西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

冬真っ盛りの山形で開催される「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」。2018年2月23日(金)~25(日)までと、3月2日(金)~3月4日(日) までの6日間、雪旅籠のやわらかな灯りに照らされる月山志津温泉の温泉街は、多彩なイベントでにぎわいます。わくわくがいっぱいの「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」の楽しみ方をご紹介します。


温泉街に突如現れた雪の旅籠は、なんと実物大!

「月山志津温泉 雪旅籠(ゆきはたご)の灯り」の会場となるのは、山形県西川町にある月山志津温泉。山形または鶴岡方面から車で約55分、バスで約1時間10分の場所にある、山深い温泉地です。

日本でも有数の豪雪地帯として有名な月山志津温泉は、約400年前から出羽三山参りの宿場町として栄えた歴史があります。ピーク時の積雪は約6メートルにも及び、この雪を利用して当時の街並みを再現するのが「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」です。

温泉街に出現する街並みは、自然に降り積もった雪を手作業で削って造形したもの。ミニサイズではなく実物大でつくられており、実際になかへ入って楽しめるのも驚きのひとつです。

雪旅籠のなかには約2,000本ものろうそくが灯され、温泉街のメインストリートはやさしいオレンジ色の光でいっぱいに。2階建て雪旅籠や売店を設置したものなど、それぞれ工夫を凝らしています。雪に施されたディテールにも注目しながら、1軒ずつ訪ねてまわってくださいね。

あったかグルメ&おみやげ探しへGO!

会場でのグルメやショッピングも楽しみのひとつ。飲食コーナー「うまいもん横丁」では、温かいそばやうどん、玉こんにゃく、おでんなど、冷えた体をあたためてくれるあったかグルメが大集合。雪うさぎをかたどった上生菓子や、雪結晶の形のパスタなど、お子さんもよろこびそうなかわいいグルメみやげも見逃せません。

穏やかな灯りに包まれる雪旅籠とは対照的なブルーの空間「アイスバー」も登場。青いLEDで落ち着いた雰囲気のなか、ホットワインなどのアルコールドリンク、ノンアルコールワインやホットレモンなどを味わえます。

雪の巨大すべり台で遊ぼう!

会場入口近くには雪でつくられた巨大すべり台が登場し、お子さんたちに大人気!ゴムチューブやヘルメットの貸し出しもあるので、親子でチャレンジするのもオススメです。巨大すべり台の開場は16:00から。辺りは滑りやすいので、くれぐれもケガなどには気をつけて楽しんでくださいね。

会場をさらに盛り上げるイベントにも注目

弾き語りライブやフラダンスの披露など、会場をさらに盛り上げるイベントも盛りだくさん。初日の2月23日(金)には、17:30からオープニングセレモニーを、同日18:00頃には花火の打ち上げが行なわれます。

また、月山朝日観光協会のイメージキャラクター「ガッさん」もイベントを応援すべく会場にかけつけます。かわいらしいその姿を会場で探してみましょう。

オレンジ色の灯りに包まれる白銀の世界で、あったかグルメで体をあたため、真っ白な雪で遊ぶ。雪国の楽しみがいっぱいの「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」へおでかけしませんか。

山形の冬イベントを楽しむコツ!ななびチェック!

寒さ対策は万全に!

2月下旬の山形は、まだまだ冬真っ盛り。吹雪になる日もあるので、防寒対策を万全にしておでかけを。会場内は雪で滑りやすい場所もあるので、滑りにくい履物を持って行きましょう。

駐車場を事前にチェック

月山志津温泉入口に専用駐車場があります。ただし台数が限られているので、満車の場合は、月山志津温泉から約2キロの弓張平の駐車場から会場まで、無料のピストンバスが運行されます。

温泉街の旅館で日帰り入浴

会場となる温泉街には、日帰り入浴ができる旅館も。湯上がり後も冷めにくいと評判の湯で体をあたためてから、イベントへでかけるのもオススメです。各宿で利用時間や料金は異なるので、事前に確認しましょう。

「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


山形 |「山形花笠まつり」、「酒田花火ショー」…2018年山形の夏まつりまとめ

山形 |「山形花笠まつり」、「酒田花火ショー」…2018年山形の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「山形花笠まつり」や「酒田花火ショー」など、山形県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


最新の投稿


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!