八戸 |「八戸ブックセンター」で運命の”本との出会い”を

八戸 |「八戸ブックセンター」で運命の”本との出会い”を

「八戸ブックセンター」は、2016年12月にオープンした、全国でも珍しい本の購入ができる八戸市運営の公共施設です。中心市街地における、新たな交流と創造の拠点「八戸ポータルミュージアムはっち」からほど近いこの施設は、一般的な本屋とも、図書館とも違います。本をより魅力的にする空間「八戸ブックセンター」をご紹介します。


「本のまち八戸」の拠点施設としてつくられた、本との出会いの場

現八戸市長・小林眞氏が政策公約として「本のまち八戸」を掲げたことが「八戸ブックセンター」のはじまり。「本を読む人を増やす、本を書く人を増やす、本でまちを盛り上げる」ことを目指した、拠点施設としてつくられました。

シンプルでシックな内装の館内には、テーマごとに分類された選りすぐりの書籍がずらりと並び、すべて手にとることができます。蔵書数は約8,000冊。一般的な書店で見かけることが少ない分野を重点的に取りそろえ、人文・社会科学系、芸術系の書籍や海外文学など、幅広い分野の書籍を取り扱っています。

はじめから「○○を買うぞ」、という目的をもって訪れる本屋さんではなく、ふらりと立ち寄って素敵な本と出会わせてくれる、というのがこの施設のコンセプトです。

おもしろい工夫が盛りだくさんの空間づくり

図書館とも本屋とも違う「八戸ブックセンター」。居心地のよい館内には、本の世界に浸かってもらうための工夫がたくさん。本棚は一般的な本の分類方法ではなく、「知へのいざない」「人生について」「本のまち八戸」など独自の切り口で興味をそそられます。

読むスペースも充実。本棚の合間には腰掛けや、子どもたちにも大人気の2つのハンモックも。それぞれのテーマで集められた本に囲まれて、ゆったり読書を楽しめます。「本の塔」と名付けられた小さな空間には、大人1人が座れるくらいのスペースを囲うようにしてびっしりと書籍が並んでいるので、1日こもっていても飽きないかもしれません。

ブックセンター中央にあるカウンターでは、ドリンクの販売もしています。メニューは青森県産のりんごジュースやビール、ワインなど。コーヒーは、注文を受けてからドリップしてくれる本格派です。あちこちにドリンクホルダーが設置されているので、立ち読みしながらでも両手で本を読めます。

執筆活動のための部屋も

八戸市では、本を「読む人」だけでなく「書く人」にも目を向けています。「カンヅメブース」は、「書くことに集中するための部屋」として、執筆活動をする方なら誰でも登録・利用が可能です。

「カンヅメブース」のほかにも、市民が読書会を開催するための部屋や、本に関するさまざまな企画展を開催するためのギャラリースペースなども。施設に訪れるたび、新たな本との出会いがありそうでワクワクしますね。

市民とつくる本棚、オリジナルグッズの販売も

とにかく徹底して、これまで手に取らなかったような分野の書籍に特化している館内。「フェア棚・ひと棚」には、八戸にゆかりのある人や、テーマを設けて市民が選んだ本を並べていて、共同で空間をつくっています。

館内には、お子さん用の「絵本」をまとめて設置している場所はありませんが、さまざまな分野の棚であちこちに絵本や図鑑がちりばめられているので、大人でも絵本を自然に手に取ることができる環境です。

またオリジナルグッズとして、八戸ブックセンターのロゴがプリントされたトートバック、缶バッチ、ステッカーを販売しています。今後、本にまつわる選りすぐりの雑貨も増やしていく予定だそうです。

まとめ

何度でも訪れたくなるような仕掛けがたっぷりの「八戸ブックセンター」。
中心市街地で、JR線本八戸駅から徒歩10分。立ち寄りやすいのも魅力です。ぜひ、ステキな本との出会いを体験してみては?

「八戸ブックセンター」について詳しくはこちら

関連する投稿


横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

青森県上北郡横浜町の国道279号線沿いにたたずむ、豆腐茶屋「湧水亭」。この地に湧き出るお水と良質な国産大豆でつくる、こだわりのお豆腐やスイーツを販売している人気店です。平日でも多くのお客さんで賑わうお店の魅力と、リピーター続出の絶品お豆腐グルメをたっぷりとご紹介します!


おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

青森県おいらせ町で毎年9月に行なわれる「おいらせ百石まつり」と「おいらせ下田まつり」。旧百石町と旧下田町が合併して生まれた“おいらせ町”の秋祭りで、豊作や大漁、無病息災などを祈願して行なわれます。全国的にも珍しい種類の山車からさまざまな催し物まで、見どころをたっぷりとご紹介します!


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


最新の投稿


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟県内では、毎日どこかで定期市が開催されています。採れたての野菜や新鮮な魚介、おいしいお菓子や衣類などがそろい、まるでお宝の山のよう。お店の人からは野菜の育て方や調理方法など、ためになる話を直接聞けて、実りの多い時間を過ごせそうです。旅の途中に訪れても温かく迎えてくれるので、親子で定期市めぐりをしてみてはいかがですか?


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町に来たらどうしても食べておきたいのが、十日町発祥の「ふのりそば」。つなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻を使い、「へぎ」という器に盛り付けるため、「へぎそば」とも呼ばれ、とても強いコシとツルツルの喉ごしが特徴です。近年は首都圏でも人気があり、これをめあてに多くの人が訪れる「ふのりそば」についてご紹介します。


横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

青森県上北郡横浜町の国道279号線沿いにたたずむ、豆腐茶屋「湧水亭」。この地に湧き出るお水と良質な国産大豆でつくる、こだわりのお豆腐やスイーツを販売している人気店です。平日でも多くのお客さんで賑わうお店の魅力と、リピーター続出の絶品お豆腐グルメをたっぷりとご紹介します!


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。