秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

みなさんのご家庭でお餅を食べる機会は、1年にどれくらいありますか?よくお餅を食べるのはお正月ですが、それ以外にも日本の伝統行事などにはお餅つきもの。今回は、秋田のお雑煮やお餅についてお届けします。


“北限のフグ”で出汁をとる「男鹿雑煮」

「男鹿雑煮」といえば、男鹿市名産のハタハタを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はハタハタではなく、フグで出汁をとるお雑煮なんです。秋田県は、フグ漁ができる北限の地ですから、“北限のフグ”として隠れた人気を誇っているんですよね。

地域によっては、お雑煮にはフグではなく焼いたアジを使うところもあります。具材はごぼうや長ねぎ、ワカメなどの海藻。そして角餅を入れていただきます。

スープは醤油ベースの「すまし汁」に仕上げますが、日本三大魚醤のひとつで秋田名産でもある「しょっつる」で味付けをする地域も!

江戸時代からつくられている伝統の調味料・秋田しょっつるは、原料はハタハタだけで余計なものは一切加えない魚醤です。

魚醤というとニオイが気になるという方も多いと思いますが、このハタハタだけで仕込んだ秋田しょっつるは、ほかの魚醤と比べてニオイが少ないのが特徴。火にかけることで塩気もまろやかになり、旨味の深いすまし汁のお雑煮になります。

さらに、秋田県内でも能代などの一部地域では比内地鶏をふんだんに使った鶏ガラスープと「きりたんぽ」を使ったお雑煮も。同じ秋田県でも、地域によって異なる食文化、おもしろいですね。

秋田のお餅は食べ方がさまざま!

お餅を日常的に食べるという文化は全国的に減ってきているようですが、秋田の農村エリアでは変わらずにお餅の食文化が根付いています。

秋田らしい文化といえば、干したり蒸したりと、味付けの違いだけではないバリエーションが多いこと。

たとえば、しそやかぼちゃなどを利用して色付けた均等サイズのお餅をワラなどで編み込み、吊るして乾燥させる「干し餅」、同じく吊るして凍らせる「凍り餅」は秋田全域にある文化。乾燥後はそのまま食べたり、焼いてから砂糖醤油をつけて食べたりと、思い思いの食べ方ができます。

端午の節句などの機会に各ご家庭でつくる行事食「笹巻き」や県南部で多く食べられる、型に流し込んで固めてつくる「ゆべし」・「花みそ」は、秋田のなかでも地域の特色が色濃く出る餅料理ですね。おいしいお米が自慢の土地だからこそ、生き続けている文化でしょう。

残ったお餅はこうして食べる!?全国に広めたい「バター餅」

さまざまなお餅グルメがある秋田ですが、その食べ方のなかでもぜひ他県のみなさんにも試していただきたいのが「バター餅」。北秋田市で長い歴史のある、昔ながらのおやつなんです。

おみやげ屋さんなどにも伝承菓子として置いてありますが、基本的には各家庭で手づくりする日常的なおやつ。実は、特別な材料がなくても、お正月で余ったお餅があれば手軽につくれます。代表的な作り方をご紹介しますので、試してみてくださいね。

「バター餅」の作り方

■材料
・切り餅 3~4個
★卵黄 1個
★砂糖 25グラム
★塩 少々
★バター 10~15グラム
・片栗粉 15グラム程度
※打ち粉用の片栗粉は別で用意

① 耐熱皿に切り餅を並べ、餅に対して1/4ほどのかさの水を入れたら、600ワットのレンジで1分30秒~2分ほど加熱して柔らかくします。

② 柔らかくなったら、水は取り除いてからとろとろになるようにスプーンなどで崩し、★の材料を加えて混ぜます。

③ 片栗粉を入れてさらによく混ぜたら生地の完成。打ち粉を広げたまな板などで形を整えます。

④ 室温で冷まし、切り分けたら「バター餅」のできあがり!

柔らかいお餅の素朴な甘さに、秋田県外の方もきっとハマってしまうことでしょう。冬休みが終わったお子さんたちのおやつにもオススメです。ぜひ、お試しください。

みなさんの地元では、どんなお餅の食べ方が主流でしょうか。他にも地域ごとに、お餅の楽しみ方があるかもしれませんね。お米とともに、お餅の文化も子どもたちに伝えていきたいものです。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


秋田県

関連する投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

秋田 |「ならやま日曜はしご市」ユニークなお店をはしごしながら街歩き!

毎月最終日曜に秋田市楢山地区で開催される「ならやま日曜はしご市」をご存じでしょうか?地区内にあるお店の“はしご”と街歩きを一度に楽しむ、楢山では恒例のイベントです。ユニークなのは、イベントに参加する各店が“その日だけ”の商品を販売すること。今月は何があるのかな?と、ワクワクしながらおでかけしましょう。


秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

秋田 |「R table」品質保証!健やかな秋田米の魅力を味わえるカフェ

近年、「おいしいお米」が注目されています。各地で新ブランド米が続々リリースされ、その特性に詳しい「お米マイスター」の活躍も目立ちます。昔からの米どころである秋田県でも、それを受け「さらにおいしいお米づくり」に取り組む農家が増えてきました。今回はそんな秋田米にこだわり、お米を使ったメニューを提供するカフェをご紹介します。


小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

小坂 |「小坂鉄道レールパーク」で、観る・遊ぶ・泊まる体験!

秋田県小坂町の「小坂鉄道レールパーク」は、かつて使われていた施設や線路を使ってさまざまなレール遊びが体験できる、全国でも珍しいレールミュージアム。冬季休業を経て、4月から2018年度の営業がはじまりました。子どもから大人まで楽しめて寝台列車にも宿泊できるこちらの施設。見どころを押さえて家族そろっておでかけください。


横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

横手 |「真人公園さくらまつり」と「たらいこぎ競争」で増田名物を満喫

リンゴをはじめとする農産物や、ノスタルジックなまち並みで知られる秋田県横手市増田町。春になると、観光スポットの「真人公園(まとこうえん)」には、約2,000本もの桜が咲き誇ります。2018年は4月22日(日)~5月5日(土・祝)に「真人公園さくらまつり」を、4月29日(日・祝)に毎年恒例の「たらいこぎ競争」を開催!


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!