雫石 |「いわて雪まつり」パワーアップした雪イベントにでかけよう

雫石 |「いわて雪まつり」パワーアップした雪イベントにでかけよう

2018年で第51回を迎える「いわて雪まつり」は、岩手を代表する冬の風物詩。2018 年はこれまでと内容を一新し、雫石町内外にある6つの観光スポットが会場に!レジャーやグルメ、温泉など多彩なジャンルで雪を楽しめるエンタメ要素満載のイベントになっています。


雪を楽しみ尽くす、大人気イベントがバージョンアップ

岩手郡雫石町で行なわれる「いわて雪まつり」は、「弘前城雪燈籠まつり」「八戸えんぶり」「横手のかまくら」「なまはげ柴灯まつり」とともに「みちのく五大雪まつり」に数えられる冬の一大イベント。

第51回となる2018年は開催内容をリニューアル。これまでは「小岩井農場まきば園」のみが会場となっていましたが、新たに「岩手高原スノーパーク」や「盛岡手づくり村」など町内外の人気観光スポットも会場として加わり、全6ヶ所で同時開催されます。

開催期間は2月14日(水)~18日(日)までの5日間。毎年恒例の雪像展示や花火の打ち上げはもちろん、第2会場の「網張温泉スキー場」では雪見風呂を、第3会場の「雫石スキー場」ではそり遊びなどのスノーアクティビティができるなど、どの会場もそれぞれの特色を活かしたワクワクの体験がいっぱいです。

会場が増えた分、「ちゃんと移動できるだろうか、全部楽しめるだろうか…」と、パパとママは気になるところではありますが、期間中は各会場間を無料のシャトルバスが運行するのでご安心を。おでかけ前に公式ホームページでバスの運行コースと時刻表をチェックしておくと、スムーズに移動ができてオススメです。

イベントのハイライト!大迫力の雪像と花火は必見

「いわて雪まつり」の見どころといえば、巨大な雪像展示です。メイン会場の「岩手高原スノーパーク」には、探検家気分で楽しめる迷路型の雪像や新幹線をモチーフにしたものなど9基と中型雪像2基、コンテスト用の雪像が登場予定。大きいものは高さ約6メートル、小さいものでも180センチ以上あるので、お子さんだけでなくパパとママも大興奮してしまいそうですね。

また、夜には雪像がライトアップされるほか、毎日19:30から花火が打ち上げられます。幻想的な雰囲気をまとった雪像と花火の美しさは、ファミリーのステキな思い出になりますよ。

ファミリーで大はしゃぎ!スノーアクティビティにチャレンジ

全6会場のなかで特にファミリーにオススメなのが、第3会場の「雫石スキー場」です。

タイヤチューブを利用して雪上を滑走する「チュービング」や、全長50メートルのコースでの「そり遊び」など、さまざまなスノーアクティビティが楽しめます。会場内「shizukuishiスノーランド」エリアで遊ぶのであれば、チュービングやそりはレンタルできるので手ぶらで行っても大丈夫です。

また、期間限定のプログラムも要チェック。17日(土)・18日(日)の10:30~12:00には、忍者をテーマにしたアトラクション「Ninjaアスレチック」が登場します。忍者の衣装に着替え、アスレチックなどにチャレンジしましょう。大人も参加できるので、パパやママも童心に返って遊んでみてはいかがでしょうか。

17日(土)・18日(日)の10:00~15:00には自転車型のそり「スノーストライダー」の乗車体験会を未就学児限定で開催。スノーストライダーは、自転車の乗り方が覚えられるようになると好評なのだとか。自転車の練習中のお子さんはぜひ体験してみてくださいね。

ほかにも、第4会場の「小岩井農場まきば園」ではかまくらのなかでジンギスカンを味わえたり、第5会場の「盛岡手づくり村」では県内各所の地酒が購入できたりと、グルメもショッピングも充実のラインナップ。

雪の魅力をたっぷり満喫できる「いわて雪まつり」。冬だけの体験を楽しみにでかけてみてはいかがですか。

「いわて雪まつり」を楽しむためのななびチェック!

防寒対策はしっかりと!

寒さの厳しい2月の岩手県。帽子やイヤーマフ、手袋を身に着けるなど、肌を露出しないようなファッションが必須です。夜は特に冷え込むので、ライトアップや花火を見学する場合にはカイロを持参するなど、徹底した防寒対策を。

雪道の運転に慣れていない人はバスの利用を

メイン会場には駐車場があるものの、雪道の運転が不安という人も少なくないはず。そんなときはバスでの移動がオススメです。メイン会場の「岩手高原スノーパーク」までは、JR盛岡駅東口から岩手県交通バス10番線乗り場で「網張温泉行き」に乗車すると約1時間で到着します。

全会場を巡るなら泊まりが必須

6会場すべてを楽しむなら宿泊込みでプランニングを。周辺には鶯宿温泉やつなぎ温泉、リゾートホテルなどがあるので予約してみて。

「いわて雪まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

岩手県滝沢市は盛岡市に隣接するベッドタウンで、昔から農業が盛んな地域。その滝沢市の市役所前の駐車場で、4月から11月末までの毎週日曜に開催されているのが「たきざわ日曜朝市」です。早朝からオープンする朝市には、新鮮な野菜や果物、スイーツや惣菜など多彩な品々がお手頃な価格で並び、多くの人でにぎわいます。


花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

岩手県花巻市の東和町土沢地区にある「おたすけキッチン」。「自分たちで地域のためになるようなことをしたい」という想いから、地元に住むお母さんたちが中心となって2011年に立ち上げた惣菜屋さんです。ランチタイムともなると、地元産の野菜を使った手づくりの料理がぎゅっと詰まったお弁当や惣菜が店頭に並びます。


宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

岩手県の三陸海岸を走り、“さんてつ”の愛称で親しまれる「三陸鉄道」は、趣向を凝らした企画列車が盛りだくさんなことでも評判です。なかでも毎年4月~9月頃に運行する「お座敷列車」は、ドラマ『あまちゃん』でも話題となった三陸鉄道の名物列車。車窓に広がる海絶景を眺めながらうに丼をほおばる、とっておきの鉄旅が楽しめます。


岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「盛岡さんさ踊り」や「北上・みちのく芸能まつり」など、岩手県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

岩手県久慈市の住宅地の一角に静かにたたずむ「Zoo-Zoo CAFE」。靴を脱いで入る店内には、フローリングの床が広がり、親子一緒にゆっくりとくつろげます。その店名の通り、動物をあしらったディスプレイが見られたり、メニューにも動物をモチーフにしたスイーツやランチがあったりと、お子さんがよろこびそうなカフェです。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。