一関 |「丸三漆器」で見つけた、いつまでも使い続けたくなる秀衡塗の器

一関 |「丸三漆器」で見つけた、いつまでも使い続けたくなる秀衡塗の器

東北自動車道一関ICから車で約30分。豊かな自然に抱かれた岩手県一関市大東町にある「丸三漆器」は、岩手県の伝統工芸のひとつ、秀衡塗の伝統を守る漆器店です。熟練の職人たちによってつくられる秀衡塗の器は、美しく使い勝手も抜群と、実は普段使いにぴったりなんです。心惹かれる漆器を、日々の暮らしに取り入れてみませんか?


平安時代から続く伝統の技「秀衡塗」

古くから日本の暮らしのなかで用いられてきた漆器。国産漆の一大産地である岩手県では、生活の一部として今も多くの人に親しまれています。

創業100年を越える「丸三漆器」は、漆技術の伝統と技を引き継ぐ老舗漆器店。品のあるたたずまいが魅力的な秀衡塗の製造から販売までを一貫して行なっています。

秀衡塗の発祥は平安時代末期にさかのぼります。奥州藤原氏の第三代当主・藤原秀衡が金色堂造営の際に京の工人に命じ、県内の特産である漆と金を使いつくらせた器「秀衡椀」が、秀衡塗のはじまりといわれています。

「秀衡椀」の特徴は、“源氏雲”と呼ばれる雲の形と、複数の菱形の組み合わせでつくられる“有職菱文様(ゆうそくひしもんよう)”が描かれていること。漆独特の上品さはもちろんのこと、艶やかに光る金箔やところどころに配された草花と吉祥の図柄が、より華やかな雰囲気を演出します。

この技術は秀衡塗として伝承され、1985年には「伝統的工芸品」に指定。岩手県内では丸三漆器を含めた3軒が製造を続けています。

手間や時間を惜しまず、繊細な技術でつくられます

「上塗り」や「箔貼り」など、15の工程を経て完成する秀衡塗。大きく分けると、「木地づくり」「下地づくり」「塗り」「絵付け」の4つからなり、丸三漆器ではその全工程を8人の職人で行なっています。

完成までの道のりは長く、最も時間を要するのは原木を切り出し製品の形に整える「木地づくり」。木に蓄えられた水分は割れや変形の原因になるため、加工前に1年~5年もの間乾燥させるのだそう。その後、約3ヶ月の時間を経て美しい秀衡塗の器が完成します。

特別に工房の様子を見学させていただくと、職人一人ひとりの確かな技術が品質の良さを支えていることを実感。

たとえば、土台となる「木地づくり」は、使いやすさを考え器の厚さや丸みを調整。「下地づくり」では木地の表面を平らにするため、研磨を繰り返しなめらかな質感に仕上げています。

研磨中の器を触ると、元が木とは思えないほどつやつやなのですが、職人さんは「まだまだ」と。ちょっとした凹凸やほこりの有無が感触として伝わるのだといいます。

美しさの要となる「塗り」や「絵付け」では、その日の気温や湿度によって漆を塗るタイミングを見極めるなど、まさに職人技。普段漆器を手にとると、その華やかさにばかり目を向けがちですが、そこには使い手を想う職人たちの深い愛情が宿っているのです。

手にしっくりとなじむ秀衡塗の椀

「重厚感がある」「敷居が高い」とイメージされやすい漆器ですが、素材となる木や漆はすべて自然素材を使っていることから、体にやさしく、かつ軽くて丈夫と普段使いに最適。保温性に優れているので器に入れた料理が冷めにくく、長くおいしい状態で味わえるのもうれしいポイントです。

丸三漆器で扱う椀にはさまざまな絵柄があり、伝統の柄を施した椀は味噌汁用に、シンプルなデザインの椀はサラダボウルにと、和・洋どんなスタイルでも楽しめます。お子さんと一緒に何を入れようかなとイメージしながら選ぶのは楽しいひとときです。

漆器をより身近に

若い人たちでも気軽に使ってほしいという想いから生まれた、小物やワイングラス「漆グラス」も注目です。特に好評なのがうさぎとねこの絵柄が愛らしい「スプーン」。表情が微妙に異なるのも手描きならでは。お気に入りの絵柄を探す楽しみがありますよ。

最近ではグラスに絵付けする漆絵体験もスタート。大阪など遠方から訪れる観光客がいたりと好評なのだとか。予約は1週間前まで。少人数でも体験可能なので気軽にチャレンジできます。オリジナルのグラスをつくれば、お子さんにとっておでかけのステキな思い出になりますね。

使ううちに艶が増し風合いが出てくるのも漆器の魅力のひとつ。長い時間をかけ、職人たちの技術と真摯な想いによってつくられる秀衡塗の器を、使い手自身がよりあたたかみのある器へと育ててみてはいかがでしょうか。

漆器を日常に取り入れたい!ななびチェック

お子さんの食器にもイチオシ

熱が伝わりにくいことが特徴の漆器。熱い料理を入れても手で器を持てるので、小さなお子さん用にもオススメです。

修理もできる

傷ができても漆を塗ることで元の美しさに。長く愛用できます。

お手入れが簡単

普通の台所用洗剤で洗ってOK。水気をしっかりと拭き取ることが大事です。

「丸三漆器」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

滝沢 |「たきざわ日曜朝市」野菜や果物が安い&おいしいと大評判!

岩手県滝沢市は盛岡市に隣接するベッドタウンで、昔から農業が盛んな地域。その滝沢市の市役所前の駐車場で、4月から11月末までの毎週日曜に開催されているのが「たきざわ日曜朝市」です。早朝からオープンする朝市には、新鮮な野菜や果物、スイーツや惣菜など多彩な品々がお手頃な価格で並び、多くの人でにぎわいます。


花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

花巻 |「おたすけキッチン」の地元食材を使ったお弁当&惣菜を味わおう

岩手県花巻市の東和町土沢地区にある「おたすけキッチン」。「自分たちで地域のためになるようなことをしたい」という想いから、地元に住むお母さんたちが中心となって2011年に立ち上げた惣菜屋さんです。ランチタイムともなると、地元産の野菜を使った手づくりの料理がぎゅっと詰まったお弁当や惣菜が店頭に並びます。


宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

宮古市ほか |「三陸鉄道」大人気ローカル線のお座敷列車でファミリー鉄旅を満喫!

岩手県の三陸海岸を走り、“さんてつ”の愛称で親しまれる「三陸鉄道」は、趣向を凝らした企画列車が盛りだくさんなことでも評判です。なかでも毎年4月~9月頃に運行する「お座敷列車」は、ドラマ『あまちゃん』でも話題となった三陸鉄道の名物列車。車窓に広がる海絶景を眺めながらうに丼をほおばる、とっておきの鉄旅が楽しめます。


岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

岩手 |「盛岡さんさ踊り」、「北上みちのく芸能まつり」…2018年岩手の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「盛岡さんさ踊り」や「北上・みちのく芸能まつり」など、岩手県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?