山形 |「Forest inn SANGORO」ゲレンデの真ん中!標高約1,300メートルに建つ蔵王の山小屋

山形 |「Forest inn SANGORO」ゲレンデの真ん中!標高約1,300メートルに建つ蔵王の山小屋

スキー&雪遊びのシーズンが到来!蔵王温泉スキー場は、世界でも限られた地域でしか見られない自然の造形美・樹氷で知られています。スキー場中腹にあるロッジ兼宿泊施設「Forest inn SANGORO」(フォレストインサンゴロウ)に宿泊して、蔵王の大自然を満喫してみませんか?


大きな三角屋根のロッジ兼宿泊施設は、中央ゲレンデのシンボル

山の自然な形を活かした12本のコースと14ものゲレンデがある東北を代表するスキーリゾートのひとつ、蔵王温泉スキー場。スノースポーツにぴったりの良質のパウダースノーは、多くのスキーヤーやボーダーを魅了しています。そして蔵王といえば、「スノーモンスター」と呼ばれる自然がつくる芸術・樹氷で世界的にも有名。

スキー場山頂の樹氷原では、ダイナミックな樹氷の群生も見られ、シーズンの2月を中心に、52日間にわたり樹氷ライトアップも行なわれます。そんな魅力あふれる蔵王温泉スキー場内の中腹に建つ、スキーロッジ兼宿泊施設「Forest inn SANGORO」が人気を集めています。

「Forest inn SANGORO」は、中央ゲレンデにある大きな三角屋根が目印の6階建ての山小屋。標高約1,300メートルに位置し、ゲレンデまでは徒歩0分。建物の周辺では、霧氷にきらめくブナ林や、早朝にはダイヤモンドダストも頻繁に見られます。スノースポーツはもちろん、蔵王の大自然を楽しめる絶好のロケーションです。

山の中だからこそ、蔵王で特別な体験を!

目の前がゲレンデの「Forest inn SANGORO」では、その大自然の立地を活かし、宿泊者限定で「ファーストトラックサービス」を実施。スキー場のリフトが動く前に、朝一番に圧雪したばかりのゲレンデを滑走することができます。澄んだ空気の中、白銀の世界のパウダースノーを誰よりもはやく滑るのは贅沢ですね。

また、4月には雪が残る蔵王を歩く「スノーシュートレッキング」を開催。蔵王連峰の絶景を眺め、山頂ではコーヒーブレイクも楽しめます。スノーシューはレンタルも行なっています。

本格料理を楽しみ、くつろぎ空間でリラックス

スノースポーツや樹氷鑑賞など、雪山を存分に楽しんだあとは、「Forest inn SANGORO」でおいしいくつろぎタイムを。築40年の建物は、4年前にリノベーション。木を活かしたレトロな空間に、シャンデリアなどゴージャスなインテリアも取り入れたステキな雰囲気。館内をやさしくあたためる暖炉や薪ストーブのゆらゆら揺れる火を眺めながら、ゆっくりとした時間を過ごせます。

「Forest inn SANGORO」は料理にも力を入れています。宿泊料金は1泊朝食付きが基本で、夕食はオプションで好きなメニューを自由に選べるスタイル。蔵王産鴨の鍋膳やBIGステーキプラン、ジンギスカン食べ放題など、プランやメニューが多彩。パンを器にしたクラムチャウダーやムール貝の白ワイン蒸しなど、お酒にあわせたい一品メニューもそろっています。

また、宿泊者は滞在中ドリップコーヒーやジュースなどソフトドリンクをいつでも無料で飲めます。目覚めの一服やゲレンデ帰りの冷えた体にうれしいサービスですね。

木を基調としたウッディなぬくもりあふれる客室は、シングルルームからグループルームまであり、全室ダブルベッドを備えています。窓越しに広がる雪山の風景にも癒やされます。

蔵王温泉スキー場の中央ゲレンデ内にある「Forest inn SANGORO」までは、中央ロープウェイを利用して鳥兜駅へ。ロープウェイに乗る前に連絡をすると、駅まで雪上車などで送迎してくれます。

アクセスは便利ではありませんが、山の中だからこそ蔵王の大自然をまるごと感じることができる「Forest inn SANGORO」を訪ね、冬を楽しんでみませんか?

「Forest inn SANGORO」をめいっぱい楽しむ!ななびチェック!

薪ストーブであたたまりながら読書タイム

薪ストーブとソファが配されたラウンジは宿泊客の団らんスペース。本棚にはたくさんの小説や写真集、洋書などがそろいます。また、ビリヤードも自由に楽しめます。

自由に使える!ワックスルーム

スキーやボードを快適に楽しんでもらえるようにと、各ワックスやチューンナップ用品をそろえたワックスルームを完備。

夏は山小屋カフェに!

冬はスノースポーツを楽しむ人の利用が多い「Forest inn SANGORO」。グリーンシーズンになると模様替えされ、山小屋カフェとして営業。夏も涼しく避暑にもオススメ。

「Forest inn SANGORO」について詳しくはこちら

関連する投稿


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。




鶴岡 |「HOUSE清川屋」ショッピングもイベントも楽しめる!新感覚の体験型みやげ店

鶴岡 |「HOUSE清川屋」ショッピングもイベントも楽しめる!新感覚の体験型みやげ店

山形県鶴岡市の「清川屋」といえば、創業350年を超える老舗のみやげ店。山形県内に9つの店舗を構え、なかでも「HOUSE清川屋」は、ユニークなコンセプトをもった新感覚の店舗です。さまざまな仕掛けのある店内で、ショッピングはもちろん食にまつわるイベントも楽しめるんですよ。


尾花沢 |「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」冬のアクティビティを満喫しよう!

尾花沢 |「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」冬のアクティビティを満喫しよう!

山形県尾花沢市で冬に行なわれる「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」は、エアボードやスノーストライダーを使った雪遊びやスノーモービル体験など、冬の楽しみが一度に体験できるイベントです。2019年は2月23日(土)・24日(日)に開催。冬だからこそ楽しめるアクティビティ体験や、幻想的な雪景色を見に訪れてみませんか。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。