久慈 |「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」魅力は地元密着型の展示

久慈 |「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」魅力は地元密着型の展示

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は、日本初の地下水族館として誕生しましたが、東日本大震災の津波で全壊…。しかし、「さかなクン」をはじめ全国からたくさんの支援を受け、2016年4月にかつての場所に再オープン!さらにパワーアップした「もぐらんぴあ」の展示は、地元・三陸の海をグンと身近に感じられると評判です。


海の底にいるみたい!?「トンネル水槽」

久慈といえば、ドラマ『あまちゃん』のロケ地としても知られる街です。
久慈湾を見晴らす海沿いに建つ「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」へのアクセスは、JR・三陸鉄道の久慈駅から車で約20分。GWや夏休みに訪れる場合は、水族館のほかにも小袖海岸など久慈の主要スポットをめぐる久慈地域周遊観光バス「ねまーる号」の利用もオススメです(運行日は要確認)。

地下1階~5階の水族館には、さかなクンの展示コーナーや防災展示室、屋上展望台などがあります。200種3,000匹の海の仲間たちが待つ「地下水族科学館もぐらんぴあ」のメインは、たくさんの魚たちが泳ぐトンネル水槽。

アーチ状になった水槽を見上げると、まるで海の底から魚たちの暮らしを眺めているかのような不思議な気分に。東日本大震災のなか奇跡的に生き延びたアオウミガメの「かめ吉」がのびのびと泳ぐ姿を探しながら、海の世界にゆったりとひたりましょう。

土・日・祝日は「もぐらんぴあ」に北限の海女&南部ダイバーが登場

再オープンによって新たに登場した「久慈の海水槽」は、久慈周辺の三陸の海を再現した高さ2.6メートルの大型水槽。土・日・祝日には、ドラマ『あまちゃん』で話題になった北限の海女と南部ダイバーの潜水実演があります。

華麗な潜水技術を披露したあとは、水槽のなかから観客の疑問に答えてくれる質問コーナー。お絵かきボードを使ったコミカルなやりとりで観客がワッと盛り上がる人気のイベントです。

そのほかにも「もぐらんぴあ」では、ホヤなど三陸の海の生き物や、ゆらゆら泳ぐ姿が美しいクラゲなど、世界の海の生き物たちを展示。三陸から世界の海まで、一度に観賞することができます。

海の仲間たちとのふれあい体験も

「もぐらんぴあ」では、魚たちにふれたりエサやりができる体験も人気です。西アジアに生息する「ガル・ラファ」はドクターフィッシュとも呼ばれ、古くなった角質を食べる習性があります。水槽に手や足を入れると集まってきた魚たちが吸い付き、くすぐったい感触のあとは肌がスベスベに。自然のピーリング効果を体験できます。

「ふれあい水槽」では、水槽に直接手を入れて魚たちにエサやりができるうれしい体験も。自分の手からエサを食べた魚たちが、水槽を元気に泳ぎ回る姿を見ると、ワクワク気分も倍増です。

海の生き物に直にふれたいキッズは、タッチプールにチャレンジ。生きたヒトデやナマコの感触を体感してみてくださいね。

展望台から雄大な久慈の海を眺めよう

見どころがたくさんの館内のほかにも5階には屋上展望台があり、久慈湾を一望する絶景スポットとなっています。晴れた日には、対岸に「小袖海岸」の灯台や「小袖海女センター」が見渡せますよ。

「もぐらんぴあ」に行ってみたいと思ったら、年間パスポートが断然お得です。2回分の入館料で1年間に何度でも入館OKなので、気になるイベントの開催日やちょっと時間ができたときなどに気軽に訪れることができますね。

まとめ

久慈の海を身近に感じられるオリジナリティあふれる展示で、何度も通いたくなる魅力がいっぱいの「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」。

プラスして『あまちゃん』の世界に浸りたいなら、周遊バス「ねま~る号」がオススメ。水族館の「久慈の海水槽」で海女と南部ダイバーに出会い、「小袖海岸」で灯台や「小袖海女センター」を訪れ、「道の駅くじ やませ土風館」でおみやげを選ぶ、盛りだくさんな『あまちゃん』ツアーが楽しめます。

再オープンでさらに見どころが増えた「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」へ、ぜひ足を運んでみませんか?

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は水族館だけじゃない!ななびチェック!

あの「さかなクン」のコーナーも

4階企画展示室には震災後に支援を行なってくれた、さかなクンの特設コーナーも。なじみの白衣と帽子、また、帽子の元になったハコフグも展示されています。

おみやげも充実!産地直販コーナー

1階の受付そばには産地直販コーナーをご用意。水族館に関するグッズのほか、岩手県各地の名物が購入できます。

震災の教訓を後世に。防災展示室

いまだ震災の爪痕が残る久慈市ですが、「もぐらんぴあ」にはその教訓を伝えるための防災展示室もあります。水族館の鑑賞とあわせて、親子で防災を考えてみては?

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」について詳しくはこちら
「ねま~る号」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

岩手県盛岡市にある「光原社」は、全国から集めた漆器や焼き物を扱う工芸品店で、盛岡では外せない観光スポット。東北の雑貨や食品が並ぶショップ、クラシカルな喫茶店など、見どころがたくさんあります。特に本館からつながる石畳の中庭では、レトロな木造の建物が並ぶ外国の街並みを訪れたような、ちょっとした旅行気分を楽しめます。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?