山形 | ラーメン消費量日本一の山形県で愛されるラーメン4選!

山形 | ラーメン消費量日本一の山形県で愛されるラーメン4選!

山形県は、都道府県別の1人あたりのラーメン消費量、そしてラーメン支出金額がともに全国1位というラーメン王国。そんな山形で長く愛され続けている、個性的かつおいしいラーメン店4店をご紹介します。開店前に行列ができるのも当たり前という人気店のラーメンを味わいに、山形へおでかけしてみませんか。


真っ赤な辛味噌が刺激的!南陽市「赤湯ラーメン龍上海」

山形県内屈指の人気を誇る辛味噌をのせたスタイルで、宮城や福島でもインスパイア系メニューが見られる超人気ラーメンといえば「赤湯ラーメン龍上海」の赤湯からみそラーメンです。

1958年の創業当時はまだ客も少なく、残ったラーメンを家族で食べる日々。しばらくすると毎日同じ味では飽きてしまうことから、味に変化を加えるように。そして誕生したのが、赤湯からみそラーメンでした。

今では赤湯名物として有名になり、南陽市にある本店には、開店前に行列ができるのがおなじみの光景に。赤湯産の唐辛子を使った辛味噌と鶏がら、豚骨をメインにしたまろやかなスープの組み合わせがインパクト大で、一度食べたらクセになりそうな一杯です。

手もみちぢれの細麺を味わえる!米沢市「そばの店ひらま」

水分が多めの多加水麺と、鶏がらをメインに豚骨、煮干しなどを加えたスープが特徴の米沢ラーメンは、大正時代からある歴史あるご当地ラーメン。現在米沢市内に100軒以上の店があるなかで、「これぞ米沢ラーメン!」と地元の人からも評判の店が「そばの店ひらま」です。

もともとは製麺業を営んでいて、今も近郊のラーメン店に麺を卸しながらラーメン店を経営。

自家製のちぢれた細麺が、鶏がらの旨みとコクが効いたあっさりスープとよくあいます。手もみをしっかり加えた細麺はもちもちの食感で、スープと絶妙にからみます。

しっとりワンタンが丼を覆う酒田ラーメンの老舗。酒田市「ワンタンメンの満月本店」

1960年創業の「ワンタンメンの満月本店」。創業当初からこだわるワンタンは、口へ運ぶと、まさに雲のようにフワフワととろける食感で、なかに入ったチャーシューの細切れがちょうどよいアクセントに。看板メニューはもちろん、このワンタンがたっぷりとのった「ワンタンメン」です。

麺は、なめらかな食感とのどごしのよさを両立させた自家製シルク麺。つなぎとして入れるシルクが、なめらかさを際立たせています。

ワンタンと自家製シルク麺にあわせるのは、魚介だしを効かせたあっさりとしたスープ。酒田特産のアゴの焼干しや数種の煮干しを使い、動物系スープと組み合わせることで、上品な旨みが生まれています。バランスのとれた重層的な味わいは、老舗ならではのさすがの一杯です。

★ななびでは「ワンタンメンの満月本店」についても詳しくご紹介しています!

名物の冷しらーめんは冬でも冷え冷え!山形市「栄屋本店」

今から60年以上前、「冷たいそばはあるのに、冷たいラーメンはないの?」というお客さんのリクエストに応え、山形市にある「栄屋本店」で始まったのが、冷しらーめんです。

スープは牛骨をメインに、かつお節や昆布などで旨みをプラスし、やや甘みを感じる味。氷やシャキシャキ食感のもやしがトッピングされているのも特徴のひとつで、そのスッキリとした味わいは、冬に食べても変わることのないおいしさです。

また、栄屋本店は、ラーメンメニューが多い店としても有名で、激辛ラーメン、薬膳ラーメン、山形ラーメンなど、20種以上の麺メニューが楽しめます。

各地にバラエティ豊かなラーメンがそろう山形県。家族でいろいろな味を食べ歩くのも楽しいかもしれませんね。

山形でラーメンを楽しむためのななびチェック!

お子さんでも味わえるラーメンもあります

「赤湯ラーメン龍上海」には赤湯からみそラーメンだけでなく、しょうゆラーメンなどのメニューもあるので辛いものが苦手なお子さんでも大丈夫です。

「ワンタンメンの満月本店」の広い店内には座敷席を完備

「ワンタンメンの満月本店」には、カウンター席やテーブル席のほか、座敷席もあります。ファミリーでも落ち着いてお食事を楽しめますよ。

冷しラーメンはお子さんにも人気

「栄屋本店」の冷しらーめんは、まろやかな味でお子さんでもペロリと食べられます。

「赤湯ラーメン龍上海本店」について詳しくはこちら
「ワンタンメンの店満月本店」について詳しくはこちら
「栄屋本店」について詳しくはこちら

関連する投稿


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

米沢 |「道の駅 米沢」グルメにショッピング!米沢がまるごと楽しめるニュースポット

2018年4月に山形県米沢市にオープンした「道の駅 米沢」。米沢の名物グルメが味わえるレストランやフードコート、地元産の野菜やフルーツなどが集まる農産物直売所、旅のプランを一緒に考えてくれるコンシェルジュが常駐する観光案内所などがあります。米沢の魅力がギュッと詰まった「道の駅 米沢」をご紹介します!


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?