大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

毎年2月の第2土・日曜に開催される「大館アメッコ市」は、大館の冬に欠かせない恒例行事。会場となる「おおまちハチ公通り」には、枝アメやきりたんぽ、比内地鶏の焼き鳥などを販売する露店が並び、県内をはじめ全国から多くの観光客が訪れます。今年は2月10日(土)、11日(日)に開催。会場でアメを食べておいしく邪気を払いましょう!


色とりどりのアメがずらり!400年以上も続く伝統行事

道路沿いにカラフルなジャンボ枝アメが飾られ、両サイドにたくさんの露店が軒を連ねる「大館アメッコ市」。昔からある「アメを食べて邪気を払う」という風習が始まりで、大館でも400年以上前からアメの市が立つようになったそうです。

「この日にアメを食べると風邪をひかない」という言い伝えもあり、全国から約10万人の観光客がアメを買い求めて「大館アメッコ市」へ足を運びます。

会場の「おおまちハチ公通り」に集まる露店の数はなんと100店以上。ミズキの枝にアメを飾った枝アメや、色とりどりの切りアメ、見た目もかわいいイチゴアメなど、目移りしてしまうほどさまざまな商品が売られています。

無料のからみアメサービスも大人気

両日とも時間・数量限定で「からみアメ」のサービスがあり、それも多くの人が楽しみにしている催しのひとつ。

「からみアメ」とは昔懐かしい水飴のこと。口のなかでとろりと溶けるほどのやわらかさで、行商の格好をした人が、割り箸に絡めとったアメを希望者の口にポイと放り込んでくれます。

その優しい自然な甘さは、子どもから年配者まで大好きな味。配り始めるとすぐに人が集まるほどの人気です。

アメを求めて「白ひげ大神」がやってくる!

イベントの見どころのひとつが、両日開催される「白ひげ大神巡行」です。

「アメッコ市」には、大館の田代岳に住む白ひげ大神がアメを求めて下りてくるといわれていて、それを再現するのがこの「白ひげ大神巡行」です。ほら貝の音を響かせながら、白装束を身に着けた白ひげ大神が通りを練り歩きます。

白ひげ大神と一緒に歩く赤い頭巾の女の子は、「飴っ子おこう」の物語に登場する働き者の娘、おこう。

白ひげ大神が帰る際は、足跡を消すために吹雪を起こすといういわれがあり、実際に天気が荒れることもあるそうですよ!

かわいい秋田犬のパレードや美しい丸髷行列も要チェック!

「アメッコ市」では伝統芸能のステージやPRイベントなど、大館にちなんだ催しも行われます。

なかでも、子どもから大人まで楽しめるのが「秋田犬パレード」。おおまちハチ公通りを往復して、愛嬌たっぷりの姿を披露してくれます。また、ハチ公小径前では、実際に秋田犬に触れることができる「秋田犬ふれあいコーナー」もあり、毎年人気を集めています。

さらに、大館ならではの珍しい催しが2日目に行われる「丸髷(まるまげ)行列」です。

大館には、33歳になると既婚の女性が丸髷を結い、黒留袖を着る風習がありますが、近年ではあまり見られなくなりました。そこで、この風習を広く知ってもらおうと「アメッコ市」で丸髷と黒留袖の女性が会場を歩くようになったのだそう。

朱傘を差し、丸髷・黒留袖の女性が登場すると、通りのあちらこちらから歓声が。雪景色に映える美しい行列です。

ジャンボ枝アメに彩られたイベント会場は、歩くだけでも楽しく、見て食べて楽しめるアメづくしの2日間に。さまざまな催しもあるので、ぜひ家族そろっておでかけくださいね。

「大館アメッコ市」をもっと楽しむ!ななびチェック!

枝アメづくり体験にチャレンジしよう

2日間とも、大館アメッコ市実行委員会の売店に「枝アメ作り体験コーナー」が登場。時間限定で各日先着75名限定なので、時間をチェックして訪れてみて。

ステージでは音楽イベントを開催

会場に設けられた特設ステージでは、獅子舞やすこっぷ三味線、大館曲げわっぱ太鼓演奏、そしてご当地アイドルのパフォーマンスなどが行われます。

会場まではシャトルバスを運行

開催中は会場周辺で交通規制が行われるため、大館駅と会場を結ぶシャトルバスが便利です(有料)。1日目は9:30~15:30、2日目は9:00~15:30の間で運行しています。

「大館アメッコ市」の詳細はこちら

関連する投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

毎月最終日曜に秋田市楢山地区で開催される「ならやま日曜はしご市」をご存じでしょうか?地区内にあるお店の“はしご”と街歩きを一度に楽しむ、楢山では恒例のイベントです。ユニークなのは、イベントに参加する各店が“その日だけ”の商品を販売すること。今月は何があるのかな?と、ワクワクしながらおでかけしましょう。


秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

近年、「おいしいお米」が注目されています。各地で新ブランド米が続々リリースされ、その特性に詳しい「お米マイスター」の活躍も目立ちます。昔からの米どころである秋田県でも、それを受け「さらにおいしいお米づくり」に取り組む農家が増えてきました。今回はそんな秋田米にこだわり、お米を使ったメニューを提供するカフェをご紹介します。


小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

秋田県小坂町の「小坂鉄道レールパーク」は、かつて使われていた施設や線路を使ってさまざまなレール遊びが体験できる、全国でも珍しいレールミュージアム。冬季休業を経て、4月から2018年度の営業がはじまりました。子どもから大人まで楽しめて寝台列車にも宿泊できるこちらの施設。見どころを押さえて家族そろっておでかけください。


横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

リンゴをはじめとする農産物や、ノスタルジックなまち並みで知られる秋田県横手市増田町。春になると、観光スポットの「真人公園(まとこうえん)」には、約2,000本もの桜が咲き誇ります。2018年は4月22日(日)~5月5日(土・祝)に「真人公園さくらまつり」を、4月29日(日・祝)に毎年恒例の「たらいこぎ競争」を開催!


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!