糸魚川 |「糸魚川荒波あんこう祭り」で、冬の味覚を堪能!

糸魚川 |「糸魚川荒波あんこう祭り」で、冬の味覚を堪能!

糸魚川市は豊富な漁場として知られ、1月~2月はあんこうが旬を迎えます。1月21日(日)、28日(日)、2月4日(日)の3日間、糸魚川市内の3会場で開催される「糸魚川荒波あんこう祭り」では、あんこう汁の販売や、あんこうのつるし切りの実演が行なわれます。毎年大勢の人が訪れ、糸魚川市の冬を代表するイベントです。


10キロ以上の大きさが自慢!糸魚川の冬の味覚「荒波あんこう」

あんこうの漁場で有名な糸魚川市。日本海の荒波にもまれたあんこうは、肉質が締まり弾力もしっかりとしていて、珍重されています。なかでも10キロ以上のサイズのものは地元で「荒波あんこう」と呼ばれています。なんと「糸魚川荒波あんこう祭り」で味わえるのは、このビッグサイズなのです!

【1月21日(日)】糸魚川駅前で開催!料理人たちがつくるあんこう汁の食べ比べも

1月21日(日)は、ヒスイ王国館と糸魚川駅前のロータリー広場を会場に「糸魚川荒波あんこう祭り」が行なわれます。

糸魚川市内の飲食店や宿泊施設など、5店のプロの料理人たちがあんこう汁をつくり、販売します。各お店によって具材や味付けが違うので、食べ比べても楽しいですね。数量限定のため、はやめにおでかけしてゲットしましょう。(あんこう汁は1杯500円。1,000杯限定)

あんこう汁のほかにも、会場内ではさまざまなグルメが味わえます。浜焼きコーナーでは焼きたてのホタテなどがいただけますし、糸魚川名物のB級グルメ、ブラック焼きそばも出店します。どちらも、毎年人気のメニューです。

【1月28日(日)】能生会場であんこう料理を楽しむ!

能生会場では、あんこうの身がたっぷり入ったあんこう汁が味わえるのが特徴。あんこうの唐揚げや、あんこうの肝の酢味噌和えなど、あんこうを使った一品料理も並びます。切り身の販売もありますので、おみやげに買って、自宅でもあんこう鍋を楽しんではいかがでしょう。(あんこう汁は1杯500円。1,000杯限定)

会場となる「マリンドリーム能生」は、全天候楽しめる「お子様広場」があります。小さなお子さんが思いっきり遊べる場所もあるので安心ですね。ほかにも敷地内には、地元のカニ漁師が直営販売する「かにや横丁」も。地元の能生漁港で獲れたベニズワイガニを販売しています。買ったその場で食べることもできますよ。

【2月4日(日)】漁師さんがつくるあんこう汁が絶品の青海会場

3会場で行なわれる、「糸魚川荒波あんこう祭り」を締めくくるのが、青海会場。こちらのあんこう汁は地元の漁師さんがつくっています。あんこうの肝がたっぷり入って濃厚で、魚を知っている漁師さんならではの味わいです。毎年、販売開始の前から多くの人が並ぶほど、人気なんですよ。(あんこう汁は1杯500円。500杯限定)

会場となる「親不知ピアパーク」のすぐ目の前は日本海。晴れていれば日本海の美しいロケーションも楽しめます。また、敷地内にある「翡翠ふるさと館」では天然記念物に指定されている翡翠の原石を間近で見ることができますよ。

迫力満点で必見!3会場共通のあんこうのつるし切り

あんこうといえば、つるし切りが有名ですね。体が大きく、表面はヌルヌルしていて、まな板の上でさばくのが難しいため、つるしてさばくのが一般的なのだそう。手際良く豪快にさばいていく光景は、間近で見ると、その迫力に圧倒されそうです。

「糸魚川荒波あんこう祭り」をもっと楽しむコツ!ななびチェック!

あんこう汁は数量限定。はやめにおでかけしてゲットしよう!

毎年、あんこう汁の販売前から、各会場とも行列ができるので、会場にははやめに行くのがオススメ。

各会場オリジナルのイベントも満載

糸魚川会場ではヒスイなどが当たる「お楽しみ抽選会」を開催。能生と青海会場ではあんこうの重さを当てるイベントがあり、正解者にはステキな商品も。

1月20日(土)~3月10日(土)は糸魚川市内各地で「糸魚川荒波あんこうフェア」を開催

期間中、市内の飲食店では各店オリジナルのあんこう料理が味わえます。

関連する投稿


新潟 |「広東」家族で本格派の広東料理が楽しめる人気店

新潟 |「広東」家族で本格派の広東料理が楽しめる人気店

手頃な価格で本格的な広東料理が堪能できると評判の「広東」は、新潟市内はもちろん、市外からも多くの人が訪れる人気店。大阪や東京、横浜、香港の有名店で経験を積んだシェフが腕をふるう料理はどれもおいしいと評判です。それにもかかわらず、敷居は低く、家族でも利用しやすい雰囲気が魅力ですよ。


糸魚川 |「糸魚川ジオステーション ジオパル」鉄道ファンも家族も楽しめる、糸魚川の情報発信基地

糸魚川 |「糸魚川ジオステーション ジオパル」鉄道ファンも家族も楽しめる、糸魚川の情報発信基地

2017年春、北陸新幹線の開業とともに糸魚川駅にオープンした「糸魚川ジオステーション ジオパル」。糸魚川市の地形や自然、街の見どころなどさまざまな展示や情報が集まるジオパークエリアと、鉄道模型やプラレールに親しむ鉄道エリアがあり、大人も子どもも楽しめる注目スポットです。


新潟 |「冬のおでかけイベントガイド」十日町雪まつり、越後湯沢温泉雪まつり、雪原カーニバルなかさと、南魚沼市雪まつりなど

新潟 |「冬のおでかけイベントガイド」十日町雪まつり、越後湯沢温泉雪まつり、雪原カーニバルなかさと、南魚沼市雪まつりなど

寒さが厳しい日が続きますが、冬ならではのイベントが各地で開催中です!キリッと冷えた空気だからこそ美しく輝くライトアップイベントや、ウィンタースポーツ、レジャーでのアクティビティなど、盛りだくさんです!今回は、この冬、ぜひご家族ででかけたい冬のイベントをご紹介します。


新潟 |「Like out Store」子育て真っ最中のママに朗報!おしゃれなビストロごはんを自宅でも楽しもう

新潟 |「Like out Store」子育て真っ最中のママに朗報!おしゃれなビストロごはんを自宅でも楽しもう

子どもが小さいとゆっくり食事ができるのはやっぱり自宅。でもたまにはビストロみたいにワインや料理を楽しみたい!そんな願いを叶えてくれるのが「Like out Store」。幼い子を持つご夫婦で営むカフェ&デリカテッセンです。手づくり洋風惣菜が豊富で、おうちごはんがおしゃれに楽しくなりますよ。


新潟 |「キャンプ・スキー場ガイド」

新潟 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


最新の投稿


仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

2017年9月、JR仙台駅近くに新鮮な野菜やフルーツが並ぶ農産物直売所と、地産地消レストラン「Local Diner&Terrace Bar VALNICO」、「惣菜・弁当 五橋」が併設された複合施設「AOYA」がオープンしました。街の中心部にいながら新鮮な食材が楽しめると注目されています。


秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

みなさんのご家庭でお餅を食べる機会は、1年にどれくらいありますか?よくお餅を食べるのはお正月ですが、それ以外にも日本の伝統行事などにはお餅つきもの。今回は、秋田のお雑煮やお餅についてお届けします。


山形 |【ななび連載:山形編vol.3】歴史感じるレトロ建築なお店でショッピング

山形 |【ななび連載:山形編vol.3】歴史感じるレトロ建築なお店でショッピング

明治・大正期のレトロな建築が街並みを彩る山形市。文翔館をはじめとした公共施設のほかにも、歴史ある当時の建物を大切に利用した老舗などが今も残ります。今回は、レトロな建物のなかでショッピングができる3つのスポットをご紹介。歴史風情に包まれながら、山形ならではのおみやげ探しを楽しみましょう。


弘前 |「りんご公園ウィンターフェスティバル」家族みんなでりんごと雪を満喫!

弘前 |「りんご公園ウィンターフェスティバル」家族みんなでりんごと雪を満喫!

青森県弘前市にある「弘前市りんご公園」は、約80種類ものりんごが実る施設。おなじみの品種から珍しい品種までが実り、生産体験や園路の散策などができます。遊びや食事、買い物が1年中楽しめる「りんご公園」ですが、今回は家族と雪で遊べる冬の恒例イベント「りんご公園ウィンターフェスティバル」をたっぷりとご紹介します!


新潟 |「広東」家族で本格派の広東料理が楽しめる人気店

新潟 |「広東」家族で本格派の広東料理が楽しめる人気店

手頃な価格で本格的な広東料理が堪能できると評判の「広東」は、新潟市内はもちろん、市外からも多くの人が訪れる人気店。大阪や東京、横浜、香港の有名店で経験を積んだシェフが腕をふるう料理はどれもおいしいと評判です。それにもかかわらず、敷居は低く、家族でも利用しやすい雰囲気が魅力ですよ。