小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

秋田県小坂町の「小坂鉄道レールパーク」は、かつて使われていた施設や線路を使ってさまざまなレール遊びが体験できる、全国でも珍しいレールミュージアム。冬季休業を経て、4月から2018年度の営業がはじまりました。子どもから大人まで楽しめて寝台列車にも宿泊できるこちらの施設。見どころを押さえて家族そろっておでかけください。


貴重な車両見学や観光トロッコ、レールバイク体験で遊ぼう

銀生産高日本一を誇るなど、かつては日本屈指の鉱山だった小坂鉱山。「小坂鉄道」は、鉱山で産出された鉱石の輸送などに使われ、一時期は旅客営業も行っていました。その役目を終えて営業を廃止したのが2009年。その後、鉄道としては使われなくなった小坂駅の駅舎や線路、設備などを利用し、レール遊びの場所として2014年にオープンしたのが「小坂鉄道レールパーク」です。

広い敷地内には、小坂鉄道などで活躍していた車輌の数々が展示され、自由に見学できるようになっています。鉱物の輸送に使われた三重連のディーゼル機関車、除雪作業などを担ったモーターカー、鉱山全盛期の面影を残す貴賓客車など、貴重な車輌を間近で見られるのがうれしいポイント。当時にタイムスリップしたような懐かしい景色が広がります。

園内では小坂駅構内の線路を利用した体験メニューが大人気。自転車のようにペダルをこぎ同乗者と力を合わせて線路を進む「レールバイク」は、小さな子どもも気軽に体験できるレール遊びです。さわやかな風を受けながら線路の上を走るひとときは実に爽快!みんなで力を合わせてゴールを目指しましょう。

また、現役時代に除雪作業用として使われたモーターカーが牽引するのは、赤いペイントが印象的なかわいらしい観光トロッコ。小坂駅構内をゆっくりと走るので、子どもから高齢者まで幅広く乗車でき、窓がないため開放感も抜群です。

懐かしの寝台列車に泊まってノスタルジックな旅気分!

「小坂鉄道レールパーク」の名物のひとつが「ブルートレインあけぼの」です。こちらは、1970年から44年もの間、実際に上野~秋田・青森方面を走っていた寝台列車「あけぼの」を利用した宿泊施設。

閉園時間までレールパークをたっぷり楽しんだ後、ホームに入って来た寝台列車に乗り込んで一泊二日の旅気分を満喫できます。食事は付いていませんが、朝食弁当の予約も可能(宿泊2日前まで)。構内にある休憩室やシャワー室も利用することができますよ。
※2018年の営業は4月28日(土)~11月3日(土・祝)の金・土曜のみ

車輌の個室は、定員2名のA寝台個室(写真上)と定員1名のB寝台個室(写真下)の2タイプ。夜はおやすみ放送、朝はおはよう放送が流れ、まるで本当に列車の旅をしているような気分に(放送は不定期実施)。窓から見えるノスタルジックな駅舎や線路の雰囲気も旅気分を盛り上げてくれます。

さらに、宿泊者だけのお楽しみとして、動く「ブルートレインあけぼの」に乗車することが可能。宿泊日当日の16:30頃と翌朝9:00頃、ホーム~車両展示場間の移動をB寝台開放席で体験できるので、宿泊の際はこちらもチェックを。

ディーゼル機関車の運転体験やイベントなど、お楽しみはたくさん

「小坂鉄道レールパーク」には、単1形の乾電池99本を動力とした「エボルタ電車」が常設展示され、乗車体験などイベントに登場することも。2018年度のイベントは未確定ですが、ホームページなどでぜひ情報を入手してくださいね。

また、こちらの施設では、ディーゼル機関車の運転体験「運転士への道コース」も開催しています。18歳以上(高校生を除く)の年齢制限はありますが、座学を受けてから運転実技を行う本格的な体験メニューです(簡単な説明を受けて体験できる「お試しコース」もあり)。興味のある方は事前に日程を確認のうえ、事前予約を。

鉄道好き、乗り物好きはもちろん、いつもとひと味違う遊びを体験したい方や、旅気分を味わいたい方にオススメの「小坂鉄道レールパーク」。家族みんなで楽しめますよ。

「小坂鉄道レールパーク」の楽しみ方はほかにも!ななびチェック!

来園記念やおみやげにオススメのオリジナルグッズ

小坂鉄道の車両がデザインされたクリアファイルやサブレ、駅名ストラップなど、小坂鉄道のオリジナルグッズを販売しています。

修理を終えたホッパー車が活躍

保守作業の際、砕石を散布するために使われていたホッパー車が、修理を終えて2018年4月15日(日)にお披露目されました。これから園内展示されるそうなのでお楽しみに。

小坂町の観光スポットもあわせて見学

三館共通入場券を購入すると、近代化産業遺産の「小坂鉱山事務所」、明治の芝居小屋「康楽館」、そして「小坂鉄道レールパーク」の入館料がお得になりますよ。

「小坂鉄道レールパーク」について詳しくはこちら

関連する投稿




秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田県秋田市の大森山公園にある「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」は、動物たちとふれあえる人気スポット。ユキヒョウやレッサーパンダなどの動物たちを観察できるほか、食事風景が見られる「まんまタイム」を開催しています。また、イベントも多数行なわれ、動物たちとのさまざまな時間を楽しめます。


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


最新の投稿


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。