燕 |「燕市交通公園」乗り物や遊具で楽しく遊びながら、交通マナーも学ぼう!

燕 |「燕市交通公園」乗り物や遊具で楽しく遊びながら、交通マナーも学ぼう!

燕市内はもちろん、市外から訪れる方も多い「燕市交通公園」。信号機や道路標識が設置された模擬道路で、楽しみながら交通ルールが学べると人気の公園です。2018年春には遊具が新設され、今まで以上に遊びやすく、親子で楽しめるようになりました。今回は「燕市交通公園」の見どころをたっぷりとご紹介します!


遊びながら交通ルールを学べる「燕市交通公園」

北陸道の三条・燕インターから車で10分ほどの場所にある「燕市交通公園」。ゴーカートや遊具がある緑の広場など、大きく分けて7つのエリアからなる公園です。

なかでも注目したいのが、「燕市交通公園」スペースにある模擬道路。道路標識や信号機、踏切が配置され、本物の道路さながらのリアルな造りが特徴です。交通量の激しい実際の道路で交通ルールを学ぶのはちょっぴり難しさがありますが、ここならそんな心配も無用!小さなお子さんでも、お散歩がてら交通ルールを学ぶことができるのです。

ぜひ利用したいサービスが、「自転車の無料貸し出し」。台数制限はありますが、補助輪あり・なしタイプを選ぶこともでき、お子さんの練習段階にあわせて利用できます。交通ルールを学びながらしっかりと自転車の練習ができるので、パパ&ママも大助かり!

また、平日に限り個人自転車の持ち込みもOK(土日祝日は持ち込みNG)。未就学児のお子さんのキックバイクや三輪車の練習に利用するのもいいですね。

利用者の声を活かした新しい遊具が続々登場!

「遊具でたくさん遊びたい!」というお子さんにぴったりなのが、「緑の広場」にある大きな複合遊具です。昨年夏に公園利用者からの投票で選ばれたこちらの遊具は、2018年3月末に導入されたばかり!

ジャンボ滑り台や階段、アスレチックなどが一体になった遊具になったことで、子どもたちは今まで以上に体を動かしてダイナミックに遊べるようになり、パパ&ママからは目が行き届きやすくなったと評判です。

これまであったターザンロープやブランコも新調。より使いやすく、カラフルなデザインになりました。

高低差が少ない遊具コーナーや小さな滑り台も新たに設置。歩きはじめの小さなお子さんが遊べるのもうれしいですね。

パパやママも夢中になる!?ゴーカート&サイクルモノレール

「燕市交通公園」のなかでも根強い人気を誇るのが、ゴーカートとサイクルモノレール。ゴーカートは全長約650メートルと長く、立体交差やヘアピンカーブ、トンネルなども用意されています。起伏と変化に富んだ本格コースなので、お子さんはもちろんパパ&ママにも大人気!

利用料金は、1人用1周100円、2人用1周150円とリーズナブルなのも魅力です。

一方、のんびり乗車を楽しみたい方にオススメなのが「サイクルモノレール」。高架に設置された全長200メートルほどを、自転車感覚で漕いで乗る乗り物です。木々や遊具が広がる「緑の広場」を見渡しながらの乗車は、親子で気分爽快になれますよ!

1周あたりの利用料金は、子ども(中学生以下)が50円、大人(高校生以上)が100円で、6歳以下のお子さんは安全のために保護者との同乗が必須です。

多目的に遊べる広場や子ども連れにうれしい休憩スペースも充実

たっぷり遊んでひと休みしたいときは、「芝の広場」や「管理棟」を利用しましょう。キレイに手入れをされた芝生にレジャーシートを敷けば、ピクニック気分も楽しめちゃいます!

「管理棟」内の休憩室には、椅子やテーブル、エアコン、自動販売機も完備されているので、お昼ごはんやおやつタイムなどの休憩にぴったり。トイレもキレイで利用しやすいと評判です。

このほか、ベビーベッドやベビーカー、フラフープやバランスボールなど遊具の貸し出しもあり、赤ちゃん連れはもちろん、幅広い年齢層が利用できるサービスもうれしいですね。

お隣にあるのが「燕市児童研修館 こどもの森」。子どもの異年齢交流や親子のふれあいの場として親しまれています。

こちらでは子ども向け、親子向けの講座や体験プログラムなども随時開催。「燕市交通公園」で体を動かして遊んだ後は、「こどもの森」でゆったり読書や、手先や頭を使うワークショップを楽しむのもオススメです。

交通ルールを学べる模擬道路、思いっきり遊べる遊具。アクティブな乗り物に、ゆったり過ごせる広場と、さまざまなアクティビティーが豊富な「燕市交通公園」。お子さんだけでなく、パパ&ママも童心に返って遊べる貴重なスポットに、ぜひ遊びにでかけてみてください。

「燕市交通公園」をもっと楽しむ!ななびチェック!

ゴーカートはポイントカードでお得に

ゴーカートに乗車する際は、ぜひポイントカードをつくりましょう。1回の乗車で1ポイント、10ポイントたまると1回無料で乗車できます!有効期限はなく、複数枚ポイントカードの合算もOK。

不定期で開催される各種イベントも楽しもう!

燕市主催のマルシェイベント「ツバメルシェ」や、春は「さくらフェス」などのイベントが不定期で開催されます。詳細はFacebookページなどでチェックを。

親子で参加したい「自転車教室」

毎年初夏に、公園を会場に自転車教室が開催されます。2018年は6月10日(日)に開催予定。自転車の練習だけでなく、おもしろ自転車の試乗もあり毎年大人気!先着10名のため、お申し込みはおはやめに。

「燕市交通公園」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?