盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

岩手県盛岡市の郊外にある「岩鋳鉄器館」。岩手の工芸品・南部鉄器について展示するギャラリー、職人の作業を見学できるゾーンがあり、伝統の技を身近に感じることができます。コーヒーポットやごはん鍋など、暮らしに取り入れやすい南部鉄器アイテムがそろうショップも必見です。


盛岡の伝統工芸・南部鉄器について楽しく学ぼう

「岩鋳鉄器館」へは、JR盛岡駅から車で15分、東北自動車道盛岡南ICからは車で8分ほど。1902年に創業した南部鉄器の老舗メーカー・岩鋳が運営する、工房とショップを併設した体感型ミュージアムです。

南部鉄器とは、盛岡に江戸時代から伝わる伝統工芸品。鋳型に高温の鉄を流し固め、表面に漆などを焼き付けて、釜や鉄瓶などをつくります。かつての南部藩(現在の盛岡)藩主が、京都から茶釜職人を招き、湯釜をつくらせたことが歴史のはじまり。北上川の砂や粘土質の土などの原材料に恵まれていたため、地域の工芸品として発展してきました。

「岩鋳鉄器館」では、製造に使う道具や貴重な作品の展示、工房の見学などを通じて、南部鉄器の魅力を体感できます。最近は海外からの見学客も増えている注目スポットです。

ギャラリーでは大きな鉄鍋や鉄琴にびっくり!

入口ではさっそく、直径2メートル、重さ1,200キログラムもあり、およそ2,000食分の食事をつくることができる南部ジャンボ鍋がお出迎え。実際に北上川での芋煮会に使われたこともあるというから驚きです。

館内へ入ると、広いエントランスホールの右手にあるのが、南部鉄器でできた大きな鉄琴。木槌で叩くと、ドレミファソラシド、とキレイな音が鳴ります。自由に叩けるので、お子さんに人気のスポットです。

ほかにも、約2,000人分のお湯が湧かせるというジャンボ南部鉄瓶や、盛岡エリアの代表的な祭り「チャグチャグ馬コ」「盛岡秋まつり」「盛岡さんさ踊り」のジオラマなどがあり、フォトスポットとして人気。南部鉄器だけでなく、盛岡の文化にもふれることができますよ。

工房で匠の技を見学して、ものづくりを体感

展示ギャラリーを抜けた先には、鉄のにおいに包まれた工房が。伝統工芸士の資格を持つ2名を含む5名の職人が在籍し、日々製造を行なっています。

砂や粘土で鋳型をつくるところから、仕上げに漆やお歯黒を塗るところまで、すべてが手作業。ひとつの鉄瓶をつくるのに、型づくりに約2週間、鉄を流し固めて研磨・着色するのに約1週間、合計3週間もかかるそう。集中して作業する様子を間近に見ると、思わず息をのんでしまいます。

タイミングがよければ、1,500度もある真っ赤な鉄を型に流し込む工程を見られることも。迫力ある光景に、お子さんの目もくぎ付け!

モダンな南部鉄器アイテムを暮らしに取り入れよう

見学の後には、多彩な南部鉄器アイテムを扱うショップに立ち寄って。伝統的な作品から、現代の暮らしにすっとなじむアレンジアイテムまで、豊富な品ぞろえが魅力です。

ひときわ目を引くのは、カラフルな海外向けの鉄瓶。現在、約100色もの製品を20ヶ国以上に輸出しており、フランスなどヨーロッパでも支持されているのだそう。

南部鉄器は厚みがあり、熱が均一に伝わるのが特徴のひとつ。そのため、お米をムラなく炊けるごはん鍋、炒めものがおいしく仕上がるフライパンなど、ママにオススメのキッチングッズがたくさん!フライパンは3,000円前後からと、手にしやすい価格も魅力です。

注目のアイテムは、モダンなコーヒーポットセット。ガスコンロにもIH調理器にも対応したポットとドリッパーのセットは、品切れになることもある人気商品です。コーヒー好きな人へのギフトにもぴったりですね。

ほかにペーパーウェイトや風鈴など、1,000円台で買える雑貨もラインナップ。ぜひ、お気に入りのアイテムを探してみてください。

盛岡が誇る伝統工芸を身近に感じられる「岩鋳鉄器館」。その魅力にふれ、南部鉄器を日々の暮らしに取り入れてみてはいかが?

ファミリーで楽しめる「岩鋳鉄器館」!ななびチェック!

ベビーカーでの入館OK!

館内は広く段差が少ないため、ベビーカーの運転もしやすいです。小さいお子さん連れでも安心。

伝統のものづくりを体感しよう

ギャラリーや工房見学を通じて南部鉄器について学べるので、お子さんの社会科見学にぴったり。見学無料なのもうれしいポイントです。

普段使いにぴったりの南部鉄器をゲット

ショップにはフライパンや鍋など、毎日の料理が楽しく、おいしくなるキッチングッズが豊富。ギフトにもオススメです。

「岩鋳鉄器館」について詳しくはこちら

関連する投稿


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

岩手県盛岡市にある「光原社」は、全国から集めた漆器や焼き物を扱う工芸品店で、盛岡では外せない観光スポット。東北の雑貨や食品が並ぶショップ、クラシカルな喫茶店など、見どころがたくさんあります。特に本館からつながる石畳の中庭では、レトロな木造の建物が並ぶ外国の街並みを訪れたような、ちょっとした旅行気分を楽しめます。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


最新の投稿


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

青森県深浦町にある「ウェスパ椿山」は、世界遺産・白神山地をはじめとする豊かな観光名所に囲まれたリゾート施設です。別荘感覚でくつろげるコテージでの宿泊や、地元の食材を使用した新鮮なお食事が堪能できます。また、ガラス製作工房や昆虫館といった体験施設や、物産館も併設。青森の魅力にたくさん触れて、旅をもっとステキにしませんか?


横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

明治から昭和期の商家の蔵が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている秋田県横手市増田町。歴史を感じさせる蔵めぐりが人気のこのエリアでは、地元の人でにぎわう朝市の散策もオススメです。その歴史は古く、はじまりはなんと江戸時代。地元ならではのアットホームな雰囲気を楽しみましょう。