青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森市の中心街、しんまち通りから徒歩2分にある、「喫茶マロン」。創業47年を迎えるこのお店は、昔ながらの純喫茶として地元の人々に親しまれています。平日は働く人々、休日は家族連れや友人などのお客さんでにぎわい、「喫茶マロン」オリジナルの味がたくさんあります。


レトロな雰囲気にこだわった居心地の良い店内

店内には、蓄音機や掛け時計、古い電話機などたくさんの雑貨がディスプレイされています。これらは、店長である松井さんの趣味で、あちこちから集めてきたものだそう。温かみのある電灯のもとで、ゆったりした時間を過ごすことができるでしょう。

お店では、常連客はもちろんのこと、お客さんの顔と名前をなるべく覚えるようにしているのだとか。なかには、昔デートに来ていたふたりが結婚し、お子さんを連れてくることもあるそうで、
昔から変わらない安心できる場所として大切にされています。

女性客やお子さん連れでも入りやすい雰囲気で、休日のランチタイムには席がいっぱいになるほどたくさんのお客さんが訪れます。

不動の人気メニュー、「ジャマイカンカレー」

ランチタイムは11:00~14:00。ランチメニューは単品でもオーダーできますが、プラス100円でドリンク付きのセットにすることができます。

なんといっても不動の人気は、「ジャマイカンカレー」。オーナーの弟さんが東京で何年も修行し、それを青森県民の口に合うよう、アレンジされたそうです。牛ひき肉をたっぷり使ったカレーは、スパイスをふんだんに使用していますが、お子さんでも食べられる程度の中辛。

スティックサラダも付いて、ボリュームもたっぷり!親子でシェアして食べるのもオススメです。

「ビーフジンジャーピラフ」は男性に人気!

がっつりメニューで外せないのは、「ビーフジンジャーピラフ」。カレー同様、牛肉がごろごろ入っていて、シンプルな味付けながら紅ショウガのアクセントが効いています。青森県津軽地方ではおいなりさんに紅ショウガを入れることがありますが、ピラフにも紅ショウガをのせてしまうあたりがなんとも青森らしい感じです。こちらは通常のサラダとセットでいただけます。

食後はハンドドリップで淹れる最高のコーヒーを

喫茶店の顔であるコーヒーにもこだわりが。「ブレンドコーヒー」は、オーナーの奥さんが自家焙煎したものを使用しています。しっかりした苦味ですが、角が立たず優しい味わい。コーヒー豆は店内と、青森市古川にある系列店の「珈琲舎」で購入することができます。

デザートにボリュームたっぷりの「特製マロンパフェ」を!

パフェのオーダーはランチタイム終了後の14:00から。ケーキなど他のデザートは何時でもオーダーすることができます。

「マロン風フルーツパフェ」は、栗を使ったパフェ…ではなく、店名にちなんだ特製パフェです。
とにかくフルーツがたくさん!柑橘類だけでも4~5種類、イチゴ、りんご、梨、バナナ、キウイ、パイン、ブドウ…。フルーツは旬のものを使うため、毎回少しずつ変わるそうです。甘いもの好きな女性やお子さんにオススメの1品です。

また、期間限定でかぼちゃプリンも販売しているそう。お手製のかぼちゃプリンはとっても濃厚。ケーキはお持ち帰りもOKです。

まとめ

ご紹介したほかにも、昔ながらのナポリタンや厚切りトーストなど、喫茶店に欠かせないメニューがそろっています。定休日の水曜日以外は、朝のモーニングから夜まで営業しているので、ランチ以外のメニューも楽しめそうです。

手の行き届いたサービスと温かいぬくもりに包まれて、ほっとするひとときを過ごしてみませんか?

「喫茶マロン」について詳しくはこちら

関連する投稿


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

青森県弘前市には、およそ50年の伝統をもつ工芸品「BUNACO(ブナコ)」があります。独自の製法でひとつずつ丁寧につくられた「ブナコ」製品は、エコロジーな技術が国内外で高く評価され、世界中から注目を集めるほど。弘前市にある唯一の専門ショールーム「BUNACO ShowRoom BLESS」をご紹介します。


八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

青森県八戸市の中心街にある「八戸ポータルミュージアム はっち」は、八戸の地域資源をベースに、八戸市民のさまざまな活動をサポートする拠点施設。観光にも、市民活動にも、どちらにも大活躍している八戸の顔ともいえる施設です。1階から5階まで八戸づくしな「はっち」の魅力をご紹介します。


青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

この夏、青森で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。青森の「青森ねぶた祭り」、弘前の「弘前ねぷたまつり」、八戸の「八戸三社大祭」、五所川原の「五所川原立佞武多祭り」、むつ市大湊地の「大湊ネブタ」、田名部地の「田名部まつり」。観光などで初めて参加する方にも、地元の方にもお役立ていただけるようまとめました!


青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森県青森市に、パンと和洋菓子の製造工場を構える「工藤パン」。青森県民から「くどパン」の愛称で親しまれ、なじみの商品を数々つくり出している有名製パンメーカーです。1932年にむつ市の小さなパン屋さんからはじまり、今やテレビにも取り上げられるほど有名に。全国からも注目が集まる「工藤パン」の魅力をご紹介します!


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。