糸魚川 |「糸魚川ジオステーション ジオパル」鉄道ファンも家族も楽しめる、糸魚川の情報発信基地

糸魚川 |「糸魚川ジオステーション ジオパル」鉄道ファンも家族も楽しめる、糸魚川の情報発信基地

2017年春、北陸新幹線の開業とともに糸魚川駅にオープンした「糸魚川ジオステーション ジオパル」。糸魚川市の地形や自然、街の見どころなどさまざまな展示や情報が集まるジオパークエリアと、鉄道模型やプラレールに親しむ鉄道エリアがあり、大人も子どもも楽しめる注目スポットです。


糸魚川の魅力を堪能できる、ジオパークエリア

JR糸魚川駅のアルプス口。階段を下りると、赤いレンガ造りの3連アーチがお出迎え。駅構内にあったレンガ倉庫の一部が移築されてできました。レンガ倉庫は大正元年につくられたもので、レトロな糸魚川の街を象徴しています。3連アーチをくぐった先にジオパルがあります。

糸魚川市は2009年に日本で初めて「世界ジオパーク」に認定されました。ジオパークとは、貴重な“地質の宝物”やその地域の自然と文化を守り、多くの方に知って訪れてもらうことを目的とした「大地の公園」。糸魚川市には地球の宝物がたくさん詰まっています。

ジオパークエリアは、ジオパークと観光のインフォメーションセンターです。糸魚川市の空撮写真が床一面に広がり、まるで鳥になったような気分で見どころを回り、楽しむことができます。70インチモニターでは美しい景色が映し出されます。

子どもたちが大よろこび!山を滑り降りる「明星山スライダー」

約3億年前のサンゴ礁が移動してできた石灰岩の山、「明星山」が糸魚川市にあります。その下を流れているのが、ヒスイの山地として親しまれている小滝川で、この明星山のジオラマが子どもたちに大人気!「明星山スライダー」やボルダリングがあり、スライダーは身長120センチ以内、ボルダリングは中学生まで利用できます。

本物の「キハ52」に乗り込み、懐かしいあの時代へタイムスリップ

ジオパルでのもうひとつのお楽しみが鉄道エリア。駅の待合室になっているのですが、なんと本物の車両が使われているのです。しかも、その車両は8年前までJR大糸線で活躍していた「キハ52-156」。

ボックス席がなんともレトロな雰囲気で、当時を知る方にとっては懐かしいだけでなく、子どもたちにも実寸の車両に乗車できると人気です。4月~11月の間で全20回、キハ52はアーチから屋外へ引き出さますが、その時は鉄道ファンが特に多く訪れます。モニターには現在の新幹線や在来線、バスの発着時刻が表示されていて、ここで利用する交通機関のチェックができます。

鉄道ファンにはたまらない、巨大ジオラマ

キハ52のなかを抜けるとそこには巨大なジオラマが!ジオラマ鉄道模型ステーションにはNゲージとHOゲージ、どちらも1周25メートルの大きなジオラマが2つあり、鉄道ファンならずともワクワクします。

Nゲージは糸魚川駅を出発し、市内の様子や明星山や黒姫山など細部にわたり忠実に再現。その先には東京の名所が待ち受けています。HOゲージは今では見ることができなくなった、姫川渓谷を走る大糸線から見た景色が楽しめます。

常時13本~15本の車両の先頭にはカメラが付いていて、なんと実際に運転席にいるように、運転が楽しめるのです(30分500円)。さらに自分の鉄道模型を持参して、ジオラマのレールで走らせることもできますよ(30分200円)。

子どもたちに大人気の大きなプラレール

子どもたちの目を釘付けにするのは、こちらのプラレール。常設展示では日本一の大きさだそうです。残念ながら触ることはできませんが、展示付近には無料で遊べるコーナーもあります。ショーケースには貴重なプラレール車両も展示されているので、そちらも見逃せません。

鉄道ノスタルジーを存分に味わえます

ジオラマやプラレールがあるフロアには、ドイツ製「メルクリン」の鉄道模型や国鉄時代使われていた駅名のプレートや機関士が実際に使っていた帽子や手帳なども展示され、見ごたえ充分です。スタッフには元機関士だったという方もいて、当時の話が直接聞けるのも醍醐味です。

地球科学、そして鉄道、なんともロマンチックな世界へ誘われるジオパル。県内外、海外から多くの人々が行き交う駅にふさわしい施設です。休憩スペースでは気軽にお弁当を広げるのもOK。旅の始め、中間地点、そして仕上げに、大人も子どもも楽しめる場所です。

「糸魚川ジオステーション ジオパル」から糸魚川観光をもっと楽しむ!ななびチェック

24ヶ所あるジオサイトにバーチャルおでかけ

地質や文化・歴史を感じることのできる場所=ジオサイトは糸魚川市内に24ヶ所もあります。ヒスイやフォッサマグナに関するジオサイトの疑似体験や情報収集が可能です。

ヒスイの原石を探そう!

糸魚川市はヒスイの街。駅前や商店街のなかなど街のいたるところにヒスイの原石があります。ジオパル内にも!ぜひ探してみてください。

観光案内所で食や宿泊の情報をゲット

ジオパル内の「ジオパーク観光インフォメーションセンター」にはスタッフが常駐する観光案内所もあり、糸魚川市内の見どころ以外にも食や宿泊などいろいろなアドバイスが受けられます。

「糸魚川ジオステーション ジオパル」について詳しくはこちら

関連する投稿


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?