十日町 |「十日町雪まつり」雪まつり発祥の地で雪のアートとカーニバルをとことん楽しもう!

十日町 |「十日町雪まつり」雪まつり発祥の地で雪のアートとカーニバルをとことん楽しもう!

新潟県十日町市で、毎年2月の第3土曜を挟む3日間開催される「十日町雪まつり」。雪まつりといえばさっぽろ雪まつりが有名ですが、実はこの十日町の雪まつりこそ、日本で初めて行なわれた雪まつりです。毎年ステキなゲストや芸能人も参加する十日町雪まつりについて、詳しくご紹介します。


2018年で69回目!「現代雪まつり発祥の地」の雪まつり

「十日町雪まつり」は、今から約69年前の昭和25年、豪雪地帯の住民の自発的な思いから生まれた歴史あるイベント。住民が主体となって雪まつりを行なったのは十日町が日本初であることから、「現代雪まつり発祥の地」として知られています。

十日町市は、新潟県内でも特に雪が多い豪雪地帯として知られる地域。その厳しい冬と雪をみんなで楽しもうという思いから生まれたのが「十日町雪まつり」なのです。2018年は2月16日(金)18:00~18日(日)16:00に開催されます。

十日町雪まつりの特徴は、1ヶ所集中型ではなく、市内各地でそれぞれの地域の人たちが、特徴あるひろばやイベントを企画、開設しているところ。遊んでよし!食べてよし!どこも楽しさいっぱいです。

見どころは、市民手づくりの「雪の芸術作品」、温かいおもてなしが人気の「おまつりひろば」、音と光のスペクタクル「雪上カーニバル」。この3つが主体となって盛大に行なわれます。

「雪の芸術展」各チームが力をあわせて作る雪像は、息を飲む迫力

雪まつりといえば、まずは雪像。昭和25年の第1回開催から行なわれてきた雪の芸術作品は、十日町雪まつりの原点ともいえるもの。スケールといい、精緻な造りといい、まさに全国に知られる着物の産地・十日町ならではの、美しく芸術的な作品ばかりです。

審査のある開催初日・金曜夜に向けて、住民たちのチームが夜な夜な手づくりする作品が並びます。凛とした冬の空気のなかにライトアップされる、繊細で壮大な雪像はぜひとも見ていただきたいポイント。その息を飲む迫力と美しさは「感動の余り涙が出る」という人もいるほど。

雪像は市内各地に点在していて、それぞれの地域で趣向が凝らされています。マップ片手に作品を見てまわるのも、十日町雪まつりの楽しみのひとつです。

「おまつりひろば」遊んでよし!食べてよし!どこでも楽しさいっぱい!

市街地はもちろん山あいの集落など、約27ヶ所で開催される「おまつりひろば」。これが、それぞれ個性的でおもしろいんです。
地元住民たちによる素朴なおもてなしはもちろん、各地域の郷土料理をはじめ、雪の上でのお茶席が楽しめる「雪上茶席」、子どもたちが大よろこびの巨大な雪の滑り台などがあり、たっぷり楽しめます。

1番大きなひろばである「コミュニティひろば」ではキャラクターショーや巨大な雪の滑り台もあるため、子連れファミリーに1番人気のスポット。

「雪上茶席」雪のなかの茶室で一服を楽しもう

十日町雪まつりで行なわれるたくさんのイベントのなかでも、気になるのが「雪上茶席」。宗偏流の本格的なお茶席が、誰でも気軽に楽しめます。2月17日(土)の14:00~、17:30~の2回、抹茶が無料でふるまわれます。

十日町はきものの産地としても有名なだけに、お茶をふるまう女性たちの着物姿も楽しみのひとつです。

「雪上カーニバル」雪のステージできものショーや豪華ミュージシャンによるライブも!

十日町雪まつりで1番盛り上がるのが、毎年土曜の夜に行なわれる「雪上カーニバル」。当日は、大勢の人で広い会場がいっぱいになるメインイベントです。

毎年テーマにあわせてつくられる雪の巨大ステージ上で、華麗なきものショーや、豪華ミュージシャンによるライブが盛大に行なわれます。真っ白な雪のステージ上で繰り広げられる、幻想的な光と音の世界、そしてフィナーレを飾る鮮やかな雪上花火。一度訪れると忘れられない美しさです。

2月17日(土)の夜に開催される、今年の雪のステージのテーマは「首里城」。琉球王国の栄華を物語る世界遺産「首里城」に、日本遺産である雪国文化と巨大な火焔型土器が登場します。

司会にはイジリー岡田さんと大島麻衣さん、そしてゲストにはNGT48(十日町雪まつり雪上カーニバル選抜メンバー)、ソプラニスタ岡本知高さん、ネーネーズ、祭nine、演歌好ルピナス組、シュークリームロケッツが登場します。そして十日町雪まつりサポーターとして、ザ・たっちの2人の登場!

素朴な山奥の集落から街中まで、市内各地に見どころが点在し、雪まつり発祥の地ならでは魅力的なコンテンツがぎっしり詰まった「十日町雪まつり」。ファミリーで、大人同士で、とことん雪のおまつりを楽しんでみてくださいね。

「十日町雪まつり」を楽しむためのななびチェック

移動は巡回バスがオススメ!

まずはホームページからガイドブックをダウンロードして街全体を把握しましょう。期間中にはおまつりひろばを巡るバスも出るので、巡回バスでまちを巡り、それぞれの特色あるひろばを楽しんでくださいね。

特典がたくさん付いたパスポートも

まわって見るのは基本的に無料ですが、特典付きのパスポートもお得!パスポートがあれば、市街地巡回バスも乗り放題です。「パスポート」の詳細はこちらからご覧ください。

「パスポート」について詳しくはこちら

周辺には温泉地もたくさん! 雪まつりと温泉を一緒に楽しもう

会場となる十日町市はもちろん、近隣には松之山温泉や十日町温泉郷など、温泉スポットがたくさん。日帰り温泉施設もたくさんあるので、泊まりがけで、行き帰りに日帰り施設で温泉を楽しむのもオススメです。

「十日町雪まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

目の前には海、後ろには緑豊かな山が出迎えてくれる「燦燦カフェ」。新潟市から柏崎市へ向かう海沿いの道・国道402号線沿いにあり、海水浴帰りやドライブがてら立ち寄る人が多い人気店です。絶好のロケーションはもちろん、地産地消や手づくり、無添加にこだわった料理やスイーツも多数。心地よい海風を感じながらのんびり過ごしませんか。


柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎市にある「柏崎・夢の森公園」は、「里山で遊ぶ・暮らしを考える」をコンセプトにした自然公園。約30ヘクタールの広大な園内では森遊びができるほか、里山に暮らす動物たちと触れ合うこともできます。小さなお子さんも参加できる体験コーナーもあり、多くの親子連れで賑わいます。お弁当を持って家族みんなでおでかけしてみませんか。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。