山形 |「お正月とお餅のあれこれ」7県で唯一の丸餅!庄内雑煮

山形 |「お正月とお餅のあれこれ」7県で唯一の丸餅!庄内雑煮

恵まれた気候と風土の山形県は、明治時代から米づくりが盛んな農業王国!自慢のお米でつくるお餅は、格別なおいしさですよね。今回は、お正月に欠かせない「庄内雑煮」から「餅飲み」にいたるまで、山形の「餅文化」に迫ります。


7県で唯一の丸餅「庄内雑煮」

お雑煮のお餅は「角餅」と思われがちですが、山形県でも酒田市や鶴岡市あたりのお雑煮は「丸餅」が一般的。お雑煮に丸いお餅を入れるのは、東日本エリアでも山形県だけといわれています。

全国的に見ても、丸いお餅のお雑煮は西日本の食文化。では、なぜこの庄内エリアに限って、例外的に丸いお餅なのでしょうか。

実は江戸時代、庄内エリアは京都や大阪などの関西エリアから文化が流れてくる、西回りの航路をえがいていた北前船によって栄えた港町だったのだそう。そのため今もなお関西エリアの食文化の影響が残っているものと考えられています。

庄内雑煮は、わらび、こんにゃく、厚揚げまたは油揚げなどを具材に、醤油ベースのスープ、そして丸いお餅を入れていただきます。さらに鶏肉を入れるなど、アレンジはご家庭によってさまざま。このお正月、みなさんが食べたお餅は、角餅・丸餅のどちらでしたか?

赤ちゃんの1歳を祝う山形の風習「たったら餅」

赤ちゃんが1歳を迎える、山形県のお祝いの伝統行事といえば「たったら餅」。他県では「一升餅」または「一生餅」として広まっている風習ですが、山形県では「たったら餅」と呼んでいます。

通信販売などで注文しようと「たったら餅」と入力して検索してみても、「一升餅」ばかりが出てくるので、若い世代のパパ・ママは驚くかもしれませんね。

ほかにも、「背負餅(せおいもち)」「誕生もち」など、呼び方は地域や時代によって異なりますが、基本的には同じもの。

これから先の健やかな成長と“一生食べ物に困らないように”という願いを込めて一升のお餅をリュックや風呂敷などに入れます。そして、赤ちゃんの小さな背中に背負わせた状態で歩かせるのが基本です。

数歩だけ歩かせたり転ばせたり、その判断基準も地域によってまちまち。終了後は、お餅を切り餅にしていただきます。山形県内の一部地域ではこの風習がないため、初耳という方もいらっしゃるかもしれませんね。

「納豆餅」と餅飲み文化

宮城県などの他県でも親しまれている「納豆餅」は、山形県でも人気の食べ方。しかも山形県には「あんこ餅」などの多様な餅の食べ方があるにもかかわらず、上位に「納豆餅」がランクインするほど、ファンが多い餅グルメ!

さらに他県と違うポイントは、外食などの場合はラーメンとセットで食べられるところ!昔ながらのシンプルな醤油ラーメンの傍らに「納豆餅」がある光景は、山形を故郷にもつ他県住まいの方にとっては、懐かしさを感じるかもしれませんね。

大根おろしをしぼった汁とだし醤油、刻みねぎを乗せていただく納豆餅は、まさに山形伝統の味。また、「納豆餅」を飲むという食文化も存在します。

河北町の一部では、「餅を食べる人は粘り強く力持ちで、家や村、国を宝持ち(餅)にする」という考え方が古くから存在しているため、たくさんのつきたてのお餅でつくる「納豆餅」を次々と飲み干すように食べて見せる風習が残されています。ちなみに、納豆のねばり気と大根おろしのしぼり汁が潤滑の役割を果たし、「餅をのどごしで味わう」という醍醐味があるのだとか。

ご高齢パフォーマンス集団による「餅飲み」は、なかなかの迫力!ですが、鍛えられたパフォーマーの伝統芸なので、遊び半分で真似をしないようにしましょうね。

丸いお餅に納豆餅。山形県のおいしさが詰まったお餅文化を改めて見直してみると、より一層愛着が生まれるのではないでしょうか。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


山形県

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。