青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森市の中心街、しんまち通りから徒歩2分にある、「喫茶マロン」。創業47年を迎えるこのお店は、昔ながらの純喫茶として地元の人々に親しまれています。平日は働く人々、休日は家族連れや友人などのお客さんでにぎわい、「喫茶マロン」オリジナルの味がたくさんあります。


レトロな雰囲気にこだわった居心地の良い店内

店内には、蓄音機や掛け時計、古い電話機などたくさんの雑貨がディスプレイされています。これらは、店長である松井さんの趣味で、あちこちから集めてきたものだそう。温かみのある電灯のもとで、ゆったりした時間を過ごすことができるでしょう。

お店では、常連客はもちろんのこと、お客さんの顔と名前をなるべく覚えるようにしているのだとか。なかには、昔デートに来ていたふたりが結婚し、お子さんを連れてくることもあるそうで、
昔から変わらない安心できる場所として大切にされています。

女性客やお子さん連れでも入りやすい雰囲気で、休日のランチタイムには席がいっぱいになるほどたくさんのお客さんが訪れます。

不動の人気メニュー、「ジャマイカンカレー」

ランチタイムは11:00~14:00。ランチメニューは単品でもオーダーできますが、プラス100円でドリンク付きのセットにすることができます。

なんといっても不動の人気は、「ジャマイカンカレー」。オーナーの弟さんが東京で何年も修行し、それを青森県民の口に合うよう、アレンジされたそうです。牛ひき肉をたっぷり使ったカレーは、スパイスをふんだんに使用していますが、お子さんでも食べられる程度の中辛。

スティックサラダも付いて、ボリュームもたっぷり!親子でシェアして食べるのもオススメです。

「ビーフジンジャーピラフ」は男性に人気!

がっつりメニューで外せないのは、「ビーフジンジャーピラフ」。カレー同様、牛肉がごろごろ入っていて、シンプルな味付けながら紅ショウガのアクセントが効いています。青森県津軽地方ではおいなりさんに紅ショウガを入れることがありますが、ピラフにも紅ショウガをのせてしまうあたりがなんとも青森らしい感じです。こちらは通常のサラダとセットでいただけます。

食後はハンドドリップで淹れる最高のコーヒーを

喫茶店の顔であるコーヒーにもこだわりが。「ブレンドコーヒー」は、オーナーの奥さんが自家焙煎したものを使用しています。しっかりした苦味ですが、角が立たず優しい味わい。コーヒー豆は店内と、青森市古川にある系列店の「珈琲舎」で購入することができます。

デザートにボリュームたっぷりの「特製マロンパフェ」を!

パフェのオーダーはランチタイム終了後の14:00から。ケーキなど他のデザートは何時でもオーダーすることができます。

「マロン風フルーツパフェ」は、栗を使ったパフェ…ではなく、店名にちなんだ特製パフェです。
とにかくフルーツがたくさん!柑橘類だけでも4~5種類、イチゴ、りんご、梨、バナナ、キウイ、パイン、ブドウ…。フルーツは旬のものを使うため、毎回少しずつ変わるそうです。甘いもの好きな女性やお子さんにオススメの1品です。

また、期間限定でかぼちゃプリンも販売しているそう。お手製のかぼちゃプリンはとっても濃厚。ケーキはお持ち帰りもOKです。

まとめ

ご紹介したほかにも、昔ながらのナポリタンや厚切りトーストなど、喫茶店に欠かせないメニューがそろっています。定休日の水曜日以外は、朝のモーニングから夜まで営業しているので、ランチ以外のメニューも楽しめそうです。

手の行き届いたサービスと温かいぬくもりに包まれて、ほっとするひとときを過ごしてみませんか?

「喫茶マロン」について詳しくはこちら

関連する投稿


青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森県青森市で開催される「AOMORI COFFEE FESTIVAL」。青森県全域からコーヒーショップやロースター、パン屋さんなどの飲食店が集まり、コーヒーの力で地域活性を図るイベントです。第2回目となる2017年は、10月7日(土)に青森市昭和通り商店街で開催。フェスがもっと楽しみになるポイントをご紹介します!


青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森県青森市にある「space mizuiro.inc」は、野菜から色を抽出してつくった自社製品「おやさいクレヨン」を中心に、原材料やデザインにこだわった文房具や雑貨を取り扱うお店。ギャラリーも兼ねていて、クリエイターによる展示やワークショップなどのイベントも多数開催中。ショッピングと一緒にアートを楽しめます。


黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

青森県黒石市の中町こみせ通りで行われる「黒石こみせまつり」は、郷土芸能の演奏や、ご当地グルメが味わえるおまつり。例年9月の第2土曜日・日曜日に行われ、2017年は9月9日(土)・10日(日)に開催されます。そこで今回は、「黒石こみせまつり」の見どころを、意外と知られていない中町こみせ通りの魅力とともにご紹介します!


青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。