久慈 |「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」魅力は地元密着型の展示

久慈 |「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」魅力は地元密着型の展示

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は、日本初の地下水族館として誕生しましたが、東日本大震災の津波で全壊…。しかし、「さかなクン」をはじめ全国からたくさんの支援を受け、2016年4月にかつての場所に再オープン!さらにパワーアップした「もぐらんぴあ」の展示は、地元・三陸の海をグンと身近に感じられると評判です。


海の底にいるみたい!?「トンネル水槽」

久慈といえば、ドラマ『あまちゃん』のロケ地としても知られる街です。
久慈湾を見晴らす海沿いに建つ「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」へのアクセスは、JR・三陸鉄道の久慈駅から車で約20分。GWや夏休みに訪れる場合は、水族館のほかにも小袖海岸など久慈の主要スポットをめぐる久慈地域周遊観光バス「ねまーる号」の利用もオススメです(運行日は要確認)。

地下1階~5階の水族館には、さかなクンの展示コーナーや防災展示室、屋上展望台などがあります。200種3,000匹の海の仲間たちが待つ「地下水族科学館もぐらんぴあ」のメインは、たくさんの魚たちが泳ぐトンネル水槽。

アーチ状になった水槽を見上げると、まるで海の底から魚たちの暮らしを眺めているかのような不思議な気分に。東日本大震災のなか奇跡的に生き延びたアオウミガメの「かめ吉」がのびのびと泳ぐ姿を探しながら、海の世界にゆったりとひたりましょう。

土・日・祝日は「もぐらんぴあ」に北限の海女&南部ダイバーが登場

再オープンによって新たに登場した「久慈の海水槽」は、久慈周辺の三陸の海を再現した高さ2.6メートルの大型水槽。土・日・祝日には、ドラマ『あまちゃん』で話題になった北限の海女と南部ダイバーの潜水実演があります。

華麗な潜水技術を披露したあとは、水槽のなかから観客の疑問に答えてくれる質問コーナー。お絵かきボードを使ったコミカルなやりとりで観客がワッと盛り上がる人気のイベントです。

そのほかにも「もぐらんぴあ」では、ホヤなど三陸の海の生き物や、ゆらゆら泳ぐ姿が美しいクラゲなど、世界の海の生き物たちを展示。三陸から世界の海まで、一度に観賞することができます。

海の仲間たちとのふれあい体験も

「もぐらんぴあ」では、魚たちにふれたりエサやりができる体験も人気です。西アジアに生息する「ガル・ラファ」はドクターフィッシュとも呼ばれ、古くなった角質を食べる習性があります。水槽に手や足を入れると集まってきた魚たちが吸い付き、くすぐったい感触のあとは肌がスベスベに。自然のピーリング効果を体験できます。

「ふれあい水槽」では、水槽に直接手を入れて魚たちにエサやりができるうれしい体験も。自分の手からエサを食べた魚たちが、水槽を元気に泳ぎ回る姿を見ると、ワクワク気分も倍増です。

海の生き物に直にふれたいキッズは、タッチプールにチャレンジ。生きたヒトデやナマコの感触を体感してみてくださいね。

展望台から雄大な久慈の海を眺めよう

見どころがたくさんの館内のほかにも5階には屋上展望台があり、久慈湾を一望する絶景スポットとなっています。晴れた日には、対岸に「小袖海岸」の灯台や「小袖海女センター」が見渡せますよ。

「もぐらんぴあ」に行ってみたいと思ったら、年間パスポートが断然お得です。2回分の入館料で1年間に何度でも入館OKなので、気になるイベントの開催日やちょっと時間ができたときなどに気軽に訪れることができますね。

まとめ

久慈の海を身近に感じられるオリジナリティあふれる展示で、何度も通いたくなる魅力がいっぱいの「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」。

プラスして『あまちゃん』の世界に浸りたいなら、周遊バス「ねま~る号」がオススメ。水族館の「久慈の海水槽」で海女と南部ダイバーに出会い、「小袖海岸」で灯台や「小袖海女センター」を訪れ、「道の駅くじ やませ土風館」でおみやげを選ぶ、盛りだくさんな『あまちゃん』ツアーが楽しめます。

再オープンでさらに見どころが増えた「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」へ、ぜひ足を運んでみませんか?

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は水族館だけじゃない!ななびチェック!

あの「さかなクン」のコーナーも

4階企画展示室には震災後に支援を行なってくれた、さかなクンの特設コーナーも。なじみの白衣と帽子、また、帽子の元になったハコフグも展示されています。

おみやげも充実!産地直販コーナー

1階の受付そばには産地直販コーナーをご用意。水族館に関するグッズのほか、岩手県各地の名物が購入できます。

震災の教訓を後世に。防災展示室

いまだ震災の爪痕が残る久慈市ですが、「もぐらんぴあ」にはその教訓を伝えるための防災展示室もあります。水族館の鑑賞とあわせて、親子で防災を考えてみては?

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」について詳しくはこちら
「ねま~る号」について詳しくはこちら

関連する投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。


花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

東北有数の温泉地として有名な「花巻温泉郷」のある岩手県花巻市。旅館やリゾートホテルが点在する山あいに建つ「山の駅 昭和の学校」は、昔なつかしい昭和の雑貨や日用品を集めた資料館です。廃校になった小学校の校舎を活用した施設内には、20万点以上ものアイテムがずらり!お子さんから大人まで楽しめると人気なんですよ。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。