新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

久慈 |「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」魅力は地元密着型の展示

久慈 |「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」魅力は地元密着型の展示

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は、日本初の地下水族館として誕生しましたが、東日本大震災の津波で全壊…。しかし、「さかなクン」をはじめ全国からたくさんの支援を受け、2016年4月にかつての場所に再オープン!さらにパワーアップした「もぐらんぴあ」の展示は、地元・三陸の海をグンと身近に感じられると評判です。


海の底にいるみたい!?「トンネル水槽」

久慈といえば、ドラマ『あまちゃん』のロケ地としても知られる街です。
久慈湾を見晴らす海沿いに建つ「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」へのアクセスは、JR・三陸鉄道の久慈駅から車で約20分。GWや夏休みに訪れる場合は、水族館のほかにも小袖海岸など久慈の主要スポットをめぐる久慈地域周遊観光バス「ねまーる号」の利用もオススメです(運行日は要確認)。

地下1階~5階の水族館には、さかなクンの展示コーナーや防災展示室、屋上展望台などがあります。200種3,000匹の海の仲間たちが待つ「地下水族科学館もぐらんぴあ」のメインは、たくさんの魚たちが泳ぐトンネル水槽。

アーチ状になった水槽を見上げると、まるで海の底から魚たちの暮らしを眺めているかのような不思議な気分に。東日本大震災のなか奇跡的に生き延びたアオウミガメの「かめ吉」がのびのびと泳ぐ姿を探しながら、海の世界にゆったりとひたりましょう。

土・日・祝日は「もぐらんぴあ」に北限の海女&南部ダイバーが登場

再オープンによって新たに登場した「久慈の海水槽」は、久慈周辺の三陸の海を再現した高さ2.6メートルの大型水槽。土・日・祝日には、ドラマ『あまちゃん』で話題になった北限の海女と南部ダイバーの潜水実演があります。

華麗な潜水技術を披露したあとは、水槽のなかから観客の疑問に答えてくれる質問コーナー。お絵かきボードを使ったコミカルなやりとりで観客がワッと盛り上がる人気のイベントです。

そのほかにも「もぐらんぴあ」では、ホヤなど三陸の海の生き物や、ゆらゆら泳ぐ姿が美しいクラゲなど、世界の海の生き物たちを展示。三陸から世界の海まで、一度に観賞することができます。

海の仲間たちとのふれあい体験も

「もぐらんぴあ」では、魚たちにふれたりエサやりができる体験も人気です。西アジアに生息する「ガル・ラファ」はドクターフィッシュとも呼ばれ、古くなった角質を食べる習性があります。水槽に手や足を入れると集まってきた魚たちが吸い付き、くすぐったい感触のあとは肌がスベスベに。自然のピーリング効果を体験できます。

「ふれあい水槽」では、水槽に直接手を入れて魚たちにエサやりができるうれしい体験も。自分の手からエサを食べた魚たちが、水槽を元気に泳ぎ回る姿を見ると、ワクワク気分も倍増です。

海の生き物に直にふれたいキッズは、タッチプールにチャレンジ。生きたヒトデやナマコの感触を体感してみてくださいね。

展望台から雄大な久慈の海を眺めよう

見どころがたくさんの館内のほかにも5階には屋上展望台があり、久慈湾を一望する絶景スポットとなっています。晴れた日には、対岸に「小袖海岸」の灯台や「小袖海女センター」が見渡せますよ。

「もぐらんぴあ」に行ってみたいと思ったら、年間パスポートが断然お得です。2回分の入館料で1年間に何度でも入館OKなので、気になるイベントの開催日やちょっと時間ができたときなどに気軽に訪れることができますね。

まとめ

久慈の海を身近に感じられるオリジナリティあふれる展示で、何度も通いたくなる魅力がいっぱいの「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」。

プラスして『あまちゃん』の世界に浸りたいなら、周遊バス「ねま~る号」がオススメ。水族館の「久慈の海水槽」で海女と南部ダイバーに出会い、「小袖海岸」で灯台や「小袖海女センター」を訪れ、「道の駅くじ やませ土風館」でおみやげを選ぶ、盛りだくさんな『あまちゃん』ツアーが楽しめます。

再オープンでさらに見どころが増えた「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」へ、ぜひ足を運んでみませんか?

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は水族館だけじゃない!ななびチェック!

あの「さかなクン」のコーナーも

4階企画展示室には震災後に支援を行なってくれた、さかなクンの特設コーナーも。なじみの白衣と帽子、また、帽子の元になったハコフグも展示されています。

おみやげも充実!産地直販コーナー

1階の受付そばには産地直販コーナーをご用意。水族館に関するグッズのほか、岩手県各地の名物が購入できます。

震災の教訓を後世に。防災展示室

いまだ震災の爪痕が残る久慈市ですが、「もぐらんぴあ」にはその教訓を伝えるための防災展示室もあります。水族館の鑑賞とあわせて、親子で防災を考えてみては?

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」について詳しくはこちら
「ねま~る号」について詳しくはこちら

関連する投稿


花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

お子さんとのおでかけは、せっかくなら大人も一緒に楽しみたいもの。そこで親子で遊ぶのにぴったりなのが、岩手県花巻市にある木育施設「花巻おもちゃ美術館」です。館内に並ぶ木のおもちゃは、お子さんはもちろん、大人も童心に返って楽しめるものばかり。遊びながら地域の魅力にもふれられる人気の施設です。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡市中心部、飲食店や映画館がたち並ぶ通りの一角に、赤白ストライプ模様のテント看板が印象的な「チーズケーキのチロル 大通店」があります。こちらのお店で人気なのが、手づくりにこだわったチーズケーキ。ふわっと軽い口あたりとクリームチーズの濃厚な味わいを、スプーンですくって楽しみましょう。


遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


最新の投稿


花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

お子さんとのおでかけは、せっかくなら大人も一緒に楽しみたいもの。そこで親子で遊ぶのにぴったりなのが、岩手県花巻市にある木育施設「花巻おもちゃ美術館」です。館内に並ぶ木のおもちゃは、お子さんはもちろん、大人も童心に返って楽しめるものばかり。遊びながら地域の魅力にもふれられる人気の施設です。


新潟 |「ジェラテリア Popolo」こだわりの素材と味で長年人気のジェラート店

新潟 |「ジェラテリア Popolo」こだわりの素材と味で長年人気のジェラート店

新潟県新潟市中央区にある「ジェラテリア Popolo」は、海と松林に囲まれたジェラートショップです。日替わりや季節限定フレーバーのジェラート、アイスケーキなど、メニュー数は100種類以上。新潟県の自然を感じながら、新鮮な牛乳と旬の素材を使ったおいしいジェラートやアイスクリームを味わってみませんか。


仙台 |「ひげぱんだ イオンタウン仙台泉大沢」ふわふわでなめらかなパンケーキを召し上がれ

仙台 |「ひげぱんだ イオンタウン仙台泉大沢」ふわふわでなめらかなパンケーキを召し上がれ

宮城県仙台市郊外のショッピングセンターにあるレストラン「ひげぱんだ」。クリームやナッツ、フルーツをたっぷり盛り付けたパンケーキがファミリーに人気のお店です。ほかにも、ハンバーグやカレーライスを味わえるキッズメニュー、おもちゃや絵本が充実したキッズスペースなど、お子さんがわくわくするポイントがたくさんありますよ。


十和田 |「道の駅とわだ とわだぴあ」十和田の魅力がぎゅっと詰まった、アットホームな道の駅

十和田 |「道の駅とわだ とわだぴあ」十和田の魅力がぎゅっと詰まった、アットホームな道の駅

日本三大開拓地でもある青森県十和田市は、新鮮な農畜産物が豊富な街。そんな十和田市にある「道の駅とわだ とわだぴあ」は、産直施設でのショッピングだけではなく、郷土の味をその場で堪能できる名物メニューなどおいしい魅力が満載です。今回は、食も遊びも家族で楽しめるポイントをたっぷりご紹介します!


山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

「丸十大屋」は、山形県山形市十日町で江戸時代から続く味噌と醤油の醸造元。県内で愛される万能調味料「味マルジュウ」の製造元として知られています。店内にはイートインスペースを備えたアンテナショップ「蔵膳屋」を併設。カレーやプリン、シュークリームなど、「丸十大屋」の調味料を隠し味に使用したメニューを堪能できますよ。