山形 |「Forest inn SANGORO」ゲレンデの真ん中!標高約1,300メートルに建つ蔵王の山小屋

山形 |「Forest inn SANGORO」ゲレンデの真ん中!標高約1,300メートルに建つ蔵王の山小屋

スキー&雪遊びのシーズンが到来!蔵王温泉スキー場は、世界でも限られた地域でしか見られない自然の造形美・樹氷で知られています。スキー場中腹にあるロッジ兼宿泊施設「Forest inn SANGORO」(フォレストインサンゴロウ)に宿泊して、蔵王の大自然を満喫してみませんか?


大きな三角屋根のロッジ兼宿泊施設は、中央ゲレンデのシンボル

山の自然な形を活かした12本のコースと14ものゲレンデがある東北を代表するスキーリゾートのひとつ、蔵王温泉スキー場。スノースポーツにぴったりの良質のパウダースノーは、多くのスキーヤーやボーダーを魅了しています。そして蔵王といえば、「スノーモンスター」と呼ばれる自然がつくる芸術・樹氷で世界的にも有名。

スキー場山頂の樹氷原では、ダイナミックな樹氷の群生も見られ、シーズンの2月を中心に、52日間にわたり樹氷ライトアップも行なわれます。そんな魅力あふれる蔵王温泉スキー場内の中腹に建つ、スキーロッジ兼宿泊施設「Forest inn SANGORO」が人気を集めています。

「Forest inn SANGORO」は、中央ゲレンデにある大きな三角屋根が目印の6階建ての山小屋。標高約1,300メートルに位置し、ゲレンデまでは徒歩0分。建物の周辺では、霧氷にきらめくブナ林や、早朝にはダイヤモンドダストも頻繁に見られます。スノースポーツはもちろん、蔵王の大自然を楽しめる絶好のロケーションです。

山の中だからこそ、蔵王で特別な体験を!

目の前がゲレンデの「Forest inn SANGORO」では、その大自然の立地を活かし、宿泊者限定で「ファーストトラックサービス」を実施。スキー場のリフトが動く前に、朝一番に圧雪したばかりのゲレンデを滑走することができます。澄んだ空気の中、白銀の世界のパウダースノーを誰よりもはやく滑るのは贅沢ですね。

また、4月には雪が残る蔵王を歩く「スノーシュートレッキング」を開催。蔵王連峰の絶景を眺め、山頂ではコーヒーブレイクも楽しめます。スノーシューはレンタルも行なっています。

本格料理を楽しみ、くつろぎ空間でリラックス

スノースポーツや樹氷鑑賞など、雪山を存分に楽しんだあとは、「Forest inn SANGORO」でおいしいくつろぎタイムを。築40年の建物は、4年前にリノベーション。木を活かしたレトロな空間に、シャンデリアなどゴージャスなインテリアも取り入れたステキな雰囲気。館内をやさしくあたためる暖炉や薪ストーブのゆらゆら揺れる火を眺めながら、ゆっくりとした時間を過ごせます。

「Forest inn SANGORO」は料理にも力を入れています。宿泊料金は1泊朝食付きが基本で、夕食はオプションで好きなメニューを自由に選べるスタイル。蔵王産鴨の鍋膳やBIGステーキプラン、ジンギスカン食べ放題など、プランやメニューが多彩。パンを器にしたクラムチャウダーやムール貝の白ワイン蒸しなど、お酒にあわせたい一品メニューもそろっています。

また、宿泊者は滞在中ドリップコーヒーやジュースなどソフトドリンクをいつでも無料で飲めます。目覚めの一服やゲレンデ帰りの冷えた体にうれしいサービスですね。

木を基調としたウッディなぬくもりあふれる客室は、シングルルームからグループルームまであり、全室ダブルベッドを備えています。窓越しに広がる雪山の風景にも癒やされます。

蔵王温泉スキー場の中央ゲレンデ内にある「Forest inn SANGORO」までは、中央ロープウェイを利用して鳥兜駅へ。ロープウェイに乗る前に連絡をすると、駅まで雪上車などで送迎してくれます。

アクセスは便利ではありませんが、山の中だからこそ蔵王の大自然をまるごと感じることができる「Forest inn SANGORO」を訪ね、冬を楽しんでみませんか?

「Forest inn SANGORO」をめいっぱい楽しむ!ななびチェック!

薪ストーブであたたまりながら読書タイム

薪ストーブとソファが配されたラウンジは宿泊客の団らんスペース。本棚にはたくさんの小説や写真集、洋書などがそろいます。また、ビリヤードも自由に楽しめます。

自由に使える!ワックスルーム

スキーやボードを快適に楽しんでもらえるようにと、各ワックスやチューンナップ用品をそろえたワックスルームを完備。

夏は山小屋カフェに!

冬はスノースポーツを楽しむ人の利用が多い「Forest inn SANGORO」。グリーンシーズンになると模様替えされ、山小屋カフェとして営業。夏も涼しく避暑にもオススメ。

「Forest inn SANGORO」について詳しくはこちら

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。