盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

岩手県盛岡市の郊外にある「岩鋳鉄器館」。岩手の工芸品・南部鉄器について展示するギャラリー、職人の作業を見学できるゾーンがあり、伝統の技を身近に感じることができます。コーヒーポットやごはん鍋など、暮らしに取り入れやすい南部鉄器アイテムがそろうショップも必見です。


盛岡の伝統工芸・南部鉄器について楽しく学ぼう

「岩鋳鉄器館」へは、JR盛岡駅から車で15分、東北自動車道盛岡南ICからは車で8分ほど。1902年に創業した南部鉄器の老舗メーカー・岩鋳が運営する、工房とショップを併設した体感型ミュージアムです。

南部鉄器とは、盛岡に江戸時代から伝わる伝統工芸品。鋳型に高温の鉄を流し固め、表面に漆などを焼き付けて、釜や鉄瓶などをつくります。かつての南部藩(現在の盛岡)藩主が、京都から茶釜職人を招き、湯釜をつくらせたことが歴史のはじまり。北上川の砂や粘土質の土などの原材料に恵まれていたため、地域の工芸品として発展してきました。

「岩鋳鉄器館」では、製造に使う道具や貴重な作品の展示、工房の見学などを通じて、南部鉄器の魅力を体感できます。最近は海外からの見学客も増えている注目スポットです。

ギャラリーでは大きな鉄鍋や鉄琴にびっくり!

入口ではさっそく、直径2メートル、重さ1,200キログラムもあり、およそ2,000食分の食事をつくることができる南部ジャンボ鍋がお出迎え。実際に北上川での芋煮会に使われたこともあるというから驚きです。

館内へ入ると、広いエントランスホールの右手にあるのが、南部鉄器でできた大きな鉄琴。木槌で叩くと、ドレミファソラシド、とキレイな音が鳴ります。自由に叩けるので、お子さんに人気のスポットです。

ほかにも、約2,000人分のお湯が湧かせるというジャンボ南部鉄瓶や、盛岡エリアの代表的な祭り「チャグチャグ馬コ」「盛岡秋まつり」「盛岡さんさ踊り」のジオラマなどがあり、フォトスポットとして人気。南部鉄器だけでなく、盛岡の文化にもふれることができますよ。

工房で匠の技を見学して、ものづくりを体感

展示ギャラリーを抜けた先には、鉄のにおいに包まれた工房が。伝統工芸士の資格を持つ2名を含む5名の職人が在籍し、日々製造を行なっています。

砂や粘土で鋳型をつくるところから、仕上げに漆やお歯黒を塗るところまで、すべてが手作業。ひとつの鉄瓶をつくるのに、型づくりに約2週間、鉄を流し固めて研磨・着色するのに約1週間、合計3週間もかかるそう。集中して作業する様子を間近に見ると、思わず息をのんでしまいます。

タイミングがよければ、1,500度もある真っ赤な鉄を型に流し込む工程を見られることも。迫力ある光景に、お子さんの目もくぎ付け!

モダンな南部鉄器アイテムを暮らしに取り入れよう

見学の後には、多彩な南部鉄器アイテムを扱うショップに立ち寄って。伝統的な作品から、現代の暮らしにすっとなじむアレンジアイテムまで、豊富な品ぞろえが魅力です。

ひときわ目を引くのは、カラフルな海外向けの鉄瓶。現在、約100色もの製品を20ヶ国以上に輸出しており、フランスなどヨーロッパでも支持されているのだそう。

南部鉄器は厚みがあり、熱が均一に伝わるのが特徴のひとつ。そのため、お米をムラなく炊けるごはん鍋、炒めものがおいしく仕上がるフライパンなど、ママにオススメのキッチングッズがたくさん!フライパンは3,000円前後からと、手にしやすい価格も魅力です。

注目のアイテムは、モダンなコーヒーポットセット。ガスコンロにもIH調理器にも対応したポットとドリッパーのセットは、品切れになることもある人気商品です。コーヒー好きな人へのギフトにもぴったりですね。

ほかにペーパーウェイトや風鈴など、1,000円台で買える雑貨もラインナップ。ぜひ、お気に入りのアイテムを探してみてください。

盛岡が誇る伝統工芸を身近に感じられる「岩鋳鉄器館」。その魅力にふれ、南部鉄器を日々の暮らしに取り入れてみてはいかが?

ファミリーで楽しめる「岩鋳鉄器館」!ななびチェック!

ベビーカーでの入館OK!

館内は広く段差が少ないため、ベビーカーの運転もしやすいです。小さいお子さん連れでも安心。

伝統のものづくりを体感しよう

ギャラリーや工房見学を通じて南部鉄器について学べるので、お子さんの社会科見学にぴったり。見学無料なのもうれしいポイントです。

普段使いにぴったりの南部鉄器をゲット

ショップにはフライパンや鍋など、毎日の料理が楽しく、おいしくなるキッチングッズが豊富。ギフトにもオススメです。

「岩鋳鉄器館」について詳しくはこちら

関連する投稿


滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

岩手県滝沢市は盛岡市に隣接するベッドタウンで、昔から農業が盛んな地域。その滝沢市の市役所前の駐車場で、4月から11月末までの毎週日曜に開催されているのが「たきざわ日曜朝市」です。早朝からオープンする朝市には、新鮮な野菜や果物、スイーツや惣菜など多彩な品々がお手頃な価格で並び、多くの人でにぎわいます。


花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

岩手県花巻市の東和町土沢地区にある「おたすけキッチン」。「自分たちで地域のためになるようなことをしたい」という想いから、地元に住むお母さんたちが中心となって2011年に立ち上げた惣菜屋さんです。ランチタイムともなると、地元産の野菜を使った手づくりの料理がぎゅっと詰まったお弁当や惣菜が店頭に並びます。


宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

岩手県の三陸海岸を走り、“さんてつ”の愛称で親しまれる「三陸鉄道」は、趣向を凝らした企画列車が盛りだくさんなことでも評判です。なかでも毎年4月~9月頃に運行する「お座敷列車」は、ドラマ『あまちゃん』でも話題となった三陸鉄道の名物列車。車窓に広がる海絶景を眺めながらうに丼をほおばる、とっておきの鉄旅が楽しめます。


岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「盛岡さんさ踊り」や「北上・みちのく芸能まつり」など、岩手県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

岩手県久慈市の住宅地の一角に静かにたたずむ「Zoo-Zoo CAFE」。靴を脱いで入る店内には、フローリングの床が広がり、親子一緒にゆっくりとくつろげます。その店名の通り、動物をあしらったディスプレイが見られたり、メニューにも動物をモチーフにしたスイーツやランチがあったりと、お子さんがよろこびそうなカフェです。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。