山形 |【ななび連載:山形編vol.1】山形ってどんなところ?

山形 |【ななび連載:山形編vol.1】山形ってどんなところ?

ビルが並ぶ都市の風景に、明治・大正からのレトロ建築が融合し、落ち着いた雰囲気が漂う山形市。戦国武将・最上義光が礎を築いた城下町であり、その面影が山形城跡である霞城公園などにみられます。全国的に有名な蔵王、山寺などの観光地や、そばをはじめとしたグルメ、季節を彩るユニークなイベントなど多彩な魅力にあふれた県都です。


絵になるスポットがいっぱい!「霞城公園」

最盛期で最上57万石の城下町として栄えた山形市。その歴史をしのばせるのが、最上義光が居を構えた山形城跡・霞城公園です。藩政時代から残る二の丸のお堀を桜の木がぐるりと囲み、春は華やかなピンク色に。

史実に従い日本古来の建築様式で復元された二の丸東大手門は、人気の記念撮影スポット。映画『超高速!参勤交代』のロケ地にもなりました。

二の丸東大手門近くに立つ勇ましい最上義光騎馬像も、躍動感にあふれフォトジェニック。頑丈な騎馬像は山形鋳物でつくられていますが、馬が2本足のみの絶妙なバランスで立つ騎馬像は世界的にも希少なのだそう。山形の優れた伝統の技が垣間見られますね。

園内にはほかにも、3層楼16角形の建築が見事な「山形市郷土館」や、国宝「縄文の女神」を収蔵し、お子さんがワクワクする体験広場もある「山形県立博物館」などもあり、充実した休日が過ごせそうです。

山形市のシンボル的存在、山形県郷土館「文翔館」

山形市街には、明治・大正時代につくられた建築物が数多く残り、ステキな街並みをつくっています。山形駅前から続く目抜き通り・七日町通りの正面に建つ山形県郷土館「文翔館」は、大正建築の傑作といわれ、重厚な英国近世復興様式の建築で、1975年まで県庁舎、県会議事堂として使われました。

時計塔の時計は、建設当初から時を刻み続け、今でも5日に1度、手動で分銅を巻き上げています。全国で稼働している塔時計で2番目に古いそう。館内には山形の歴史や文化資料を展示していて、希望者にはボランティアガイドによる案内も行なっています。

文翔館のすぐ裏には、白亜の壁面に緑色のふちどりがかわいらしい大正の洋風建築物「山形六日町教会」が。ほかにも、明治時代に建築された洋館、明治教育資料館や山形聖ペテロ協会など、市街では数多くの洋風建築物が見られます。

こけしに樹氷、ユニークなイベントにも注目!

山形市は、ユニークなイベントが多いのも楽しみのひとつ。8月上旬の「山形花笠まつり」、9月中旬の「日本一の芋煮会フェスティバル」が全国的に有名ですが、晩秋から冬にかけても魅力的なイベントが開催されます。

ななびでは「日本一の芋煮会フェスティバル」について詳しくご紹介しています。

2017年11月18日(土)~19日(日)に開催されるのが「みちのくこけしまつり」。今年で37回目を迎える、歴史あるこけしコンクールです。伝統こけしやオシャレな創作こけし、木地玩具の展示と販売が行なわれます。こけし工人さんの実演風景を間近で見学したり、こけしの絵付け体験もできますよ。

そして、冬といえば、蔵王の樹氷が有名です。蔵王温泉スキー場では、2017年12月23日(土・祝)~2018年3月4日(日)まで「蔵王樹氷まつり」を開催。蔵王の特殊な気象条件と植生がつくり出す、世界でもあまり類をみない「氷」と「雪」の芸術品が見られます。

ロープウェイで山に登って散歩しながら観賞したり、記念撮影を楽しんだり冬にだけ現れる貴重な光景を見るためにたくさんの人が訪れる「蔵王樹氷まつり」。

期間中は53日間限定で樹氷のライトアップが行なわれ、「ナイトクルーザー号で行く樹氷幻想回廊ツアー」も開催。闇夜に浮かび上がる幻想的な樹氷を眺めながらクルージングできます。ほかに花火や松明滑走なども行なわれるので、詳しい日時はホームページでチェックしてくださいね。

1日中遊べる城跡公園や、レトロ建築がステキな市街地の街歩き、蔵王ならではの冬の風物詩、樹氷など、山形市には楽しみがいっぱい。フォトジェニックな場所もたくさんあるので、家族で記念撮影もしたいですね。

次回は、山形市で訪れたいそばの人気店をご紹介します。

山形市へのおでかけをファミリーで楽しむ、ななびチェック!

山形県立博物館の体験広場で遊ぼう

実物資料にふれたり、けん玉など昔懐かしい遊びが楽しめます。南極海のクロミンククジラの骨格標本なども展示中です。

みちのくこけしまつりでこけしの絵付けにチャレンジ

白い木地に自由に絵付けして、オリジナルのこけしがつくれます。こけしの絵付け体験は1本400円です。

蔵王のナイトクルーザー号で夜の樹氷体験

暖房付きの雪上車「ナイトクルーザー号」に乗って、ライトアップされた樹氷を間近で眺めましょう!

「霞城公園」について詳しくはこちら
「山形県立博物館」について詳しくはこちら
「山形県郷土館「文翔館」」について詳しくはこちら
「蔵王樹氷まつり」について詳しくはこちら
「ナイトクルーザー号で行く「樹氷幻想回廊」ツアー」について詳しくはこちら

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?