盛岡 |「柳家」のキムチ納豆ラーメンは盛岡市民のソウルフード!

盛岡 |「柳家」のキムチ納豆ラーメンは盛岡市民のソウルフード!

盛岡の名物グルメ「キムチ納豆ラーメン」で知られる「柳家」は、1975年、盛岡市大通にオープンしました。全店舗で味わえる「キムチ納豆ラーメン」以外は、店舗ごとに個性的なオリジナルメニューがあるのも柳家の大きな特徴。味噌・醤油・塩、濃厚・あっさり…さまざまな柳家の味を食べ比べてみましょう!


「柳家」全店で味わえる「キムチ納豆ラーメン」

JR盛岡駅東口から歩いて約15分、市街地の小さなビルの2階に「柳家 本店」はあります。現在、柳家は、岩手に11軒、宮城に1軒、店舗をかまえています。

看板メニューの「キムチ納豆ラーメン」は、初代店主の大信田さん夫妻がまかないで納豆ラーメンを食べていたときに、香の物としてそばにキムチを置いていたことから。女将さんの「キムチの辛味と酸味が納豆にあうのでは…」というひらめきから誕生しました。今では盛岡の名物ラーメン、ソウルフードとして知られています。

また、キムチ納豆ラーメン以外のメニューに関しては、各店舗の店長の裁量に任されているというスタイルもユニーク。地元の柳家ファンにはそこもまた魅力になっているようで、「〇〇店の〇〇がおいしい!」と、それぞれのお店に支持者がいます。盛岡の柳家各店で個性派メニューの味巡りという楽しみ方もできますよ。

自家栽培の小麦を使った自慢の自家製麺!

柳家の特徴のひとつが、自家栽培の小麦を使った自家製麺。2008年から岩手県の花巻市と紫波町に農地を確保し、「ゆきちから」を栽培しています。もともとたんぱく値が高くコシの強い「ゆきちから」を、加水率40%の多加水麺に仕上げているので、中太の麺はモチモチ!この独特の麺の力強さがあってこそ、キムチ納豆をはじめ、インパクトある各店のオリジナルラーメンともバランスのとれた一杯になるのです。

柳家 本店で味わいたいのは、やはり本家本元のキムチ納豆ラーメン。独自に考案された納豆味噌にキムチを組みあわせ、酸味と辛味と旨味が絶妙に融合した一杯です。シャキシャキのもやしやネギ、キャベツなど野菜もたっぷりとのっていて、そのボリュームにも大満足。キムチ納豆のほか、「レアチーズキムチ納豆」や「チェダーチーズキムチ納豆」、「マーボ納豆」など、納豆を使ったメニューのバリエーションも豊富です。

フェザン2号店の「はやぶさ」、大通2号店の「藤たさん」もイチオシ

「柳家 フェザン2号店」は、JR盛岡駅のターミナルビル南館にあります。駅ビル内ということでつくられたオリジナルメニューは、列車の名にちなんだ濃厚醤油の「はやぶさ」、本格担々麺「こまち」、漆黒醤油の「SLブラック」の3品。いずれも「フェザン2号店」限定のメニューです。

店イチオシの「はやぶさ」は、骨太な醤油ラーメンに背脂をたっぷりのせた濃厚醤油味。こってりとした醤油ラーメンを味わいたいときにオススメの一杯です。

JR盛岡駅南口から徒歩10分ほどの繁華街にある夜営業の人気店が「柳家 大通2号店」。ここでは地元の美容師さんが監修したというユニークメニュー「藤たさん」がオススメ。白みそベースのスープがまろやかで、もちもちの麺との相性も抜群。

このほか、盛岡市内には「東安庭店」「みたけ店」「フェザン店」などが点在。各店のオリジナルメニューを食べ歩きながら、盛岡市民に愛される柳家の味を堪能しましょう。

「柳家」でラーメンの味巡りを楽しむためのななびチェック!

看板メニューには、小サイズもあります!

全店舗にある看板メニューの「キムチ納豆ラーメン」には、量少なめの小サイズもあり、お子さんにもオススメ。

全店舗で禁煙を徹底しています

柳家では系列店も含め全店舗で終日禁煙になっています。お子さんも安心ですね。

「柳家 本店」では座敷席もあります

カウンター中心の店舗が多い柳家ですが、本店には12席の座敷席もあり、ファミリーでのお食事にぴったり。

「柳家」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。


奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

岩手県奥州市に2017年にオープンした「Cafe&Living Uchida」は、託児所を併設した新しいスタイルのカフェ。気軽に安心してお子さんを預けられるとあって、子育て中のパパやママの強い味方となっています。カフェだけでも利用できるので、世代を超えた地域の人たちが集うコミュニティスペースとして日々にぎわっているんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

岩手県滝沢市は盛岡市に隣接するベッドタウンで、昔から農業が盛んな地域。その滝沢市の市役所前の駐車場で、4月から11月末までの毎週日曜に開催されているのが「たきざわ日曜朝市」です。早朝からオープンする朝市には、新鮮な野菜や果物、スイーツや惣菜など多彩な品々がお手頃な価格で並び、多くの人でにぎわいます。


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。