青森 |「お正月とお餅のあれこれ」クジラの出汁でつくるお雑煮!?

青森 |「お正月とお餅のあれこれ」クジラの出汁でつくるお雑煮!?

2018年のお正月、どのくらいお餅を召し上がりましたか?だいたいどこでも同じような食べ方だと思われがちですが、実は青森のなかでも地域によって異なります。今回は、お雑煮をメインに、「お餅」文化の違いや年越し&お正月の過ごし方についてお届けします。青森の、しかも一部地域でしか食べられないお雑煮はなかなか奥深いですよ。


青森県の伝統雑煮は「クジラ雑煮」?

青森県のなかでも八戸市の一部地域では、伝統的なお雑煮として「クジラ」の出汁を使うことがあります。クジラを使った食文化は、全国的にも珍しく、かつて八戸市に捕鯨基地があったことから、クジラを食用とする文化が残っているんだそう。

雑煮の中身は、大根や人参、ごぼう、さらにクジラの塩漬けを入れた、濃口しょうゆのすまし汁。お餅は焼いた角餅を入れ、脂ののったクジラの皮を乗せて完成!クジラの脂で独特なコクのあるスープに仕上がる「クジラ雑煮」が、八戸伝統の味です。

そのほかの地域のお雑煮も、クジラを入れる以外は、ほぼ同じ。いりこなどの出汁に鶏肉、大根、人参、ごぼうに、濃口しょうゆのすまし汁で、焼いた角餅を入れてできあがりです。

せり、ちくわ、高野豆腐を入れるなど、ご家庭によっても違いはあるよう。「せんべい汁」や「けの汁」など、汁ものの郷土料理が豊富なのも、青森県の特色なのかもしれませんね。

青森県内でもこんなに違う!バリエーション豊かなお餅の食べ方

お正月にはお雑煮以外にもお餅を食べる機会が多かったですよね。みなさんは、どんな食べ方がお好みですか?お餅やお餅を使った郷土菓子には各地域の特色がみえておもしろいもの。

たとえば、下北地域の郷土料理のひとつ「べご餅」。季節の行事などの折に各家庭でつくられ、大間などの一部では「鯨餅」とも呼ばれています。まるで金太郎飴やロールケーキのように、切った断面に模様や絵柄が特徴。

もち米粉・うるち米粉・砂糖を練りあわせてつくった生地に色をつけて棒状にして模様をつくり、かまぼこのように形にまとめたら1センチくらいの厚さに切ります。伝統柄以外にも、近年では動物の絵柄でつくられるなど、芸術的な側面も。

また、三八・上北などの南部地方では、イベントの際に必ずといっていいほど登場するのが「じゅねもち」。

じゅねとは「エゴマ」のこと。「じゅねもち」はそのエゴマの実を煎ったものと味噌をあえてつくる「じゅねみそ」を、そば粉などでつくった串もちに塗って焼いたものです。香ばしい甘さがホッとするような味わいです。

ほかにも、各地域でいろいろなお餅が食べられています。みなさんのお住まいの地域ではどんなお餅文化がありますか?

元旦よりも大晦日がビッグイベント!?

大晦日から親戚中が一堂に会して大宴会!というのが、青森県独特の文化。全国的にはお正月を迎えてから食べる「おせち」も、青森県では大晦日から食べはじめます。

たとえば津軽地方では、大晦日の夜が1年で1番のメインイベント。大勢で「おせち」を囲み、津軽地方では「けの汁」、八戸市では「のっぺい汁」など、地域の特色が色濃く出る郷土料理を食べて、お酒とともに1年を振り返りながら締めくくります。

むしろ元旦は、おせちの余りとお雑煮を食べて質素に静かに過ごすもの。かつては台所でいつも忙しく働く女性もお正月には休んでもらおう…という意味があったそうです。そんな思いやりから生まれた文化なのかと思うと、ほっこりしますね。

青森県のお雑煮・お餅、そして年越しスタイルはいかがしたか?今まで知らなかったという他県の方も多いのではないでしょうか。興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

関連するキーワード


青森県

関連する投稿


青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森市の駅前公園に隣接する「三ッ星製パン」。販売しているパンのひとつひとつに、ターゲットやテーマを決めているというこだわりのメニューが並びます。一見小ぶりに見えるパンですが、実はおいしさの秘密が詰まっているのだとか。今回は、ここでしか味わえないこだわりのパンの魅力をたっぷりとご紹介します!


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

港町・八戸市の名物といえば、外せないのが海産物。今回は、そんなイメージを裏切らない絶品丼ぶりご飯をはじめ、デザートにオススメな濃厚ソフトクリーム、新グルメスポットとして人気のお米専門店など、さまざまな“うまい!”をたっぷりご紹介します!


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?