東根 |「ひろなり家具」でおしゃれな家具探し&のんびりコーヒータイム

東根 |「ひろなり家具」でおしゃれな家具探し&のんびりコーヒータイム

さくらんぼをはじめ、フルーツの栽培がさかんな東根市。オーダーメイド家具の製作を行なう「ひろなり家具」は、木のぬくもりを感じるナチュラルなアイテムが評判の家具屋です。2017年5月にオープンしたショールームを兼ねたカフェでは、のんびりくつろぎながら家具探しができますよ。


オリジナルの家具を生かしたナチュラルな空間

さくらんぼ東根駅から車で約10分。ひろなり家具は、老舗の漬け物店や和菓子店などが軒を連ねる「大けやきラ・ラ・ラ通り」沿いにあります。昔ながらの店が建ち並ぶ商店街の中で、ひろなり家具の真っ白でスタイリッシュな外観はひときわ目をひきます。

以前は東根市内の別の場所に工場がありましたが、2015年に現在の場所に移転。「家具にもっと身近にふれられる場所をつくりたい」と、オーナーご夫婦が自分たちの手でコツコツと建物を改装し、カフェをオープンさせました。

店内のカウンターや棚、テーブルやイスなどは、すべてひろなり家具のオリジナルアイテム。外観と同様、真っ白な壁の店内にナチュラルテイストの家具が調和し、落ち着きのある空間になっています。

ショールームを兼ねたカフェでのんびりコーヒータイム

火~木曜の週3日だけオープンするカフェでは、オリジナルのコーヒーやスイーツが味わえます。コーヒーは、仙台にあるコーヒー専門店「ほの香」と試行錯誤を重ねブレンド。中深煎りのほどよい苦味とすっきりした飲み口が特徴です。

焼き菓子は、東根市内の菓子店「ほていや」とのコラボレーション。あんずやいちじくをはじめ季節のフルーツを使ったタルトや、外はカリカリ&中はもちもちの食感が楽しいカヌレなど、コーヒーとの相性を考えてつくったメニューが並びます。カヌレはひろなり家具のためだけにつくられた限定メニューなので、ぜひ味わってみてくださいね。

ブルーベリーやラズベリー、ボイセンベリーを煮詰めたシロップでつくる「東根産ベリーのスカッシュ」もオススメ。ベリーの甘酸っぱさとシュワッとした炭酸がマッチしたさわやかな味わいで、お子さんもゴクゴク飲めそうです。

東北の木材を使った、木のぬくもりを感じる家具

カフェの奥には工場があり、職人さんたちが日々家具づくりを行なっています。「できるだけ地元の素材を使いたい」という想いから、おもに東北産の木材を使用。木の節や割れをあえて生かすのが特徴で、自然な木目とやさしい色合いはどんなインテリアにもしっくりなじみます。使い込むほどに風合いや深みが増していくので、愛着もどんどんわいていきそうです。

座面の丸いフォルムがかわいらしい「キノコスツール」は、ひろなり家具の人気アイテムのひとつ。以前は東根市のふるさと納税の返礼品として採用されていたそう(現在は終了)。コンパクトなサイズなので、小さなお子さんが使うのにもぴったりです。

木の質感を生かした、使いごこちのよいアイテムがそろうひろなり家具。カフェは定期的に模様替えを行なっているので、訪れるたびにインテリアが異なるのも楽しみのひとつです。「お部屋に置いたらどうなるかな?」と想像をふくらませながら家具探しをするのも楽しそう。

長く愛用できるアイテムを見つけに、足を運んでみてはいかがですか。

「ひろなり家具」のここがステキ!ななびチェック!

どんなインテリアにもなじむアイテムばかり

木の質感を生かしたひろなり家具のアイテムは、デザインがシンプルなので、和洋問わずいろいろなお部屋の雰囲気にマッチ。ご近所の古民家カフェにも、ひろなり家具のテーブルとイスが使われているそう。

工場の見学もできます

カフェの裏にある家具工場は見学も受け付けています。好みのアイテムがあったら、気軽に相談してみてくださいね。

不定期で親子向けのワークショップを開催

地元・山形のフラワーショップとコラボレーションし、親子で楽しめるワークショップを開催することもあります。詳細はひろなり家具のHPやSNSなどでチェックを。

「ひろなり家具」について詳しくはこちら

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?