新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

日本有数の豪雪地域で知られる長岡市山古志地区。ここには住民の手によって掘られた隧道(ずいどう)と呼ばれるトンネルがいくつもあります。そのひとつ、中山隧道は手掘りのトンネルとしては日本一の長さ。今も残る先人たちの努力の結晶、中山隧道をご紹介します。


地域の人の生活を守るために完成したトンネル

中山隧道(なかやまずいどう)は、山古志地区で最も山深い小松倉集落にあります。古くから四方を山に囲まれたこの集落の人々は、どこへ行くにも峠を越える必要があったといいます。特に積雪が4メートルを超える冬場の峠越えは命がけだったそうです。

集落には医者もいなかったことから、急病人が出れば、背負って峠を越えなければならなかったため、以前から集落内ではトンネルを求める声が上がっていたのだそう。そして地域の人たちが協力して取り組んで建設したのが中山隧道です。

全長約877メートル、幅約2メートル、高さ約2.5メートル。軽自動車1台が通れるほどの狭さに驚きますが、1998年までは国道として利用されていました。

1998年に中山トンネルが開通し、中山隧道はその役目を終えました。しかし住民の声によって保存されることになり、今もその内部を見学することができるように。上の写真の左側が中山トンネル、右側の小さなトンネルが中山隧道です。

トンネル内部に残る当時の痕跡

保存された中山隧道は2015年まで通り抜けることができました。一部崩落の危険があるため、現在は山古志地域の入り口から70メートルほどだけ歩いて見学することができます。

内部にはゴツゴツした壁が広がります。これは、ツルハシと呼ばれる硬い土を掘り起こす農業用の道具などを使って掘られたためなのだそう。当時の工事の様子を伝える道具も置かれ、手作業で進められたことに、子どもだけでなく大人もびっくりすることでしょう。

小松倉集落の人たちが工事に取りかかったのは、1933年。通常、トンネル工事では重機を使用しますが、この隧道は集落の人たちだけで建設されたので、専用の機材などはなくツルハシやシャベルなどを使って掘り続けられたそうです。

人の手でトンネルを掘り続けたと聞くと、「そんなことができるの?」と思いますよね。そのヒントは、田んぼにあります。

山に囲まれた山古志地区では、斜面を利用した棚田が広がっています。田んぼに欠かせない水を引くために、横井戸も掘って地下水を掘り出していたのだとか。中山隧道は、地元に伝わる横井戸のこの技術を利用して掘り進められたのです。

中山隧道は1933年に工事がはじまり、1949年に貫通を迎えました。途中、太平洋戦争で一時中断しましたが、完成までなんと16年もの歳月がかかったそうです。この工事にそれだけの時間と労力をかけた先人たちの情熱に感心させられますね。

トンネルの入り口には解説パネルが設置され、隧道が完成するまでの歴史や、先人たちの苦労を知ることができます。2006年には、土木学会選奨土木遺産としても選定され、歴史的にも評価されています。

隧道の歴史に触れ、山古志ののどかな棚田を見てみよう

中山隧道がある小松倉集落をはじめ、山古志地区は至るところに棚田が広がっています。田植えを終えた田んぼは緑がとってもキレイですし、遠くには新緑の山々が見えます。

貴重な棚田の風景も、手掘りのトンネルとともに、ゆっくり見学してみてはいかがでしょうか。

「中山隧道」以外にも魅力がたくさん!山古志に行ったらここにもでかけてみたい!ななびチェック!

隧道は歩きやすい靴で行こう

隧道の見学距離は70メートルほどですが、地下水が流れて滑りやすい場所もあるため、歩きやすい靴でおでかけください。隧道内はひんやりしているので、上着を1枚用意するのがオススメ。

5月から11月は牛の角突きが開催

山古志地域には国の重要無形民俗文化財に指定された「山古志牛の角突き」があります。5月から11月まで月2回ほど開催しています。間近で見る闘牛は迫力満点!

アルパカ牧場でかわいらしいアルパカに触れよう

山古志地区には、アルパカ牧場があります。エサもあげられるので、お子さんもよろこびますよ。

「中山隧道」について詳しくはこちら

関連する投稿


三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

世界に名だたる「ものづくり」のまちとして知られる新潟県三条市。年に1度、全国各地からさまざまなジャンルの作家が集まって行なわれる「三条クラフトフェア」は、新潟県内で最大規模のクラフト市。自然豊かななかで行なわれるので、お弁当を持ってピクニックがてらでかけるのも楽しいですよ。


新潟 |「新潟県立自然科学館」見て、触れて、遊びながら科学の不思議を知る、子どもも大人も楽しめる自然科学館

新潟 |「新潟県立自然科学館」見て、触れて、遊びながら科学の不思議を知る、子どもも大人も楽しめる自然科学館

小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、訪れる度に新しい発見がある「新潟県立自然科学館」。本物の化石や隕石、さまざまな展示物に実際に触れて体験することで、自然と科学への興味がわいてきます。日本海側最大級のプラネタリウムや工作や実験などのイベントのほか、カフェやショップもあり、1日過ごせる施設です。


新潟 |「沼垂テラス商店街 朝市」レトロでおしゃれな商店街で、充実の“日曜朝活”を楽しもう

新潟 |「沼垂テラス商店街 朝市」レトロでおしゃれな商店街で、充実の“日曜朝活”を楽しもう

新潟でかつて市場街として栄えた「沼垂(ぬったり)市場通り」。2015年にレトロな街並みを活かした「沼垂テラス商店街」として生まれ変わりました。おしゃれなカフェや雑貨店などが軒を連ね、毎月第1日曜日には「朝市」が開かれます。この日はパンや焼き菓子、服や雑貨など特別出店も多数!少し早起きをして「朝市」にでかけてみませんか。


阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.4】キャンプにBBQに遊園地!自然や文化を満喫できるおでかけスポット

阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.4】キャンプにBBQに遊園地!自然や文化を満喫できるおでかけスポット

野山や川など豊かな自然が身近な阿賀野市。ちょっと車を走らせると、緑に囲まれたキャンプ場や田園のなかの遊園地など、自然あふれる遊び場がいっぱい!初夏のおでかけや夏休みの思い出づくりにぴったりな3スポットをご紹介します。


阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.3】阿賀野市で「三角」を買う!

阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.3】阿賀野市で「三角」を買う!

歴史と文化とおいしいものに恵まれている阿賀野市に、なぜか多いのが「三角」のもの。阿賀野市に10軒以上ある地元の豆腐屋さんがつくる油揚げは、すべて形が三角なのです。しかもこれがとにかくおいしい!ほかにも三角だるまのお菓子なども…。おみやげにぴったりな阿賀野市の「三角」をご紹介します。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!