新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森市の中心街、しんまち通りから徒歩2分にある、「喫茶マロン」。創業47年を迎えるこのお店は、昔ながらの純喫茶として地元の人々に親しまれています。平日は働く人々、休日は家族連れや友人などのお客さんでにぎわい、「喫茶マロン」オリジナルの味がたくさんあります。


レトロな雰囲気にこだわった居心地の良い店内

店内には、蓄音機や掛け時計、古い電話機などたくさんの雑貨がディスプレイされています。これらは、店長である松井さんの趣味で、あちこちから集めてきたものだそう。温かみのある電灯のもとで、ゆったりした時間を過ごすことができるでしょう。

お店では、常連客はもちろんのこと、お客さんの顔と名前をなるべく覚えるようにしているのだとか。なかには、昔デートに来ていたふたりが結婚し、お子さんを連れてくることもあるそうで、
昔から変わらない安心できる場所として大切にされています。

女性客やお子さん連れでも入りやすい雰囲気で、休日のランチタイムには席がいっぱいになるほどたくさんのお客さんが訪れます。

近くにはこんなスポットも!

不動の人気メニュー、「ジャマイカンカレー」

ランチタイムは11:00~14:00。ランチメニューは単品でもオーダーできますが、プラス100円でドリンク付きのセットにすることができます。

なんといっても不動の人気は、「ジャマイカンカレー」。オーナーの弟さんが東京で何年も修行し、それを青森県民の口に合うよう、アレンジされたそうです。牛ひき肉をたっぷり使ったカレーは、スパイスをふんだんに使用していますが、お子さんでも食べられる程度の中辛。

スティックサラダも付いて、ボリュームもたっぷり!親子でシェアして食べるのもオススメです。

「ビーフジンジャーピラフ」は男性に人気!

がっつりメニューで外せないのは、「ビーフジンジャーピラフ」。カレー同様、牛肉がごろごろ入っていて、シンプルな味付けながら紅ショウガのアクセントが効いています。青森県津軽地方ではおいなりさんに紅ショウガを入れることがありますが、ピラフにも紅ショウガをのせてしまうあたりがなんとも青森らしい感じです。こちらは通常のサラダとセットでいただけます。

食後はハンドドリップで淹れる最高のコーヒーを

喫茶店の顔であるコーヒーにもこだわりが。「ブレンドコーヒー」は、オーナーの奥さんが自家焙煎したものを使用しています。しっかりした苦味ですが、角が立たず優しい味わい。コーヒー豆は店内と、青森市古川にある系列店の「珈琲舎」で購入することができます。

デザートにボリュームたっぷりの「特製マロンパフェ」を!

パフェのオーダーはランチタイム終了後の14:00から。ケーキなど他のデザートは何時でもオーダーすることができます。

「マロン風フルーツパフェ」は、栗を使ったパフェ…ではなく、店名にちなんだ特製パフェです。
とにかくフルーツがたくさん!柑橘類だけでも4~5種類、イチゴ、りんご、梨、バナナ、キウイ、パイン、ブドウ…。フルーツは旬のものを使うため、毎回少しずつ変わるそうです。甘いもの好きな女性やお子さんにオススメの1品です。

また、期間限定でかぼちゃプリンも販売しているそう。お手製のかぼちゃプリンはとっても濃厚。ケーキはお持ち帰りもOKです。

まとめ

ご紹介したほかにも、昔ながらのナポリタンや厚切りトーストなど、喫茶店に欠かせないメニューがそろっています。定休日の水曜日以外は、朝のモーニングから夜まで営業しているので、ランチ以外のメニューも楽しめそうです。

手の行き届いたサービスと温かいぬくもりに包まれて、ほっとするひとときを過ごしてみませんか?

店舗情報

「喫茶マロン」について詳しくはこちら

関連する投稿


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


最新の投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)