大崎 |「潟沼SUP体験」エメラルドグリーンの湖で水上散歩!

大崎 |「潟沼SUP体験」エメラルドグリーンの湖で水上散歩!

人気急上昇中の水上スポーツ「SUP」をご存じですか?ボードの上に立ち、パドルを漕ぎながらゆうゆうと水上を進むSUPは爽快感抜群!ファミリーで楽しめるレジャーとしてじわじわと注目を集めています。実は宮城を代表する温泉地・鳴子温泉でも、毎年5月から「潟沼SUP体験」を開催。話題のニュースポーツを親子で体験してみましょう!


「SUP」ってどんなスポーツ?

「そもそもSUP(サップ)って何?」という方も多いのではないでしょうか。

SUPとはスタンドアップパドルボード(Stand Up Paddleboard)の略で、ハワイ発祥の水上スポーツ。サーフボードより少し大きめのボードに立ち、パドルを漕ぎながら水上を移動します。

ボードに座ったままパドルを漕いだり、波に揺られながらヨガをしたり、その楽しみ方は多彩。SUP用のボードは浮力が高く安定感があるので、初心者やお子さんでも簡単にマスターできます。

新緑が心地よい5月から、宮城県大崎市鳴子温泉にあるカルデラ湖・潟沼で「潟沼SUP体験」がスタート。5月から11月上旬までの日曜と第2・4土曜限定で開催されます。

SUPは湖や海、川など、水上であれば場所を問わず楽しめますが、「潟沼SUP体験」では専属のコーチが付くとあって、毎年多くのファミリーが訪れています。

親子で「潟沼SUP体験」にトライ!

「潟沼SUP体験」の開催場所となるのは、東北自動車道古川ICから車で40分ほどの場所にある「潟沼」です。エメラルドグリーンの湖水は天気や日の当たり方によってさまざまな色に見え、とっても神秘的。また、海とは違い波がなく風も穏やかなので、SUPを体験しやすいスポットなんですよ。

「潟沼SUP体験」は予約制なので、希望日前日の17:00までに公式ホームページから申し込みましょう。

まずは陸上でコーチからレクチャーを受けたら、いざ体験です。大きな湖の上に立つ不思議な感覚は、お子さんだけでなく、パパとママもワクワクしてしまいそう。2人乗りもできるので、小さなお子さんも親子で一緒に楽しめます。

「潟沼SUP体験」にはどんな持ち物が必要?

「潟沼SUP体験」の料金には、保険料のほか、ボードやライフジャケットのレンタル代が含まれているので、特別な持ち物は必要なく、身軽に行って大丈夫。ただし、着替えやバスタオルなど濡れたときの対策グッズは必須です。また、周囲を山に囲まれた鳴子温泉エリアは気温が低めなので、長袖の服があると安心ですよ。

誰でも気軽に楽しめる話題の水上スポーツ・SUPを一度体験してみてはいかがでしょうか。

「潟沼SUP体験」をもっと楽しむためのななびチェック!

初回の料金には日帰り温泉の無料入浴券付き

初回のみ、体験料に鳴子温泉駅から歩いて3分ほどの場所にある「鳴子・早稲田桟敷湯」の無料入浴券が付いています。2回目以降は50円引きの入浴券が付くので、「潟沼SUP体験」を楽しんだあとに立ち寄り、体をあたためましょう。

ペットの同乗もOK!

ペットと一緒に乗れるのもSUPの魅力のひとつ。愛犬と水上散歩を楽しみたいというファミリーは、予約の際にあらかじめご相談を。

おでかけ前に天気をチェック

強風や荒天時は中止になることも。天気がすぐれない場合は、当日電話をして状況を確認するのがオススメ。

「潟沼SUP体験」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。