青森 |「津軽びいどろ」北洋硝子から生み出される伝統工芸品の美しさとぬくもり

青森 |「津軽びいどろ」北洋硝子から生み出される伝統工芸品の美しさとぬくもり

青森市には、「津軽びいどろ」という手づくりのガラス製品を生産しているガラス製造会社「北洋硝子株式会社」があります。青森県の伝統工芸士としても認定される技をもつ職人たちが、ガラスからつくりだす日本の四季折々の彩りは、格別の美しさ!人々を魅了してやまないその魅力をご紹介します。


その数100種類以上!日本屈指の色数で表現される日本の四季

「津軽びいどろ」を生産する北洋硝子の始まりは、漁業用の浮玉製造でした。1975年頃にプラスチックの浮玉が普及するまで、北洋硝子が国内の浮玉生産の約60%を担っていたそうです。国内生産量ナンバーワンの技術が、今でも製品に活かされています。

津軽びいどろは、青森の自然をイメージさせるハンドメイドガラスとして、1977年に誕生。それまで「涼」のイメージが強かったガラス製品に、「ぬくもり」を吹き込みました。

青森県の色彩豊かな自然を表現するため、原料を調合して100種類以上の色を開発したそうです。職人の繊細な技術により、商品のサイズの誤差はほとんどありませんが、ほかのガラス製品よりも色を多く使う津軽びいどろは、色模様や色の形はひとつとして同じものはありません。手づくりならではの柔らかな形が、より一層ぬくもりを感じさせます。

まるで魔法のよう!灼熱のガラスを操る職人の技術

ガラスの主原料は、「珪砂(けいしゃ)」と呼ばれる砂。この砂を溶解炉で溶かすと、ガラスの種になります。るつぼに入った約1400℃の真っ赤なガラスを、少しずつ吹きながら竿の先で巻き取り、息を吹き込んで膨らませていきます。この「宙吹き(ちゅうぶき)」と呼ばれる職人技が、古くからの浮玉の生産で培われてきた技術です。

色ガラスで美しい色模様をつけたり、さまざまな工程を経て、1日に10~15種類、日によっては600個ほど生産します。その種類も幅広く、現在までで1,200~1,300種類ほどの取り扱いがあるそう!全国の百貨店などで取り扱っているほか、企業の記念品としての依頼も多いそうです。

人気の「津軽びいどろ NEBUTA」シリーズをはじめとする、青森県の四季を表現した色使い

津軽びいどろの最大の特色は、色彩の豊かさと表現力。今1番人気だという、夏をテーマにした「津軽びいどろNEBUTA」シリーズは、「青森ねぶた祭り」をイメージしてつくられた商品です。

夏のみずみずしさのなかに点在するいくつもの魂かのような色ガラスの模様が施され、色ガラスは透明感のある8色を使用。祭りの躍動感と華やかさを表現した「津軽びいどろ NEBUTA」シリーズは、テーブルに置くだけで毎日を涼やかに彩ってくれます。

もちろん夏だけではなく、春の穏やかな桜の風景、秋の黄金色に輝く紅葉、冬の八甲田の凛とした空気など…。四季折々が見せる青森県の風景をガラスに表現し、見る人々を楽しませてくれます。

暮らしのシーンに合わせた商品バリエーション

ひとつひとつ手づくりだからこそ、価格に気構えてしまいそうですが、実はちょっとがんばれば買えるほどリーズナブル!もちろん商品によって価格は違いますが、なるべく普段の生活の一部として使ってほしいという社長の想いが価格に表れています。

毎日の生活にちょっとした季節の彩りを添えたいとき、また、お祝いのギフトなどにもオススメ。使うシーンに合わせて、お気に入りを見つけてくださいね。

工場横の入り口を入ると、津軽びいどろのショールームも!雑貨屋や百貨店では一部商品しか取り扱われていませんが、こちらのショールームでは多くの商品を置いています。さまざまなアイテムからお気に入りを見つけたいなら、ぜひショールームへ足を運んでみては?

また、毎年7月下旬の土日には、工場敷地内で「ガラス市」を開催。地元への還元を目的に、この時だけの特価価格で在庫の津軽びいどろをさらにリーズナブルに販売していて、青森市民の楽しみになっています。

青森が世界に誇る最高品質のガラス製品、ぜひお気に入りの商品を見つけてくださいね。

「北洋硝子」のここがスゴイ!ななびチェック!

商品と色彩のバリエーションが豊富!

これまでに販売してきた商品数は、1,200点を超えるそう。職人によって開発された色の数も日本屈指で、それらを組み合わせてつくられる商品はどれも美しいです。

青森県の伝統工芸士が、現在も3名活躍中!

青森県に伝統工芸士制度ができてから、北洋硝子には3名の伝統工芸士がいます。古くから続く技術、技法を受け継ぎ、津軽びいどろをさらに進化させてくれる先駆者たちです。

「The Wonder 500」に選ばれた津軽びいどろ

日本全国に眠っているさまざまな逸品を海外に伝えるプロジェクト「The Wonder 500」に、津軽びいどろが選出されています。メイドインジャパンの代表として、国内外で人気を集めているのです。

「北洋硝子」について詳しくはこちら

関連する投稿




八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

青森県八戸市にある「八戸公園」は、遊園地、植物園、動物ゾーンなどからなる総合公園です。広大な芝生の広場や室内遊具、製作体験なども用意されていて、小さいお子さん連れや家族などで賑わいます。今回は、家族みんなでたっぷり遊べる公園の魅力をご紹介します!


弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

青森県弘前市にある「佐藤製菓」は、「津軽当物駄菓子」と呼ばれるくじ付きお菓子を手づくりで製造・販売している製菓店です。今回は、大人も夢中になる当物駄菓子の魅力と、どんなお菓子を販売しているのかまで、たっぷりご紹介します!


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田市内は、青森県産食材を使用したスイーツをはじめとする、独特のセンスがあふれるスイーツの宝庫です。今回は数ある店舖のなかから、昔ながらのおまんじゅうやブッセ、ケーキなどを販売するよりすぐりのスイーツ店を3店舗ご紹介します。十和田市を訪れるなら、ぜひ寄り道して味わってみてくださいね。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。