新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

日本有数の豪雪地域で知られる長岡市山古志地区。ここには住民の手によって掘られた隧道(ずいどう)と呼ばれるトンネルがいくつもあります。そのひとつ、中山隧道は手掘りのトンネルとしては日本一の長さ。今も残る先人たちの努力の結晶、中山隧道をご紹介します。


地域の人の生活を守るために完成したトンネル

中山隧道(なかやまずいどう)は、山古志地区で最も山深い小松倉集落にあります。古くから四方を山に囲まれたこの集落の人々は、どこへ行くにも峠を越える必要があったといいます。特に積雪が4メートルを超える冬場の峠越えは命がけだったそうです。

集落には医者もいなかったことから、急病人が出れば、背負って峠を越えなければならなかったため、以前から集落内ではトンネルを求める声が上がっていたのだそう。そして地域の人たちが協力して取り組んで建設したのが中山隧道です。

全長約877メートル、幅約2メートル、高さ約2.5メートル。軽自動車1台が通れるほどの狭さに驚きますが、1998年までは国道として利用されていました。

1998年に中山トンネルが開通し、中山隧道はその役目を終えました。しかし住民の声によって保存されることになり、今もその内部を見学することができるように。上の写真の左側が中山トンネル、右側の小さなトンネルが中山隧道です。

トンネル内部に残る当時の痕跡

保存された中山隧道は2015年まで通り抜けることができました。一部崩落の危険があるため、現在は山古志地域の入り口から70メートルほどだけ歩いて見学することができます。

内部にはゴツゴツした壁が広がります。これは、ツルハシと呼ばれる硬い土を掘り起こす農業用の道具などを使って掘られたためなのだそう。当時の工事の様子を伝える道具も置かれ、手作業で進められたことに、子どもだけでなく大人もびっくりすることでしょう。

小松倉集落の人たちが工事に取りかかったのは、1933年。通常、トンネル工事では重機を使用しますが、この隧道は集落の人たちだけで建設されたので、専用の機材などはなくツルハシやシャベルなどを使って掘り続けられたそうです。

人の手でトンネルを掘り続けたと聞くと、「そんなことができるの?」と思いますよね。そのヒントは、田んぼにあります。

山に囲まれた山古志地区では、斜面を利用した棚田が広がっています。田んぼに欠かせない水を引くために、横井戸も掘って地下水を掘り出していたのだとか。中山隧道は、地元に伝わる横井戸のこの技術を利用して掘り進められたのです。

中山隧道は1933年に工事がはじまり、1949年に貫通を迎えました。途中、太平洋戦争で一時中断しましたが、完成までなんと16年もの歳月がかかったそうです。この工事にそれだけの時間と労力をかけた先人たちの情熱に感心させられますね。

トンネルの入り口には解説パネルが設置され、隧道が完成するまでの歴史や、先人たちの苦労を知ることができます。2006年には、土木学会選奨土木遺産としても選定され、歴史的にも評価されています。

隧道の歴史に触れ、山古志ののどかな棚田を見てみよう

中山隧道がある小松倉集落をはじめ、山古志地区は至るところに棚田が広がっています。田植えを終えた田んぼは緑がとってもキレイですし、遠くには新緑の山々が見えます。

貴重な棚田の風景も、手掘りのトンネルとともに、ゆっくり見学してみてはいかがでしょうか。

「中山隧道」以外にも魅力がたくさん!山古志に行ったらここにもでかけてみたい!ななびチェック!

隧道は歩きやすい靴で行こう

隧道の見学距離は70メートルほどですが、地下水が流れて滑りやすい場所もあるため、歩きやすい靴でおでかけください。隧道内はひんやりしているので、上着を1枚用意するのがオススメ。

5月から11月は牛の角突きが開催

山古志地域には国の重要無形民俗文化財に指定された「山古志牛の角突き」があります。5月から11月まで月2回ほど開催しています。間近で見る闘牛は迫力満点!

アルパカ牧場でかわいらしいアルパカに触れよう

山古志地区には、アルパカ牧場があります。エサもあげられるので、お子さんもよろこびますよ。

「中山隧道」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

目の前には海、後ろには緑豊かな山が出迎えてくれる「燦燦カフェ」。新潟市から柏崎市へ向かう海沿いの道・国道402号線沿いにあり、海水浴帰りやドライブがてら立ち寄る人が多い人気店です。絶好のロケーションはもちろん、地産地消や手づくり、無添加にこだわった料理やスイーツも多数。心地よい海風を感じながらのんびり過ごしませんか。


柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎市にある「柏崎・夢の森公園」は、「里山で遊ぶ・暮らしを考える」をコンセプトにした自然公園。約30ヘクタールの広大な園内では森遊びができるほか、里山に暮らす動物たちと触れ合うこともできます。小さなお子さんも参加できる体験コーナーもあり、多くの親子連れで賑わいます。お弁当を持って家族みんなでおでかけしてみませんか。


新潟 |「絶対食べたい!人気の地元グルメ」記事まとめ

新潟 |「絶対食べたい!人気の地元グルメ」記事まとめ

胎内市「農家レストランGorashe」、長岡市「いち井」、新発田市「結城堂串だんご店」など、新潟県で愛されている人気グルメの記事をピックアップしてお届けします。新潟県在住のみなさんでも、意外と知らないお店があるかも?ぜひチェックして、足を運んでみてくださいね。


三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

世界に名だたる「ものづくり」のまちとして知られる新潟県三条市。年に1度、全国各地からさまざまなジャンルの作家が集まって行なわれる「三条クラフトフェア」は、新潟県内で最大規模のクラフト市。自然豊かななかで行なわれるので、お弁当を持ってピクニックがてらでかけるのも楽しいですよ。


最新の投稿


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!



男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.2】男鹿半島で味わう三大グルメ

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.2】男鹿半島で味わう三大グルメ

秋田県の日本海に大きく突き出た男鹿は、なまはげでよく知られる自然に恵まれた街。ダイナミックな日本海を目の前にした男鹿では、魚介を豪快に味わう漁師料理「石焼き」をはじめ、海産物がてんこ盛りの「海鮮丼」、伝統調味料の「しょっつる」を使った「男鹿しょっつる焼きそば」など名物料理がたくさん!男鹿の三大グルメを味わってみましょう。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!