仙台 |「仙台せり鍋」宮城の秋冬限定グルメ!新鮮なせりが主役のせり鍋の魅力とは?

仙台 |「仙台せり鍋」宮城の秋冬限定グルメ!新鮮なせりが主役のせり鍋の魅力とは?

近年、宮城のグルメをにぎわせているのが、在来野菜・仙台せりを根っこまでまるごと食べる「仙台せり鍋」。せりが収穫される10月~3月頃までの冬季しか味わえない地元ならではの鍋に、全国の食通も注目しています。仙台せりのおいしさの秘密と、「仙台せり鍋」が食べられるオススメのお店を紹介します!


江戸時代からせりが栽培されている日本一の産地

日本一のせりの産地・宮城県名取市。仙台せりの歴史は古く、名取市では江戸時代からはじまったといわれています。なかでも名取川の伏流水が豊富に湧き出る上余田(かみようでん)・下余田(しもようでん)地区の地質は、水田で栽培されるせりと相性が良く、現在も盛んに生産されています。

せりの収穫は寒くなりはじめる10月からスタートし、冬の寒さを耐えるために甘みが増す2月~3月においしさのピークを迎えます。

小さなお子さんも安心の無農薬でせりを栽培する下余田地区の農家・三浦隆弘さんに話を伺いました。

「せりは鮮度が命!収穫したてが香りと食感がよく、1番おいしい。時間が経てば経つほど、えぐみやしぶみが出てきてしまうんです」と三浦さん。できるだけ鮮度が落ちないように、収穫や配送の方法を工夫し、宮城県内の飲食店などにせりを届けています。

根っこまで食べる「仙台せり鍋」は、収穫したてのフレッシュな状態でなければ、おいしさが伝わりづらいメニュー。だからこそ、産地・宮城県で味わうのがオススメです。

さっぱり風味の仙台せりと濃厚な鴨だんごが相性抜群!「わのしょく二階」

創作和食店「わのしょく二階」では、三浦さんが栽培した無農薬仙台せりを使った鍋が味わえます。

「仙台せり鍋」の出汁は、鶏やかつおなど店によってさまざまですが、こちらでは鴨をふんだんに使っているのが特徴。鴨は宮城県蔵王産のバルバリー種という良質な真鴨です。臭みが少なく上品な脂は、甘みもありジューシー。その鴨肉は出汁だけでなく、具材の肉団子にも使われています。

まずは根っこをいただきましょう。「根まで食べるの!?」と驚く人も多いと思いますが、ひとつずつ泥を丁寧に落とし、キレイに下処理してあるのでまるごと食べられるんです。せりはグツグツ煮込まないのがポイントです。

口に広がる清涼感のなかに甘みも感じるせりと、脂のりのよい濃厚な鴨だんごが絶品!茎や葉の部分も、シャリシャリとした歯ごたえがたまりません。新鮮なせりは苦みが少ないので、お子さんでもパクパク食べられちゃいますよ。

採れたての仙台せりをしゃぶしゃぶスタイルで味わう「いな穂」

仙台駅から徒歩すぐで、アクセスのよさから観光客も立ち寄りやすい居酒屋「いな穂」。カウンターと小さなテーブル席があるこぢんまりとした店内で、宮城の旬な食材が味わえます。

お店の名物料理「せりしゃぶ」は、昆布とかつおで取った出汁に鴨肉を入れ、ひと煮立ちさせたスープにフレッシュな無農薬仙台せりをくぐらせます。

「いな穂」は、せりをしゃぶしゃぶのように食べる独特なスタイルを生み出したといわれるお店で、“根っこは10秒、葉は3秒”が目安。軽く熱を通したせりのシャキッとしたみずみずしい食感と、鼻を通るさわやかな香りがたまりません!

シメは濃厚ながらもさっぱりしたスープが絶品のラーメン。最後の一滴まで飲み干してしまうおいしさです。

今回紹介した2店とも「仙台せり鍋」が食べられる冬季は予約がオススメ。地元っ子が自信を持ってオススメする“宮城の冬グルメ”をぜひ味わってくださいね。

もっと知りたい!「仙台せり」のななびチェック!

食物繊維がいっぱいで低カロリー!

食物繊維が腸の働きをよくし、カロリーも低いのでダイエット中のパパやママにオススメです。

ビタミンCやミネラルも豊富

ビタミンCは風邪予防、ミネラルは骨の生成に欠かせない栄養素。冬は特に不足しがちなので、ファミリーで意識して食べてみましょう。

仙台せりをおいしく食べる秘訣は?

さわやかな香りとシャキシャキとしたみずみずしさ特徴なので、火を通しすぎるのはNG!

「わのしょく二階」について詳しくはこちら
「いな穂」について詳しくはこちら

関連する投稿


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?