秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

みなさんのご家庭でお餅を食べる機会は、1年にどれくらいありますか?よくお餅を食べるのはお正月ですが、それ以外にも日本の伝統行事などにはお餅つきもの。今回は、秋田のお雑煮やお餅についてお届けします。


“北限のフグ”で出汁をとる「男鹿雑煮」

「男鹿雑煮」といえば、男鹿市名産のハタハタを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はハタハタではなく、フグで出汁をとるお雑煮なんです。秋田県は、フグ漁ができる北限の地ですから、“北限のフグ”として隠れた人気を誇っているんですよね。

地域によっては、お雑煮にはフグではなく焼いたアジを使うところもあります。具材はごぼうや長ねぎ、ワカメなどの海藻。そして角餅を入れていただきます。

スープは醤油ベースの「すまし汁」に仕上げますが、日本三大魚醤のひとつで秋田名産でもある「しょっつる」で味付けをする地域も!

江戸時代からつくられている伝統の調味料・秋田しょっつるは、原料はハタハタだけで余計なものは一切加えない魚醤です。

魚醤というとニオイが気になるという方も多いと思いますが、このハタハタだけで仕込んだ秋田しょっつるは、ほかの魚醤と比べてニオイが少ないのが特徴。火にかけることで塩気もまろやかになり、旨味の深いすまし汁のお雑煮になります。

さらに、秋田県内でも能代などの一部地域では比内地鶏をふんだんに使った鶏ガラスープと「きりたんぽ」を使ったお雑煮も。同じ秋田県でも、地域によって異なる食文化、おもしろいですね。

秋田のお餅は食べ方がさまざま!

お餅を日常的に食べるという文化は全国的に減ってきているようですが、秋田の農村エリアでは変わらずにお餅の食文化が根付いています。

秋田らしい文化といえば、干したり蒸したりと、味付けの違いだけではないバリエーションが多いこと。

たとえば、しそやかぼちゃなどを利用して色付けた均等サイズのお餅をワラなどで編み込み、吊るして乾燥させる「干し餅」、同じく吊るして凍らせる「凍り餅」は秋田全域にある文化。乾燥後はそのまま食べたり、焼いてから砂糖醤油をつけて食べたりと、思い思いの食べ方ができます。

端午の節句などの機会に各ご家庭でつくる行事食「笹巻き」や県南部で多く食べられる、型に流し込んで固めてつくる「ゆべし」・「花みそ」は、秋田のなかでも地域の特色が色濃く出る餅料理ですね。おいしいお米が自慢の土地だからこそ、生き続けている文化でしょう。

残ったお餅はこうして食べる!?全国に広めたい「バター餅」

さまざまなお餅グルメがある秋田ですが、その食べ方のなかでもぜひ他県のみなさんにも試していただきたいのが「バター餅」。北秋田市で長い歴史のある、昔ながらのおやつなんです。

おみやげ屋さんなどにも伝承菓子として置いてありますが、基本的には各家庭で手づくりする日常的なおやつ。実は、特別な材料がなくても、お正月で余ったお餅があれば手軽につくれます。代表的な作り方をご紹介しますので、試してみてくださいね。

「バター餅」の作り方

■材料
・切り餅 3~4個
★卵黄 1個
★砂糖 25グラム
★塩 少々
★バター 10~15グラム
・片栗粉 15グラム程度
※打ち粉用の片栗粉は別で用意

① 耐熱皿に切り餅を並べ、餅に対して1/4ほどのかさの水を入れたら、600ワットのレンジで1分30秒~2分ほど加熱して柔らかくします。

② 柔らかくなったら、水は取り除いてからとろとろになるようにスプーンなどで崩し、★の材料を加えて混ぜます。

③ 片栗粉を入れてさらによく混ぜたら生地の完成。打ち粉を広げたまな板などで形を整えます。

④ 室温で冷まし、切り分けたら「バター餅」のできあがり!

柔らかいお餅の素朴な甘さに、秋田県外の方もきっとハマってしまうことでしょう。冬休みが終わったお子さんたちのおやつにもオススメです。ぜひ、お試しください。

みなさんの地元では、どんなお餅の食べ方が主流でしょうか。他にも地域ごとに、お餅の楽しみ方があるかもしれませんね。お米とともに、お餅の文化も子どもたちに伝えていきたいものです。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


秋田県

関連する投稿


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

秋田県南部の日本海に面した街・由利本荘市にある「自然食堂パドマーニー」は、地元産の有機野菜を使った総菜や発酵熟成玄米が味わえるレストラン。カラダにやさしいメニューにこだわり、調味料もオーガニックのものを使っています。店内は広々としているので、お子さん連れでも安心ですよ。


男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿といえば「なまはげ」が全国的に有名です。なまはげとは山に棲む神様の化身で、大晦日の夜に「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら家々を回る男鹿の伝統行事。2018年の冬には「来訪神行事」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産に登録される予定です。今回はなまはげを体験できる施設やなまはげ立像など、なまはげスポットをご紹介!


五城目 |「ただのあそび場ゴジョーメ」お子さん自身が遊びを生み出す!好奇心をくすぐるプレイスポット

五城目 |「ただのあそび場ゴジョーメ」お子さん自身が遊びを生み出す!好奇心をくすぐるプレイスポット

最近お子さんと一緒に思いきり遊べていますか?近ごろは遊びにさまざまな制約が設けられるなど、遊びの環境が以前と比べ少し窮屈になっています。そんな状況を変えようとオープンしたのが、秋田県五城目町の「ただのあそび場ゴジョーメ」。一歩足を踏み入れればワクワクが止まらない、たくさんの魅力がつまった遊び場にさっそく出かけましょう。


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。