秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

近年、「おいしいお米」が注目されています。各地で新ブランド米が続々リリースされ、その特性に詳しい「お米マイスター」の活躍も目立ちます。昔からの米どころである秋田県でも、それを受け「さらにおいしいお米づくり」に取り組む農家が増えてきました。今回はそんな秋田米にこだわり、お米を使ったメニューを提供するカフェをご紹介します。


印刷会社と米農家が組んで生まれた、新しい「お米のカフェ」

「R table(アールテーブル)」は、秋田産のおいしいお米を使ったメニューを提供するカフェです。意外にも母体は「秋田印刷製本株式会社」という、印刷・製本を本業とする会社。9年前、地元の米農家から「お米をもっとPRしたいので、手伝ってほしい」という要望を受けたのがきっかけでした。

パッケージデザインや宣伝・販売方法を模索するなか、やがて田んぼの土づくりや水質検査、米の保管法の改善まで取り組むまでに。当初は「お米の販売」がメインテーマでしたが、社内から「お米を使ったスイーツやフードを提供し、秋田産米に親しむ場をつくってはどうか」というアイデアが出たことから、最終的にカフェをオープンしたのだそう。

ごはんメニューだけじゃない!ヌードルやスイーツまで、フードがすべてお米由来

現在、秋田印刷製本が契約している農家は全部で5軒。すべて減農薬の特別栽培米で、品種は「あきたこまち」です。それ以外のアプローチは農家ごとに異なり、天日干しをする農家があれば、果実堆肥を用いている農家も。販売の際は、それぞれの個性が楽しめるよう、あえてブレンドせず生産者ごとにパッケージングしています。

「R table」は白を基調とした空間に、大きな窓のテラスを備えた開放的な雰囲気で、女性の利用が多い印象。提供するフードは、すべてこれらの米を使用したもの。丼、おにぎり、カレーなど「米」そのものを味わうものから、米粉を使ったパンやスイーツ、ラザニア、ケークサレなど多彩なラインナップとなっています。メニューは社員で試作を重ねるなかで決定し、季節メニューは3ヶ月ごとに入れ替えているそう。

バラエティ豊かなランチメニュー!なかでも人気は…?

では、メニューを見ていきましょう。秋田米を使用したオリジナルランチは計8種類、米粉スイーツが4種類、ドリンクは6種類が用意されています。

ランチの1番人気は「ローストビーフ丼」。オージービーフの内もも肉をキウイで柔らかく下ごしらえしてオーブンで焼いた後、予熱でじっくりと火入れし、旨みをしっかりと閉じ込めています。ソースはタマネギに肉汁をくわえて。炊きたての秋田米にジューシーなビーフの旨みがよくあいます。

また2番人気の「米粉ラザニアプレート」は、米粉100%のラザニアに、米粉のホワイトソースとチーズ、そして国産ビーフ100%のひき肉とイタリアントマトを煮詰めた特製ミートソースを挟み込んでいます。いずれも食べごたえたっぷりの上に、スープ付きです。

しっとりした口当たりが魅力!スイーツもすべて米粉から

スイーツの1番人気は「米粉ロールケーキ」。テイストはプレーンとショコラの2種類で、米粉ならではのしっとりとなめらかな舌触りと、ホロホロとした口当たりが魅力。生クリームの甘さもほどよく、しっかりボリュームがあるにもかかわらず、つい2個目にフォークが伸びてしまいそうです。

ほかにも米粉スイーツには「チーズケーキ」や「シフォンケーキ」、「ガトーショコラ」などがあり、いずれも、売り切れてしまう日があるほど人気です。

ドリンクは地元のコーヒー焙煎店から仕入れたブレンドコーヒーのほか、雲南茶にベルガモットのアロマをブレンドした「オーガニックアールグレイ」や、中国緑茶に白茶をブレンドした「ホワイトオーチャード」、「辛口ジンジャーエール」など、こだわりがうかがえるものばかり。スイーツ・ドリンクはすべて、テイクアウトできます。

入口はエントランススロープを備えたバリアフリー仕様で、ベビーカーでの入店も大歓迎。2018年の春からテラス席がオープンしたので、お子さんと開放的な空間でゆったりとお食事を楽しむこともできますよ。子育てママの、ちょっとした息抜きにぴったりですね。

また、厳密ではないものの、ほぼすべてのフードがグルテンフリー。お子さんの小麦粉アレルギーを気するママにもよろこばれているそうです。

今後はショップ部門を拡充し、ゆくゆくはアンテナショップとして店頭でお米や米粉麺などの購入できるようするとのこと。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがですか?

「R table」をもっと知りたい!ななびチェック

メニューには減農薬の特別栽培米のみを使用

提供するお米は、育てる水質や土壌、保管方法まで厳しくチェックした秋田米のみ。「食の安全」を意識しています。

カフェとしては破格!バリエーション豊かなランチメニュー

通常、カフェのランチメニュー数は1~3種類程度。こちらでは常時8種類のランチを用意しているので、つい毎日足を運びたくなってしまいそうです。

季節メニューはおよそ3ヶ月ごとに入れ替え

メンバーが知恵を出しあい、定期的に新メニューを考案。「今度は何が登場するかな?」と、何度でも訪れるのが楽しみになります。

「R table」について詳しくはこちら

関連する投稿




秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田県秋田市の大森山公園にある「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」は、動物たちとふれあえる人気スポット。ユキヒョウやレッサーパンダなどの動物たちを観察できるほか、食事風景が見られる「まんまタイム」を開催しています。また、イベントも多数行なわれ、動物たちとのさまざまな時間を楽しめます。


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。