大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

毎年2月の第2土・日曜に開催される「大館アメッコ市」は、大館の冬に欠かせない恒例行事。会場となる「おおまちハチ公通り」には、枝アメやきりたんぽ、比内地鶏の焼き鳥などを販売する露店が並び、県内をはじめ全国から多くの観光客が訪れます。今年は2月10日(土)、11日(日)に開催。会場でアメを食べておいしく邪気を払いましょう!


色とりどりのアメがずらり!400年以上も続く伝統行事

道路沿いにカラフルなジャンボ枝アメが飾られ、両サイドにたくさんの露店が軒を連ねる「大館アメッコ市」。昔からある「アメを食べて邪気を払う」という風習が始まりで、大館でも400年以上前からアメの市が立つようになったそうです。

「この日にアメを食べると風邪をひかない」という言い伝えもあり、全国から約10万人の観光客がアメを買い求めて「大館アメッコ市」へ足を運びます。

会場の「おおまちハチ公通り」に集まる露店の数はなんと100店以上。ミズキの枝にアメを飾った枝アメや、色とりどりの切りアメ、見た目もかわいいイチゴアメなど、目移りしてしまうほどさまざまな商品が売られています。

無料のからみアメサービスも大人気

両日とも時間・数量限定で「からみアメ」のサービスがあり、それも多くの人が楽しみにしている催しのひとつ。

「からみアメ」とは昔懐かしい水飴のこと。口のなかでとろりと溶けるほどのやわらかさで、行商の格好をした人が、割り箸に絡めとったアメを希望者の口にポイと放り込んでくれます。

その優しい自然な甘さは、子どもから年配者まで大好きな味。配り始めるとすぐに人が集まるほどの人気です。

アメを求めて「白ひげ大神」がやってくる!

イベントの見どころのひとつが、両日開催される「白ひげ大神巡行」です。

「アメッコ市」には、大館の田代岳に住む白ひげ大神がアメを求めて下りてくるといわれていて、それを再現するのがこの「白ひげ大神巡行」です。ほら貝の音を響かせながら、白装束を身に着けた白ひげ大神が通りを練り歩きます。

白ひげ大神と一緒に歩く赤い頭巾の女の子は、「飴っ子おこう」の物語に登場する働き者の娘、おこう。

白ひげ大神が帰る際は、足跡を消すために吹雪を起こすといういわれがあり、実際に天気が荒れることもあるそうですよ!

かわいい秋田犬のパレードや美しい丸髷行列も要チェック!

「アメッコ市」では伝統芸能のステージやPRイベントなど、大館にちなんだ催しも行われます。

なかでも、子どもから大人まで楽しめるのが「秋田犬パレード」。おおまちハチ公通りを往復して、愛嬌たっぷりの姿を披露してくれます。また、ハチ公小径前では、実際に秋田犬に触れることができる「秋田犬ふれあいコーナー」もあり、毎年人気を集めています。

さらに、大館ならではの珍しい催しが2日目に行われる「丸髷(まるまげ)行列」です。

大館には、33歳になると既婚の女性が丸髷を結い、黒留袖を着る風習がありますが、近年ではあまり見られなくなりました。そこで、この風習を広く知ってもらおうと「アメッコ市」で丸髷と黒留袖の女性が会場を歩くようになったのだそう。

朱傘を差し、丸髷・黒留袖の女性が登場すると、通りのあちらこちらから歓声が。雪景色に映える美しい行列です。

ジャンボ枝アメに彩られたイベント会場は、歩くだけでも楽しく、見て食べて楽しめるアメづくしの2日間に。さまざまな催しもあるので、ぜひ家族そろっておでかけくださいね。

「大館アメッコ市」をもっと楽しむ!ななびチェック!

枝アメづくり体験にチャレンジしよう

2日間とも、大館アメッコ市実行委員会の売店に「枝アメ作り体験コーナー」が登場。時間限定で各日先着75名限定なので、時間をチェックして訪れてみて。

ステージでは音楽イベントを開催

会場に設けられた特設ステージでは、獅子舞やすこっぷ三味線、大館曲げわっぱ太鼓演奏、そしてご当地アイドルのパフォーマンスなどが行われます。

会場まではシャトルバスを運行

開催中は会場周辺で交通規制が行われるため、大館駅と会場を結ぶシャトルバスが便利です(有料)。1日目は9:30~15:30、2日目は9:00~15:30の間で運行しています。

「大館アメッコ市」の詳細はこちら

関連する投稿


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?


秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

夏の「秋田竿灯まつり」で有名な秋田市の中心街に、朝から元気に営業しているカフェ「nico」があります。素材と盛り付けにこだわったパンケーキをはじめ、手づくりのメニューとおしゃれなインテリアが評判で、多くのお客さんから人気を集めています。おいしいスイーツと淹れたてコーヒーで、癒やしの時間を過ごしましょう。


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。