石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

海沿いの街・石巻市には、そのロケーションを活かしたステキな古民家カフェがたくさん。ノスタルジックな雰囲気のなか、海を眺めながらのんびりしたり、地場産の食材を使ったジビエなどのメニューを味わったりと、石巻市らしいゆったりとしたカフェタイムを過ごしてみませんか。


海が見えるカフェ「Cafeはまぐり堂」に流れる、穏やかな浜の時間

JR石巻駅から車で約30分、石巻市牡鹿半島のくねくねとした山道を走っていると、視界が開け小さな浜辺「蛤浜」と、高台に古民家が見えてきます。それが「Cafeはまぐり堂」です。

駐車場に車を停めたら、階段を上りカフェへ。ふと後ろを振り返ると、眼下にはどこまでも広がる海。いつまでも眺めていたくなるような美しさです。

海と山に囲まれた自然豊かなロケーションに感動しつつ、カフェの引き戸を開けると、なかは縁側をしつらえた純和風の広々とした空間。築100年以上の古民家を改装した店内は、“田舎のおばあちゃんの家”を思わせるしっとりとした懐かしさが漂います。

海を眺める席から。かぼちゃケーキと本日のコーヒー

東日本大震災で大きな被害を受け、新たに人が住むことができなくなった蛤浜の集落。ここにまた人が集まる場をつくろうと、2013年に「Cafeはまぐり堂」はオープンしました。

畳敷きの座敷にレトロなピアノやミシンが置かれたレトロな空間で、時の経つのを忘れて過ごせると県内外から多くの人が訪れる人気のカフェです。

オススメは牡鹿半島で獲れた鹿を使った、鹿カレーとサラダのセット。コトコトと4時間、ビールで煮込んだ鹿肉は、ほろりと口のなかで崩れるほどやわらか。しっかりと血抜きされた鹿肉は臭みがなく、あっさりとして噛むほどに甘みが広がります。独自にスパイスをブレンドしたカレーはマイルドな味わいなので、辛いものが苦手なお子さんもおいしく食べられます。

季節の素材を使ったケーキやジェラートなど、スイーツも豊富。地元の醸造所がつくる、合成甘味料を使わないやさしい甘さが特徴の金華サイダーや、自家製のジンジャーエールなど、ここならではのドリンクとあわせて味わってみてください。

「cafe 蓮」で、自家栽培野菜たっぷりのヘルシーランチを召し上がれ

JR石巻駅から徒歩5分ほど。駅前からのびる立町大通り商店街を1本奥に入った路地の一角に、「cafe 蓮」はあります。

大正時代の古民家をリノベーションしたこちらのお店。レトロな外観とは裏腹に、店内はポップな空間が広がります。黄色や水色にカラーリングされた壁はとってもキュート。

壁に掛けられた鹿の剥製に、お子さんは興味津々になってしまうかもしれません。

石巻市で獲れた鹿を使った「鹿キーマカレー」や石巻産のサバでつくる「鯖バーガー」など、カフェで使う食材は石巻づくし。

なかでもファミリーのランチにオススメしたいのが、自家栽培野菜がふんだんに盛られた「サラダボウルランチ」です。大根やニンジンなど、約10種類の旬野菜を使ったサラダボウルは彩りもよく栄養満点!野菜の旨みが濃いので、ひと口食べて驚く人も多いのだとか。

サラダの上にはローストポーク(トッピングは日によって魚料理になります)と温泉玉子をトッピング。小鉢とご飯、スープが付くので、食べごたえもありますよ。

オーナーがパティシエということもあり、スイーツも評判。チーズケーキやアップルパイなどの定番から日替わりのケーキまで、常時4~5種類並びます。

スイーツはテイクアウトもOK。夕方には売り切れることもあるので、はやめの来店がオススメです。

異国情緒漂う「くさかんむりcafe」で味わうキュートなスイーツ

ノスタルジックな雰囲気が話題の「くさかんむりcafe」は、石巻市の中心街より少し離れたエリア・桃生町(ものうちょう)にあります。JR石巻駅からは車で30分ほど。風格漂う大きな木の門が目印です。

築120年を超える商家を改装した店内には、国内外から集めたアンティークの家具や雑貨が並びます。イスやテーブルは色も形もさまざま。お子さんと一緒にどの席に座ろうかと考えるのも楽しみのひとつです。

また、小物や雑貨のディスプレイはインテリアコーディネートの参考にも。ママは見ているだけでワクワクしてしまいそうですね。

カフェで味わえるのは、ケーキなどの手づくりスイーツ。自家製のハーブを使うなど素材にこだわっているので、ファミリーのカフェタイムにぴったりです。

スイーツは常時6~7種類がラインナップされ、特にオススメなのが見た目も愛らしい「キャロットケーキ」。ケーキのてっぺんにちょこんと乗せたパセリは、ニンジンの葉をイメージ。SNS映えすると写真を撮って楽しむ人も多いのだとか。

ニンジンのやさしい甘みとバターの芳醇な香り、くるみのざっくりとした食感…と、おいしさのハーモニーにお子さんはもちろん、パパ・ママも大満足ですよ。

いかがでしたでしょうか。どのカフェものんびりとした空気が漂う港町の魅力が満載。今度のお休みはファミリーで、石巻市ならではのステキなカフェで過ごしてみてくださいね。

石巻市のカフェをより楽しむためのななびチェック!

「Cafeはまぐり堂」は平日に訪れるのがオススメ

大人気のCafeはまぐり堂。週末は入店まで1時間以上待つことも。ランチタイムを避けたり、平日に訪れるのがオススメです。

食事を待つ間、ショッピングを楽しもう

雑貨を扱うショップが併設する「cafe 蓮」。食事ができあがるまでの間、お子さんとのぞいてみてはいかがですか。

カフェタイムのあとは広い庭でお散歩

「くさかんむりcafe」の敷地内に広がる森のような庭は散歩にぴったり。大人も入れる大きさの鳥かごがあったりと、ファミリーで楽しめるフォトスポットも点在。

「Cafeはまぐり堂」について詳しくはこちら
「Cafe蓮」について詳しくはこちら
「くさかんむりcafe」について詳しくはこちら

関連する投稿


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


最新の投稿


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。