平田村 |「ジュピアランドひらた」お花見からアウトドア体験まで、絶景がひろがるお花の公園

平田村 |「ジュピアランドひらた」お花見からアウトドア体験まで、絶景がひろがるお花の公園

福島県石川郡平田村に、20万株の赤やピンク、白などの芝桜が一面に咲き誇ることで有名な「ジュピアランドひらた」があります。東北でも有数の芝桜は、シーズンにはイベントも開催され、県内外からたくさんの人々で賑わいます。初夏にはアジサイやユリも美しく、お花見はもちろん広場で遊んだり親子でピクニックやバーベキューも楽しめます。


東北有数!圧巻の芝桜と、アジサイやユリも見事なお花の公園

福島県石川郡平田村にある「ジュピアランドひらた」は、蓬田岳のふもとの自然を活かした野外体験ができるお花の公園。広さ16.7ヘクタール(東京ドーム約3個分)の敷地に、春は一面がピンク色に染まる「シバザクラ園」があるほか、初夏はアジサイやユリも見事な絶景スポットです。

なかでも「シバザクラ園」は、2ヘクタールの斜面に赤、白、ピンク、薄紫の2万株の芝桜が咲き誇ります。1995年からはじまって以来、少しずつ規模をひろげて今では東北有数の芝桜に!シーズン中は、県内外から10万人が訪れるという人気のスポットなんです。

色とりどりに咲く芝桜は、キレイなグラデーションや模様になっていて、ハート型の芝桜がかわいらしい!園内の遊歩道に入ると、ほんのりと甘い芝桜の香りにも癒されます。

園内は、ゆったり散策できる遊歩道や展望デッキ、子どもが遊べる広場があり、ピクニックや自然散策ができるのも魅力のひとつ。蓬田岳の登山や、手軽な料金で使用できるバーベキューコーナーもあるので、アウトドアにもオススメですよ。

「ジュピアランド634(ムサシ)」からの眺望にうっとり!家族で楽しめる「芝桜まつり」

芝桜の見頃となる4月下旬~5月中旬には、毎年「芝桜まつり」が開催されます。イベント広場にはたくさんの屋台が並び、土日祝日は子どもから大人まで楽しめる催しも盛りだくさんです。

芝桜の里イメージキャラクター「ジュッピー」も登場!愛らしいジュッピーと触れ合ったり、写真を撮ったり、子どもたちに大人気のキャラクターです。

さらに、特大ジュッピーのふわふわ遊具も!こちらで思いっきり遊べますよ。

また、「シバザクラ園」の頂上にある野鳥観察棟「ジュピアランド634(ムサシ)」には、「芝桜まつり」期間限定でカフェ「天空喫茶634」がオープン!オシャレなログハウス調の店内やテラスで、蓬田岳の湧き水で淹れたコーヒーとケーキを味わうことができます。

「ジュピアランド634」はなんと、あのスカイツリーと同じ高さの標高634メートル!足元から裾野へとひろがる芝桜の絨毯と、遠方には川内村の風力発電の風車や、あぶくま洞のある大滝根山を望む眺望は格別です。

テラスデッキの後ろには、5月中旬頃からツツジの花も見頃になりますので、「芝桜まつり」後も四季折々の絶景を楽しんでみてくださいね。

地植えされたあじさいの種類は日本一!「世界のあじさい園」と「ゆり園」

「ジュピアランドひらた」の名物は、芝桜だけではありません。初夏には、「世界のあじさい園」と「ゆり園」も見逃せません。

特に、5ヘクタールの園内に国内外のあじさいを集めた「世界のあじさい園」は必見です。日本の品種から海外の品種まで、全部で825品種(2018年現在)!園内に地植えする品種の種類の多さでは、日本一なんです。

開園してから約4年、世界中の品種を825品種まで少しずつ増やしたアジサイのうち44品種は「ジュピアランドひらた」のオリジナル品種!異なる品種のアジサイを掛けあわせたり、ほかの植物と交配させて生まれた、ここでしか見られないアジサイなんですよ。

迷路のように細かに分かれる遊歩道を巡りながら、珍しいアジサイを探してみてくださいね。

アジサイと同時期に開花する、ユリもステキですよ。「世界のあじさい園」の下にある「ゆり園」では、50種類、23,000本のユリが楽しめます。県内では珍しい、森を活かした植栽法の「ゆり園」には、山ユリや透かしユリ、鉄砲ユリからカサブランカまでたくさんの種類のユリが!

まず、アーチ状の門をくぐって園内に入ると、カラフルなユリ畑がひろがります。

珍しい赤いカサブランカなど、なかなかお目にかかれないような品種のユリを見ることができますよ。

「世界のあじさい園」と「ゆり園」の見頃は7月~8月。標高約800メートルの涼しい「あじさいとユリ園」で、森林浴とお花に癒やされながらリフレッシュしてみてくださいね。

昔体験にアウトドア!さまざまな体験もできる「ジュピアランドひらた」

「ジュピアランドひらた」には、お花以外にもお子さんとさまざまな体験ができます。

「バーベキュー広場」には、鉄板を囲んで座れる炭火焼きスペースとウッドテーブルが。手軽な料金で利用でき、炭や燃料は準備してもらえるので、食材を持ち込めば気軽にバーベキューを楽しめます。「芝桜まつり」期間中は利用できませんが、新緑や紅葉、ツツジの時期の景色もキレイですよ。

管理事務所の下側には、伝統文化等保存伝習施設「樹里庵」があります。「樹里庵」は、江戸期に庄屋を務めた農家の住居を移築、復元させたもの。200年以上の歴史がある茅葺き屋根の古民家を、自由に見学することができます。(土日祝日のみ)

施設内では、茅葺き屋根の保存のため、毎週土日に囲炉裏で炭を燃やしているそう。ほんのりと漂う炭の香りがどこか懐かしく、実際に住まわれていた当時に想いを馳せます。

作業部屋だった中2階には、農業や生活用具、養蚕が盛んだった平田村で使用されていた養蚕道具なども展示されていますよ。

タイムスリップしたような空間は、お子さんも探検気分で昔の暮らしを学ぶことができそうですね!

ピクニックにぴったりな「おにぎり広場」には、小さな遊具もあり季節の草花を眺めながらゆったりと遊べます。芝生敷きの広場なので、家族でのんびりと過ごすのもいいですね。

「おにぎり広場」のとなりや「バーベキュー広場」の下では、キャンプも可能で遊び方もいろいろ!ぜひ、ご家族で楽しんでみてくださいね。

ご家族連れでもっと楽しむための「ジュピアランドひらた」のななびチェック!

2018年の「芝桜まつり」開催期間と、必見の「市町村対抗かかしコンクール」

今年、2018年は4月29日(日)~5月20日(日)まで開催!毎年、かかし作り名人である村長の力作も楽しみな「市町村対抗かかしコンクール」では、投票に参加した方に抽選で平田村の特産品や人気商品が当たりますよ。

ベビーカーの使用もOK!トイレは事前に済ませておくのがオススメ

園内は、急に感じられるような坂道を歩くので、月齢によってはベビーカーよりもおんぶや抱っこが良い場合も。トイレは3ヶ所に(野鳥観察棟「ジュピアランド634(ムサシ)」内は芝桜まつり期間中のみ)ありますが、オムツ替えシートは無いので、小さなお子さんはインター近くの「道の駅ひらた」のトイレがオススメです。

冬のイベントも、おもしろい!「ひらた冬まつり」

「ジュピアランドひらた」で、毎年、2月上旬に開催される「ひらた冬まつり」もオススメです。巨大な氷のオブジェや、「シバザクラ園」の階段「風のプロムナード」を滑り降りるソリ滑りは、子どもたちに大人気。

「ジュピアランドひらた」について詳しくはこちら

関連する投稿


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。




郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


最新の投稿


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

青森県深浦町にある「ウェスパ椿山」は、世界遺産・白神山地をはじめとする豊かな観光名所に囲まれたリゾート施設です。別荘感覚でくつろげるコテージでの宿泊や、地元の食材を使用した新鮮なお食事が堪能できます。また、ガラス製作工房や昆虫館といった体験施設や、物産館も併設。青森の魅力にたくさん触れて、旅をもっとステキにしませんか?


横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

明治から昭和期の商家の蔵が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている秋田県横手市増田町。歴史を感じさせる蔵めぐりが人気のこのエリアでは、地元の人でにぎわう朝市の散策もオススメです。その歴史は古く、はじまりはなんと江戸時代。地元ならではのアットホームな雰囲気を楽しみましょう。