盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

岩手県盛岡市の郊外にある「岩鋳鉄器館」。岩手の工芸品・南部鉄器について展示するギャラリー、職人の作業を見学できるゾーンがあり、伝統の技を身近に感じることができます。コーヒーポットやごはん鍋など、暮らしに取り入れやすい南部鉄器アイテムがそろうショップも必見です。


盛岡の伝統工芸・南部鉄器について楽しく学ぼう

「岩鋳鉄器館」へは、JR盛岡駅から車で15分、東北自動車道盛岡南ICからは車で8分ほど。1902年に創業した南部鉄器の老舗メーカー・岩鋳が運営する、工房とショップを併設した体感型ミュージアムです。

南部鉄器とは、盛岡に江戸時代から伝わる伝統工芸品。鋳型に高温の鉄を流し固め、表面に漆などを焼き付けて、釜や鉄瓶などをつくります。かつての南部藩(現在の盛岡)藩主が、京都から茶釜職人を招き、湯釜をつくらせたことが歴史のはじまり。北上川の砂や粘土質の土などの原材料に恵まれていたため、地域の工芸品として発展してきました。

「岩鋳鉄器館」では、製造に使う道具や貴重な作品の展示、工房の見学などを通じて、南部鉄器の魅力を体感できます。最近は海外からの見学客も増えている注目スポットです。

ギャラリーでは大きな鉄鍋や鉄琴にびっくり!

入口ではさっそく、直径2メートル、重さ1,200キログラムもあり、およそ2,000食分の食事をつくることができる南部ジャンボ鍋がお出迎え。実際に北上川での芋煮会に使われたこともあるというから驚きです。

館内へ入ると、広いエントランスホールの右手にあるのが、南部鉄器でできた大きな鉄琴。木槌で叩くと、ドレミファソラシド、とキレイな音が鳴ります。自由に叩けるので、お子さんに人気のスポットです。

ほかにも、約2,000人分のお湯が湧かせるというジャンボ南部鉄瓶や、盛岡エリアの代表的な祭り「チャグチャグ馬コ」「盛岡秋まつり」「盛岡さんさ踊り」のジオラマなどがあり、フォトスポットとして人気。南部鉄器だけでなく、盛岡の文化にもふれることができますよ。

工房で匠の技を見学して、ものづくりを体感

展示ギャラリーを抜けた先には、鉄のにおいに包まれた工房が。伝統工芸士の資格を持つ2名を含む5名の職人が在籍し、日々製造を行なっています。

砂や粘土で鋳型をつくるところから、仕上げに漆やお歯黒を塗るところまで、すべてが手作業。ひとつの鉄瓶をつくるのに、型づくりに約2週間、鉄を流し固めて研磨・着色するのに約1週間、合計3週間もかかるそう。集中して作業する様子を間近に見ると、思わず息をのんでしまいます。

タイミングがよければ、1,500度もある真っ赤な鉄を型に流し込む工程を見られることも。迫力ある光景に、お子さんの目もくぎ付け!

モダンな南部鉄器アイテムを暮らしに取り入れよう

見学の後には、多彩な南部鉄器アイテムを扱うショップに立ち寄って。伝統的な作品から、現代の暮らしにすっとなじむアレンジアイテムまで、豊富な品ぞろえが魅力です。

ひときわ目を引くのは、カラフルな海外向けの鉄瓶。現在、約100色もの製品を20ヶ国以上に輸出しており、フランスなどヨーロッパでも支持されているのだそう。

南部鉄器は厚みがあり、熱が均一に伝わるのが特徴のひとつ。そのため、お米をムラなく炊けるごはん鍋、炒めものがおいしく仕上がるフライパンなど、ママにオススメのキッチングッズがたくさん!フライパンは3,000円前後からと、手にしやすい価格も魅力です。

注目のアイテムは、モダンなコーヒーポットセット。ガスコンロにもIH調理器にも対応したポットとドリッパーのセットは、品切れになることもある人気商品です。コーヒー好きな人へのギフトにもぴったりですね。

ほかにペーパーウェイトや風鈴など、1,000円台で買える雑貨もラインナップ。ぜひ、お気に入りのアイテムを探してみてください。

盛岡が誇る伝統工芸を身近に感じられる「岩鋳鉄器館」。その魅力にふれ、南部鉄器を日々の暮らしに取り入れてみてはいかが?

ファミリーで楽しめる「岩鋳鉄器館」!ななびチェック!

ベビーカーでの入館OK!

館内は広く段差が少ないため、ベビーカーの運転もしやすいです。小さいお子さん連れでも安心。

伝統のものづくりを体感しよう

ギャラリーや工房見学を通じて南部鉄器について学べるので、お子さんの社会科見学にぴったり。見学無料なのもうれしいポイントです。

普段使いにぴったりの南部鉄器をゲット

ショップにはフライパンや鍋など、毎日の料理が楽しく、おいしくなるキッチングッズが豊富。ギフトにもオススメです。

「岩鋳鉄器館」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

毎年5月~11月の第1日曜に、岩手県雫石町の「雫石よしゃれ通り商店街」で開催される「元祖!しずくいし軽トラ市」。470メートルの通りを埋め尽くすように、新鮮な野菜やフルーツ、海産物、クラフト雑貨などを積んだ軽トラックがずらりと並びます。ショッピングはもちろん、お子さんが楽しめるワークショップもありますよ。


奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


最新の投稿


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。