新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

仙台 |「仙台せり鍋」宮城の秋冬限定グルメ!新鮮なせりが主役のせり鍋の魅力とは?

仙台 |「仙台せり鍋」宮城の秋冬限定グルメ!新鮮なせりが主役のせり鍋の魅力とは?

近年、宮城のグルメをにぎわせているのが、在来野菜・仙台せりを根っこまでまるごと食べる「仙台せり鍋」。せりが収穫される10月~3月頃までの冬季しか味わえない地元ならではの鍋に、全国の食通も注目しています。仙台せりのおいしさの秘密と、「仙台せり鍋」が食べられるオススメのお店を紹介します!


江戸時代からせりが栽培されている日本一の産地

日本一のせりの産地・宮城県名取市。仙台せりの歴史は古く、名取市では江戸時代からはじまったといわれています。なかでも名取川の伏流水が豊富に湧き出る上余田(かみようでん)・下余田(しもようでん)地区の地質は、水田で栽培されるせりと相性が良く、現在も盛んに生産されています。

せりの収穫は寒くなりはじめる10月からスタートし、冬の寒さを耐えるために甘みが増す2月~3月においしさのピークを迎えます。

小さなお子さんも安心の無農薬でせりを栽培する下余田地区の農家・三浦隆弘さんに話を伺いました。

「せりは鮮度が命!収穫したてが香りと食感がよく、1番おいしい。時間が経てば経つほど、えぐみやしぶみが出てきてしまうんです」と三浦さん。できるだけ鮮度が落ちないように、収穫や配送の方法を工夫し、宮城県内の飲食店などにせりを届けています。

根っこまで食べる「仙台せり鍋」は、収穫したてのフレッシュな状態でなければ、おいしさが伝わりづらいメニュー。だからこそ、産地・宮城県で味わうのがオススメです。

さっぱり風味の仙台せりと濃厚な鴨だんごが相性抜群!「わのしょく二階」

創作和食店「わのしょく二階」では、三浦さんが栽培した無農薬仙台せりを使った鍋が味わえます。

「仙台せり鍋」の出汁は、鶏やかつおなど店によってさまざまですが、こちらでは鴨をふんだんに使っているのが特徴。鴨は宮城県蔵王産のバルバリー種という良質な真鴨です。臭みが少なく上品な脂は、甘みもありジューシー。その鴨肉は出汁だけでなく、具材の肉団子にも使われています。

まずは根っこをいただきましょう。「根まで食べるの!?」と驚く人も多いと思いますが、ひとつずつ泥を丁寧に落とし、キレイに下処理してあるのでまるごと食べられるんです。せりはグツグツ煮込まないのがポイントです。

口に広がる清涼感のなかに甘みも感じるせりと、脂のりのよい濃厚な鴨だんごが絶品!茎や葉の部分も、シャリシャリとした歯ごたえがたまりません。新鮮なせりは苦みが少ないので、お子さんでもパクパク食べられちゃいますよ。

採れたての仙台せりをしゃぶしゃぶスタイルで味わう「いな穂」

仙台駅から徒歩すぐで、アクセスのよさから観光客も立ち寄りやすい居酒屋「いな穂」。カウンターと小さなテーブル席があるこぢんまりとした店内で、宮城の旬な食材が味わえます。

お店の名物料理「せりしゃぶ」は、昆布とかつおで取った出汁に鴨肉を入れ、ひと煮立ちさせたスープにフレッシュな無農薬仙台せりをくぐらせます。

「いな穂」は、せりをしゃぶしゃぶのように食べる独特なスタイルを生み出したといわれるお店で、“根っこは10秒、葉は3秒”が目安。軽く熱を通したせりのシャキッとしたみずみずしい食感と、鼻を通るさわやかな香りがたまりません!

シメは濃厚ながらもさっぱりしたスープが絶品のラーメン。最後の一滴まで飲み干してしまうおいしさです。

今回紹介した2店とも「仙台せり鍋」が食べられる冬季は予約がオススメ。地元っ子が自信を持ってオススメする“宮城の冬グルメ”をぜひ味わってくださいね。

もっと知りたい!「仙台せり」のななびチェック!

食物繊維がいっぱいで低カロリー!

食物繊維が腸の働きをよくし、カロリーも低いのでダイエット中のパパやママにオススメです。

ビタミンCやミネラルも豊富

ビタミンCは風邪予防、ミネラルは骨の生成に欠かせない栄養素。冬は特に不足しがちなので、ファミリーで意識して食べてみましょう。

仙台せりをおいしく食べる秘訣は?

さわやかな香りとシャキシャキとしたみずみずしさ特徴なので、火を通しすぎるのはNG!

「わのしょく二階」について詳しくはこちら
「いな穂」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。