新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

日本有数の豪雪地域で知られる長岡市山古志地区。ここには住民の手によって掘られた隧道(ずいどう)と呼ばれるトンネルがいくつもあります。そのひとつ、中山隧道は手掘りのトンネルとしては日本一の長さ。今も残る先人たちの努力の結晶、中山隧道をご紹介します。


地域の人の生活を守るために完成したトンネル

中山隧道(なかやまずいどう)は、山古志地区で最も山深い小松倉集落にあります。古くから四方を山に囲まれたこの集落の人々は、どこへ行くにも峠を越える必要があったといいます。特に積雪が4メートルを超える冬場の峠越えは命がけだったそうです。

集落には医者もいなかったことから、急病人が出れば、背負って峠を越えなければならなかったため、以前から集落内ではトンネルを求める声が上がっていたのだそう。そして地域の人たちが協力して取り組んで建設したのが中山隧道です。

全長約877メートル、幅約2メートル、高さ約2.5メートル。軽自動車1台が通れるほどの狭さに驚きますが、1998年までは国道として利用されていました。

1998年に中山トンネルが開通し、中山隧道はその役目を終えました。しかし住民の声によって保存されることになり、今もその内部を見学することができるように。上の写真の左側が中山トンネル、右側の小さなトンネルが中山隧道です。

トンネル内部に残る当時の痕跡

保存された中山隧道は2015年まで通り抜けることができました。一部崩落の危険があるため、現在は山古志地域の入り口から70メートルほどだけ歩いて見学することができます。

内部にはゴツゴツした壁が広がります。これは、ツルハシと呼ばれる硬い土を掘り起こす農業用の道具などを使って掘られたためなのだそう。当時の工事の様子を伝える道具も置かれ、手作業で進められたことに、子どもだけでなく大人もびっくりすることでしょう。

小松倉集落の人たちが工事に取りかかったのは、1933年。通常、トンネル工事では重機を使用しますが、この隧道は集落の人たちだけで建設されたので、専用の機材などはなくツルハシやシャベルなどを使って掘り続けられたそうです。

人の手でトンネルを掘り続けたと聞くと、「そんなことができるの?」と思いますよね。そのヒントは、田んぼにあります。

山に囲まれた山古志地区では、斜面を利用した棚田が広がっています。田んぼに欠かせない水を引くために、横井戸も掘って地下水を掘り出していたのだとか。中山隧道は、地元に伝わる横井戸のこの技術を利用して掘り進められたのです。

中山隧道は1933年に工事がはじまり、1949年に貫通を迎えました。途中、太平洋戦争で一時中断しましたが、完成までなんと16年もの歳月がかかったそうです。この工事にそれだけの時間と労力をかけた先人たちの情熱に感心させられますね。

トンネルの入り口には解説パネルが設置され、隧道が完成するまでの歴史や、先人たちの苦労を知ることができます。2006年には、土木学会選奨土木遺産としても選定され、歴史的にも評価されています。

隧道の歴史に触れ、山古志ののどかな棚田を見てみよう

中山隧道がある小松倉集落をはじめ、山古志地区は至るところに棚田が広がっています。田植えを終えた田んぼは緑がとってもキレイですし、遠くには新緑の山々が見えます。

貴重な棚田の風景も、手掘りのトンネルとともに、ゆっくり見学してみてはいかがでしょうか。

「中山隧道」以外にも魅力がたくさん!山古志に行ったらここにもでかけてみたい!ななびチェック!

隧道は歩きやすい靴で行こう

隧道の見学距離は70メートルほどですが、地下水が流れて滑りやすい場所もあるため、歩きやすい靴でおでかけください。隧道内はひんやりしているので、上着を1枚用意するのがオススメ。

5月から11月は牛の角突きが開催

山古志地域には国の重要無形民俗文化財に指定された「山古志牛の角突き」があります。5月から11月まで月2回ほど開催しています。間近で見る闘牛は迫力満点!

アルパカ牧場でかわいらしいアルパカに触れよう

山古志地区には、アルパカ牧場があります。エサもあげられるので、お子さんもよろこびますよ。

「中山隧道」について詳しくはこちら

関連する投稿


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。