十日町 |「十日町雪まつり」雪まつり発祥の地で雪のアートとカーニバルをとことん楽しもう!

十日町 |「十日町雪まつり」雪まつり発祥の地で雪のアートとカーニバルをとことん楽しもう!

新潟県十日町市で、毎年2月の第3土曜を挟む3日間開催される「十日町雪まつり」。雪まつりといえばさっぽろ雪まつりが有名ですが、実はこの十日町の雪まつりこそ、日本で初めて行なわれた雪まつりです。毎年ステキなゲストや芸能人も参加する十日町雪まつりについて、詳しくご紹介します。


2018年で69回目!「現代雪まつり発祥の地」の雪まつり

「十日町雪まつり」は、今から約69年前の昭和25年、豪雪地帯の住民の自発的な思いから生まれた歴史あるイベント。住民が主体となって雪まつりを行なったのは十日町が日本初であることから、「現代雪まつり発祥の地」として知られています。

十日町市は、新潟県内でも特に雪が多い豪雪地帯として知られる地域。その厳しい冬と雪をみんなで楽しもうという思いから生まれたのが「十日町雪まつり」なのです。2018年は2月16日(金)18:00~18日(日)16:00に開催されます。

十日町雪まつりの特徴は、1ヶ所集中型ではなく、市内各地でそれぞれの地域の人たちが、特徴あるひろばやイベントを企画、開設しているところ。遊んでよし!食べてよし!どこも楽しさいっぱいです。

見どころは、市民手づくりの「雪の芸術作品」、温かいおもてなしが人気の「おまつりひろば」、音と光のスペクタクル「雪上カーニバル」。この3つが主体となって盛大に行なわれます。

「雪の芸術展」各チームが力をあわせて作る雪像は、息を飲む迫力

雪まつりといえば、まずは雪像。昭和25年の第1回開催から行なわれてきた雪の芸術作品は、十日町雪まつりの原点ともいえるもの。スケールといい、精緻な造りといい、まさに全国に知られる着物の産地・十日町ならではの、美しく芸術的な作品ばかりです。

審査のある開催初日・金曜夜に向けて、住民たちのチームが夜な夜な手づくりする作品が並びます。凛とした冬の空気のなかにライトアップされる、繊細で壮大な雪像はぜひとも見ていただきたいポイント。その息を飲む迫力と美しさは「感動の余り涙が出る」という人もいるほど。

雪像は市内各地に点在していて、それぞれの地域で趣向が凝らされています。マップ片手に作品を見てまわるのも、十日町雪まつりの楽しみのひとつです。

「おまつりひろば」遊んでよし!食べてよし!どこでも楽しさいっぱい!

市街地はもちろん山あいの集落など、約27ヶ所で開催される「おまつりひろば」。これが、それぞれ個性的でおもしろいんです。
地元住民たちによる素朴なおもてなしはもちろん、各地域の郷土料理をはじめ、雪の上でのお茶席が楽しめる「雪上茶席」、子どもたちが大よろこびの巨大な雪の滑り台などがあり、たっぷり楽しめます。

1番大きなひろばである「コミュニティひろば」ではキャラクターショーや巨大な雪の滑り台もあるため、子連れファミリーに1番人気のスポット。

「雪上茶席」雪のなかの茶室で一服を楽しもう

十日町雪まつりで行なわれるたくさんのイベントのなかでも、気になるのが「雪上茶席」。宗偏流の本格的なお茶席が、誰でも気軽に楽しめます。2月17日(土)の14:00~、17:30~の2回、抹茶が無料でふるまわれます。

十日町はきものの産地としても有名なだけに、お茶をふるまう女性たちの着物姿も楽しみのひとつです。

「雪上カーニバル」雪のステージできものショーや豪華ミュージシャンによるライブも!

十日町雪まつりで1番盛り上がるのが、毎年土曜の夜に行なわれる「雪上カーニバル」。当日は、大勢の人で広い会場がいっぱいになるメインイベントです。

毎年テーマにあわせてつくられる雪の巨大ステージ上で、華麗なきものショーや、豪華ミュージシャンによるライブが盛大に行なわれます。真っ白な雪のステージ上で繰り広げられる、幻想的な光と音の世界、そしてフィナーレを飾る鮮やかな雪上花火。一度訪れると忘れられない美しさです。

2月17日(土)の夜に開催される、今年の雪のステージのテーマは「首里城」。琉球王国の栄華を物語る世界遺産「首里城」に、日本遺産である雪国文化と巨大な火焔型土器が登場します。

司会にはイジリー岡田さんと大島麻衣さん、そしてゲストにはNGT48(十日町雪まつり雪上カーニバル選抜メンバー)、ソプラニスタ岡本知高さん、ネーネーズ、祭nine、演歌好ルピナス組、シュークリームロケッツが登場します。そして十日町雪まつりサポーターとして、ザ・たっちの2人の登場!

素朴な山奥の集落から街中まで、市内各地に見どころが点在し、雪まつり発祥の地ならでは魅力的なコンテンツがぎっしり詰まった「十日町雪まつり」。ファミリーで、大人同士で、とことん雪のおまつりを楽しんでみてくださいね。

「十日町雪まつり」を楽しむためのななびチェック

移動は巡回バスがオススメ!

まずはホームページからガイドブックをダウンロードして街全体を把握しましょう。期間中にはおまつりひろばを巡るバスも出るので、巡回バスでまちを巡り、それぞれの特色あるひろばを楽しんでくださいね。

特典がたくさん付いたパスポートも

まわって見るのは基本的に無料ですが、特典付きのパスポートもお得!パスポートがあれば、市街地巡回バスも乗り放題です。「パスポート」の詳細はこちらからご覧ください。

「パスポート」について詳しくはこちら

周辺には温泉地もたくさん! 雪まつりと温泉を一緒に楽しもう

会場となる十日町市はもちろん、近隣には松之山温泉や十日町温泉郷など、温泉スポットがたくさん。日帰り温泉施設もたくさんあるので、泊まりがけで、行き帰りに日帰り施設で温泉を楽しむのもオススメです。

「十日町雪まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

三条 |「三条クラフトフェア in 槻の森2018」全国からクラフトマンたちが集結!

世界に名だたる「ものづくり」のまちとして知られる新潟県三条市。年に1度、全国各地からさまざまなジャンルの作家が集まって行なわれる「三条クラフトフェア」は、新潟県内で最大規模のクラフト市。自然豊かななかで行なわれるので、お弁当を持ってピクニックがてらでかけるのも楽しいですよ。


新潟 |「新潟県立自然科学館」見て、触れて、遊びながら科学の不思議を知る、子どもも大人も楽しめる自然科学館

新潟 |「新潟県立自然科学館」見て、触れて、遊びながら科学の不思議を知る、子どもも大人も楽しめる自然科学館

小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、訪れる度に新しい発見がある「新潟県立自然科学館」。本物の化石や隕石、さまざまな展示物に実際に触れて体験することで、自然と科学への興味がわいてきます。日本海側最大級のプラネタリウムや工作や実験などのイベントのほか、カフェやショップもあり、1日過ごせる施設です。


新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

日本有数の豪雪地域で知られる長岡市山古志地区。ここには住民の手によって掘られた隧道(ずいどう)と呼ばれるトンネルがいくつもあります。そのひとつ、中山隧道は手掘りのトンネルとしては日本一の長さ。今も残る先人たちの努力の結晶、中山隧道をご紹介します。


新潟 |「沼垂テラス商店街 朝市」レトロでおしゃれな商店街で、充実の“日曜朝活”を楽しもう

新潟 |「沼垂テラス商店街 朝市」レトロでおしゃれな商店街で、充実の“日曜朝活”を楽しもう

新潟でかつて市場街として栄えた「沼垂(ぬったり)市場通り」。2015年にレトロな街並みを活かした「沼垂テラス商店街」として生まれ変わりました。おしゃれなカフェや雑貨店などが軒を連ね、毎月第1日曜日には「朝市」が開かれます。この日はパンや焼き菓子、服や雑貨など特別出店も多数!少し早起きをして「朝市」にでかけてみませんか。


阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.4】キャンプにBBQに遊園地!自然や文化を満喫できるおでかけスポット

阿賀野 |【ななび連載:阿賀野編vol.4】キャンプにBBQに遊園地!自然や文化を満喫できるおでかけスポット

野山や川など豊かな自然が身近な阿賀野市。ちょっと車を走らせると、緑に囲まれたキャンプ場や田園のなかの遊園地など、自然あふれる遊び場がいっぱい!初夏のおでかけや夏休みの思い出づくりにぴったりな3スポットをご紹介します。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!