秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

みなさんのご家庭でお餅を食べる機会は、1年にどれくらいありますか?よくお餅を食べるのはお正月ですが、それ以外にも日本の伝統行事などにはお餅つきもの。今回は、秋田のお雑煮やお餅についてお届けします。


“北限のフグ”で出汁をとる「男鹿雑煮」

「男鹿雑煮」といえば、男鹿市名産のハタハタを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はハタハタではなく、フグで出汁をとるお雑煮なんです。秋田県は、フグ漁ができる北限の地ですから、“北限のフグ”として隠れた人気を誇っているんですよね。

地域によっては、お雑煮にはフグではなく焼いたアジを使うところもあります。具材はごぼうや長ねぎ、ワカメなどの海藻。そして角餅を入れていただきます。

スープは醤油ベースの「すまし汁」に仕上げますが、日本三大魚醤のひとつで秋田名産でもある「しょっつる」で味付けをする地域も!

江戸時代からつくられている伝統の調味料・秋田しょっつるは、原料はハタハタだけで余計なものは一切加えない魚醤です。

魚醤というとニオイが気になるという方も多いと思いますが、このハタハタだけで仕込んだ秋田しょっつるは、ほかの魚醤と比べてニオイが少ないのが特徴。火にかけることで塩気もまろやかになり、旨味の深いすまし汁のお雑煮になります。

さらに、秋田県内でも能代などの一部地域では比内地鶏をふんだんに使った鶏ガラスープと「きりたんぽ」を使ったお雑煮も。同じ秋田県でも、地域によって異なる食文化、おもしろいですね。

秋田のお餅は食べ方がさまざま!

お餅を日常的に食べるという文化は全国的に減ってきているようですが、秋田の農村エリアでは変わらずにお餅の食文化が根付いています。

秋田らしい文化といえば、干したり蒸したりと、味付けの違いだけではないバリエーションが多いこと。

たとえば、しそやかぼちゃなどを利用して色付けた均等サイズのお餅をワラなどで編み込み、吊るして乾燥させる「干し餅」、同じく吊るして凍らせる「凍り餅」は秋田全域にある文化。乾燥後はそのまま食べたり、焼いてから砂糖醤油をつけて食べたりと、思い思いの食べ方ができます。

端午の節句などの機会に各ご家庭でつくる行事食「笹巻き」や県南部で多く食べられる、型に流し込んで固めてつくる「ゆべし」・「花みそ」は、秋田のなかでも地域の特色が色濃く出る餅料理ですね。おいしいお米が自慢の土地だからこそ、生き続けている文化でしょう。

残ったお餅はこうして食べる!?全国に広めたい「バター餅」

さまざまなお餅グルメがある秋田ですが、その食べ方のなかでもぜひ他県のみなさんにも試していただきたいのが「バター餅」。北秋田市で長い歴史のある、昔ながらのおやつなんです。

おみやげ屋さんなどにも伝承菓子として置いてありますが、基本的には各家庭で手づくりする日常的なおやつ。実は、特別な材料がなくても、お正月で余ったお餅があれば手軽につくれます。代表的な作り方をご紹介しますので、試してみてくださいね。

「バター餅」の作り方

■材料
・切り餅 3~4個
★卵黄 1個
★砂糖 25グラム
★塩 少々
★バター 10~15グラム
・片栗粉 15グラム程度
※打ち粉用の片栗粉は別で用意

① 耐熱皿に切り餅を並べ、餅に対して1/4ほどのかさの水を入れたら、600ワットのレンジで1分30秒~2分ほど加熱して柔らかくします。

② 柔らかくなったら、水は取り除いてからとろとろになるようにスプーンなどで崩し、★の材料を加えて混ぜます。

③ 片栗粉を入れてさらによく混ぜたら生地の完成。打ち粉を広げたまな板などで形を整えます。

④ 室温で冷まし、切り分けたら「バター餅」のできあがり!

柔らかいお餅の素朴な甘さに、秋田県外の方もきっとハマってしまうことでしょう。冬休みが終わったお子さんたちのおやつにもオススメです。ぜひ、お試しください。

みなさんの地元では、どんなお餅の食べ方が主流でしょうか。他にも地域ごとに、お餅の楽しみ方があるかもしれませんね。お米とともに、お餅の文化も子どもたちに伝えていきたいものです。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


秋田県

関連する投稿


秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

まだまだ寒いシーズンが続きますね。あったかいお部屋でのんびり過ごすのもいいですが、たまにはおでかけもよいもの。今回は、お子さんと一緒に楽しみたい秋田県内のスケートリンク場をご紹介します。


横手 |「横手の雪まつり」で冬の“あったか”体験をしよう

横手 |「横手の雪まつり」で冬の“あったか”体験をしよう

雪でつくった社に水神様を祀る横手の「かまくら」は、約450年もの歴史を誇る小正月行事。2018年もたくさんのかまくらが街に並びます。さらに、豪華な頭飾りが特徴の「ぼんでん」を奉納する神事も開催。今回は、心温まるかまくら体験や熱気あふれるぼんでんなど、冬の寒さを吹き飛ばす「横手の雪まつり」をガイドします。


大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

毎年2月の第2土・日曜に開催される「大館アメッコ市」は、大館の冬に欠かせない恒例行事。会場となる「おおまちハチ公通り」には、枝アメやきりたんぽ、比内地鶏の焼き鳥などを販売する露店が並び、県内をはじめ全国から多くの観光客が訪れます。今年は2月10日(土)、11日(日)に開催。会場でアメを食べておいしく邪気を払いましょう!


大館 |「比内とりの市」で、おいしい比内地鶏に感謝し味わう2日間

大館 |「比内とりの市」で、おいしい比内地鶏に感謝し味わう2日間

秋田県大館市比内町の代名詞といえば、濃厚な旨みと歯ごたえが特徴の比内地鶏。本場のきりたんぽ鍋にも欠かせない食材です。そんな比内地鶏をメインに、地場食材を食べて買って楽しむ「比内とりの市」が1月27日(土)・28日(日)の2日間比内町で開催されます。毎年多くの人でにぎわうイベントの見どころや楽しみ方をご紹介します。


秋田 |「雪の動物園」2ヶ月間限定オープン!冬の動物たちに会いに行こう

秋田 |「雪の動物園」2ヶ月間限定オープン!冬の動物たちに会いに行こう

寒い日、雪が降った日、動物たちはどう過ごして、どんな表情を見せるのでしょう。秋田市の「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」で2018年1月6日(土)~2月25日(日)の土・日・祝日に開催される「雪の動物園」は、この時期ならではのユニークなイベントです。普段とは違う動物の姿をじっくり観察してください。


最新の投稿


秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

まだまだ寒いシーズンが続きますね。あったかいお部屋でのんびり過ごすのもいいですが、たまにはおでかけもよいもの。今回は、お子さんと一緒に楽しみたい秋田県内のスケートリンク場をご紹介します。


塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

古くから港町として栄え、生まぐろの水揚げ量では全国トップクラスを誇る塩竈市。観光客はもちろんファミリーのおでかけスポットとしても人気なのが、三陸の海の幸を使ったせんべいの専門店「海鮮せんべい塩竈」です。焼きたてのせんべいを味わえるほか、せんべいの工場見学や手づくり体験が楽しめますよ。


郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

福島県郡山市にある複合施設「暮らしづくりビレッジ」は、ベーグルとコーヒーの専門店と、日本初のママ向けの民間型ハローワーク、キッズスペース付きのイベントスペースが好評の施設。街の憩いの場のような施設では、ママたちのスキルアップや趣味など、暮らしを充実させるさまざまなイベントが開かれ、毎回人気を呼んでいます。


西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

冬真っ盛りの山形で開催される「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」。2018年2月23日(金)~25(日)までと、3月2日(金)~3月4日(日) までの6日間、雪旅籠のやわらかな灯りに照らされる月山志津温泉の温泉街は、多彩なイベントでにぎわいます。わくわくがいっぱいの「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」の楽しみ方をご紹介します。


石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

海沿いの街・石巻市には、そのロケーションを活かしたステキな古民家カフェがたくさん。ノスタルジックな雰囲気のなか、海を眺めながらのんびりしたり、地場産の食材を使ったジビエなどのメニューを味わったりと、石巻市らしいゆったりとしたカフェタイムを過ごしてみませんか。