福島 |「お正月とお餅のあれこれ」寒さから生まれたお餅文化

福島 |「お正月とお餅のあれこれ」寒さから生まれたお餅文化

日本における米どころのひとつ・福島県も、東北地方の県と同様、独自の伝統的なお餅文化が残っています。みなさんのお住まいのエリアでは、どんなお餅の食べ方がありますか?今回は、お正月には欠かせない「お雑煮」をはじめとする、福島県のお餅を中心とした食文化に迫ります。


貝柱、するめ、かつお出汁…エリアで違う会津のお雑煮

福島県内でも、お雑煮の食文化は地域によって異なります。たとえば会津市内では、平野部は貝柱、山間部などではするめやかつお出汁でつくるため、同じ会津に住んでいてもお雑煮の味わいが違ってきます。

とはいえ、出汁が異なるだけで具材や食べ方は大抵統一されています。人参やごぼうなど根菜、しいたけ、鶏肉、そして凍豆腐に角餅を入れたお雑煮が、一般的な福島のお雑煮ではないでしょうか。醤油ベースのスープが、具材をよりいっそう引き立ててくれます。

そもそも会津地方では「お雑煮」という名称ではなく、お餅をつゆに入れて食べることから「つゆもち」「こづゆ」と呼ばれています。「お雑煮」といわれるとしっくりこない方も多いのではないでしょうか。

「つゆもち」の1番のポイントである「凍豆腐」は江戸時代、福島・円通寺の住職が京都の高野山に赴いた際、「高野豆腐」を福島の気候にあわせてアレンジしてつくったもの。タンパク質、カルシウム、鉄分など栄養豊富な保存食として福島県民に愛されています。

寒さが生み出した食文化「凍み餅」

福島県で寒さが最も厳しいのは1月~2月下旬にかけて。この厳冬期を利用してつくられるのが、福島県を代表する保存食「凍み餅」です。

よもぎなどの山野草を練り込んだお餅を水に浸し凍らせ、ワラやヒモで編み込んで縛り、高いところから吊るします。寒風にあてて乾燥させたらできあがり。

食べ方といえば、冷水につけてもどした「凍み餅」を、油のひいたフライパンで焼き、お好みの味付けでいただきます。

たとえば、砂糖醤油やきな粉などのおやつ系から、醤油で甘辛く味をつけたり、ピザ用チーズを乗せてみたり、さらには生地をまとわせてドーナツのように揚げてみたり…。ごはん・おかず系のアレンジを楽しむご家庭も増えているようです。

おもてなし料理「豆腐餅」

会津のとくに湊地区に伝わる「豆腐餅」は、明治時代から伝わる伝統的なお餅料理のひとつ。水をきって荒くつぶした木綿豆腐を、油をひいたフライペンにかけ、砂糖・醤油・みりんで味をつけます。そこにちぎったお餅を入れれば完成!特別な日のおもてなし料理、ごちそうとして各家庭で食べられてきました。

近年では地元でも豆腐餅を味わう機会が減っているということで、伝統料理を残していくために、豆腐餅をメニューとして扱う食事処もできているそうです。

港地区ではそのほかに、お餅を揚げて食べる「揚げ餅」も特産として知られています。風味や食感を楽しむために、胡麻やくるみなどが入っている場合もあり、おかず系のお餅料理と思いきや、実際に食べてみると甘めの味わいなんですよ。

お餅料理のアレンジ豊かな福島県。お餅を食べる習慣があまりない地域にお住まいの方は驚かれるかもしれませんね。「凍み餅」に「凍豆腐」、一度味わってみてはいかがでしょうか。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


福島県

関連する投稿


会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

実は、アイスの消費量が全国第2位の福島市。アイス大好き福島っ子に愛される本格ジェラートを提供する「honey bee」は、素材にとことんこだわったくだもの屋さんが運営するお店です。旬なくだものと、福島の上質なミルクを使用したジェラートレシピは、なんと100種類以上!福島のおいしいさがぎゅっと詰まっています。


福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島県郡山市柳橋地区で毎年第3日曜日に開催されている「柳橋歌舞伎」。江戸時代から伝承されている伝統芸能で、役者から義太夫、衣装、三味線、音響、照明、化粧など、すべて住民が行っています。地域住民が一丸となって継承する、郡山市の重要無形民俗文化財にも指定された「柳橋歌舞伎」をご紹介します。


福島 |「相馬野馬追」、「ふくしま花火大会」…2018年福島の夏まつりまとめ

福島 |「相馬野馬追」、「ふくしま花火大会」…2018年福島の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「ふくしま花火大会」や「相馬野馬追」など、福島県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


福島 |「流しそうめん 吾妻庵」湧き水の豊かな恵みを味わう、ジャパニーズアウトドア!

福島 |「流しそうめん 吾妻庵」湧き水の豊かな恵みを味わう、ジャパニーズアウトドア!

福島県福島市に、本格的な流しそうめんが人気のお店「吾妻庵」があります。本物の滝を目の前にしながらいただく食べ放題の流しそうめんは、まるでアトラクションを体験しているようなおもしろさ!クレソンの天ぷらに、イワナやニジマスの塩焼きも絶品です。さらに釣りまで楽しめる、まさにジャパニーズアウトドアを満喫できるお店です。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。