宮城 |「お正月とお餅のあれこれ」アレンジ豊かなお餅の食べ方

宮城 |「お正月とお餅のあれこれ」アレンジ豊かなお餅の食べ方

年末年始、ふるさとへ足を運んで懐かしい味に触れた方も多いでしょう。お住まいの地域の食文化と、ふるさとの味の違いを感じたことはありませんか?お雑煮をはじめお餅の食べ方には、その地域の特色がそれぞれに現れていて興味深いもの。今回は、宮城県の伝統雑煮スタイルや、お餅の食文化についてまとめました。


焼きハゼの出汁がコク深い「仙台雑煮」

宮城県のなかでも特徴的なお雑煮といえば、仙台湾などで獲れる魚・ハゼを使った、仙台の伝統雑煮。ハゼを焼いて干し「焼きハゼ」にしたら、まずは出汁として使い、コクと旨味のある透明なスープをつくります。味付けは醤油ベースが一般的です。

大根、ゴボウ、人参、高野豆腐などを茹でて一晩凍らせる“ひき菜”を具材とし、焼いた角餅を入れます。ここでもう一度登場するのが、出汁をとったあとの「焼きハゼ」。せりとともに「焼きハゼ」をトッピングしたら仙台雑煮のできあがり。

シンプルな味わいではありますが、焼いて干していることにより香ばしさと深みが出て、独特なお雑煮に仕上がります。焼きハゼが乗ることによって見た目も豪華になり、いかにもお正月の伝統料理という風格が感じられますね。

宮城県内の他エリアでは、さらにいくらやかまぼこを乗せるなどのアレンジもあるようで、他県の方も「仙台のお雑煮は具だくさん」という印象があるようです。

近年では仙台が地元の方でも、「焼きハゼのお雑煮」をつくっているご家庭は少なくなってきているのだとか。仙台伝統の食文化、大切に受け継いでいきたいものですね。

宮城県は夏がお餅のメインシーズン!?

全国的に、お餅を一番食べるのは冬やお正月のタイミングですが、宮城県内でも米づくりが盛んな大崎地方などの地域では、お盆のシーズンに餅つきをするところもあります。家族みんなで餅つきをして、できたてのお餅をご先祖さまにお供えし、さらにみんなで餅料理をつくり囲んで過ごす、というお盆の過ごし方もあるようです。

地元の食材を使ってみんなでつくるたくさんの餅料理は「餅のフルコース」といえるほど、種類豊富で多彩。名物として有名な「ずんだ餅」も、仙台のお盆には欠かせない餅料理とされています。

また、お餅とともにお盆やお彼岸にいただく汁物「おくずかけ」も伝統の精進料理。細かく切った茄子、椎茸、人参、じゃがいもなどをだし汁で煮込み、醤油ベースで味をつけてから豆麩と茹でた温麺を入れます。片栗粉でとろみをつけたら完成!夏なのに食べたくなる汁ものなんですよね。

故郷である宮城県を離れて暮らしている方も、夏の帰省で食べるお餅やおくずかけを楽しみにしているのではないでしょうか。次のお盆・お彼岸が待ち遠しいですね。

ずんだ餅だけじゃない!とろりと甘い「あめ餅」

宮城県には「ずんだ餅」以外にも、たくさんのバラエティ豊かな餅料理が存在します。

たとえば、納豆に醤油をかけてかき混ぜ、そこにお餅を入れる「納豆餅」は、意外にも仙台特有の食べ方。小さい海老をお餅にまぶしていただく「えび餅」も、岩手県一関と宮城県で見られる地域色が強い食べ方です。

そして、甘い餅料理がお好きな方に人気なのが、「あめ餅」。温かくした麦芽あめにお餅を入れて、さらにきなこをかけて食べる伝統の餅料理です。近年では、麦芽あめが手に入りにくいので、市販の水あめやザラメで代用しているご家庭も増えているよう。

「あめ餅」は、おもに宮城県北から岩手県南のエリアで、お正月に食べる餅料理のひとつです。もともとはお正月の間、三が日の朝に食べる行事食のような位置づけでしたが、とにかく甘いので、お子さんのおやつ代わりに食べるのが主流となったんだとか。

宮城県のお雑煮、お餅の文化も奥が深いですね。同じ県でもエリアによって少しずつ異なるというのが、おもしろいところ。他県の方にとっては意外な部分も多かったのではないでしょうか。今回の記事が興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


宮城県

関連する投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

江戸時代に仙台城と石巻を結ぶ街道沿いの宿場町として栄えた、宮城県松島町の高城(たかぎ)エリア。2018年の春、地元の商店街を盛り上げようと、“花”と“朝食”をテーマにした新たなマルシェイベント「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」がスタートしました。日曜の朝は早起きをして、家族でみんなでおでかけしてみませんか。


仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

宮城県仙台市にある「RonD Factory」は、東北ではめずらしいグラノーラ専門店。グラノーラ発祥の地・アメリカで学んだオーナーがつくるグラノーラは、素材本来の栄養価やおいしさを体感できます。また、店内で味わえるオリジナルスイーツも人気なのだとか。ファミリーの健康が気になるママ注目の専門店へ、さっそくでかけましょう!


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。