福島 |「お正月とお餅のあれこれ」寒さから生まれたお餅文化

福島 |「お正月とお餅のあれこれ」寒さから生まれたお餅文化

日本における米どころのひとつ・福島県も、東北地方の県と同様、独自の伝統的なお餅文化が残っています。みなさんのお住まいのエリアでは、どんなお餅の食べ方がありますか?今回は、お正月には欠かせない「お雑煮」をはじめとする、福島県のお餅を中心とした食文化に迫ります。


貝柱、するめ、かつお出汁…エリアで違う会津のお雑煮

福島県内でも、お雑煮の食文化は地域によって異なります。たとえば会津市内では、平野部は貝柱、山間部などではするめやかつお出汁でつくるため、同じ会津に住んでいてもお雑煮の味わいが違ってきます。

とはいえ、出汁が異なるだけで具材や食べ方は大抵統一されています。人参やごぼうなど根菜、しいたけ、鶏肉、そして凍豆腐に角餅を入れたお雑煮が、一般的な福島のお雑煮ではないでしょうか。醤油ベースのスープが、具材をよりいっそう引き立ててくれます。

そもそも会津地方では「お雑煮」という名称ではなく、お餅をつゆに入れて食べることから「つゆもち」「こづゆ」と呼ばれています。「お雑煮」といわれるとしっくりこない方も多いのではないでしょうか。

「つゆもち」の1番のポイントである「凍豆腐」は江戸時代、福島・円通寺の住職が京都の高野山に赴いた際、「高野豆腐」を福島の気候にあわせてアレンジしてつくったもの。タンパク質、カルシウム、鉄分など栄養豊富な保存食として福島県民に愛されています。

寒さが生み出した食文化「凍み餅」

福島県で寒さが最も厳しいのは1月~2月下旬にかけて。この厳冬期を利用してつくられるのが、福島県を代表する保存食「凍み餅」です。

よもぎなどの山野草を練り込んだお餅を水に浸し凍らせ、ワラやヒモで編み込んで縛り、高いところから吊るします。寒風にあてて乾燥させたらできあがり。

食べ方といえば、冷水につけてもどした「凍み餅」を、油のひいたフライパンで焼き、お好みの味付けでいただきます。

たとえば、砂糖醤油やきな粉などのおやつ系から、醤油で甘辛く味をつけたり、ピザ用チーズを乗せてみたり、さらには生地をまとわせてドーナツのように揚げてみたり…。ごはん・おかず系のアレンジを楽しむご家庭も増えているようです。

おもてなし料理「豆腐餅」

会津のとくに湊地区に伝わる「豆腐餅」は、明治時代から伝わる伝統的なお餅料理のひとつ。水をきって荒くつぶした木綿豆腐を、油をひいたフライペンにかけ、砂糖・醤油・みりんで味をつけます。そこにちぎったお餅を入れれば完成!特別な日のおもてなし料理、ごちそうとして各家庭で食べられてきました。

近年では地元でも豆腐餅を味わう機会が減っているということで、伝統料理を残していくために、豆腐餅をメニューとして扱う食事処もできているそうです。

港地区ではそのほかに、お餅を揚げて食べる「揚げ餅」も特産として知られています。風味や食感を楽しむために、胡麻やくるみなどが入っている場合もあり、おかず系のお餅料理と思いきや、実際に食べてみると甘めの味わいなんですよ。

お餅料理のアレンジ豊かな福島県。お餅を食べる習慣があまりない地域にお住まいの方は驚かれるかもしれませんね。「凍み餅」に「凍豆腐」、一度味わってみてはいかがでしょうか。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


福島県

関連する投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

実は、アイスの消費量が全国第2位の福島市。アイス大好き福島っ子に愛される本格ジェラートを提供する「honey bee」は、素材にとことんこだわったくだもの屋さんが運営するお店です。旬なくだものと、福島の上質なミルクを使用したジェラートレシピは、なんと100種類以上!福島のおいしいさがぎゅっと詰まっています。


福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島県郡山市柳橋地区で毎年第3日曜日に開催されている「柳橋歌舞伎」。江戸時代から伝承されている伝統芸能で、役者から義太夫、衣装、三味線、音響、照明、化粧など、すべて住民が行っています。地域住民が一丸となって継承する、郡山市の重要無形民俗文化財にも指定された「柳橋歌舞伎」をご紹介します。


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。