昔懐かしいどっしりとしたお豆腐や、地元のおいしいものをたくさん並べているので、三角揚げやお豆腐などのほか、おみやげの買い物も楽しいですよ。

商店街の中の老舗「御菓子司 最上屋」でいただく「三角だるま最中」

水原代官所があった旧水原地区には、多くの和菓子屋さんがあります。約120年続く老舗の「御菓子司 最上屋」もそのひとつ。こちらには、古くからの水原銘菓である「椿餅」や「白鳥の卵」などのほかに、地元の名産品・三角だるまの形をした最中「三角だるま最中」があります。

正式には「山口人形」と呼ばれる三角だるまは、今から150年ほど前につくられた日本の名玩具のひとつ。昔は上越市高田や、柏崎市、見附市でもつくられていたそうですが、県内で今も残っているのはこの阿賀野市の水原地区だけだそう。

最上屋さんの4代目がこの玩具を多くの人に知ってほしいとつくったのが「三角だるま最中」で、ひょうきんな赤と青のだるまの絵を包み紙にした紫蘇あんの最中です。箱入りは6個入りで870円~ですが、2個で300円でも販売されています。もちろん1個だけ買うのもOK!

お店には包み紙のモデルになった三角だるまも飾られてあります。6代目店主の島原さんいわく、「三角だるまは赤が女性で青が男性。白が子どもなんですよ」とのこと。この「三角だるま最中」などの地元銘菓以外にも、お店にはおいしそうな洋菓子や和菓子がずらり。それらも一緒に買っておみやげにしたくなります。

地元の人たちの寄り合いスポット「おんこ茶屋」の「三角だるま」

最上屋さんのちょっと先にある「おんこ茶屋」は、地域交流と商店街のにぎわい創出をめざした、だんらんの場。ここで「三角だるま」が買えると聞いて行ってみました。

店内は無料休憩所としてテーブルでコーヒーが飲めるほか、阿賀野市の特産品も展示販売され、1番奥には駄菓子コーナーもあります。ここでコーヒーや阿賀野市のお菓子をいただき、ひと休みもできるのです。

レンタルBOXの棚の中にあった「三角だるま」を発見!

サイズによって500円、1,200円、2,100円などがあります。男性だという青のだるまより赤のだるまが大きいのは、新潟は女性が強いからなんだとか?

歴史ある街で伝統工芸品や地元銘菓を探す街歩きを、ぜひ楽しんでみて。

阿賀野市で「買う」を楽しむためのななびチェック!

豆腐屋さんで揚げたてを買うなら昼前が狙い目!

市内に10軒ほどある豆腐屋さん。三角揚げの揚げたては感動的な美味!みんな少しずつ味わいが違うので豆腐屋めぐりも楽しいですよ。油揚げを揚げるのはどこも午前中なので、昼前を狙って行くのがオススメ!

「金子食品本舗」の押し豆腐はあったら即買い!

金子食品本舗には知る人ぞ知る「押し豆腐」という硬めのお豆腐があります。水にさらさずに大豆のうまみがぎゅっと閉じ込められたお豆腐で、形もさまざま。薄く切ってステーキのように焼いたりするととってもおいしい!滅多にないのであったら即買いです!

「御菓子司 最上屋」には「三角だるま最中」以外にも地元銘菓がたくさん!

代官所があった阿賀野市の旧水原町地区には地元銘菓がたくさん!竹皮に包まれたういろうのような「椿餅」は江戸時代から有名な伝統菓子。また水原地区といえば白鳥が飛来する瓢湖があることからできた「姿白鳥」もオススメ。

「おんこ茶屋」には昔懐かしい駄菓子がずらり!

店内の奥には思わず「懐かしい!」と声をあげてしまうような懐かしい駄菓子がいっぱい。また煎茶が100円から、ほかにコーヒーやお抹茶も飲める「おんこ茶屋」は地元の人が集まる場所。お茶を飲みながら、地元の人と話すのも楽しいですよ。

「御菓子司 最上屋」について詳しくはこちら
「おんこ茶屋」について詳しくはこちら

関連する投稿


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


最新の投稿


秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田県秋田市にある「クアドーム ザ・ブーン」は、プールと温泉が一年中楽しめるスパ施設。スリル満点のウォータースライダーや幼児向けプールなど7種類のプールがあり、のびのび遊べると大人気です。屋内なので天候を気にせず過ごせるのも、ファミリーのおでかけにぴったりですね。


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!