平田村 |「ジュピアランドひらた」お花見からアウトドア体験まで、絶景がひろがるお花の公園

平田村 |「ジュピアランドひらた」お花見からアウトドア体験まで、絶景がひろがるお花の公園

福島県石川郡平田村に、20万株の赤やピンク、白などの芝桜が一面に咲き誇ることで有名な「ジュピアランドひらた」があります。東北でも有数の芝桜は、シーズンにはイベントも開催され、県内外からたくさんの人々で賑わいます。初夏にはアジサイやユリも美しく、お花見はもちろん広場で遊んだり親子でピクニックやバーベキューも楽しめます。


東北有数!圧巻の芝桜と、アジサイやユリも見事なお花の公園

福島県石川郡平田村にある「ジュピアランドひらた」は、蓬田岳のふもとの自然を活かした野外体験ができるお花の公園。広さ16.7ヘクタール(東京ドーム約3個分)の敷地に、春は一面がピンク色に染まる「シバザクラ園」があるほか、初夏はアジサイやユリも見事な絶景スポットです。

なかでも「シバザクラ園」は、2ヘクタールの斜面に赤、白、ピンク、薄紫の2万株の芝桜が咲き誇ります。1995年からはじまって以来、少しずつ規模をひろげて今では東北有数の芝桜に!シーズン中は、県内外から10万人が訪れるという人気のスポットなんです。

色とりどりに咲く芝桜は、キレイなグラデーションや模様になっていて、ハート型の芝桜がかわいらしい!園内の遊歩道に入ると、ほんのりと甘い芝桜の香りにも癒されます。

園内は、ゆったり散策できる遊歩道や展望デッキ、子どもが遊べる広場があり、ピクニックや自然散策ができるのも魅力のひとつ。蓬田岳の登山や、手軽な料金で使用できるバーベキューコーナーもあるので、アウトドアにもオススメですよ。

「ジュピアランド634(ムサシ)」からの眺望にうっとり!家族で楽しめる「芝桜まつり」

芝桜の見頃となる4月下旬~5月中旬には、毎年「芝桜まつり」が開催されます。イベント広場にはたくさんの屋台が並び、土日祝日は子どもから大人まで楽しめる催しも盛りだくさんです。

芝桜の里イメージキャラクター「ジュッピー」も登場!愛らしいジュッピーと触れ合ったり、写真を撮ったり、子どもたちに大人気のキャラクターです。

さらに、特大ジュッピーのふわふわ遊具も!こちらで思いっきり遊べますよ。

また、「シバザクラ園」の頂上にある野鳥観察棟「ジュピアランド634(ムサシ)」には、「芝桜まつり」期間限定でカフェ「天空喫茶634」がオープン!オシャレなログハウス調の店内やテラスで、蓬田岳の湧き水で淹れたコーヒーとケーキを味わうことができます。

「ジュピアランド634」はなんと、あのスカイツリーと同じ高さの標高634メートル!足元から裾野へとひろがる芝桜の絨毯と、遠方には川内村の風力発電の風車や、あぶくま洞のある大滝根山を望む眺望は格別です。

テラスデッキの後ろには、5月中旬頃からツツジの花も見頃になりますので、「芝桜まつり」後も四季折々の絶景を楽しんでみてくださいね。

地植えされたあじさいの種類は日本一!「世界のあじさい園」と「ゆり園」

「ジュピアランドひらた」の名物は、芝桜だけではありません。初夏には、「世界のあじさい園」と「ゆり園」も見逃せません。

特に、5ヘクタールの園内に国内外のあじさいを集めた「世界のあじさい園」は必見です。日本の品種から海外の品種まで、全部で825品種(2018年現在)!園内に地植えする品種の種類の多さでは、日本一なんです。

開園してから約4年、世界中の品種を825品種まで少しずつ増やしたアジサイのうち44品種は「ジュピアランドひらた」のオリジナル品種!異なる品種のアジサイを掛けあわせたり、ほかの植物と交配させて生まれた、ここでしか見られないアジサイなんですよ。

迷路のように細かに分かれる遊歩道を巡りながら、珍しいアジサイを探してみてくださいね。

アジサイと同時期に開花する、ユリもステキですよ。「世界のあじさい園」の下にある「ゆり園」では、50種類、23,000本のユリが楽しめます。県内では珍しい、森を活かした植栽法の「ゆり園」には、山ユリや透かしユリ、鉄砲ユリからカサブランカまでたくさんの種類のユリが!

まず、アーチ状の門をくぐって園内に入ると、カラフルなユリ畑がひろがります。

珍しい赤いカサブランカなど、なかなかお目にかかれないような品種のユリを見ることができますよ。

「世界のあじさい園」と「ゆり園」の見頃は7月~8月。標高約800メートルの涼しい「あじさいとユリ園」で、森林浴とお花に癒やされながらリフレッシュしてみてくださいね。

昔体験にアウトドア!さまざまな体験もできる「ジュピアランドひらた」

「ジュピアランドひらた」には、お花以外にもお子さんとさまざまな体験ができます。

「バーベキュー広場」には、鉄板を囲んで座れる炭火焼きスペースとウッドテーブルが。手軽な料金で利用でき、炭や燃料は準備してもらえるので、食材を持ち込めば気軽にバーベキューを楽しめます。「芝桜まつり」期間中は利用できませんが、新緑や紅葉、ツツジの時期の景色もキレイですよ。

管理事務所の下側には、伝統文化等保存伝習施設「樹里庵」があります。「樹里庵」は、江戸期に庄屋を務めた農家の住居を移築、復元させたもの。200年以上の歴史がある茅葺き屋根の古民家を、自由に見学することができます。(土日祝日のみ)

施設内では、茅葺き屋根の保存のため、毎週土日に囲炉裏で炭を燃やしているそう。ほんのりと漂う炭の香りがどこか懐かしく、実際に住まわれていた当時に想いを馳せます。

作業部屋だった中2階には、農業や生活用具、養蚕が盛んだった平田村で使用されていた養蚕道具なども展示されていますよ。

タイムスリップしたような空間は、お子さんも探検気分で昔の暮らしを学ぶことができそうですね!

ピクニックにぴったりな「おにぎり広場」には、小さな遊具もあり季節の草花を眺めながらゆったりと遊べます。芝生敷きの広場なので、家族でのんびりと過ごすのもいいですね。

「おにぎり広場」のとなりや「バーベキュー広場」の下では、キャンプも可能で遊び方もいろいろ!ぜひ、ご家族で楽しんでみてくださいね。

ご家族連れでもっと楽しむための「ジュピアランドひらた」のななびチェック!

2018年の「芝桜まつり」開催期間と、必見の「市町村対抗かかしコンクール」

今年、2018年は4月29日(日)~5月20日(日)まで開催!毎年、かかし作り名人である村長の力作も楽しみな「市町村対抗かかしコンクール」では、投票に参加した方に抽選で平田村の特産品や人気商品が当たりますよ。

ベビーカーの使用もOK!トイレは事前に済ませておくのがオススメ

園内は、急に感じられるような坂道を歩くので、月齢によってはベビーカーよりもおんぶや抱っこが良い場合も。トイレは3ヶ所に(野鳥観察棟「ジュピアランド634(ムサシ)」内は芝桜まつり期間中のみ)ありますが、オムツ替えシートは無いので、小さなお子さんはインター近くの「道の駅ひらた」のトイレがオススメです。

冬のイベントも、おもしろい!「ひらた冬まつり」

「ジュピアランドひらた」で、毎年、2月上旬に開催される「ひらた冬まつり」もオススメです。巨大な氷のオブジェや、「シバザクラ園」の階段「風のプロムナード」を滑り降りるソリ滑りは、子どもたちに大人気。

「ジュピアランドひらた」について詳しくはこちら

関連する投稿


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。



最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。