仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


温かい光に包まれる仙台のイルミネーション

「SENDAI光のページェント」は、1986年に始まったイルミネーション。仙台のシンボルストリートである定禅寺通をメインに、毎年250万人が訪れる冬の仙台を代表するイベントです。

2017年の開催期間は、12月8日(金)~12月31日(日)の大晦日まで。点灯は夕方の17:30から始まります。約650メートル続く定禅寺通のケヤキ約160本に取り付けられたLEDライトが瞬くように輝き、通りが光でいっぱいに包まれます。

「SENDAI光のページェント」に使われるライトは、温かみのあるオレンジ色。左右を車道に挟まれた遊歩道を歩けば、ぬくもりあふれる光のトンネルを進んでいるよう。冬の澄んだ空気のなかで際立つ輝きの美しさに、寒さを忘れてしまうほどです。

タイムスケジュールは要チェック!「スターライト・ウインク」とサンタのパレード

「2017SENDAI光のページェント」は、見どころもいっぱい。
まずチェックしたいのは、毎日開催される「スターライト・ウインク」。18:00、19:00、20:00の1日3回行なわれるイルミネーション点灯です。一度、灯りがすべて消え、通りは真っ暗に。ドキドキしながら待っていると、パッと一斉にイルミネーションが点灯し、再びケヤキ並木が輝き出します。消灯しているのは約1分。暗闇から浮かび上がるように光が戻る美しさに、訪れた人々からは歓声が上がります。

連日多くの人でにぎわう「2017SENDAI光のページェント」ですが、特に盛り上がるのが12月23日(土)に開催されるイベント「サンタの森の物語」です。サンタクロースやトナカイに扮した人々が通りをパレード。マーチングバンドの演奏やダンスも行なわれ、ページェントに華を添えます。クリスマスイブの前日、定禅寺通にサンタクロースが大集合する夢のような光景にお子さんも大喜びです。

ファミリーにオススメ!「かほピョンファンタジーパーク」とスケートリンク

小さなお子さんとぜひ一緒に訪れたいのは、定禅寺通と交差点を挟んで向かいの勾当台公園に設置された「かほピョンファンタジーパーク」です。

定禅寺通が暖色の灯りなのに対して、かほピョンファンタジーパークでは白や青などの寒色を基調とした光を使用。光のトンネルやハート型の光のオブジェなど、さまざまなイルミネーションでパーク全体が輝きます。親子で手をつないでトンネルをくぐったり、オブジェの間を縫うように歩いたり、ゆっくりお散歩しながらイルミネーションを満喫できますよ。

また、勾当台公園市民広場には屋外アイスリンクも登場。カラフルにライトアップされたリンクでアイススケートを楽しみましょう。料金は貸靴料込みで800円。多くの人でにぎわうので、お子さんから目を離さないように注意してくださいね。

中心部からひと足伸ばして。ショッピングとイルミネーションを楽しもう

少し落ち着いてイルミネーションを楽しみたいなら、仙台市の郊外で行なわれる「2017SENDAI光のページェント in 泉パークタウン」もオススメです。市街地中心部から車で約30分のところにあり、大型アウトレットモールや宿泊施設も充実した住宅街、泉パークタウンの街路樹が約10万球のLEDライトで明るく照らし出されます。

こちらは、2018年2月28日(水)までの開催。アウトレットモールのすぐそばなので、ショッピングもあわせて楽しめます。中心部のイルミネーションを見逃してしまったり、人混みを避けたい小さなお子さん連れのファミリーにもぴったりですよ。

「2017SENDAI光のページェント」の開催期間は約3週間と長く、何かと忙しい年末でも予定を組みやすいのがうれしいポイント。お天気によっては、光に反射しながら真っ白な雪が舞うロマンチックな光景が楽しめるかもしれません。

冬の思い出を一層華やかにしてくれる「2017SENDAI光のページェント」へ、ぜひおでかけしてみてくださいね。

「2017SENDAI光のページェント」を楽しむためのななびチェック!

アクセスは仙台市地下鉄を利用しよう

仙台市中心部の道路はとても混みあいます。空いているコインパーキングを見つけることも難しいので、会場へのアクセスは仙台市地下鉄を利用するのがオススメ。勾当台公園駅で降りれば、会場はすぐ目の前です。

出会えたらラッキーなサンタクロースのページェントカー

12月8日(金)~12月25日(月)の間、華やかな電飾のページェントカーが走行します。陽気なサンタクロースが乗っているので、見かけたら撮影のチャンス。

「仙台うみの杜水族館」でコラボ展示を実施!

「仙台うみの杜水族館」では、「2017SENDAI光のページェント」とコラボした特別展示を実施しています。電飾で飾られた「ページェント水槽」など、この時期だけの展示が楽しめます。

ななびでは「仙台うみの杜水族館」について詳しくご紹介しています!

「2017SENDAI光のページェント」について詳しくはこちら
「2017SENDAI光のページェント in 泉パークタウン」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

2017年9月、JR仙台駅近くに新鮮な野菜やフルーツが並ぶ農産物直売所と、地産地消レストラン「Local Diner&Terrace Bar VALNICO」、「惣菜・弁当 五橋」が併設された複合施設「AOYA」がオープンしました。街の中心部にいながら新鮮な食材が楽しめると注目されています。


宮城 |「お正月とお餅のあれこれ」アレンジ豊かなお餅の食べ方

宮城 |「お正月とお餅のあれこれ」アレンジ豊かなお餅の食べ方

年末年始、ふるさとへ足を運んで懐かしい味に触れた方も多いでしょう。お住まいの地域の食文化と、ふるさとの味の違いを感じたことはありませんか?お雑煮をはじめお餅の食べ方には、その地域の特色がそれぞれに現れていて興味深いもの。今回は、宮城県の伝統雑煮スタイルや、お餅の食文化についてまとめました。


仙台 |「仙台せり鍋」宮城の秋冬限定グルメ!新鮮なせりが主役のせり鍋の魅力とは?

仙台 |「仙台せり鍋」宮城の秋冬限定グルメ!新鮮なせりが主役のせり鍋の魅力とは?

近年、宮城のグルメをにぎわせているのが、在来野菜・仙台せりを根っこまでまるごと食べる「仙台せり鍋」。せりが収穫される10月~3月頃までの冬季しか味わえない地元ならではの鍋に、全国の食通も注目しています。仙台せりのおいしさの秘密と、「仙台せり鍋」が食べられるオススメのお店を紹介します!


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。


宮城 |「冬のおでかけイベントガイド」青根温泉雪あかり、みやぎ蔵王の樹氷めぐり、2017SENDAI光のページェントなど

宮城 |「冬のおでかけイベントガイド」青根温泉雪あかり、みやぎ蔵王の樹氷めぐり、2017SENDAI光のページェントなど

寒さが厳しい日が続きますが、冬ならではのイベントが各地で開催中です!キリッと冷えた空気だからこそ美しく輝くライトアップイベントや、ウィンタースポーツ、レジャーでのアクティビティなど、盛りだくさんです!今回は、この冬、ぜひご家族ででかけたい冬のイベントをご紹介します。


最新の投稿


仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

仙台 |「AOYA」仙台駅からすぐ!宮城の新鮮食材が大集合

2017年9月、JR仙台駅近くに新鮮な野菜やフルーツが並ぶ農産物直売所と、地産地消レストラン「Local Diner&Terrace Bar VALNICO」、「惣菜・弁当 五橋」が併設された複合施設「AOYA」がオープンしました。街の中心部にいながら新鮮な食材が楽しめると注目されています。


秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

みなさんのご家庭でお餅を食べる機会は、1年にどれくらいありますか?よくお餅を食べるのはお正月ですが、それ以外にも日本の伝統行事などにはお餅つきもの。今回は、秋田のお雑煮やお餅についてお届けします。


山形 |【ななび連載:山形編vol.3】歴史感じるレトロ建築なお店でショッピング

山形 |【ななび連載:山形編vol.3】歴史感じるレトロ建築なお店でショッピング

明治・大正期のレトロな建築が街並みを彩る山形市。文翔館をはじめとした公共施設のほかにも、歴史ある当時の建物を大切に利用した老舗などが今も残ります。今回は、レトロな建物のなかでショッピングができる3つのスポットをご紹介。歴史風情に包まれながら、山形ならではのおみやげ探しを楽しみましょう。


弘前 |「りんご公園ウィンターフェスティバル」家族みんなでりんごと雪を満喫!

弘前 |「りんご公園ウィンターフェスティバル」家族みんなでりんごと雪を満喫!

青森県弘前市にある「弘前市りんご公園」は、約80種類ものりんごが実る施設。おなじみの品種から珍しい品種までが実り、生産体験や園路の散策などができます。遊びや食事、買い物が1年中楽しめる「りんご公園」ですが、今回は家族と雪で遊べる冬の恒例イベント「りんご公園ウィンターフェスティバル」をたっぷりとご紹介します!


新潟 |「広東」家族で本格派の広東料理が楽しめる人気店

新潟 |「広東」家族で本格派の広東料理が楽しめる人気店

手頃な価格で本格的な広東料理が堪能できると評判の「広東」は、新潟市内はもちろん、市外からも多くの人が訪れる人気店。大阪や東京、横浜、香港の有名店で経験を積んだシェフが腕をふるう料理はどれもおいしいと評判です。それにもかかわらず、敷居は低く、家族でも利用しやすい雰囲気が魅力ですよ。