宮城 |「お正月とお餅のあれこれ」アレンジ豊かなお餅の食べ方

宮城 |「お正月とお餅のあれこれ」アレンジ豊かなお餅の食べ方

年末年始、ふるさとへ足を運んで懐かしい味に触れた方も多いでしょう。お住まいの地域の食文化と、ふるさとの味の違いを感じたことはありませんか?お雑煮をはじめお餅の食べ方には、その地域の特色がそれぞれに現れていて興味深いもの。今回は、宮城県の伝統雑煮スタイルや、お餅の食文化についてまとめました。


焼きハゼの出汁がコク深い「仙台雑煮」

宮城県のなかでも特徴的なお雑煮といえば、仙台湾などで獲れる魚・ハゼを使った、仙台の伝統雑煮。ハゼを焼いて干し「焼きハゼ」にしたら、まずは出汁として使い、コクと旨味のある透明なスープをつくります。味付けは醤油ベースが一般的です。

大根、ゴボウ、人参、高野豆腐などを茹でて一晩凍らせる“ひき菜”を具材とし、焼いた角餅を入れます。ここでもう一度登場するのが、出汁をとったあとの「焼きハゼ」。せりとともに「焼きハゼ」をトッピングしたら仙台雑煮のできあがり。

シンプルな味わいではありますが、焼いて干していることにより香ばしさと深みが出て、独特なお雑煮に仕上がります。焼きハゼが乗ることによって見た目も豪華になり、いかにもお正月の伝統料理という風格が感じられますね。

宮城県内の他エリアでは、さらにいくらやかまぼこを乗せるなどのアレンジもあるようで、他県の方も「仙台のお雑煮は具だくさん」という印象があるようです。

近年では仙台が地元の方でも、「焼きハゼのお雑煮」をつくっているご家庭は少なくなってきているのだとか。仙台伝統の食文化、大切に受け継いでいきたいものですね。

宮城県は夏がお餅のメインシーズン!?

全国的に、お餅を一番食べるのは冬やお正月のタイミングですが、宮城県内でも米づくりが盛んな大崎地方などの地域では、お盆のシーズンに餅つきをするところもあります。家族みんなで餅つきをして、できたてのお餅をご先祖さまにお供えし、さらにみんなで餅料理をつくり囲んで過ごす、というお盆の過ごし方もあるようです。

地元の食材を使ってみんなでつくるたくさんの餅料理は「餅のフルコース」といえるほど、種類豊富で多彩。名物として有名な「ずんだ餅」も、仙台のお盆には欠かせない餅料理とされています。

また、お餅とともにお盆やお彼岸にいただく汁物「おくずかけ」も伝統の精進料理。細かく切った茄子、椎茸、人参、じゃがいもなどをだし汁で煮込み、醤油ベースで味をつけてから豆麩と茹でた温麺を入れます。片栗粉でとろみをつけたら完成!夏なのに食べたくなる汁ものなんですよね。

故郷である宮城県を離れて暮らしている方も、夏の帰省で食べるお餅やおくずかけを楽しみにしているのではないでしょうか。次のお盆・お彼岸が待ち遠しいですね。

ずんだ餅だけじゃない!とろりと甘い「あめ餅」

宮城県には「ずんだ餅」以外にも、たくさんのバラエティ豊かな餅料理が存在します。

たとえば、納豆に醤油をかけてかき混ぜ、そこにお餅を入れる「納豆餅」は、意外にも仙台特有の食べ方。小さい海老をお餅にまぶしていただく「えび餅」も、岩手県一関と宮城県で見られる地域色が強い食べ方です。

そして、甘い餅料理がお好きな方に人気なのが、「あめ餅」。温かくした麦芽あめにお餅を入れて、さらにきなこをかけて食べる伝統の餅料理です。近年では、麦芽あめが手に入りにくいので、市販の水あめやザラメで代用しているご家庭も増えているよう。

「あめ餅」は、おもに宮城県北から岩手県南のエリアで、お正月に食べる餅料理のひとつです。もともとはお正月の間、三が日の朝に食べる行事食のような位置づけでしたが、とにかく甘いので、お子さんのおやつ代わりに食べるのが主流となったんだとか。

宮城県のお雑煮、お餅の文化も奥が深いですね。同じ県でもエリアによって少しずつ異なるというのが、おもしろいところ。他県の方にとっては意外な部分も多かったのではないでしょうか。今回の記事が興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


宮城県

関連する投稿


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼 |「気仙沼 海の市」で国内唯一のサメの博物館を見学♪

気仙沼市魚市場に隣接した「気仙沼 海の市」は、グルメやショッピングが楽しめるほか、国内で唯一のサメの博物館「シャークミュージアム」、漁港ならではの高い製氷技術を活かした「氷の水族館」などがある観光施設。サメの水揚げ量日本一ということからつくられた「気仙沼シャークミュージアム」では、迫力満点のホホジロザメの実物大模型も!


仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

仙台 |「定義とうふ店」の名物メニュー!三角定義あぶらあげを味わおう

宮城県仙台市の定義エリアにある「定義とうふ店」では、外はサクサク&中はふんわりとした、揚げたての「三角定義あぶらあげ」が大人気!“定義さん”と呼ばれ親しまれている「定義如来」の参拝後に訪れるのが、地元の定番ルートです。週末は行列必至のおいしさの秘密をご紹介します。


大崎 |「潟沼SUP体験」エメラルドグリーンの湖で水上散歩!

大崎 |「潟沼SUP体験」エメラルドグリーンの湖で水上散歩!

人気急上昇中の水上スポーツ「SUP」をご存じですか?ボードの上に立ち、パドルを漕ぎながらゆうゆうと水上を進むSUPは爽快感抜群!ファミリーで楽しめるレジャーとしてじわじわと注目を集めています。実は宮城を代表する温泉地・鳴子温泉でも、毎年5月から「潟沼SUP体験」を開催。話題のニュースポーツを親子で体験してみましょう!


宮城 |「ランイベント特集」走って応援して盛り上がろう♪

宮城 |「ランイベント特集」走って応援して盛り上がろう♪

野外スポーツを思いっきり楽しめる季節がやってきます。全国的にもスポーツイベントが増えるシーズンですので、お子さんを連れてスポーツ観戦にでかけるのも楽しそうですね。今回は、岩手県内で4月~5月に開催されるランイベントをご紹介します。


最新の投稿


横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

横手 |「横手やきそば」日本三大焼きそばに数えられるご当地麺を味わおう

秋田県横手市は、日本三大焼きそばのひとつに数えられる「横手やきそば」が有名な街。1950年代に「元祖 神谷焼そば屋」の店主・萩原安治氏が地元の製麺業者と協力してつくったのが発祥で、その歴史は現在にまで受け継がれています。毎年行なわれる「横手やきそば四天王決定戦」では、約50店のなかからその年の優秀店4店が決定します!


福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島 |「日曜市場 空カフェ・マーケット」親子で楽しめる!森のなかのステキなマルシェ

福島県福島市の土湯温泉には、築約100年の古民家を利用し、自家農園の野菜やブルーベリーを使用した人気のカフェ「空cafe」があります。5月~10月の最終日曜日には、お店のお庭を開放した「空カフェ・マーケット」を開催!子どもたちは元気に遊べて、ママや大人はゆったり楽しめる、人気のマーケットをご紹介します。


東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

東根 | 老舗「文四郎麩」の麩は、毎日の献立やおやつに大活躍の優秀食材!

水と小麦に恵まれた山形県東根市の六田エリアは、古く江戸時代から麩の生産が盛んです。江戸末期に創業した麩の専門店「文四郎麩」では、伝統的なやき麩やなま麩のほか、麩のスイーツなど、さまざまな麩アイテムが勢ぞろい。麩惣菜や麩菓子の試食コーナーもあるので、アレンジ多彩な麩の魅力をおいしく体験できます。


七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

七ヶ浜 |「SHICHI NO Cafe&Pizza」海を眺めながらのんびりカフェタイム♪

宮城県七ヶ浜町にある「SHICHI NO Cafe&Pizza」は、ガラス張りの店内から海が一望できるオーシャンビューのカフェ。本格的な石窯ピザや、インパクト抜群なルックスのパンケーキなど、フードメニューも充実しています。自慢したくなるフォトジェニックなカフェをたっぷりご紹介します!


南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬 |【ななび連載:南相馬編vol.3】南相馬の味噌文化が育む逸品を、家族で楽しくショッピング

南相馬の家庭では、昔ながらの製法で味噌をつくる「田舎味噌」が有名です。米や大豆を持ち込み、お味噌屋さんに味噌づくりを委託してつくる「みそつき」という南相馬独特の風習や、味噌漬けの漬物など、味噌は各家庭に欠かせません。今回はそんな味噌文化が育む逸品と、家族で楽しめるショッピングスポットをご紹介します!