青森 |「時の市」開催!大仏のもとで古きよきものと出会うイベント

青森 |「時の市」開催!大仏のもとで古きよきものと出会うイベント

青森市にある全仏山青龍寺で、毎年春と秋に「時の市」というイベントが開催されます。日本一の青銅座像・昭和大仏のある境内に、古道具などを販売する蚤の市をはじめ、クラフトブース、飲食ブース、ワークショップなどが並び、自然のなかで古きよきものにふれあえる2日間です。


自然のなかでモノ、コトに触れ、春を楽しむイベント「時の市」

「時の市」は、毎年春と秋に開催され、2018年で8回目を迎えるイベントです。青森市の全仏山青龍寺で、2018年は5月12日(土)、13日(日)の2日間開催されます。

全仏山青龍寺は「昭和大仏」で知られるお寺。昭和大仏は1984年に造立された日本一大きい青銅座像仏で、奈良や鎌倉の大仏をはるかにしのぐ21.35メートルもの高さ!

昭和大仏は通常は参拝料大人400円、小人200円がかかるのですが、「時の市」のイベントのときにはなんと無料。今まで昭和大仏を見たことのない人も、これを機会に訪れてみてはいかがですか。

大仏のほかにも、金堂、五重塔、大書院などがあり、荘厳な建造物が立ち並ぶ森のなかの境内を散策できますよ。美しい自然のなかに溶け込むように佇む大仏に心が安らぐ、青森市の隠れた名所なんです。

「このステキな場所をたくさんの人に知ってもらいたい」という主催者の想いからはじまった「時の市」。今では毎回このイベントを楽しみにしている方も多く、年々規模も大きくなっています。

2018年は、過去最多の70組が出店!蚤の市は要チェック

今回の「時の市」は、過去最多の70店が出店!

メインの蚤の市は、トランクやミシン台など、昭和レトロな雰囲気漂う古道具がたくさん並びます。12店の古道具屋さんが、この日のためにとっておきの古道具を持と寄ります。質感や状態を実際に見て触れて確かめることができるのが、時の市の醍醐味のひとつ。

蚤の市は、このイベントの主催をしている古物雑貨店の三ノ月舎(みのつきしゃ)が特に力を入れている人気ブース。お店のインテリアなどに使えそうな掘り出し物を探しに、ショップ店員さんなども多く訪れるそうですよ。

クラフトブース、飲食ブースはこだわりの逸品をかかげて出店

飲食ブースは、これまでの店舗数からさらに増え、25ものお店が青森ならではのおいしいものを提供してくれます。

地元ならではの食べ物はもちろん、2018年は長野県から4店、宮城県仙台市から1店が出店するので、普段お目にかかることがなかなかないメニューも楽しめそうです。

クラフトブースは、応募店数60以上のなかから厳しい競争を勝ち抜いた33店が出店!地元の作家さんを中心に、畳屋さんがつくる小物雑貨やこけしをモチーフにした雑貨、こぎん刺しグッズなど、こだわりを持った作家さんたちが出店します。そこでしか出会えない作品の数々に目が離せません。

初の試み!乙女心をくすぐる「きもの散歩」

今回初めて実施するワークショップのひとつ「きもの散歩」は、洋服の上からレトロ柄の着物を簡単に着付けして青龍寺内を散策できる体験型ワークショップ。

着物は4種類のなかから柄を選べ、境内にある建物をバックに記念撮影ができます!手ぶらで参加できるのも魅力です。なかなか着る機会がないレトロな着物を、この機会に試してみてはいかがですか。

このほかにもワークショップを実施するブースは11店。子どもが参加できるものづくりのワークショップも盛りだくさんで、キャンドルづくりやダイダイ染め体験など、気持ちのよい屋外で子どもと一緒にモノづくりを楽しめますよ。

境内が春の息吹に染まる「時の市」で、季節を感じながらモノ、コトに触れてみませんか。

「時の市」を思う存分満喫!ななびチェック

大仏のなかに入れる!

青銅座像として日本一大きな昭和大仏のなかは、「昭和大仏胎内巡り」といってぐるりと歩ける通路があり、地獄極楽絵図やさまざまな仏様が祀られています。独特の雰囲気で心を清められますよ。

お手洗い、休憩スペースは2ヶ所に設置

お手洗いは境内に入ってすぐの入り口付近と、大仏へ行く途中の坂にあります。また、飲食スペースも2ヶ所にテーブルとイスを並べているので、歩き疲れたらゆったりと座って雰囲気を楽しむのもよいでしょう。

子どもも楽しめるワークショップがたくさん

一点ものばかりのクラフトブースは見るのに時間がかかるもの。でも、子どもがつくって楽しめるワークショップが充実しているので、お子さんも飽きることなく時間を過ごせそうです。

「時の市」について詳しくはこちら

関連する投稿


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田市内は、青森県産食材を使用したスイーツをはじめとする、独特のセンスがあふれるスイーツの宝庫です。今回は数ある店舖のなかから、昔ながらのおまんじゅうやブッセ、ケーキなどを販売するよりすぐりのスイーツ店を3店舗ご紹介します。十和田市を訪れるなら、ぜひ寄り道して味わってみてくださいね。


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.3】子ども連れも安心!十和田の大満足ランチ3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.3】子ども連れも安心!十和田の大満足ランチ3選

青森県十和田市は、長いも、ごぼう、にんにくなどの根菜類の農業が盛んな土地。また、古くから馬肉がよく食べられていて、郷土料理として地元民に親しまれ、最近では観光客にも人気です。今回はそんな十和田市のおいしい食材をふんだんに使った、おすすめのランチスポット3店舗をご紹介します。


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.2】四季折々の風情が詰まったイベント4選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.2】四季折々の風情が詰まったイベント4選

十和田市には、桜・新緑・紅葉・雪…と、自然風景の美しさを感じながら、大人数でわいわいしたくなるような毎年恒例のイベントがたくさん。今回は、家族、友達、カップルで訪れたくなる魅力をたっぷりご紹介します!


藤崎 |「なべワン-グランプリin停車場通り」体も心もホットに!あったかお鍋No.1決定戦!

藤崎 |「なべワン-グランプリin停車場通り」体も心もホットに!あったかお鍋No.1決定戦!

青森県藤崎町で毎年2月に行われるホットなイベント「なべワン-グランプリin停車場通り」。参加店が趣向を凝らした鍋料理を販売し、お客さんに投票してもらうイベントです。寒空の下で食べるあたたかいお鍋のおいしさは格別!今回は、メインイベントだけでなく、2019年大会だけの見逃せないポイントまでたっぷりご紹介します!


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.1】十和田ってどんなところ?

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.1】十和田ってどんなところ?

青森県の南部地方に位置する十和田市は、青森県の名所「八甲田山」「十和田湖」などに囲まれた自然豊かな街です。その景観の美しさから、青森県内外だけでなく海外からも多くの観光客が訪れるほど。近年は「アートによるまちづくり」をコンセプトとしていて、アート作品と街並みが融合した“アートの街”としても人気を博しています。


最新の投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。