山形 |「お正月とお餅のあれこれ」7県で唯一の丸餅!庄内雑煮

山形 |「お正月とお餅のあれこれ」7県で唯一の丸餅!庄内雑煮

恵まれた気候と風土の山形県は、明治時代から米づくりが盛んな農業王国!自慢のお米でつくるお餅は、格別なおいしさですよね。今回は、お正月に欠かせない「庄内雑煮」から「餅飲み」にいたるまで、山形の「餅文化」に迫ります。


7県で唯一の丸餅「庄内雑煮」

お雑煮のお餅は「角餅」と思われがちですが、山形県でも酒田市や鶴岡市あたりのお雑煮は「丸餅」が一般的。お雑煮に丸いお餅を入れるのは、東日本エリアでも山形県だけといわれています。

全国的に見ても、丸いお餅のお雑煮は西日本の食文化。では、なぜこの庄内エリアに限って、例外的に丸いお餅なのでしょうか。

実は江戸時代、庄内エリアは京都や大阪などの関西エリアから文化が流れてくる、西回りの航路をえがいていた北前船によって栄えた港町だったのだそう。そのため今もなお関西エリアの食文化の影響が残っているものと考えられています。

庄内雑煮は、わらび、こんにゃく、厚揚げまたは油揚げなどを具材に、醤油ベースのスープ、そして丸いお餅を入れていただきます。さらに鶏肉を入れるなど、アレンジはご家庭によってさまざま。このお正月、みなさんが食べたお餅は、角餅・丸餅のどちらでしたか?

赤ちゃんの1歳を祝う山形の風習「たったら餅」

赤ちゃんが1歳を迎える、山形県のお祝いの伝統行事といえば「たったら餅」。他県では「一升餅」または「一生餅」として広まっている風習ですが、山形県では「たったら餅」と呼んでいます。

通信販売などで注文しようと「たったら餅」と入力して検索してみても、「一升餅」ばかりが出てくるので、若い世代のパパ・ママは驚くかもしれませんね。

ほかにも、「背負餅(せおいもち)」「誕生もち」など、呼び方は地域や時代によって異なりますが、基本的には同じもの。

これから先の健やかな成長と“一生食べ物に困らないように”という願いを込めて一升のお餅をリュックや風呂敷などに入れます。そして、赤ちゃんの小さな背中に背負わせた状態で歩かせるのが基本です。

数歩だけ歩かせたり転ばせたり、その判断基準も地域によってまちまち。終了後は、お餅を切り餅にしていただきます。山形県内の一部地域ではこの風習がないため、初耳という方もいらっしゃるかもしれませんね。

「納豆餅」と餅飲み文化

宮城県などの他県でも親しまれている「納豆餅」は、山形県でも人気の食べ方。しかも山形県には「あんこ餅」などの多様な餅の食べ方があるにもかかわらず、上位に「納豆餅」がランクインするほど、ファンが多い餅グルメ!

さらに他県と違うポイントは、外食などの場合はラーメンとセットで食べられるところ!昔ながらのシンプルな醤油ラーメンの傍らに「納豆餅」がある光景は、山形を故郷にもつ他県住まいの方にとっては、懐かしさを感じるかもしれませんね。

大根おろしをしぼった汁とだし醤油、刻みねぎを乗せていただく納豆餅は、まさに山形伝統の味。また、「納豆餅」を飲むという食文化も存在します。

河北町の一部では、「餅を食べる人は粘り強く力持ちで、家や村、国を宝持ち(餅)にする」という考え方が古くから存在しているため、たくさんのつきたてのお餅でつくる「納豆餅」を次々と飲み干すように食べて見せる風習が残されています。ちなみに、納豆のねばり気と大根おろしのしぼり汁が潤滑の役割を果たし、「餅をのどごしで味わう」という醍醐味があるのだとか。

ご高齢パフォーマンス集団による「餅飲み」は、なかなかの迫力!ですが、鍛えられたパフォーマーの伝統芸なので、遊び半分で真似をしないようにしましょうね。

丸いお餅に納豆餅。山形県のおいしさが詰まったお餅文化を改めて見直してみると、より一層愛着が生まれるのではないでしょうか。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


山形県

関連する投稿


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


山形 |「Atelier Momo」で季節の花々を使ったレッスンを体験!

山形 |「Atelier Momo」で季節の花々を使ったレッスンを体験!

山形市にある「Atelier Momo」は、季節の花々やドライフラワーを扱うほか、ブーケやリースなどをつくるレッスンを行なうフラワーアトリエです。レッスンは1回から参加できるので、気軽にチャレンジできます。大人向けの「花レッスン」だけでなく、0歳から12歳のお子さん向けの「花育クラス」も人気なんですよ。


舟形 |「マッシュルームスタンド舟形」で採れたてマッシュルームを好きなだけ

舟形 |「マッシュルームスタンド舟形」で採れたてマッシュルームを好きなだけ

山形県最上郡舟形町の「マッシュルームスタンド舟形」は、マッシュルーム農場の一角にあるマッシュルーム料理専門店。バラエティに富んだマッシュルームメニューが味わえるだけでなく、食事をオーダーするとスライスマッシュルームが食べ放題に!2017年春にオープンして以来、早くも休日には行列ができる人気店となっています。


鶴岡 |「化けものまつり(鶴岡天神祭)」顔を隠した“化けもの”が出没する華やかなお祭り

鶴岡 |「化けものまつり(鶴岡天神祭)」顔を隠した“化けもの”が出没する華やかなお祭り

学問の神様・菅原道真公を祀る鶴岡天満宮。レトロな洋館や歴史的建造物が残る城下町・鶴岡市を舞台に、例年5月に行なわれるのが「鶴岡天神祭」です。艶やかな手踊りやみこし行列でにぎわうなか、編み笠と手ぬぐいで顔を隠した“化けもの”が出没、道行く人に無言で酒を注ぐという奇祭は、別名「化けものまつり」。その不思議な祭りの由来とは?


山形 |「ランイベント特集」走って応援して盛り上がろう♪

山形 |「ランイベント特集」走って応援して盛り上がろう♪

野外スポーツを思いっきり楽しめる季節がやってきます。全国的にもスポーツイベントが増えるシーズンですので、お子さんを連れてスポーツ観戦にでかけるのも楽しそうですね。今回は、山形県内で4月~5月に開催されるランイベントをご紹介します。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!