大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

毎年2月の第2土・日曜に開催される「大館アメッコ市」は、大館の冬に欠かせない恒例行事。会場となる「おおまちハチ公通り」には、枝アメやきりたんぽ、比内地鶏の焼き鳥などを販売する露店が並び、県内をはじめ全国から多くの観光客が訪れます。今年は2月10日(土)、11日(日)に開催。会場でアメを食べておいしく邪気を払いましょう!


色とりどりのアメがずらり!400年以上も続く伝統行事

道路沿いにカラフルなジャンボ枝アメが飾られ、両サイドにたくさんの露店が軒を連ねる「大館アメッコ市」。昔からある「アメを食べて邪気を払う」という風習が始まりで、大館でも400年以上前からアメの市が立つようになったそうです。

「この日にアメを食べると風邪をひかない」という言い伝えもあり、全国から約10万人の観光客がアメを買い求めて「大館アメッコ市」へ足を運びます。

会場の「おおまちハチ公通り」に集まる露店の数はなんと100店以上。ミズキの枝にアメを飾った枝アメや、色とりどりの切りアメ、見た目もかわいいイチゴアメなど、目移りしてしまうほどさまざまな商品が売られています。

無料のからみアメサービスも大人気

両日とも時間・数量限定で「からみアメ」のサービスがあり、それも多くの人が楽しみにしている催しのひとつ。

「からみアメ」とは昔懐かしい水飴のこと。口のなかでとろりと溶けるほどのやわらかさで、行商の格好をした人が、割り箸に絡めとったアメを希望者の口にポイと放り込んでくれます。

その優しい自然な甘さは、子どもから年配者まで大好きな味。配り始めるとすぐに人が集まるほどの人気です。

アメを求めて「白ひげ大神」がやってくる!

イベントの見どころのひとつが、両日開催される「白ひげ大神巡行」です。

「アメッコ市」には、大館の田代岳に住む白ひげ大神がアメを求めて下りてくるといわれていて、それを再現するのがこの「白ひげ大神巡行」です。ほら貝の音を響かせながら、白装束を身に着けた白ひげ大神が通りを練り歩きます。

白ひげ大神と一緒に歩く赤い頭巾の女の子は、「飴っ子おこう」の物語に登場する働き者の娘、おこう。

白ひげ大神が帰る際は、足跡を消すために吹雪を起こすといういわれがあり、実際に天気が荒れることもあるそうですよ!

かわいい秋田犬のパレードや美しい丸髷行列も要チェック!

「アメッコ市」では伝統芸能のステージやPRイベントなど、大館にちなんだ催しも行われます。

なかでも、子どもから大人まで楽しめるのが「秋田犬パレード」。おおまちハチ公通りを往復して、愛嬌たっぷりの姿を披露してくれます。また、ハチ公小径前では、実際に秋田犬に触れることができる「秋田犬ふれあいコーナー」もあり、毎年人気を集めています。

さらに、大館ならではの珍しい催しが2日目に行われる「丸髷(まるまげ)行列」です。

大館には、33歳になると既婚の女性が丸髷を結い、黒留袖を着る風習がありますが、近年ではあまり見られなくなりました。そこで、この風習を広く知ってもらおうと「アメッコ市」で丸髷と黒留袖の女性が会場を歩くようになったのだそう。

朱傘を差し、丸髷・黒留袖の女性が登場すると、通りのあちらこちらから歓声が。雪景色に映える美しい行列です。

ジャンボ枝アメに彩られたイベント会場は、歩くだけでも楽しく、見て食べて楽しめるアメづくしの2日間に。さまざまな催しもあるので、ぜひ家族そろっておでかけくださいね。

「大館アメッコ市」をもっと楽しむ!ななびチェック!

枝アメづくり体験にチャレンジしよう

2日間とも、大館アメッコ市実行委員会の売店に「枝アメ作り体験コーナー」が登場。時間限定で各日先着75名限定なので、時間をチェックして訪れてみて。

ステージでは音楽イベントを開催

会場に設けられた特設ステージでは、獅子舞やすこっぷ三味線、大館曲げわっぱ太鼓演奏、そしてご当地アイドルのパフォーマンスなどが行われます。

会場まではシャトルバスを運行

開催中は会場周辺で交通規制が行われるため、大館駅と会場を結ぶシャトルバスが便利です(有料)。1日目は9:30~15:30、2日目は9:00~15:30の間で運行しています。

「大館アメッコ市」の詳細はこちら

関連する投稿




秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田県秋田市の大森山公園にある「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」は、動物たちとふれあえる人気スポット。ユキヒョウやレッサーパンダなどの動物たちを観察できるほか、食事風景が見られる「まんまタイム」を開催しています。また、イベントも多数行なわれ、動物たちとのさまざまな時間を楽しめます。


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。