仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


温かい光に包まれる仙台のイルミネーション

「SENDAI光のページェント」は、1986年に始まったイルミネーション。仙台のシンボルストリートである定禅寺通をメインに、毎年250万人が訪れる冬の仙台を代表するイベントです。

2017年の開催期間は、12月8日(金)~12月31日(日)の大晦日まで。点灯は夕方の17:30から始まります。約650メートル続く定禅寺通のケヤキ約160本に取り付けられたLEDライトが瞬くように輝き、通りが光でいっぱいに包まれます。

「SENDAI光のページェント」に使われるライトは、温かみのあるオレンジ色。左右を車道に挟まれた遊歩道を歩けば、ぬくもりあふれる光のトンネルを進んでいるよう。冬の澄んだ空気のなかで際立つ輝きの美しさに、寒さを忘れてしまうほどです。

タイムスケジュールは要チェック!「スターライト・ウインク」とサンタのパレード

「2017SENDAI光のページェント」は、見どころもいっぱい。
まずチェックしたいのは、毎日開催される「スターライト・ウインク」。18:00、19:00、20:00の1日3回行なわれるイルミネーション点灯です。一度、灯りがすべて消え、通りは真っ暗に。ドキドキしながら待っていると、パッと一斉にイルミネーションが点灯し、再びケヤキ並木が輝き出します。消灯しているのは約1分。暗闇から浮かび上がるように光が戻る美しさに、訪れた人々からは歓声が上がります。

連日多くの人でにぎわう「2017SENDAI光のページェント」ですが、特に盛り上がるのが12月23日(土)に開催されるイベント「サンタの森の物語」です。サンタクロースやトナカイに扮した人々が通りをパレード。マーチングバンドの演奏やダンスも行なわれ、ページェントに華を添えます。クリスマスイブの前日、定禅寺通にサンタクロースが大集合する夢のような光景にお子さんも大喜びです。

ファミリーにオススメ!「かほピョンファンタジーパーク」とスケートリンク

小さなお子さんとぜひ一緒に訪れたいのは、定禅寺通と交差点を挟んで向かいの勾当台公園に設置された「かほピョンファンタジーパーク」です。

定禅寺通が暖色の灯りなのに対して、かほピョンファンタジーパークでは白や青などの寒色を基調とした光を使用。光のトンネルやハート型の光のオブジェなど、さまざまなイルミネーションでパーク全体が輝きます。親子で手をつないでトンネルをくぐったり、オブジェの間を縫うように歩いたり、ゆっくりお散歩しながらイルミネーションを満喫できますよ。

また、勾当台公園市民広場には屋外アイスリンクも登場。カラフルにライトアップされたリンクでアイススケートを楽しみましょう。料金は貸靴料込みで800円。多くの人でにぎわうので、お子さんから目を離さないように注意してくださいね。

中心部からひと足伸ばして。ショッピングとイルミネーションを楽しもう

少し落ち着いてイルミネーションを楽しみたいなら、仙台市の郊外で行なわれる「2017SENDAI光のページェント in 泉パークタウン」もオススメです。市街地中心部から車で約30分のところにあり、大型アウトレットモールや宿泊施設も充実した住宅街、泉パークタウンの街路樹が約10万球のLEDライトで明るく照らし出されます。

こちらは、2018年2月28日(水)までの開催。アウトレットモールのすぐそばなので、ショッピングもあわせて楽しめます。中心部のイルミネーションを見逃してしまったり、人混みを避けたい小さなお子さん連れのファミリーにもぴったりですよ。

「2017SENDAI光のページェント」の開催期間は約3週間と長く、何かと忙しい年末でも予定を組みやすいのがうれしいポイント。お天気によっては、光に反射しながら真っ白な雪が舞うロマンチックな光景が楽しめるかもしれません。

冬の思い出を一層華やかにしてくれる「2017SENDAI光のページェント」へ、ぜひおでかけしてみてくださいね。

「2017SENDAI光のページェント」を楽しむためのななびチェック!

アクセスは仙台市地下鉄を利用しよう

仙台市中心部の道路はとても混みあいます。空いているコインパーキングを見つけることも難しいので、会場へのアクセスは仙台市地下鉄を利用するのがオススメ。勾当台公園駅で降りれば、会場はすぐ目の前です。

出会えたらラッキーなサンタクロースのページェントカー

12月8日(金)~12月25日(月)の間、華やかな電飾のページェントカーが走行します。陽気なサンタクロースが乗っているので、見かけたら撮影のチャンス。

「仙台うみの杜水族館」でコラボ展示を実施!

「仙台うみの杜水族館」では、「2017SENDAI光のページェント」とコラボした特別展示を実施しています。電飾で飾られた「ページェント水槽」など、この時期だけの展示が楽しめます。

ななびでは「仙台うみの杜水族館」について詳しくご紹介しています!

「2017SENDAI光のページェント」について詳しくはこちら
「2017SENDAI光のページェント in 泉パークタウン」について詳しくはこちら

関連する投稿


利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

仙台市、富谷市、利府町にまたがる広大な敷地をもつ「宮城県県民の森」。園内ではフィールドアスレチックで思いきり体を動かしたり、ガイドの説明を聞きながら森の草花を観察できるほか、親子で一緒に楽しめるアクティビティもありとても充実しています。屋内施設もあり、雨の日は自然の素材を使ったクラフト体験がオススメです。


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。