河北 |「糀屋カフェたんとKitchen」の甘酒ドリンク&糀フードを味わおう

河北 |「糀屋カフェたんとKitchen」の甘酒ドリンク&糀フードを味わおう

美容や健康によい栄養素を豊富に含み、“飲む点滴”として親しまれている甘酒。山形県河北町にある「糀屋カフェたんとKitchen」では、自家製の糀を使った甘酒やスイーツなどが味わえます。築約100年の蔵を活かしたノスタルジックな雰囲気も魅力のカフェで、心も体もほっと安らぐ時間を過ごしましょう。


木のぬくもりに囲まれた蔵造りのカフェ

「糀屋カフェたんとKitchen(こうじやかふぇたんときっちん)」は、地元で戦後から続く「矢ノ目糀屋」が手がけるカフェです。4代目にあたる現在のご店主夫婦は、山形出身の奥さまの遠い親戚にあたるこの糀屋が後継者不在で廃業を決めたことを知り、東京から移住して復活継承しました。

「糀や味噌のおいしさを伝えるカフェもつくりたい」と物件を探していたときに見つけたのが、お米屋さんの貯蔵庫だった築約100年の蔵。歴史を感じさせる木製の大きな引き戸や立派な梁はそのまま活かし、レトロで温かみのある空間に生まれ変わりました。

カフェの隣には作業場があり、ここで糀がつくられます。山形県産の米「さわのはな」などを蒸して糀菌を種付けし、38~40度の室(むろ)のなかで定期的にかきまぜる作業を繰り返すこと4日間。できあがった糀はふわふわの綿毛をまとい、まるで雪のよう。この糀が甘酒や味噌の材料となります。

お米の旨みたっぷり!まろやかな味わいの甘酒ドリンク

糀の風味をシンプルに楽しめるのが「甘露甘酒」です。材料は糀と水だけで砂糖を一切加えていませんが、お米のもつ濃厚な甘みが感じられ、ひとくち飲むごとに体が元気になっていきそう。酒粕でつくる甘酒と違ってノンアルコールなので、お子さんでも安心して飲めるのもうれしいポイント。冬にはホットでぽかぽかと、夏にはアイスでさっぱりと、1年を通しておいしく味わえます。

甘酒と地元産のフルーツを使った「甘酒スムージー」も、お子さんにオススメのドリンク。フルーツは山形ならではのさくらんぼをはじめ、地元のイチゴや桃など季節によって変わります。ヨーグルトと牛乳をブレンドしているため、マイルドな口あたりでゴクゴクと飲めますよ。

曜日限定!糀や味噌を活かしたフードメニュー

ドリンクやスイーツのほか、毎週木~土曜日にはカレーやガレットなどのフードメニューが登場します。人気メニューの「糀屋のカレー」は、たっぷりの野菜に糀と味噌を加えて3日間じっくりと煮込んだ一品。糀のパワーによってタマネギや白菜など季節の野菜の甘みが引き出され、まろやかな味わいの味噌がコクをプラス。さくらんぼなどのフルーツと数種類のスパイスでつくる自家製チャツネも隠し味に効かせています。

また、冬にはアツアツの「糀屋のグラタン」もお目見え。糀と味噌を加えたホワイトソースをモチモチの米粉の麺にあわせてこんがり焼いた、寒い時季ならではの限定メニューです。

発酵食品のもつパワーを食生活に取り入れよう

「糀屋カフェたんとKitchen」の店頭では、糀や味噌の直売も行なっています。

なかでも人気なのは、お湯や水で割って楽しむ甘酒のもと「甘露」。プレーンだけでなく、フルーツや野菜など季節ごとにいろいろな味が並びます。甘酒を手づくりする場合は甘酒用の生糀をどうぞ。炊飯器で簡単につくれるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ほかに、糀と塩を熟成させてつくる「塩糀」や、糀がたっぷり入った自家製の「五八みそ」もラインナップ。プリンやキャラメルなど、味噌を使ったスイーツはおみやげにぴったりです。

おいしいドリンクやフードで栄養たっぷりの糀を取り入れて、家族みんなで元気をチャージしてはいかがですか。

日々の食生活に糀や味噌をプラス!「糀屋カフェたんとKitchen」のななびチェック!

甘酒のもと「甘露」や万能調味料「塩糀」をテイクアウト

甘露は、牛乳や豆乳で割ったりヨーグルトに加えたりするのもオススメ。肉や魚の下味に塩糀を使えば、やわらかさと旨みがアップします。

ワークショップに参加して親子で味噌づくりに挑戦しよう

不定期で開催される味噌づくりのワークショップでは、味噌ができるまでを楽しく学べます。自分の手でつくった味噌は格別のおいしさになりそう。

毎月8日・28日は仙台でのイベントに出店!

月に2回、仙台で行なわれるマルシェイベントに出店している「糀屋カフェたんとKitchen」。8日は「お薬師さんの手づくり市」、28日は「新寺こみち市」で糀や味噌などを販売しています。

「糀屋カフェたんとKitchen」について詳しくはこちら
「糀屋カフェたんとKitchen」のFacebookはこちら

関連する投稿


寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

さくらんぼの収穫量が日本一を誇る山形県。なかでも寒河江市は県内屈指のさくらんぼ産地として知られています。さくらんぼの最盛期である6月に、寒河江の魅力を体感できる「さがえ さくらんぼの祭典」を開催。1ヶ月間繰り広げられるこちらの祭典には、お子さんから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです。


南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

山形県といえば、国内有数のぶどうの産地。なかでも南陽市は、県内のぶどう栽培発祥の地といわれる街です。「漆山果樹園」は30品種以上ものぶどうを栽培する果樹園で、自慢のぶどうをたっぷり使ったパフェやジェラートを提供するカフェを併設。無添加とできたてにこだわってつくるメニューの数々は、ファミリーから評判なんですよ。




鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?