軽米 |「2018森と水とチューリップフェスティバル」約15万本のチューリップが豪華に咲き競う!

軽米 |「2018森と水とチューリップフェスティバル」約15万本のチューリップが豪華に咲き競う!

春を感じられる花といえば、カラフルなチューリップがそのひとつ。愛らしい咲き姿でお子さんも大好きな花ですよね。岩手県軽米町の「雪谷川ダムフォリストパーク・軽米」では、チューリップの見頃に「2018森と水とチューリップフェスティバル」を開催。彩り鮮やかなチューリップ畑や家族で楽しめるイベントが満載でおでかけにぴったりです。


チューリップの見頃は4月下旬から5月中旬。早めに訪れれば桜とのコラボも!

チューリップの開花にあわせ、4月下旬から5月中旬に 開催される「2018森と水とチューリップフェスティバル」。その会場となるのが、岩手県北部に位置する軽米町にある「雪谷川ダムフォリストパーク・軽米」です。ダム湖を活かし、自然豊かな森林に囲まれた水と緑の公園で、自然散策やキャンプなどのレジャーを楽しむ人々でにぎわいます。

敷地内には広大なチューリップ園があり、約15万本ものチューリップが咲き誇ります。赤や黄、ピンクなど色とりどりのチューリップが色鮮やかなコントラストを織りなす光景は、まさにフォトジェニック!近づいてよく見ると、丸みを帯びた花びらや先がとがった花びら、単色やグラデーションなど、チューリップの形や色はさまざま。それぞれの個性を観察しながら、散策を楽しめます。

園内のあちこちには、チューリップより一足先に咲きはじめる桜の木が植えられています。開花のタイミングがあえば、チューリップが咲きはじめる4月下旬に訪れると、桜の花との美しいコラボが眺められることも。春の恵みがあふれる美しい光景をお見逃しなく。

3階建ての風車展望台からチューリップ園を一望

チューリップ園のすぐそばにあるのが、公園の名物である風車展望台です。羽根の直径は20メートル、3階建ての建物は高さ16メートル。2・3階の展望室からチューリップ園を一望できるほか、雪谷川ダム湖を見晴らせ、眺望は抜群。風車展望台を背にした光景も、記念撮影のマストスポットです。

真っ赤な吊り橋「メモリアルブリッジ」からダム湖を眺望

雪谷川ダム湖に架けられた全長154メートルの吊り橋「メモリアルブリッジ」は、もうひとつの絶景ポイント。公園と対岸を結び、春の新緑や秋の紅葉など、季節に彩られた美しい光景を眺めることができます。

対岸にある展望台のそばにはカタクリ自生地があり、5月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。薄紫色の小さな花で一面が覆われる光景は、可憐な美しさ。チューリップの見頃と重なったときは、ぜひ立ち寄ってみてください。

2018年5月3日(木・祝)は楽しい「ステージイベント」を開催

ゴールデンウィーク期間中の5月3日(木・祝)には、お子さんも楽しめる「ステージイベント」が開催されます。オープニングセレモニーでは景品付きの餅まきが行なわれるほか、軽米町の特産品をもらえるじゃんけん大会、郷土芸能や太鼓の演奏など、盛りだくさん!同時開催の「林業振興まつり」では、シイタケ植菌体験や木工体験、釣り堀コーナーなど、ファミリーでアクティブにチャレンジできる体験メニューが豊富にそろいます。

当日は、地元のお子さんたちに大人気の、軽米町ホームページイメージキャラクター「ヒエポン」も会場内のあちこちに登場。胸に飾った赤いチューリップが目印です。見かけたら、声を掛けてみて。一緒に記念撮影をするのもオススメですよ。

元気よくカラフルに咲き誇るチューリップを眺めれば、心躍るようなウキウキ気分に!この春は、軽米町の「2018森と水とチューリップフェスティバル」へでかけ、ファミリーで花いっぱいの休日を過ごしてみませんか?

「2018森と水とチューリップフェスティバル」をさらに楽しむ!ななびチェック!

5月3日(木・祝)・4日(金・祝)・5日(土・祝)は会場まで無料シャトルバスを運行

軽米町内の各所から、会場の「雪谷川ダムフォリストパーク・軽米」まで、無料シャトルバスで向かうことができます。往路・復路とも各3本。事前に乗車時間をチェック!

チューリップの見頃にあわせ売店がずらり

チューリップの開花にあわせ、4月28日(土)~5月17日(木)まで、総合案内施設前駐車場に臨時売店が出店。特産品の販売や飲食コーナーなどがあります。

「さるなしソフト」を食べたい!

会場の「雪谷川ダムフォリストパーク・軽米」にある「レストラン・フェアリ」では、軽米町特産のさるなしを使ったソフトクリームが人気。キウイフルーツのような爽やかな甘酸っぱさを味わえます。

「2018森と水とチューリップフェスティバル」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。


奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

岩手県奥州市に2017年にオープンした「Cafe&Living Uchida」は、託児所を併設した新しいスタイルのカフェ。気軽に安心してお子さんを預けられるとあって、子育て中のパパやママの強い味方となっています。カフェだけでも利用できるので、世代を超えた地域の人たちが集うコミュニティスペースとして日々にぎわっているんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

岩手県滝沢市は盛岡市に隣接するベッドタウンで、昔から農業が盛んな地域。その滝沢市の市役所前の駐車場で、4月から11月末までの毎週日曜に開催されているのが「たきざわ日曜朝市」です。早朝からオープンする朝市には、新鮮な野菜や果物、スイーツや惣菜など多彩な品々がお手頃な価格で並び、多くの人でにぎわいます。


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。