一関 |「丸三漆器」で見つけた、いつまでも使い続けたくなる秀衡塗の器

一関 |「丸三漆器」で見つけた、いつまでも使い続けたくなる秀衡塗の器

東北自動車道一関ICから車で約30分。豊かな自然に抱かれた岩手県一関市大東町にある「丸三漆器」は、岩手県の伝統工芸のひとつ、秀衡塗の伝統を守る漆器店です。熟練の職人たちによってつくられる秀衡塗の器は、美しく使い勝手も抜群と、実は普段使いにぴったりなんです。心惹かれる漆器を、日々の暮らしに取り入れてみませんか?


平安時代から続く伝統の技「秀衡塗」

古くから日本の暮らしのなかで用いられてきた漆器。国産漆の一大産地である岩手県では、生活の一部として今も多くの人に親しまれています。

創業100年を越える「丸三漆器」は、漆技術の伝統と技を引き継ぐ老舗漆器店。品のあるたたずまいが魅力的な秀衡塗の製造から販売までを一貫して行なっています。

秀衡塗の発祥は平安時代末期にさかのぼります。奥州藤原氏の第三代当主・藤原秀衡が金色堂造営の際に京の工人に命じ、県内の特産である漆と金を使いつくらせた器「秀衡椀」が、秀衡塗のはじまりといわれています。

「秀衡椀」の特徴は、“源氏雲”と呼ばれる雲の形と、複数の菱形の組み合わせでつくられる“有職菱文様(ゆうそくひしもんよう)”が描かれていること。漆独特の上品さはもちろんのこと、艶やかに光る金箔やところどころに配された草花と吉祥の図柄が、より華やかな雰囲気を演出します。

この技術は秀衡塗として伝承され、1985年には「伝統的工芸品」に指定。岩手県内では丸三漆器を含めた3軒が製造を続けています。

手間や時間を惜しまず、繊細な技術でつくられます

「上塗り」や「箔貼り」など、15の工程を経て完成する秀衡塗。大きく分けると、「木地づくり」「下地づくり」「塗り」「絵付け」の4つからなり、丸三漆器ではその全工程を8人の職人で行なっています。

完成までの道のりは長く、最も時間を要するのは原木を切り出し製品の形に整える「木地づくり」。木に蓄えられた水分は割れや変形の原因になるため、加工前に1年~5年もの間乾燥させるのだそう。その後、約3ヶ月の時間を経て美しい秀衡塗の器が完成します。

特別に工房の様子を見学させていただくと、職人一人ひとりの確かな技術が品質の良さを支えていることを実感。

たとえば、土台となる「木地づくり」は、使いやすさを考え器の厚さや丸みを調整。「下地づくり」では木地の表面を平らにするため、研磨を繰り返しなめらかな質感に仕上げています。

研磨中の器を触ると、元が木とは思えないほどつやつやなのですが、職人さんは「まだまだ」と。ちょっとした凹凸やほこりの有無が感触として伝わるのだといいます。

美しさの要となる「塗り」や「絵付け」では、その日の気温や湿度によって漆を塗るタイミングを見極めるなど、まさに職人技。普段漆器を手にとると、その華やかさにばかり目を向けがちですが、そこには使い手を想う職人たちの深い愛情が宿っているのです。

手にしっくりとなじむ秀衡塗の椀

「重厚感がある」「敷居が高い」とイメージされやすい漆器ですが、素材となる木や漆はすべて自然素材を使っていることから、体にやさしく、かつ軽くて丈夫と普段使いに最適。保温性に優れているので器に入れた料理が冷めにくく、長くおいしい状態で味わえるのもうれしいポイントです。

丸三漆器で扱う椀にはさまざまな絵柄があり、伝統の柄を施した椀は味噌汁用に、シンプルなデザインの椀はサラダボウルにと、和・洋どんなスタイルでも楽しめます。お子さんと一緒に何を入れようかなとイメージしながら選ぶのは楽しいひとときです。

漆器をより身近に

若い人たちでも気軽に使ってほしいという想いから生まれた、小物やワイングラス「漆グラス」も注目です。特に好評なのがうさぎとねこの絵柄が愛らしい「スプーン」。表情が微妙に異なるのも手描きならでは。お気に入りの絵柄を探す楽しみがありますよ。

最近ではグラスに絵付けする漆絵体験もスタート。大阪など遠方から訪れる観光客がいたりと好評なのだとか。予約は1週間前まで。少人数でも体験可能なので気軽にチャレンジできます。オリジナルのグラスをつくれば、お子さんにとっておでかけのステキな思い出になりますね。

使ううちに艶が増し風合いが出てくるのも漆器の魅力のひとつ。長い時間をかけ、職人たちの技術と真摯な想いによってつくられる秀衡塗の器を、使い手自身がよりあたたかみのある器へと育ててみてはいかがでしょうか。

漆器を日常に取り入れたい!ななびチェック

お子さんの食器にもイチオシ

熱が伝わりにくいことが特徴の漆器。熱い料理を入れても手で器を持てるので、小さなお子さん用にもオススメです。

修理もできる

傷ができても漆を塗ることで元の美しさに。長く愛用できます。

お手入れが簡単

普通の台所用洗剤で洗ってOK。水気をしっかりと拭き取ることが大事です。

「丸三漆器」について詳しくはこちら

関連する投稿


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

岩手県盛岡市にある「P.B.CAFÉ」は、お子さんが夢中になって遊べる大きなキッズスペースを備えたカフェ。平日のランチタイムや週末には、ママ友とのランチ会やファミリーでのカフェタイムなどで多くの人が訪れます。ニューヨークのカフェをイメージしたスタイリッシュな店内の雰囲気と新鮮野菜が盛りだくさんのメニューも評判ですよ。


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。


花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

東北有数の温泉地として有名な「花巻温泉郷」のある岩手県花巻市。旅館やリゾートホテルが点在する山あいに建つ「山の駅 昭和の学校」は、昔なつかしい昭和の雑貨や日用品を集めた資料館です。廃校になった小学校の校舎を活用した施設内には、20万点以上ものアイテムがずらり!お子さんから大人まで楽しめると人気なんですよ。


最新の投稿


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

岩手県盛岡市にある「P.B.CAFÉ」は、お子さんが夢中になって遊べる大きなキッズスペースを備えたカフェ。平日のランチタイムや週末には、ママ友とのランチ会やファミリーでのカフェタイムなどで多くの人が訪れます。ニューヨークのカフェをイメージしたスタイリッシュな店内の雰囲気と新鮮野菜が盛りだくさんのメニューも評判ですよ。