盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

盛岡 |「岩鋳鉄器館」工房見学やおみやげ選びも楽しい!南部鉄器の資料館

岩手県盛岡市の郊外にある「岩鋳鉄器館」。岩手の工芸品・南部鉄器について展示するギャラリー、職人の作業を見学できるゾーンがあり、伝統の技を身近に感じることができます。コーヒーポットやごはん鍋など、暮らしに取り入れやすい南部鉄器アイテムがそろうショップも必見です。


盛岡の伝統工芸・南部鉄器について楽しく学ぼう

「岩鋳鉄器館」へは、JR盛岡駅から車で15分、東北自動車道盛岡南ICからは車で8分ほど。1902年に創業した南部鉄器の老舗メーカー・岩鋳が運営する、工房とショップを併設した体感型ミュージアムです。

南部鉄器とは、盛岡に江戸時代から伝わる伝統工芸品。鋳型に高温の鉄を流し固め、表面に漆などを焼き付けて、釜や鉄瓶などをつくります。かつての南部藩(現在の盛岡)藩主が、京都から茶釜職人を招き、湯釜をつくらせたことが歴史のはじまり。北上川の砂や粘土質の土などの原材料に恵まれていたため、地域の工芸品として発展してきました。

「岩鋳鉄器館」では、製造に使う道具や貴重な作品の展示、工房の見学などを通じて、南部鉄器の魅力を体感できます。最近は海外からの見学客も増えている注目スポットです。

ギャラリーでは大きな鉄鍋や鉄琴にびっくり!

入口ではさっそく、直径2メートル、重さ1,200キログラムもあり、およそ2,000食分の食事をつくることができる南部ジャンボ鍋がお出迎え。実際に北上川での芋煮会に使われたこともあるというから驚きです。

館内へ入ると、広いエントランスホールの右手にあるのが、南部鉄器でできた大きな鉄琴。木槌で叩くと、ドレミファソラシド、とキレイな音が鳴ります。自由に叩けるので、お子さんに人気のスポットです。

ほかにも、約2,000人分のお湯が湧かせるというジャンボ南部鉄瓶や、盛岡エリアの代表的な祭り「チャグチャグ馬コ」「盛岡秋まつり」「盛岡さんさ踊り」のジオラマなどがあり、フォトスポットとして人気。南部鉄器だけでなく、盛岡の文化にもふれることができますよ。

工房で匠の技を見学して、ものづくりを体感

展示ギャラリーを抜けた先には、鉄のにおいに包まれた工房が。伝統工芸士の資格を持つ2名を含む5名の職人が在籍し、日々製造を行なっています。

砂や粘土で鋳型をつくるところから、仕上げに漆やお歯黒を塗るところまで、すべてが手作業。ひとつの鉄瓶をつくるのに、型づくりに約2週間、鉄を流し固めて研磨・着色するのに約1週間、合計3週間もかかるそう。集中して作業する様子を間近に見ると、思わず息をのんでしまいます。

タイミングがよければ、1,500度もある真っ赤な鉄を型に流し込む工程を見られることも。迫力ある光景に、お子さんの目もくぎ付け!

モダンな南部鉄器アイテムを暮らしに取り入れよう

見学の後には、多彩な南部鉄器アイテムを扱うショップに立ち寄って。伝統的な作品から、現代の暮らしにすっとなじむアレンジアイテムまで、豊富な品ぞろえが魅力です。

ひときわ目を引くのは、カラフルな海外向けの鉄瓶。現在、約100色もの製品を20ヶ国以上に輸出しており、フランスなどヨーロッパでも支持されているのだそう。

南部鉄器は厚みがあり、熱が均一に伝わるのが特徴のひとつ。そのため、お米をムラなく炊けるごはん鍋、炒めものがおいしく仕上がるフライパンなど、ママにオススメのキッチングッズがたくさん!フライパンは3,000円前後からと、手にしやすい価格も魅力です。

注目のアイテムは、モダンなコーヒーポットセット。ガスコンロにもIH調理器にも対応したポットとドリッパーのセットは、品切れになることもある人気商品です。コーヒー好きな人へのギフトにもぴったりですね。

ほかにペーパーウェイトや風鈴など、1,000円台で買える雑貨もラインナップ。ぜひ、お気に入りのアイテムを探してみてください。

盛岡が誇る伝統工芸を身近に感じられる「岩鋳鉄器館」。その魅力にふれ、南部鉄器を日々の暮らしに取り入れてみてはいかが?

ファミリーで楽しめる「岩鋳鉄器館」!ななびチェック!

ベビーカーでの入館OK!

館内は広く段差が少ないため、ベビーカーの運転もしやすいです。小さいお子さん連れでも安心。

伝統のものづくりを体感しよう

ギャラリーや工房見学を通じて南部鉄器について学べるので、お子さんの社会科見学にぴったり。見学無料なのもうれしいポイントです。

普段使いにぴったりの南部鉄器をゲット

ショップにはフライパンや鍋など、毎日の料理が楽しく、おいしくなるキッチングッズが豊富。ギフトにもオススメです。

「岩鋳鉄器館」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡市中心部、飲食店や映画館がたち並ぶ通りの一角に、赤白ストライプ模様のテント看板が印象的な「チーズケーキのチロル 大通店」があります。こちらのお店で人気なのが、手づくりにこだわったチーズケーキ。ふわっと軽い口あたりとクリームチーズの濃厚な味わいを、スプーンですくって楽しみましょう。


遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。