十和田 |「カフェミルマウンテン」古民家カフェでいただくこだわりランチとドリンク

十和田 |「カフェミルマウンテン」古民家カフェでいただくこだわりランチとドリンク

青森県十和田市の商店街にある、「カフェミルマウンテン」。一見すると通り過ぎてしまいそうなそのお店は、古民家を改装してつくった隠れ家風のホッとできる空間です。ステキな空間づくりが魅力で県内外にファンがたくさん!お店の至るところにこだわりがつまった、「カフェミルマウンテン」をご紹介します。


築100年の民家を改築した自慢のカフェ

もとは古びたトタンで囲まれた空き家だったという、「カフェミルマウンテン」の建物。大正時代に建てられた、古い民家だったそうです。子どもの頃から奥入瀬渓流などの自然が身近にあったオーナーの河村さんは、自然に近い十和田市で7年前に「カフェミルマウンテン」をオープンしました。

店内の中央にある階段を境に、奥には雑貨などセレクトされた商品が並びます。階段の手前側は、暖かみを感じさせてくれる木のぬくもりにつつまれる喫茶スペース。

階段を上ると、太くたくましい年季の入った梁がモダンな雰囲気を感じさせる喫茶スペースとなっています。2階は抜群の日当たりで、長居したくなるほっこりした居心地のよさ。常連さんのなかには、「いつもこの席!」と特等席があるお客さんもいるほどだそう。ひとつの屋根の下に、それぞれの雰囲気が同居する不思議な空間で、時間をゆっくりと感じられますよ。

雑貨コーナーでは、ここでしかお目にかかれないオーナーセレクト商品がたくさん

店内で取り扱っている雑貨などの商品は、アウトドアや自然が好きだというオーナーのセレクトで、自然のなかで快適に過ごすためのグッズが多めに揃います。マグカップやコーヒー雑貨から、衣服、カバン、帽子など身につけるものまで、かつて雑貨店を営んでいたオーナーならではのこだわりで選び抜かれた商品ばかりです。置いている雑貨は多岐にわたりますが、お店全体の雰囲気に統一感をもたらしてくれています。

「お客さんに長く使ってもらえるものを」という気持ちから、質の高いものを安く仕入れているそうで、青森県内でここでしか手に入らないようなレアな雑貨も取り扱っています。お店のロゴ入りのオリジナルTシャツは、色や生地の厚み、ロゴのデザインもさまざまで種類が豊富。オリジナルトートバッグなどもあり、見ているだけでワクワクしてきます!

フードメニューはこだわりの一品が勢ぞろい

フードメニューは、ごはん系もパン系もどちらもあります。定番のカレーライスは油分をそぎ落としてつくられていて、とても食べやすくもたれない味。たくさんの野菜を丸ごととろけるまで煮込んでいて、自然な甘さにピリッとスパイスの刺激が効いています。

チキントマトライスは、子どもも大好きなトマト味。チキンにもひよこ豆にもトマトの味がしみ込んでいて、ごはんが進みます。

パンを使ったフードメニューは、ホットサンドがメイン。ベーコン・オニオン・チーズのシンプルなサンドで、食べやすく人気のメニュー!グリルベーコンや目玉焼きも付いたプレートは、しっかり食べたいときにオススメです。

どのフードメニューにも、自家製ピクルスが付いていて、さっぱりした味わいです。近所で採れた野菜もふんだんに使われています。フードメニューは全品テイクアウトOK!お店の味をそのままにお持ち帰りできますよ。

子どもも飲みやすいドリンクも!充実したドリンクメニュー

ドリンクの1番人気は、ほかのカフェの店員さんもその味を探りに来るという、「ジンジャーミルク」。からだの芯から温まるショウガのドリンクです。

実際にいただいてみると、少し時間がたった時点で本当にからだがポカポカしはじめました!ただ甘いだけでも、ショウガが効きすぎているわけでもない、絶妙なバランスです。

フォトジェニックないちごジュースもオススメ。かわいらしいビンに入ったジュースは、下に練乳が沈んでいて、やさしい味わい。子どもが大好きな味です。

オリジナルブレンドのミルマウンテンコーヒーは、スッキリした飲み口で、上品で飲みやすい味わい。オリジナルブレンドのコーヒー豆は、店内で100グラム単位で販売しています。

ステキな雰囲気でいつもお客さんを包み込んでくれる、「カフェミルマウンテン」。みなさんも行ったらやみつきになるかもしれませんよ。

「カフェミルマウンテン」と十和田市を満喫!ななびチェック

十和田市現代美術館へのアクセス抜群!

十和田市の中心街にある「カフェミルマウンテン」。車で5分とかからず、十和田市現代美術館へアクセスできます。十和田市を楽しむなら、美術館とセットでどうぞ!

「十和田市現代美術館」はこちらの記事でもご紹介しています!

厳選された、子どもも大満足なメニュー

子ども連れもOKの「ミルマウンテン」。取り分けられるように小さいお皿を借りることもできます。また、ごはん系はプラス100円で大盛りにすることも可能!店内はワレモノのディスプレイが多いため、気をつけてくださいね。

街中にいながら自然を感じられる魅力

木のぬくもり、静かな窓辺、ちょっと薄暗い山小屋を連想させる店内…。お店に置いているものや、建物全体の雰囲気によって、街中にいながらどこか開放的でホッとした気持ちにさせてくれます。

「カフェミルマウンテン」について詳しくはこちら

関連する投稿


青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森市の駅前公園に隣接する「三ッ星製パン」。販売しているパンのひとつひとつに、ターゲットやテーマを決めているというこだわりのメニューが並びます。一見小ぶりに見えるパンですが、実はおいしさの秘密が詰まっているのだとか。今回は、ここでしか味わえないこだわりのパンの魅力をたっぷりとご紹介します!


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

港町・八戸市の名物といえば、外せないのが海産物。今回は、そんなイメージを裏切らない絶品丼ぶりご飯をはじめ、デザートにオススメな濃厚ソフトクリーム、新グルメスポットとして人気のお米専門店など、さまざまな“うまい!”をたっぷりご紹介します!


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?