大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

毎年2月の第2土・日曜に開催される「大館アメッコ市」は、大館の冬に欠かせない恒例行事。会場となる「おおまちハチ公通り」には、枝アメやきりたんぽ、比内地鶏の焼き鳥などを販売する露店が並び、県内をはじめ全国から多くの観光客が訪れます。今年は2月10日(土)、11日(日)に開催。会場でアメを食べておいしく邪気を払いましょう!


色とりどりのアメがずらり!400年以上も続く伝統行事

道路沿いにカラフルなジャンボ枝アメが飾られ、両サイドにたくさんの露店が軒を連ねる「大館アメッコ市」。昔からある「アメを食べて邪気を払う」という風習が始まりで、大館でも400年以上前からアメの市が立つようになったそうです。

「この日にアメを食べると風邪をひかない」という言い伝えもあり、全国から約10万人の観光客がアメを買い求めて「大館アメッコ市」へ足を運びます。

会場の「おおまちハチ公通り」に集まる露店の数はなんと100店以上。ミズキの枝にアメを飾った枝アメや、色とりどりの切りアメ、見た目もかわいいイチゴアメなど、目移りしてしまうほどさまざまな商品が売られています。

無料のからみアメサービスも大人気

両日とも時間・数量限定で「からみアメ」のサービスがあり、それも多くの人が楽しみにしている催しのひとつ。

「からみアメ」とは昔懐かしい水飴のこと。口のなかでとろりと溶けるほどのやわらかさで、行商の格好をした人が、割り箸に絡めとったアメを希望者の口にポイと放り込んでくれます。

その優しい自然な甘さは、子どもから年配者まで大好きな味。配り始めるとすぐに人が集まるほどの人気です。

アメを求めて「白ひげ大神」がやってくる!

イベントの見どころのひとつが、両日開催される「白ひげ大神巡行」です。

「アメッコ市」には、大館の田代岳に住む白ひげ大神がアメを求めて下りてくるといわれていて、それを再現するのがこの「白ひげ大神巡行」です。ほら貝の音を響かせながら、白装束を身に着けた白ひげ大神が通りを練り歩きます。

白ひげ大神と一緒に歩く赤い頭巾の女の子は、「飴っ子おこう」の物語に登場する働き者の娘、おこう。

白ひげ大神が帰る際は、足跡を消すために吹雪を起こすといういわれがあり、実際に天気が荒れることもあるそうですよ!

かわいい秋田犬のパレードや美しい丸髷行列も要チェック!

「アメッコ市」では伝統芸能のステージやPRイベントなど、大館にちなんだ催しも行われます。

なかでも、子どもから大人まで楽しめるのが「秋田犬パレード」。おおまちハチ公通りを往復して、愛嬌たっぷりの姿を披露してくれます。また、ハチ公小径前では、実際に秋田犬に触れることができる「秋田犬ふれあいコーナー」もあり、毎年人気を集めています。

さらに、大館ならではの珍しい催しが2日目に行われる「丸髷(まるまげ)行列」です。

大館には、33歳になると既婚の女性が丸髷を結い、黒留袖を着る風習がありますが、近年ではあまり見られなくなりました。そこで、この風習を広く知ってもらおうと「アメッコ市」で丸髷と黒留袖の女性が会場を歩くようになったのだそう。

朱傘を差し、丸髷・黒留袖の女性が登場すると、通りのあちらこちらから歓声が。雪景色に映える美しい行列です。

ジャンボ枝アメに彩られたイベント会場は、歩くだけでも楽しく、見て食べて楽しめるアメづくしの2日間に。さまざまな催しもあるので、ぜひ家族そろっておでかけくださいね。

「大館アメッコ市」をもっと楽しむ!ななびチェック!

枝アメづくり体験にチャレンジしよう

2日間とも、大館アメッコ市実行委員会の売店に「枝アメ作り体験コーナー」が登場。時間限定で各日先着75名限定なので、時間をチェックして訪れてみて。

ステージでは音楽イベントを開催

会場に設けられた特設ステージでは、獅子舞やすこっぷ三味線、大館曲げわっぱ太鼓演奏、そしてご当地アイドルのパフォーマンスなどが行われます。

会場まではシャトルバスを運行

開催中は会場周辺で交通規制が行われるため、大館駅と会場を結ぶシャトルバスが便利です(有料)。1日目は9:30~15:30、2日目は9:00~15:30の間で運行しています。

「大館アメッコ市」の詳細はこちら

関連する投稿


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。


羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

秋田県羽後町にある「道の駅 うご 端縫いの郷」は、羽後の夏の風物詩「西馬音内盆踊り」で踊り手が着用する伝統的な衣装・端縫いにちなんで愛称が付けられた道の駅。週末にはフリーマーケットやグルメイベントを開催しています。名物の西馬音内そばをセルフ方式で味わえる食事処や、搾りたての生乳を使ったジェラートショップも人気です。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。