福島 |「お正月とお餅のあれこれ」寒さから生まれたお餅文化

福島 |「お正月とお餅のあれこれ」寒さから生まれたお餅文化

日本における米どころのひとつ・福島県も、東北地方の県と同様、独自の伝統的なお餅文化が残っています。みなさんのお住まいのエリアでは、どんなお餅の食べ方がありますか?今回は、お正月には欠かせない「お雑煮」をはじめとする、福島県のお餅を中心とした食文化に迫ります。


貝柱、するめ、かつお出汁…エリアで違う会津のお雑煮

福島県内でも、お雑煮の食文化は地域によって異なります。たとえば会津市内では、平野部は貝柱、山間部などではするめやかつお出汁でつくるため、同じ会津に住んでいてもお雑煮の味わいが違ってきます。

とはいえ、出汁が異なるだけで具材や食べ方は大抵統一されています。人参やごぼうなど根菜、しいたけ、鶏肉、そして凍豆腐に角餅を入れたお雑煮が、一般的な福島のお雑煮ではないでしょうか。醤油ベースのスープが、具材をよりいっそう引き立ててくれます。

そもそも会津地方では「お雑煮」という名称ではなく、お餅をつゆに入れて食べることから「つゆもち」「こづゆ」と呼ばれています。「お雑煮」といわれるとしっくりこない方も多いのではないでしょうか。

「つゆもち」の1番のポイントである「凍豆腐」は江戸時代、福島・円通寺の住職が京都の高野山に赴いた際、「高野豆腐」を福島の気候にあわせてアレンジしてつくったもの。タンパク質、カルシウム、鉄分など栄養豊富な保存食として福島県民に愛されています。

寒さが生み出した食文化「凍み餅」

福島県で寒さが最も厳しいのは1月~2月下旬にかけて。この厳冬期を利用してつくられるのが、福島県を代表する保存食「凍み餅」です。

よもぎなどの山野草を練り込んだお餅を水に浸し凍らせ、ワラやヒモで編み込んで縛り、高いところから吊るします。寒風にあてて乾燥させたらできあがり。

食べ方といえば、冷水につけてもどした「凍み餅」を、油のひいたフライパンで焼き、お好みの味付けでいただきます。

たとえば、砂糖醤油やきな粉などのおやつ系から、醤油で甘辛く味をつけたり、ピザ用チーズを乗せてみたり、さらには生地をまとわせてドーナツのように揚げてみたり…。ごはん・おかず系のアレンジを楽しむご家庭も増えているようです。

おもてなし料理「豆腐餅」

会津のとくに湊地区に伝わる「豆腐餅」は、明治時代から伝わる伝統的なお餅料理のひとつ。水をきって荒くつぶした木綿豆腐を、油をひいたフライペンにかけ、砂糖・醤油・みりんで味をつけます。そこにちぎったお餅を入れれば完成!特別な日のおもてなし料理、ごちそうとして各家庭で食べられてきました。

近年では地元でも豆腐餅を味わう機会が減っているということで、伝統料理を残していくために、豆腐餅をメニューとして扱う食事処もできているそうです。

港地区ではそのほかに、お餅を揚げて食べる「揚げ餅」も特産として知られています。風味や食感を楽しむために、胡麻やくるみなどが入っている場合もあり、おかず系のお餅料理と思いきや、実際に食べてみると甘めの味わいなんですよ。

お餅料理のアレンジ豊かな福島県。お餅を食べる習慣があまりない地域にお住まいの方は驚かれるかもしれませんね。「凍み餅」に「凍豆腐」、一度味わってみてはいかがでしょうか。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


福島県

関連する投稿


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.2】南相馬発!長年愛される大人気ソウルフード

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.2】南相馬発!長年愛される大人気ソウルフード

「相馬野馬追」など独特の文化と伝統をもつ南相馬は、グルメもユニーク!福島特産の凍み餅をドーナツ生地で包んで揚げた「凍天」や、生クリームと懐かしいドレンチェリーがのぞく「よつわりパン」。さらに、60年以上の歴史がある「アイスまんじゅう」まで、どれも長年愛される南相馬のソウルフード!いまでは全国で人気の味をご紹介します。


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.1】南相馬ってどんなところ?

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.1】南相馬ってどんなところ?

福島県北部の海沿いに面する南相馬市は、世界一の馬の祭典ともいわれる「相馬野馬追」で有名な街。1,000年以上もの歴史があるお祭りは、地域住民の手で代々受け継がれているほか、馬と共に暮らし、街の至るところで馬が大切に育てられています。夜の森公園や小高神社など桜の名所も多く、自然が豊かで美しい南相馬をご紹介します。


喜多方 |「Crecer」子育てとオシャレ、両方楽しむ!子ども服と雑貨のお店

喜多方 |「Crecer」子育てとオシャレ、両方楽しむ!子ども服と雑貨のお店

福島県喜多方市にある「Crecer(クレセール)」は、レンガ造りのステキなお花屋さんの建物内に、美容室と併設された子ども服と雑貨のお店です。服飾を専門としてきた若いご夫婦で営むお店は、オシャレで厳選された子ども服と、ナチュラルな生活雑貨が並びます。キッズスペースもあり、お子さん連れでも安心のママにも人気のお店です。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!