十和田 |「カフェミルマウンテン」古民家カフェでいただくこだわりランチとドリンク

十和田 |「カフェミルマウンテン」古民家カフェでいただくこだわりランチとドリンク

青森県十和田市の商店街にある、「カフェミルマウンテン」。一見すると通り過ぎてしまいそうなそのお店は、古民家を改装してつくった隠れ家風のホッとできる空間です。ステキな空間づくりが魅力で県内外にファンがたくさん!お店の至るところにこだわりがつまった、「カフェミルマウンテン」をご紹介します。


築100年の民家を改築した自慢のカフェ

もとは古びたトタンで囲まれた空き家だったという、「カフェミルマウンテン」の建物。大正時代に建てられた、古い民家だったそうです。子どもの頃から奥入瀬渓流などの自然が身近にあったオーナーの河村さんは、自然に近い十和田市で7年前に「カフェミルマウンテン」をオープンしました。

店内の中央にある階段を境に、奥には雑貨などセレクトされた商品が並びます。階段の手前側は、暖かみを感じさせてくれる木のぬくもりにつつまれる喫茶スペース。

階段を上ると、太くたくましい年季の入った梁がモダンな雰囲気を感じさせる喫茶スペースとなっています。2階は抜群の日当たりで、長居したくなるほっこりした居心地のよさ。常連さんのなかには、「いつもこの席!」と特等席があるお客さんもいるほどだそう。ひとつの屋根の下に、それぞれの雰囲気が同居する不思議な空間で、時間をゆっくりと感じられますよ。

雑貨コーナーでは、ここでしかお目にかかれないオーナーセレクト商品がたくさん

店内で取り扱っている雑貨などの商品は、アウトドアや自然が好きだというオーナーのセレクトで、自然のなかで快適に過ごすためのグッズが多めに揃います。マグカップやコーヒー雑貨から、衣服、カバン、帽子など身につけるものまで、かつて雑貨店を営んでいたオーナーならではのこだわりで選び抜かれた商品ばかりです。置いている雑貨は多岐にわたりますが、お店全体の雰囲気に統一感をもたらしてくれています。

「お客さんに長く使ってもらえるものを」という気持ちから、質の高いものを安く仕入れているそうで、青森県内でここでしか手に入らないようなレアな雑貨も取り扱っています。お店のロゴ入りのオリジナルTシャツは、色や生地の厚み、ロゴのデザインもさまざまで種類が豊富。オリジナルトートバッグなどもあり、見ているだけでワクワクしてきます!

フードメニューはこだわりの一品が勢ぞろい

フードメニューは、ごはん系もパン系もどちらもあります。定番のカレーライスは油分をそぎ落としてつくられていて、とても食べやすくもたれない味。たくさんの野菜を丸ごととろけるまで煮込んでいて、自然な甘さにピリッとスパイスの刺激が効いています。

チキントマトライスは、子どもも大好きなトマト味。チキンにもひよこ豆にもトマトの味がしみ込んでいて、ごはんが進みます。

パンを使ったフードメニューは、ホットサンドがメイン。ベーコン・オニオン・チーズのシンプルなサンドで、食べやすく人気のメニュー!グリルベーコンや目玉焼きも付いたプレートは、しっかり食べたいときにオススメです。

どのフードメニューにも、自家製ピクルスが付いていて、さっぱりした味わいです。近所で採れた野菜もふんだんに使われています。フードメニューは全品テイクアウトOK!お店の味をそのままにお持ち帰りできますよ。

子どもも飲みやすいドリンクも!充実したドリンクメニュー

ドリンクの1番人気は、ほかのカフェの店員さんもその味を探りに来るという、「ジンジャーミルク」。からだの芯から温まるショウガのドリンクです。

実際にいただいてみると、少し時間がたった時点で本当にからだがポカポカしはじめました!ただ甘いだけでも、ショウガが効きすぎているわけでもない、絶妙なバランスです。

フォトジェニックないちごジュースもオススメ。かわいらしいビンに入ったジュースは、下に練乳が沈んでいて、やさしい味わい。子どもが大好きな味です。

オリジナルブレンドのミルマウンテンコーヒーは、スッキリした飲み口で、上品で飲みやすい味わい。オリジナルブレンドのコーヒー豆は、店内で100グラム単位で販売しています。

ステキな雰囲気でいつもお客さんを包み込んでくれる、「カフェミルマウンテン」。みなさんも行ったらやみつきになるかもしれませんよ。

「カフェミルマウンテン」と十和田市を満喫!ななびチェック

十和田市現代美術館へのアクセス抜群!

十和田市の中心街にある「カフェミルマウンテン」。車で5分とかからず、十和田市現代美術館へアクセスできます。十和田市を楽しむなら、美術館とセットでどうぞ!

「十和田市現代美術館」はこちらの記事でもご紹介しています!

厳選された、子どもも大満足なメニュー

子ども連れもOKの「ミルマウンテン」。取り分けられるように小さいお皿を借りることもできます。また、ごはん系はプラス100円で大盛りにすることも可能!店内はワレモノのディスプレイが多いため、気をつけてくださいね。

街中にいながら自然を感じられる魅力

木のぬくもり、静かな窓辺、ちょっと薄暗い山小屋を連想させる店内…。お店に置いているものや、建物全体の雰囲気によって、街中にいながらどこか開放的でホッとした気持ちにさせてくれます。

「カフェミルマウンテン」について詳しくはこちら

関連する投稿


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。