弘前 |「りんご公園ウィンターフェスティバル」家族みんなでりんごと雪を満喫!

弘前 |「りんご公園ウィンターフェスティバル」家族みんなでりんごと雪を満喫!

青森県弘前市にある「弘前市りんご公園」は、約80種類ものりんごが実る施設。おなじみの品種から珍しい品種までが実り、生産体験や園路の散策などができます。遊びや食事、買い物が1年中楽しめる「りんご公園」ですが、今回は家族と雪で遊べる冬の恒例イベント「りんご公園ウィンターフェスティバル」をたっぷりとご紹介します!


全身で雪を満喫できる雪上アクティビティ

2018年1月27日(土)~28日(日)に「弘前市りんご公園」で開催される「りんご公園ウィンターフェスティバル」では、おもいっきり体を動かして雪を満喫できる内容が盛りだくさん!

特にお子さんに人気なのは、岩木山を見渡せるすり鉢山展望台を滑る、雪の巨大なすべり台。雪の壁に沿うようにカーブとスピードを感じながら滑るのは、なかなかスリルがあります。

すべり台で遊ぶためのソリやタイヤチューブは無料貸し出しされていて、冬期間はいつでも無料で借りることができます。何度遊びに行ってもお財布にやさしいのがうれしいポイント。

また、「プチSASUKE」という、さまざまな障害物をクリアしてゴールを目指すアクティビティも人気。網状になったロープをよじ登ったり、正座で乗ったソリを手で漕いだりと、全身を使って進むので達成感が味わえます。

ほかにも、雪上ビーチフラッグやストラックアウトなど、競技系の遊びがたくさん用意されています。ついつい夢中になってしまうかもしれませんね。

小さいお子さんも楽しめる遊びが充実!

小さいお子さんも一緒にウィンターフェスティバルを楽しみたいというご家族には、雪だるまづくりなどの遊びがオススメ。手のひらサイズの小さいものや、お子さんの背丈ほどのちょっと大きいものまで、たくさんつくって遊ぶことができるのも、広い会場ならでは。

完成した雪だるまと一緒に撮影をするのも、記念になりますね。今年は、雪だるまづくりがパワーアップした「雪像づくり」も登場!事前予約の方が優先になるので、予約をお忘れなく。

ほかにも、スノーシューを履いてりんご畑でオリエンテーリングをしたり、○×クイズに参加したりと競技系以外の遊びも充実しているので、小さいお子さんでものびのび遊べるのがうれしいですね。

家族みんなでワイワイできる「製作体験」

たくさん体を動かしたあと、ちょっとゆっくりしたいというときには、りんご公園らしい製作体験はいかがですか?

期間中は、1日100名限定で焼きりんご製作体験ができます。しかも無料でつくって食べられるんです!りんごの芯をくりぬいて中にマシュマロを詰めたら、あとはスタッフさんが加熱してくれるので、火を使わずに済んで安心。じっくり温めてできあがったアツアツトロトロの焼きりんごは、寒い外で食べるとおいしさもひとしお。

室内で温まりたいという方は、「農家住宅」で親子クラフトがオススメ。りんごの木の枝などを使った簡単クラフト体験を家族みんなで楽しめます。できあがったものは、ウィンターフェスティバルの思い出として持ち帰ってくださいね。

遊び以外にもお楽しみポイントがたくさん!

「りんご公園ウィンターフェスティバル」では、たくさん遊べば遊ぶほどうれしい「おたのしみ抽選会」が行われます。会場内で行われている遊びに参加するたび全3色の抽選補助券がもらえて、3色集めて1回抽選をすると、アップルパイやジュース、お菓子などの景品が手に入ります。

「旨いものコーナー」では、郷土料理のけの汁をはじめ、大きなこんにゃくのおでん、山菜そばなど冷えた体を温めるのにぴったりなグルメがたくさん。1メートルの巨大アップルパイの実演販売などがあり、見応えも食べごたえも抜群です。

もちろん「りんごの家」の軽食コーナーも利用できます。りんごを使ったさまざまなオリジナルメニューを提供していて、「りんごカツカレー」、「りんごの冷製スープ」、「りんごソフトクリーム」、「タルト・タタン」などのほかに、4~11月限定で「りんごラーメン」なども!

セットのサラダにもりんごが添えられていたりと、りんご尽くしのメニューがずらり。ぜひここだけの味を堪能してみてくださいね。

りんごと雪を同時に堪能できる「りんご公園ウィンターフェスティバル」。りんごの郷「弘前市りんご公園」ならではの冬の楽しみ方を、ご家族で満喫してみてはいかがですか?

「弘前市りんご公園」の魅力をもっと知ろう!ななびチェック!

もぎとりだけじゃない!りんごの生産体験も

一般的な果樹園といえばもぎとり体験のイメージが強いと思いますが、「弘前市りんご公園」では人工授粉や実すぐりなどの作業体験が無料でできます。どうやってりんごがつくられているのかを体験することで、より一層りんごの魅力やおいしさを再認識することができそう。ご家族で体験してみてくださいね。

食事、買い物などが楽しめる「りんごの家」

「りんごの家」では軽食コーナーのほかに、園内で採れたりんごや約1,250種類ものりんごグッズなども販売しています。りんごジュースひとつにしてもさまざまな種類があって選ぶのが楽しくなってしまうかも。りんごモチーフの工芸品なども販売されていて、おみやげにもオススメです。現在は建て替え工事が行われていますが、2019年3月からは展示コーナーなども利用できる予定です。

行き帰りにも便利な駐車場トイレ

帰り際にトイレに行きたくなっても便利なのが駐車場に設置されたトイレ。お子さんのおむつシートも完備されているので安心です。また、トイレ前には大きなりんご型の掲示板が。イベントの告知などが掲載されているのでチェックしてみてください。

「りんご公園ウィンターフェスティバル」について詳しくはこちら

関連する投稿


南部 |「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」古民家茶屋でいただく、懐かしの家庭料理と名物あんぱん

南部 |「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」古民家茶屋でいただく、懐かしの家庭料理と名物あんぱん

青森県南部町にある「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」は、戦前に建てられた古民家を改装してつくられた古民家茶屋。どこか懐かしい家庭料理や、同居するパン屋さんの名物あんぱんなどを提供しています。今回は、リピーター続出のおいしいメニューはもちろん、お店の魅力までたっぷりとご紹介します!


青森 |「地元のおいしさがいっぱい!朝市特集」館鼻岸壁朝市、陸奥湊駅前朝市

青森 |「地元のおいしさがいっぱい!朝市特集」館鼻岸壁朝市、陸奥湊駅前朝市

日曜などの早朝に、農産物や加工品などが売られる定期市「朝市」。定期または不定期開催で開催される特別なマーケットで、旬のおいしいグルメを比較的安価で手に入れることができます。今回は、青森県内で行なわれている「朝市」をご紹介します!


弘前 |「green」心豊かな暮らしを提案する、“人と地球に優しい”セレクトショップ

弘前 |「green」心豊かな暮らしを提案する、“人と地球に優しい”セレクトショップ

青森県弘前市にあるセレクトショップ「green」。“人と地球に優しい”をテーマに、心豊かな暮らしになる商品を取り扱っています。今回は、特別な人に送りたくなるアイテムから、いつも持ち歩いたり身につけたくなるようなアイテムまで、ジャンルごとにたっぷりとご紹介します!


青森 |「時の市」開催!大仏のもとで古きよきものと出会うイベント

青森 |「時の市」開催!大仏のもとで古きよきものと出会うイベント

青森市にある全仏山青龍寺で、毎年春と秋に「時の市」というイベントが開催されます。日本一の青銅座像・昭和大仏のある境内に、古道具などを販売する蚤の市をはじめ、クラフトブース、飲食ブース、ワークショップなどが並び、自然のなかで古きよきものにふれあえる2日間です。


八戸 |「フルーツパーラーおだわら」厳選フルーツを心ゆくまで堪能!

八戸 |「フルーツパーラーおだわら」厳選フルーツを心ゆくまで堪能!

青森県八戸市の本八戸駅から、徒歩5分ほどにある「フルーツパーラーおだわら」。1965年創業の「小田原青果」に併設されたパーラーです。青果店ならではの厳選フレッシュフルーツは、老若男女問わずとりこになってしまうおいしさなんだとか。今回は、そんな絶品フルーツをふんだんに使用した人気メニューをたっぷりとご紹介します!


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!