新潟 |「お正月とお餅のあれこれ」日本一のお餅大国?

新潟 |「お正月とお餅のあれこれ」日本一のお餅大国?

魚沼産コシヒカリなど、全国的にも米どころで知られる新潟には、お正月に限らずお餅を食べる文化が根付いています。今回はそんな新潟のお雑煮とお餅文化についてお届けします。


具だくさんで豪華!鮭とイクラの「親子雑煮」

新潟県北部の村上・新発田エリアは、昔から「鮭の町」と呼ばれるほど鮭漁が盛んな地域。さまざまな鮭料理を食べる風習があり、お雑煮にも鮭が登場します。

一般的なレシピとしては、かつお出汁にごぼうなどの根菜、しいたけ、ねぎ、かまぼこなど多くの具材を入れた、醤油ベースのすまし汁。主役の塩鮭、角餅を入れて、さらにはイクラをトッピングします。

お餅は地域によって焼いたり茹でたりとまちまちですが、角餅であることは統一されたスタイルです。お餅が見えないほど具材を入れるので、豪華で贅沢なお雑煮として有名!鮭とイクラの組み合わせなので、鶏肉と卵で「親子丼」なのと同じように、「親子雑煮」と呼ばれています。

お雑煮に入れる塩引鮭は、お雑煮のためにわざわざ用意するというものではありません。豪雪地域である新潟県では、10月~12月の期間に鮭漁を行い「塩引鮭」をこしらえ、大晦日の食卓にもお正月のお雑煮にも登場させます。もともとは冬を越えるための貴重な栄養源としていて、鮭と塩だけで発酵させて絶妙の味わいに仕上げていたのです。

もち米の王様!新潟産「こがねもち」とは?

日本有数の米どころ・新潟県ではお米だけではなく、もち米も全国的にも高い評価を得ています。1956年に誕生した最高級品種と名高い「こがねもち」は、舌触りも粘りもコシもよく風味もいいため、お餅にしたときのおいしさにも定評があります。

とくにつきたてのお餅は、ほかのお餅と比べて食感がもっちりとしているため、一度食べるとファンになる方も多いよう。

お赤飯やおこわ、おはぎなど多くの料理に向いているので、さまざまな行事などでたびたび登場します。「親子雑煮」のお餅にも、「こがねもち」でついたお餅を入れる場合が多いのではないでしょうか。

「こがねもち」をよりおいしく召し上がるには、2日~3日間水に浸しておくのがポイント。より一層、風味や食感をそのままに味わうことができますよ。

新潟県のお餅にまつわる「日本一」

とある統計によると、新潟県は「切り餅・包装餅の出荷額」が日本一。魚沼、長岡など、全国的にも有名なお米の産地ですから、品種・ブランドごとにつくられるお餅が多数出荷されていることを考えれば、不思議ではありませんね。ほかにも、過去には「お餅消費量」でも日本一を獲得しています。

最近では、米もお餅も店頭だけではなくインターネットで気軽にオーダーができるので、地元新潟で住み暮らしている方だけではなく、全国に需要があることで、実績を伸ばしているのかもしれませんね。

豪華絢爛な「親子雑煮」、そしてもっちりした歯ごたえを試してみたい「こがねもち」。一度は食べてみたい新潟グルメですね。新潟県外のみなさんも、機会があればぜひ新潟自慢の食文化に触れてみてください。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


新潟県

関連する投稿


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

新潟 |「燦燦カフェ」海と山に囲まれた憩いの場。体に優しい料理やスイーツでお腹も心も癒やされる

目の前には海、後ろには緑豊かな山が出迎えてくれる「燦燦カフェ」。新潟市から柏崎市へ向かう海沿いの道・国道402号線沿いにあり、海水浴帰りやドライブがてら立ち寄る人が多い人気店です。絶好のロケーションはもちろん、地産地消や手づくり、無添加にこだわった料理やスイーツも多数。心地よい海風を感じながらのんびり過ごしませんか。


柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎市にある「柏崎・夢の森公園」は、「里山で遊ぶ・暮らしを考える」をコンセプトにした自然公園。約30ヘクタールの広大な園内では森遊びができるほか、里山に暮らす動物たちと触れ合うこともできます。小さなお子さんも参加できる体験コーナーもあり、多くの親子連れで賑わいます。お弁当を持って家族みんなでおでかけしてみませんか。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。