糸魚川 |「糸魚川ジオステーション ジオパル」鉄道ファンも家族も楽しめる、糸魚川の情報発信基地

糸魚川 |「糸魚川ジオステーション ジオパル」鉄道ファンも家族も楽しめる、糸魚川の情報発信基地

2017年春、北陸新幹線の開業とともに糸魚川駅にオープンした「糸魚川ジオステーション ジオパル」。糸魚川市の地形や自然、街の見どころなどさまざまな展示や情報が集まるジオパークエリアと、鉄道模型やプラレールに親しむ鉄道エリアがあり、大人も子どもも楽しめる注目スポットです。


糸魚川の魅力を堪能できる、ジオパークエリア

JR糸魚川駅のアルプス口。階段を下りると、赤いレンガ造りの3連アーチがお出迎え。駅構内にあったレンガ倉庫の一部が移築されてできました。レンガ倉庫は大正元年につくられたもので、レトロな糸魚川の街を象徴しています。3連アーチをくぐった先にジオパルがあります。

糸魚川市は2009年に日本で初めて「世界ジオパーク」に認定されました。ジオパークとは、貴重な“地質の宝物”やその地域の自然と文化を守り、多くの方に知って訪れてもらうことを目的とした「大地の公園」。糸魚川市には地球の宝物がたくさん詰まっています。

ジオパークエリアは、ジオパークと観光のインフォメーションセンターです。糸魚川市の空撮写真が床一面に広がり、まるで鳥になったような気分で見どころを回り、楽しむことができます。70インチモニターでは美しい景色が映し出されます。

子どもたちが大よろこび!山を滑り降りる「明星山スライダー」

約3億年前のサンゴ礁が移動してできた石灰岩の山、「明星山」が糸魚川市にあります。その下を流れているのが、ヒスイの山地として親しまれている小滝川で、この明星山のジオラマが子どもたちに大人気!「明星山スライダー」やボルダリングがあり、スライダーは身長120センチ以内、ボルダリングは中学生まで利用できます。

本物の「キハ52」に乗り込み、懐かしいあの時代へタイムスリップ

ジオパルでのもうひとつのお楽しみが鉄道エリア。駅の待合室になっているのですが、なんと本物の車両が使われているのです。しかも、その車両は8年前までJR大糸線で活躍していた「キハ52-156」。

ボックス席がなんともレトロな雰囲気で、当時を知る方にとっては懐かしいだけでなく、子どもたちにも実寸の車両に乗車できると人気です。4月~11月の間で全20回、キハ52はアーチから屋外へ引き出さますが、その時は鉄道ファンが特に多く訪れます。モニターには現在の新幹線や在来線、バスの発着時刻が表示されていて、ここで利用する交通機関のチェックができます。

鉄道ファンにはたまらない、巨大ジオラマ

キハ52のなかを抜けるとそこには巨大なジオラマが!ジオラマ鉄道模型ステーションにはNゲージとHOゲージ、どちらも1周25メートルの大きなジオラマが2つあり、鉄道ファンならずともワクワクします。

Nゲージは糸魚川駅を出発し、市内の様子や明星山や黒姫山など細部にわたり忠実に再現。その先には東京の名所が待ち受けています。HOゲージは今では見ることができなくなった、姫川渓谷を走る大糸線から見た景色が楽しめます。

常時13本~15本の車両の先頭にはカメラが付いていて、なんと実際に運転席にいるように、運転が楽しめるのです(30分500円)。さらに自分の鉄道模型を持参して、ジオラマのレールで走らせることもできますよ(30分200円)。

子どもたちに大人気の大きなプラレール

子どもたちの目を釘付けにするのは、こちらのプラレール。常設展示では日本一の大きさだそうです。残念ながら触ることはできませんが、展示付近には無料で遊べるコーナーもあります。ショーケースには貴重なプラレール車両も展示されているので、そちらも見逃せません。

鉄道ノスタルジーを存分に味わえます

ジオラマやプラレールがあるフロアには、ドイツ製「メルクリン」の鉄道模型や国鉄時代使われていた駅名のプレートや機関士が実際に使っていた帽子や手帳なども展示され、見ごたえ充分です。スタッフには元機関士だったという方もいて、当時の話が直接聞けるのも醍醐味です。

地球科学、そして鉄道、なんともロマンチックな世界へ誘われるジオパル。県内外、海外から多くの人々が行き交う駅にふさわしい施設です。休憩スペースでは気軽にお弁当を広げるのもOK。旅の始め、中間地点、そして仕上げに、大人も子どもも楽しめる場所です。

「糸魚川ジオステーション ジオパル」から糸魚川観光をもっと楽しむ!ななびチェック

24ヶ所あるジオサイトにバーチャルおでかけ

地質や文化・歴史を感じることのできる場所=ジオサイトは糸魚川市内に24ヶ所もあります。ヒスイやフォッサマグナに関するジオサイトの疑似体験や情報収集が可能です。

ヒスイの原石を探そう!

糸魚川市はヒスイの街。駅前や商店街のなかなど街のいたるところにヒスイの原石があります。ジオパル内にも!ぜひ探してみてください。

観光案内所で食や宿泊の情報をゲット

ジオパル内の「ジオパーク観光インフォメーションセンター」にはスタッフが常駐する観光案内所もあり、糸魚川市内の見どころ以外にも食や宿泊などいろいろなアドバイスが受けられます。

「糸魚川ジオステーション ジオパル」について詳しくはこちら

関連する投稿


十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

新潟県十日町市の山裾に、突然現れる異空間。まるで異国のような雰囲気が漂うキャンピングビレッジです。このログハウス群をはじめ、約3,000坪の敷地内はすべてオーナーがつくったセルフビルド王国であり、泊まれるアート作品でもあります。異国情緒漂う「アウトランド」で、大自然を満喫してみませんか?


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。