八戸 |「八戸ブックセンター」で運命の”本との出会い”を

八戸 |「八戸ブックセンター」で運命の”本との出会い”を

「八戸ブックセンター」は、2016年12月にオープンした、全国でも珍しい本の購入ができる八戸市運営の公共施設です。中心市街地における、新たな交流と創造の拠点「八戸ポータルミュージアムはっち」からほど近いこの施設は、一般的な本屋とも、図書館とも違います。本をより魅力的にする空間「八戸ブックセンター」をご紹介します。


「本のまち八戸」の拠点施設としてつくられた、本との出会いの場

現八戸市長・小林眞氏が政策公約として「本のまち八戸」を掲げたことが「八戸ブックセンター」のはじまり。「本を読む人を増やす、本を書く人を増やす、本でまちを盛り上げる」ことを目指した、拠点施設としてつくられました。

シンプルでシックな内装の館内には、テーマごとに分類された選りすぐりの書籍がずらりと並び、すべて手にとることができます。蔵書数は約8,000冊。一般的な書店で見かけることが少ない分野を重点的に取りそろえ、人文・社会科学系、芸術系の書籍や海外文学など、幅広い分野の書籍を取り扱っています。

はじめから「○○を買うぞ」、という目的をもって訪れる本屋さんではなく、ふらりと立ち寄って素敵な本と出会わせてくれる、というのがこの施設のコンセプトです。

おもしろい工夫が盛りだくさんの空間づくり

図書館とも本屋とも違う「八戸ブックセンター」。居心地のよい館内には、本の世界に浸かってもらうための工夫がたくさん。本棚は一般的な本の分類方法ではなく、「知へのいざない」「人生について」「本のまち八戸」など独自の切り口で興味をそそられます。

読むスペースも充実。本棚の合間には腰掛けや、子どもたちにも大人気の2つのハンモックも。それぞれのテーマで集められた本に囲まれて、ゆったり読書を楽しめます。「本の塔」と名付けられた小さな空間には、大人1人が座れるくらいのスペースを囲うようにしてびっしりと書籍が並んでいるので、1日こもっていても飽きないかもしれません。

ブックセンター中央にあるカウンターでは、ドリンクの販売もしています。メニューは青森県産のりんごジュースやビール、ワインなど。コーヒーは、注文を受けてからドリップしてくれる本格派です。あちこちにドリンクホルダーが設置されているので、立ち読みしながらでも両手で本を読めます。

執筆活動のための部屋も

八戸市では、本を「読む人」だけでなく「書く人」にも目を向けています。「カンヅメブース」は、「書くことに集中するための部屋」として、執筆活動をする方なら誰でも登録・利用が可能です。

「カンヅメブース」のほかにも、市民が読書会を開催するための部屋や、本に関するさまざまな企画展を開催するためのギャラリースペースなども。施設に訪れるたび、新たな本との出会いがありそうでワクワクしますね。

市民とつくる本棚、オリジナルグッズの販売も

とにかく徹底して、これまで手に取らなかったような分野の書籍に特化している館内。「フェア棚・ひと棚」には、八戸にゆかりのある人や、テーマを設けて市民が選んだ本を並べていて、共同で空間をつくっています。

館内には、お子さん用の「絵本」をまとめて設置している場所はありませんが、さまざまな分野の棚であちこちに絵本や図鑑がちりばめられているので、大人でも絵本を自然に手に取ることができる環境です。

またオリジナルグッズとして、八戸ブックセンターのロゴがプリントされたトートバック、缶バッチ、ステッカーを販売しています。今後、本にまつわる選りすぐりの雑貨も増やしていく予定だそうです。

まとめ

何度でも訪れたくなるような仕掛けがたっぷりの「八戸ブックセンター」。
中心市街地で、JR線本八戸駅から徒歩10分。立ち寄りやすいのも魅力です。ぜひ、ステキな本との出会いを体験してみては?

「八戸ブックセンター」について詳しくはこちら

関連する投稿


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


最新の投稿


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

福島県岩瀬郡天栄村にある「ブリティッシュヒルズ」は、福島県にいながらイギリスに留学したような雰囲気で、滞在しながら英語を学ぶことができるリゾート施設。中世イギリスを再現したマナーハウスや街並みは、まるで本物のイギリスのよう!レストランやティールームで、本場イギリスの料理やスイーツなども味わえます。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代町では、寒暖差のある気候を活かしてそばやお米、新鮮な高原野菜が栽培されています。今回は、そんな旬な新米やそばをおなかいっぱい食べられる人気のお店に加え、昔ながらのご当地スイーツ「天ぷらまんじゅう」をご紹介します。


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。