石巻 |【ななび連載:石巻編vol.1】石巻ってどんなところ?

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.1】石巻ってどんなところ?

宮城県北東部に位置し、県内では仙台市に次ぐ人口を有する石巻市。北上川の河口に位置することから水運交通の拠点として栄え、江戸時代には「奥州最大の米の集積港」といわれたほど。明治時代からは漁業が盛んになり、金華山沖は世界三大漁場のひとつとして知られています。街の見どころやグルメなど、石巻市の魅力をたっぷりとご紹介します。


街のシンボル!石ノ森マンガの世界を体感できる「石ノ森萬画館」

石巻市がいま特に力を入れているのがマンガを活かした街づくりで、市内にはマンガに関する見どころがたくさん。なかでも宇宙船をイメージした建物が印象的な「石ノ森萬画館」は、石巻を代表するスポットです。

『サイボーグ009』や『仮面ライダー』などの作品を生み出した萬画家・石ノ森章太郎は、石巻市の隣の登米市出身で、子どもの頃から映画を観るためによく石巻市を訪れていたそう。石ノ森萬画館は、「石巻にマンガミュージアムをつくり、街を元気にしたい」という石巻市民の有志と石ノ森の強い想いにより、その映画館があった石巻市中瀬に建てられました。

石巻市は東日本大震災で大きな被害を受けた地域のひとつ。石ノ森萬画館も4.5メートルまで浸水し、1階にあったものはすべて川に流されてしまいました。

しかし全国各地からの応援メッセージを受け、石巻の復興の象徴として石ノ森萬画館をいち早く再開させようという動きが高まり、震災から1年8ヶ月後に再オープンを果たすことができたのです。石ノ森萬画館の復活は、多くの市民を勇気づけました。

『サイボーグ009』のコスチュームを着たスタッフがお出迎えしてくれる館内には、オリジナルアニメが観られるシアターや、歴代の『仮面ライダー』のマスクがずらりと並ぶコーナーなど、展示が盛りだくさん。石ノ森マンガの世界にどっぷりと浸かることができます。特に仮面ライダーになりきって敵と戦うアトラクションは、お子さんから大人まで夢中になってしまう人気ぶりです。

最近では、全世界のアニメファンが選ぶ「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」に石ノ森萬画館がノミネートされ、海外からの注目も高まっています。

ななびでは「石ノ森萬画館」についても詳しくご紹介しています!

「いしのまきマンガロード」でキャラクターのモニュメントを探そう!

JR石巻駅から石ノ森萬画館に向かう約1キロの道は「いしのまきマンガロード」と呼ばれ、石ノ森マンガに登場するさまざまなキャラクターのモニュメントが設置されています。『サイボーグ009』に『仮面ライダー』、『がんばれ!!ロボコン』…ひとつずつモニュメントを探しながら街を歩いてみましょう。

見て楽しむだけでなく、ヒーローたちと一緒に写真も撮るのもオススメ。ほかにも、ベンチやポスト、マンホールのふたなど、街なかのあらゆるところにキャラクターが描かれていますよ。

「いしのまきマンガロード」には、モニュメントの増設も計画中です。QRコードを読み取ると、関連した映像が見られるスマートフォンアプリも計画中だそう。これからどんなモニュメントが登場するのか楽しみですね。

かっこいいキャラクターと会える!春のイベントを要チェック

毎年春には、石ノ森萬画館を会場に「マンガッタン感謝祭」と「春のマンガッタン祭り」が行なわれます。2018年は、「マンガッタン感謝祭」が3月24日(土)・25日(日)、「春のマンガッタン祭り」が5月3日(木・祝)~5日(土・祝)に開催予定です。

イベントでは、石巻のヒーロー・シージェッター海斗が登場するステージや握手記念撮影会などを実施。かっこいいヒーローを間近で見られるチャンスです。手づくり体験ができるワークショップやお祭りに欠かせない屋台も出店し、家族みんなで楽しめますよ。

かわいい猫がいっぱい!「田代島」でキャンプを楽しもう

石巻市には、近年“猫の島”として注目を集める離島・田代島があります。JR石巻駅からはバスと船で約1時間。周囲11キロほどの小さな島ですが、住民よりも多い推定100匹もの猫たちが暮らしていて、国内はもちろん海外からも多くの観光客が訪れています。

田代島にもマンガにちなんだスポットがあります。「MANGAあいランド」は石ノ森と関わりのあったマンガ家たちの協力もあり完成した施設で、かわいい猫型のロッジやキャンプができるテントサイトが設けられています。

ロッジは全5棟あり、屋根の部分が猫の耳の形になっていたり猫のイラストが描かれていたりと、デザインがとってもキュート!営業は4月~10月なので、GWや夏休みの家族旅行にぴったりです。

石巻市へのアクセスは電車がオススメ。仙台と石巻を結ぶJR仙石線では、毎週日曜に「マンガッタンライナー」が運行します。石ノ森作品のキャラクターが描かれたラッピング車両が走り、JR石巻駅への到着時にはサイボーグ戦士、003がホームでお出迎え。乗車した日付のスタンプが押された「乗車記念証明書」ももらえるので、おでかけの記念にゲットしてくださいね。

次回は、石巻市で訪れたいステキな古民家カフェをご紹介します。

石巻市へのおでかけをファミリーで楽しむ、ななびチェック!

「石ノ森萬画館」へはのんびり歩いて向かおう

JR石巻駅から石ノ森萬画館までは徒歩約12~20分。小さなお子さんには遠く感じられるかもしれませんが、道中にモニュメントが点在しているので、楽しみながら歩けばあっという間です。

春の2大イベントをお見逃しなく!

「マンガッタン感謝祭」と「春のマンガッタン祭り」は、例年3月と5月に行なわれる石巻の人気イベント。ファミリーで楽しめるコーナーがたくさんあります。

JR仙石線を利用して「乗車記念証明書」を手に入れよう

毎週日曜に運行するマンガッタンライナーに乗ると、日付入りの乗車記念証明書がもらえます。石巻のガイドブックにもなっているので便利!

「石ノ森萬画館」について詳しくはこちら
「田代島」について詳しくはこちら
「MANGAあいランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。