横手 |「横手の雪まつり」で冬の“あったか”体験をしよう

横手 |「横手の雪まつり」で冬の“あったか”体験をしよう

雪でつくった社に水神様を祀る横手の「かまくら」は、約450年もの歴史を誇る小正月行事。2018年もたくさんのかまくらが街に並びます。さらに、豪華な頭飾りが特徴の「ぼんでん」を奉納する神事も開催。今回は、心温まるかまくら体験や熱気あふれるぼんでんなど、冬の寒さを吹き飛ばす「横手の雪まつり」をガイドします。


かまくらのなかでは、子どもたちが甘酒やお餅でおもてなし

「みちのく五大雪まつり」のひとつとして、毎年全国から多くの観光客が訪れる横手の「かまくら」。鑑賞するだけでなく、雪室のなかに入って水神様に家内安全などを祈願する伝統行事です。

期間中は、明かりの灯ったかまくらのそばを通ると、「入ってたんせ」「おがんでたんせ」と、なかから子どもたちが声を掛けてくれます。

かわいい誘いを受けたら、ぜひともなかに入ってみて!

かまくらのなかでは、地元の子どもたちが甘酒(あまえこ)やお餅をふるまってくれます。うれしいおもてなしで心と体を温めながら、子どもたちと楽しく交流できるのもまつりの醍醐味。水神様にお賽銭をあげて、手をあわせることもお忘れなく。

まつりの期間中は、横手市役所本庁舎前道路公園や横手公園、羽黒町武家屋敷通りなど市内に約100基ものかまくらがつくられます。かまどのような形をした真っ白い雪室からオレンジ色の明かりがもれ、元気な子どもたちの声が聞こえる様子は、冬の横手を象徴する光景です。

ロマンチックな“光の草原”が広がる「ミニかまくら」も必見!

かまくら体験と並ぶまつりの名物は、幻想的な光が夜の街を彩るミニかまくら。夕方になると、市内のあちらこちらがロマンチックな明かりに包まれます。

特に見事なのが、横手南小学校の校庭と蛇の崎川原。雪の大地をロマンチックに照らすミニかまくらは、ため息がでるほどの美しさですよ。

また、「かまくら館」の向かいにある「光明寺公園」では、ミニかまくらづくり体験も実施します(2月15日(木)は11:00~、14:00~、16日(金)は14:00~)。つくったミニかまくらには、実際にろうそくの火が灯るので、見て楽しむこともできますよ。

この2日間は、市内各所に個性的な雪像もたくさん登場するので、ぜひ暖かい格好をして冬の街歩きを楽しんでくださいね。

「ジョヤサ」の掛け声が響く、大迫力の「ぼんでん」

「かまくら」と同様に、小正月行事として行われるのが横手の「ぼんでん」です。「ぼんでん」とは神様への捧げもののこと。横手のぼんでんは、高さが5メートル、重さが30キロにも及び、その大きさと絢爛豪華な頭飾りが特徴です。

毎年、町内や企業などが趣向を凝らしたぼんでんをつくり、2月16日(金)に行われる「ぼんでんコンクール」でその出来栄えを競います。

ハイライトは、2月17日(土)の「梵天奉納祭」。約300年もの歴史がある伝統行事で、ほら貝の音と「ジョヤサ」の掛け声を響かせながら、旭岡山神社にぼんでんを奉納します。

各町内や企業の若手が先を競って奉納するため、至るところで激しいもみ合いも起こり、それが最大の見どころに。最後はぼんでんが神社に勢いよく突っ込む迫力満点の行事です。

雪が織りなす美しい景色と地元の子どもとの交流を楽しむ「かまくら」、絢爛豪華な幣束と熱気あふれる光景に大興奮の「ぼんでん」。2つの異なる小正月行事を体験しに、冬の横手を訪れてくださいね。

「横手の雪まつり」で雪の世界を楽しむ!ななびチェック!

足元を含めて完全防寒の服装で!

かまくらのなかは暖かいものの、外を歩くときはしっかりした防寒着が必須。夜は歩道が凍ることもあるので、長靴やスノートレッキングなど溝のある履物がオススメです。

無料の巡回バスを利用して、たくさんのかまくらを鑑賞しよう

市内の至るところで見られるかまくらは、会場によって少しずつ形が異なります。歩いて回るのも楽しいですが、巡回バスなら主要会場をラクに移動することができますよ。

まつり前日には「かまくら撮影会」を開催

まつりの開催に先立って、2月14日(水)には民家苑木戸五郎兵衛村で「かまくら撮影会」も開催。古民家とかまくら、横手の冬の原風景を撮影することができます。

「横手の雪まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

毎月最終日曜に秋田市楢山地区で開催される「ならやま日曜はしご市」をご存じでしょうか?地区内にあるお店の“はしご”と街歩きを一度に楽しむ、楢山では恒例のイベントです。ユニークなのは、イベントに参加する各店が“その日だけ”の商品を販売すること。今月は何があるのかな?と、ワクワクしながらおでかけしましょう。


秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

近年、「おいしいお米」が注目されています。各地で新ブランド米が続々リリースされ、その特性に詳しい「お米マイスター」の活躍も目立ちます。昔からの米どころである秋田県でも、それを受け「さらにおいしいお米づくり」に取り組む農家が増えてきました。今回はそんな秋田米にこだわり、お米を使ったメニューを提供するカフェをご紹介します。


小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

秋田県小坂町の「小坂鉄道レールパーク」は、かつて使われていた施設や線路を使ってさまざまなレール遊びが体験できる、全国でも珍しいレールミュージアム。冬季休業を経て、4月から2018年度の営業がはじまりました。子どもから大人まで楽しめて寝台列車にも宿泊できるこちらの施設。見どころを押さえて家族そろっておでかけください。


横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

リンゴをはじめとする農産物や、ノスタルジックなまち並みで知られる秋田県横手市増田町。春になると、観光スポットの「真人公園(まとこうえん)」には、約2,000本もの桜が咲き誇ります。2018年は4月22日(日)~5月5日(土・祝)に「真人公園さくらまつり」を、4月29日(日・祝)に毎年恒例の「たらいこぎ競争」を開催!


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!