一関 |「丸三漆器」で見つけた、いつまでも使い続けたくなる秀衡塗の器

一関 |「丸三漆器」で見つけた、いつまでも使い続けたくなる秀衡塗の器

東北自動車道一関ICから車で約30分。豊かな自然に抱かれた岩手県一関市大東町にある「丸三漆器」は、岩手県の伝統工芸のひとつ、秀衡塗の伝統を守る漆器店です。熟練の職人たちによってつくられる秀衡塗の器は、美しく使い勝手も抜群と、実は普段使いにぴったりなんです。心惹かれる漆器を、日々の暮らしに取り入れてみませんか?


平安時代から続く伝統の技「秀衡塗」

古くから日本の暮らしのなかで用いられてきた漆器。国産漆の一大産地である岩手県では、生活の一部として今も多くの人に親しまれています。

創業100年を越える「丸三漆器」は、漆技術の伝統と技を引き継ぐ老舗漆器店。品のあるたたずまいが魅力的な秀衡塗の製造から販売までを一貫して行なっています。

秀衡塗の発祥は平安時代末期にさかのぼります。奥州藤原氏の第三代当主・藤原秀衡が金色堂造営の際に京の工人に命じ、県内の特産である漆と金を使いつくらせた器「秀衡椀」が、秀衡塗のはじまりといわれています。

「秀衡椀」の特徴は、“源氏雲”と呼ばれる雲の形と、複数の菱形の組み合わせでつくられる“有職菱文様(ゆうそくひしもんよう)”が描かれていること。漆独特の上品さはもちろんのこと、艶やかに光る金箔やところどころに配された草花と吉祥の図柄が、より華やかな雰囲気を演出します。

この技術は秀衡塗として伝承され、1985年には「伝統的工芸品」に指定。岩手県内では丸三漆器を含めた3軒が製造を続けています。

手間や時間を惜しまず、繊細な技術でつくられます

「上塗り」や「箔貼り」など、15の工程を経て完成する秀衡塗。大きく分けると、「木地づくり」「下地づくり」「塗り」「絵付け」の4つからなり、丸三漆器ではその全工程を8人の職人で行なっています。

完成までの道のりは長く、最も時間を要するのは原木を切り出し製品の形に整える「木地づくり」。木に蓄えられた水分は割れや変形の原因になるため、加工前に1年~5年もの間乾燥させるのだそう。その後、約3ヶ月の時間を経て美しい秀衡塗の器が完成します。

特別に工房の様子を見学させていただくと、職人一人ひとりの確かな技術が品質の良さを支えていることを実感。

たとえば、土台となる「木地づくり」は、使いやすさを考え器の厚さや丸みを調整。「下地づくり」では木地の表面を平らにするため、研磨を繰り返しなめらかな質感に仕上げています。

研磨中の器を触ると、元が木とは思えないほどつやつやなのですが、職人さんは「まだまだ」と。ちょっとした凹凸やほこりの有無が感触として伝わるのだといいます。

美しさの要となる「塗り」や「絵付け」では、その日の気温や湿度によって漆を塗るタイミングを見極めるなど、まさに職人技。普段漆器を手にとると、その華やかさにばかり目を向けがちですが、そこには使い手を想う職人たちの深い愛情が宿っているのです。

手にしっくりとなじむ秀衡塗の椀

「重厚感がある」「敷居が高い」とイメージされやすい漆器ですが、素材となる木や漆はすべて自然素材を使っていることから、体にやさしく、かつ軽くて丈夫と普段使いに最適。保温性に優れているので器に入れた料理が冷めにくく、長くおいしい状態で味わえるのもうれしいポイントです。

丸三漆器で扱う椀にはさまざまな絵柄があり、伝統の柄を施した椀は味噌汁用に、シンプルなデザインの椀はサラダボウルにと、和・洋どんなスタイルでも楽しめます。お子さんと一緒に何を入れようかなとイメージしながら選ぶのは楽しいひとときです。

漆器をより身近に

若い人たちでも気軽に使ってほしいという想いから生まれた、小物やワイングラス「漆グラス」も注目です。特に好評なのがうさぎとねこの絵柄が愛らしい「スプーン」。表情が微妙に異なるのも手描きならでは。お気に入りの絵柄を探す楽しみがありますよ。

最近ではグラスに絵付けする漆絵体験もスタート。大阪など遠方から訪れる観光客がいたりと好評なのだとか。予約は1週間前まで。少人数でも体験可能なので気軽にチャレンジできます。オリジナルのグラスをつくれば、お子さんにとっておでかけのステキな思い出になりますね。

使ううちに艶が増し風合いが出てくるのも漆器の魅力のひとつ。長い時間をかけ、職人たちの技術と真摯な想いによってつくられる秀衡塗の器を、使い手自身がよりあたたかみのある器へと育ててみてはいかがでしょうか。

漆器を日常に取り入れたい!ななびチェック

お子さんの食器にもイチオシ

熱が伝わりにくいことが特徴の漆器。熱い料理を入れても手で器を持てるので、小さなお子さん用にもオススメです。

修理もできる

傷ができても漆を塗ることで元の美しさに。長く愛用できます。

お手入れが簡単

普通の台所用洗剤で洗ってOK。水気をしっかりと拭き取ることが大事です。

「丸三漆器」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

岩手県盛岡市にある「光原社」は、全国から集めた漆器や焼き物を扱う工芸品店で、盛岡では外せない観光スポット。東北の雑貨や食品が並ぶショップ、クラシカルな喫茶店など、見どころがたくさんあります。特に本館からつながる石畳の中庭では、レトロな木造の建物が並ぶ外国の街並みを訪れたような、ちょっとした旅行気分を楽しめます。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?